2010年 02月 03日
【MotoGP】で、結局ロッシはF1でも速いのか?

9度目のタイトル獲得のお祝いに、ロッシがこれで何度目かのフェラーリF1のテストを先週行なった件。

いまさらロッシのF1転向はもうないだろうと確信している。

で、残る問題は、結局ロッシはF1でも速いのか? 遅いのか? だ。


F1通信 : ロッシ、フェラーリのテスト走行写真動画 (2010/01/22)

ヴァレンティーノ・ロッシは、カタルーニャでフェラーリの2日間テストを終え、F1ペースに近いラップタイムを出して興奮した。

MotoGPチャンピオンは、21日午後遅く、予選シミュレーション中に1分21秒900のタイムを記録した。ロッシはGP2仕様のスリックタイヤを装着した2008年フェラーリマシンを使用していたため、直接的比較は不可能であるが、昨年のジェンソン・バトンのこのサーキットにおけるポール・ポジションタイムは1分20秒527、キミ・ライコネンの2008年の同タイムは1分21秒813だった。

(F1通信より抜粋引用)

b0039141_173341.jpg

これで何度目だっけ? もうすっかりスクーデリアの一員って雰囲気。
Photo © Ferrari Media Center / Motorsport.com


b0039141_132280.jpg

カーナンバー「46」の跳馬。どこかモデルカー化してくんないかな?
Photo © Ferrari Media Center / Motorsport.com


b0039141_1101681.jpg

予選シミュレーションで出したタイムは1分21秒900。
で、結局ロッシは十分速いのか? それとも遅いのか?
Photo © Ferrari Media Center / Motorsport.com





ロッシのテスト実施直後の上記記事では、ロッシのタイムはまずまずだった印象を受ける。
タイヤが違うとはいえ、ライコネンに匹敵するタイムを出しているからだ。

が、以下の古い記事によれば、この”タイヤの違い”はかなり大きな違いであることがわかる。

FMotorsports F1 : フェラーリ、スリックタイヤで2秒も速くなった (2006/08/09)

正式なニュースではないものの、フェラーリ・チームが極秘に『GP2シリーズ』用のスリックタイヤをテストしたことが伝えられている。
それによれば、1周あたり約2秒もラップタイムを短縮したということで、現在の溝付きタイヤとのトラクションの差があらためて浮き彫りとなった。

(FMotorsports F1より抜粋引用)

b0039141_1213614.jpg

2008年スペインGPでPPをゲットしたライコネン。
もしスリックを履いていたら、2秒はタイムを縮めていた?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


フェラーリがどこで極秘テストしたんだか分からないけど、2秒っていうのはかなりデカイ。

仮にこの記事の内容を今回のロッシのタイムにそのまま当てはめて考えると、GP2用スリックタイヤで下駄を履いていた分も勘定すれば、実質ライコネンの2秒オチのタイムだったことになる。

事実、これを裏付けるようなニュースが先日あった。

F1通信 : マッサ、スペインのテストでロッシよりほぼ2.5秒速かった (2010/01/25)

フェリペ・マッサ(28歳)は、ヴァレンティーノ・ロッシがすぐにでもF1に転向できるという報道に水を差した。

マッサのベストタイムは1分19秒5で、ロッシの1分21秒9に対しほぼ2.5秒近く速かったと噂されている。

(F1通信より抜粋引用)

b0039141_1271368.jpg

マッサのテストの様子。怪我の影響は全く無いようで一安心。にしても速いね。
Photo © Ferrari Media Center / Motorsport.com



そっかー、2.5秒差かー。

2.5秒っつーのはかなり大きいね。


b0039141_1285057.jpg

やっぱ、いくらロッシといえども本職には敵わないか?
Photo © Ferrari Media Center / Motorsport.com



いやいや、それでもロッシはやっぱり速いんじゃないかなぁ?

なぜなら、ロッシを贔屓目に見てあげるべき理由が少なくとも3つはあるから。


理由その1 乗り慣れてないマシンでは本職もタイムが出せない

昨年のF1シーズン終盤、フォースインディアからフィジケラがフェラーリに電撃移籍した。フェラーリに移籍する直前のベルギーGPでは、フィジコは弱小フォースインディアのマシンで最後までライコネンをプッシュし続ける素晴らしい走りを披露した。でもそのフィジコでさえ、移籍直後のイタリアGPではライコネンから1~1.5秒オチのタイムしか出せなかった。
年中F1カーに乗ってる本職でさえ乗り慣れてないマシンには苦労する。ましてロッシは年に1回しか乗らないんだから・・・・

理由その2 マッサはF2008を誰よりも熟知している

マッサは今回テストで使用したF2008で約20,000kmも走っている。(テストを含めた年間総走行距離)
シーズン中には6勝をマークし(2008年の年間最多優勝)、ハミルトンとシーズン最後の最後まで激しいタイトル争いを演じた。つまり、マッサはF2008のクセもツボも全て知り尽くしている。誰よりも熟知している。
一方、ロッシは2008年オフのテストと合わせても、たかだか数百kmしかこのマシンに乗っていない。

理由その3 実はロッシはF1テストでスリックタイヤ初体験。

ロッシが初F1体験したのは2006年。スリック復活は2009年から。


こうした事情を考えれば、ロッシのタイムはまずまずと評価していいと思うんだけどねぇ。



・・・・・やっぱり贔屓しすぎかな?

ま、真実は、いつかロッシがF1にエントリーした時に分かる。
でも、その時は永遠に来ないだろうから、つまり真実は永久に分からないだろう。

そういうことでもういいや。 <最後になげやり


b0039141_147344.jpg

乗りたいからフェラーリF1に乗れるのって世界広しと言えどもロッシだけ。
シューはメルセデスに出戻ったから、マジでもうロッシだけ。うらやましい。
Photo © Ferrari Media Center / Motorsport.com





ISM : フェラーリ社長「メルセデスは真のフル参戦メーカーではない」
 (2010/01/29)
※記事はYahoo掲載のものなのでリンク無し

2011年に3台目のマシンを走らせることが可能ならば、MotoGP王者のヴァレンティーノ・ロッシが歓迎されるだろうとL.モンテツェーモロ社長は述べながら、「ヴァレンティーノはF1チャンピオンになりうる」と、フェルナンド・アロンソ、F.マッサのドライバーラインアップを崩す可能性も完全には否定しなかった。

(ISMより抜粋引用)


多分にビジネス的な要因からの発言のような気もするけど、ここまで言わせるロッシはやっぱスゴイね。
[PR]
by oretch | 2010-02-03 01:14 | MotoGP

<< FASTWEB 妙なおっさん 【MotoGP】暫定エントリー... >>