2012年 11月 16日
【MotoGP】ヤマハ・テスト@アラゴン
ヤマハ・ファクトリーチームは14日、雨のバレンシアからドライの路面を求めてアラゴンに移動。テスト2日目を開始。

ところが、


b0039141_0452938.jpg

Photo © motograndprix.it


バレンシアに続いてアラゴンも雨。
ロレンソは9周、ロッシは僅か1周しか走れず年内のテスト終了。


b0039141_049651.jpg

王者ロレンソはバレンシアで走らなかったから、年内テストはたったの9周。
まぁ、今年は十分走ったから、本人はむしろゆっくり休めて喜んでるかも。
Photo © Yamaha Motors


b0039141_051546.jpg

恐らくM1との久しぶりのデートにウキウキしてたはずのロッシはガッカリ。
我々ファンもガッカリ。
Photo © Motogp.com



ドライ路面での復活本気ライディングは来年2月まで持ち越しだ。残念。


b0039141_0572266.jpg

雨男は君か?
Photo © Yamaha Motors





ところで、バレンシアでヤマハ復帰した際にロッシが着てたスウェット・パーカの背中にあった、あの漢字で書かれた「感動」の文字。

あれ、パーカーだけじゃなかった。

b0039141_102642.jpg

ヘルメットの後頭部にも発見。よく見ると奥の男性の胸元にも「感動」の文字。
Photo © Motogp.com


やっぱりあれ、ロッシの仕込みだったのか。
ヤマハに復帰できて「ボク感動」ってか。(笑
[PR]
# by oretch | 2012-11-16 00:42 | MotoGP

2012年 11月 14日
【MotoGP】Rossi is Back

大阪ではMotoGPのTV放送を観ることができない。

日テレ系の読売TVはMotoGPの放送をしていない。(日本GPだけ放送)
大阪転勤直後にスカパーに加入しようとしたが、契約したマンションは日テレG+がクリアに受信できず加入を断念。(管理会社にアンテナ調整してもらったりしたが無理だった)
月に数度、関東の自宅に帰った時にビデオ録画しておいた日テレG+の放送を1~2週間遅れで観るという生活になってもう2年半経った。

この週末は関東の自宅に帰らなかった。従って、まだ最終戦のTV放送を観ていない。
ストーナーのラストレース、中須賀の表彰台、マルケスの無双など、たくさんの見所があったようだが、まだ自分の目で観ていないのでフラストレーションが溜まっている。

でもこの話題で気分が少し、いや、かなり晴れたぞ。


b0039141_0375838.jpg


Tweet © ValeYellow46



とうとうロッシがヤマハに帰ってきた。
このところ、走りも成績も言動もすっかり大人しくなってたロッシだけど、"元カノ"とヨリを戻した来季は、この2年のフラストレーションを晴らすが如く大暴れしてくれることを期待。


b0039141_0461142.jpg

古巣に帰ってきて嬉しそうなロッシ。
Photo © Yamaha Motors


b0039141_050289.jpg

思わず「感動」ってか?
こういうあざとい感じはさすがロッシ。まだ枯れてない。
Photo © Yamaha Motors


b0039141_0533381.jpg

うむ。やっぱりロッシにはM1と音叉エンブレムが似合う。
Photo © Motogp.com


b0039141_0555083.jpg

せっかくのリッターM1初ライドだけど生憎のコンディション。
明日も走るのかな? ドライだったらどんなタイムを出すか気になる気になる。
マットグレーのM1ってサーフェイサー吹いたプラモみたいだ。
Photo © Motogp.com


b0039141_0593782.jpg

ロッシと並んで話題のマルケス。きっと1年目から大活躍するだろう。
ロレンソ、ペドロサ、復活ロッシとともに"新四強"を形成するはず。要注目。
Photo © Motogp.com


b0039141_145996.jpg

注目と言えばもう一人。この男も帰ってくる。
プロトタイプには歯が立たないだろうけど、CRT勢の中ではトップに立って欲しい。
Photo © Motogp.com

[PR]
# by oretch | 2012-11-14 01:07 | MotoGP

2012年 10月 28日
あれはニキ・ラウダ!?
いまさっき、オレッチの好きな番組、NHKの「ふれあい街歩き」を見てたら、ウィーンの街で見覚えのある人物が出てきた。

番組名は「世界ふれあい街歩き ちょっとお散歩『ウィーン(1)シュテファンからドナウ運河へ』」。

バイオリンのお店を後にしたカメラがウィーンの路地を進んでいくと、目の前に、レトリーバーらしき2匹の大型犬と散歩中の老紳士が現れた。
その老紳士は、薄茶のジャケットにデニム、そして赤いキャップといういでたち。

ん? その後ろ姿、どこかで見覚えがあるぞ・・・

「赤い帽子、素敵ですね~」という女性のナレーションがかかったちょうどその時、路地の階段を登り切った二匹の犬とその老紳士が振り返った。

あ! ニキ・ラウダだ!

