2010年 02月 06日
【F1】バレンシア合同テスト

MotoGPより一足先に、まずはF1の“今シーズン”が開幕した。
バレンシアに7チームが集合して、新型マシンの最初の合同テストが行なわれた。

今年は、例年以上に注目すべきポイントが多い。

まずは何と言っても皇帝シューの復活。
そして、その皇帝に引導を渡したアロンソのフェラーリ移籍。
昨年負傷して休業していたマッサの復帰。
マクラーレンの2人の王者によるチーム内バトル。
そしてもちろん、小林のレギュラーデビュー。

新型マシンのお披露目テストにあまり期待してもしょうがないけど、それでも、誰がどんなタイムを出したのかは気になる。

果たしてテストの成果はどうだったのか?
まとめてみた。


b0039141_121790.jpg

今季の実質幕開けになる今オフ最初の合同テスト。
果たして主役を演じたのは・・・・?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



■ 3日間の総合結果

[Pos.] Best Time # Driver (Nat.); Const. Chassy; Laps
-------------------------------------------------------------
[ 1] 1’11.470 8 F.ALONSO (ESP); Ferrari F10; 127Laps
[ 2] 1’11.722 7 F.MASSA (BRA); Ferrari F10; 244Laps
[ 3] 1’12.056 27 小林 可夢偉 (JPN); Sauber C29; 96Laps
[ 4] 1’12.094 26 P. DE LA ROSA (ESP); Sauber C29; 154Laps
[ 5] 1’12.256 2 L.HAMILTON (GBR); McLaren MP4-25; 108Laps
[ 6] 1’12.426 11 R.KUBICA (POR) Renault R30; 188Laps
[ 7] 1’12.438 3 M.SCHUMACHER (GER); Mercedes MGP W01; 122Laps
[ 8] 1’12.576 17 J.ALGUERSUARI (ESP) Toro Rosso STR5; 97Laps
[ 9] 1’12.899 4 N.ROSBERG (GER); Mercedes MGPW01; 158Laps
[10] 1’12.951 1 J.BUTTON (GBR); McLaren MP4-25; 82Laps
[11] 1’13.097 12 V.PETROV (RUS) Renault R30; 75Laps
[12] 1’13.377 9 R.BARRICHELLO (BRA); Williams FW32; 177Laps
[13] 1’13.669 10 N.HULKENBERG (GER); Williams FW32; 126Laps
[14] 1’13.823 16 S.BUEMI (SUI) Toro Rosso STR5; 125Laps
[15] 1’13.846 - G.PAFFETT (GBR); McLaren MP4-25; 86Laps






b0039141_1225214.jpg

トップタイムをマークしたのはアロンソ。
紅色のアロンソ見たさに、サーキットに観客が5万人が集まったらしい。すげぇな。
Photo © F1grandprix.it


b0039141_1253371.jpg

いきなり乗ってポンとタイムを出す。早くも現役最強の貫録を見せつけた。
Photo © CRASHNET


3日間総合トップのタイムをマークしたのはアロンソ!
「死んでもフェラーリなんか行かねぇよ」って言ってたくせにシラっと移籍したと思ったら、移籍後一発目のテストで早くも最速タイムをマークするなんて、さすが眉毛だな。しかも決してアタックしてたわけじゃなく、サラっと出したタイムということだから、フェラーリF10に仕上がりもかなり良さそうだ。

久しぶりに競争力のあるマシンを手に入れて、眉毛も今頃はウハウハ気分だろう。


b0039141_12644100.jpg

現場復帰したマッサが2番手タイムをマーク。
Photo © F1grandprix.it


2番手タイムはマッサ。初日と2日目にその日のトップタイムをマーク。負傷休業中のブランクは全く無いみたいだ。

フェラーリはアロンソとマッサで1-2だ。競争力の無かったF60にさっさと見切りを付けて、シーズン途中から今季用マシンの開発に全力投入してきた甲斐があったみたいね。


b0039141_1271424.jpg

記念すべきレギュラーシート獲得初走行。
はてさてどんなパフォーマンスを見せてくれるかな?
Photo © F1grandprix.it


b0039141_1285246.jpg

と思ったら3番手タイムをマークしてこれはビックリ!
デ・ラ・ロサも4番手につけた。ザウバーは今季期待できるかも。
Photo © F1grandprix.it


オレッチ的に今テスト最大のサプライズは小林。3番手タイムなんて予想以上、いや期待以上の結果。テストとは言え、チーム関係者にもファンにも大きくアピールできただろう。

もっとも、スポンサー獲得PRのために燃料軽めに積んでタイム出してる、っていう指摘もあるみたいだけどね。実際のところはどうなんかな?


b0039141_1293185.jpg

7番手は復活した皇帝シューマッハ。
3年のブランク? そんなもんねぇよ!
Photo © Mercedes GP


b0039141_13109.jpg

本人は否定するだろうけど、若いチームメイト、ニコを上回るタイムで本人も一安心だろう。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


復活した皇帝は7番手タイムをマーク。期待したほどではなかったけど、滑り出しとしてはマズマズの結果だろう。
それだけに、何か不気味な印象。
1日のテストを終えた直後にメディアの前に立ったシューは、汗ひとつかいていなかったそうだ。名将ブラウンと一緒に、王座獲得に向けて着々と計画を進行中って感じ。

ESPN F1 : ミハエル・シューマッハQ&A (2010/02/04)

Q: 2日間マシンに乗りましたが、楽しめましたか?

ミハエル・シューマッハ: ああ、最高にハッピーさ。月曜日はかなり短い走行にもかかわらずいい1日だったし、今日は丸々1日走ることができた。わずかなオイル漏れがあったことで終盤にストップすることとなったけど、全体的にはポジティブなフィードバックが得られたよ。マシンはすごくスムーズで素晴らしい走りだった。シーズンについて、とてもポジティブに考えているよ。

Q: ロス・ブラウンがあなたの素晴らしいフィードバックについて話していましたが、マシンの改善について何か求めましたか?

シューマッハ: そうするために僕はここにいるんだ。

(ESPN F1より抜粋引用)


b0039141_132499.jpg

カーナンバー1をつけて走る前年王者バトン。注目度【大】
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_1324837.jpg

王者バトンは10番手。いきなり問題抱えたみたいだけど大丈夫か?
Photo © CRASHNET


チームメイト・バトルが楽しみなマクラーレンは、ハミルトンが5番手タイム、バトンは10番手と差がついた。どうやらバトンはシートのポジションが合ってなかったみたいね。


今回はフェラーリとザウバーが好調だった。でも、だからってこの2チームが今季をリードできるかどうかはまだ判らない。
レッドブルが出てくる次回ヘレスの合同テストが楽しみだ。



b0039141_1345667.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_1411887.jpg

Photo © F1grandprix.it


b0039141_1374289.jpg

Photo © F1grandprix.it


b0039141_1401037.jpg

Photo © CRASHNET

[PR]
by oretch | 2010-02-06 01:24 | F1

<< 【MotoGP】2010年シー... MINICHAMPS 1/12... >>