赤いキャップに鋭い眼光、そして頭髪が薄いというより地肌が見えている後頭部。
あれはどう見てもラウダ。
でも街歩きのカメラは、そのまま元F1王者を華麗にスルー・・・


録画しておけば良かった。
[PR]
# by oretch | 2012-10-28 15:35 | F1

2012年 10月 27日
TAMIYA RC211V '03 製作中
やっと外装のデカール貼りまで終わった。

b0039141_1153494.jpg


レプソルカラーは全て塗り分け。デカール張るのに4時間かかった。
次はカーボンデカールだ。

作り始めて2か月でやっとここまで。手が遅いのは相変わらず。





とか言いながら、途中で気分転換にこんなの作ってた。

b0039141_1293385.jpg

西暦2030年のフォーミュラーカー Ferrari F2030 だ!


b0039141_1201964.jpg

ベースはサイクロンマグナム。
デカールはタミヤの1/20フェラーリF2001のものを使用。


b0039141_1282644.jpg

サイドポンツーン(?)のダクトはパテで埋めて、
デカール貼り後はクリア塗装して研ぎだし。


b0039141_122536.jpg

なかなかいいカッコイイのができたと思う。
ニューウィがデザインしたX2010/2011にコンセプトは似てなくもない(?)



結構手をかけて作ったのに、息子には「かっこ悪い」と言われてしまった。残念。
[PR]
# by oretch | 2012-10-27 21:15 | ホビー

2012年 10月 14日
【MotoGP】日本GP決勝スタート
MotoGP決勝レースがスタートした。

現地に行けず残念。

一昨年観戦行った時の写真をアップして悔しさを紛らわせてみる。



b0039141_14201416.jpg

もてぎナウ@2年前


b0039141_14172032.jpg

もてぎナウ@2年前



さぁ、TV中継に集中。
[PR]
# by oretch | 2012-10-14 14:21 | MotoGP

2012年 10月 12日
【MotoGP】マンガMotoGP
いよいよ今週末は日本GPだ。

残念ながら今年も茂木には行けない。残念。

今年の日本GPの話題と言えば、ストーナーの復帰や中須賀のWC参戦などいくつかあるが、
オレッチ的に一番なのは、漫画家藤原らんかさんの描いたあのポスターだ。


b0039141_1522799.jpg


海外でも「GPライダーがマンガヒーローになった」と話題になったらしいが、それも然り。
マンガの国、日本らしいとてもユニークなポスターだ。
今まで無かったのが不思議なくらい。
ぜひ我が家にも一枚欲しい。

MotoGP.com : ロッシ、ペドロサ、クラッチローが似顔絵に挑戦!(2012/10/11)

世界中で話題となった日本GPのポスターを描いた漫画家、藤原らんかさんの指導を受け、ポスターに登場するロッシ、ペドロサ、クラッチローが自らの似顔絵に色を入れる作業に挑戦。完成後には、特別に描かれた似顔絵がプレゼントされるサプライズに大喜びだった。

(MotoGP.comより抜粋引用)

マンガに描かれた当人たちも気に入ってくれたみたいで良かった。

が、ひとつ残念なのは、らんかさんがヒヨったことだ。

できれば、いつもの絵柄で勝負して欲しかったな(笑



b0039141_232267.jpg

Photo © motogp.com

やけに二枚目なロッシもいいけど・・・


b0039141_243838.jpg

Image © 藤原らんか

らんかさんの描くロッシといえば、やっぱりこっちでしょ。



b0039141_26468.jpg

Photo © motogp.com

ペドロサだってこんな美少年風じゃなくて・・・


b0039141_27047.jpg

Image © 藤原らんか

こっちのペドロサの方が"らしくて"好きだ。


クラッチロウだって・・・


b0039141_28262.jpg

Photo © motogp.com


クラッチロウはこれでいいか(笑

[PR]
# by oretch | 2012-10-12 02:12 | MotoGP

2012年 10月 09日
ドングリ工作
子ども達が大量のドングリを拾ってきた。

油性マジックなどを使って、ドングリに色を付けた。


b0039141_241620.jpg


次女作「白黒パンダの家族」。

#白黒の意味が合ってるような、間違ってるような...
[PR]
# by oretch | 2012-10-09 01:59 | 雑記

2012年 10月 08日
【F1】2012 Rd.15 日本GP 決勝
b0039141_132885.jpg

抜群のスタートから、トップチームと互角以上の走りで終始3番手以内をキープ。
復活マッサには抜かれたが、昨年の勝者バトンの追走を最後まで抑えきった。
Photo © Toru Hanai / Reuters


b0039141_13449.jpg

そして鈴木亜久里、佐藤琢磨に続く日本人3人目の表彰台。
しかも母国GPで。
Photo © xbp.cc / Motorsport.com


b0039141_1374161.jpg

おめでとう!
Photo © xbp.cc / Motorsport.com


今季はまだあと5戦も残っている。

おかわり期待しています。






b0039141_143510.jpg

決勝レースは、ポイントリーダーのアロンソがスタート直後にリタイアする波乱の幕開け。
Photo © xbp.cc / Motorsport.com


b0039141_140228.jpg

レースを制したのはポールポジションからスタートしたベッテル。
前戦シンガポールからの連勝。
驚いたことに、これが同一ドライバーによる今季初の連勝。
Photo © xbp.cc / Motorsport.com


b0039141_1481381.jpg

アロンソがノーポイントに終わったので、残り5戦でその差は僅か4点に。
ファンジオ、シューミに続く史上3人目の三連覇が見えてきた。
Photo © Issei Kato / Reuters

[PR]
# by oretch | 2012-10-08 01:55 | F1

2012年 10月 07日
【F1】2012 Rd.15 日本GP 予選結果
よし!
FMotorsport F1 : ベッテル(レッドブル)4年連続鈴鹿でPP獲得、小林可夢偉4位 (2012/10/06)

日本GP公式予選はレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルがただ一人1分30秒台のタイムを記録、ポールポジションを獲得した。

2番手にもチームメイトのウェバーが0.251秒差で入り、レッドブルのフロントロウ独占。

3番手は昨年の日本GPウィナーでもあるマクラーレンのバトン。ただしバトンはすでにギヤボックスの交換で予選グリッド5番降格のペナルティが決まっているので実質には8番手となる。

そして4番手タイムを記録したのが地元の期待を集めるザウバーの小林可夢偉。

(FMotorsport F1より抜粋引用)

b0039141_133177.jpg

イエローコーションが出てた中でタイム更新したためペナルティが出る可能性があった。
でも結局お咎めなし。風は吹いてるぞ。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


3番グリッド獲得。

若くして欧州に渡ったがために、実は鈴鹿の経験は他のドライバーと五十歩百歩。
なのに4番手タイムは立派。

前に居るのは赤い猛牛2台だけ。

イケるぞ。今度こそ。


ただ気になるのは、隣のグリッドに並ぶ"奴"だな.....


b0039141_1375761.jpg

ベッテルは4年連続のPP。シーズンも終盤に差し掛かり、速いベッテルが帰ってきた。
ただ1人の30秒台。セナの時代から10秒短縮。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_141124.jpg

このヒトは今度こそ鈴鹿ラストラン。
最後方からの追い上げは苦しいだろうけど頑張れ。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com

[PR]
# by oretch | 2012-10-07 01:45 | F1

2012年 10月 06日
最後の幼稚園運動会
b0039141_23591776.jpg


今日、息子の幼稚園の運動会があった。

年長さんの息子にとって、幼稚園で最後の運動会。
我が家にとっても幼稚園最後の運動会。

大ラスは、年長さん全員参加の紅白リレー。
息子は紅組だ。
小さなトラックを、紅白の帽子を被った年長さん達が一生懸命駆け抜けた。

最後の最後までどちらが勝つか分からない名勝負だった。

結果は息子のいる紅組の惜敗。

締めに、司会進行役の担任の先生がマイクを通して、
「みんなよく頑張ったね」と子ども達に優しく話しかける。

その声が途中で涙声に変わった。

頑張った子ども達の姿に、成長した子ども達の姿に涙ぐむ先生。
気付けば他の先生たちもみんな涙ぐんでいる。

つられて思わず、オレッチも目がウルウルとしてきた。


成長した息子の姿と、最近やたらと涙もろくなった己自信に、
なんだかやけに歳を取った気持ちになった秋の一日だった。
[PR]
# by oretch | 2012-10-06 23:58 | 雑記