2010年 02月 22日
【MotoGP】Moto2お披露目合同テスト結果

新カテゴリー“Moto2”のお披露目合同テストが終わった。
3日間総合でトップタイムをマークしたのは我らが日の丸ライダー隊の二人。

昨年の「日本人ライダーが最後のチャンピオン」に続いて、今年は「日本人ライダーが最初のチャンピオン」を期待できるかも???


b0039141_035552.jpg

Moto2マシンお披露目会は日本人ライダーが大活躍!
Photo © CRASHNET



3日間の総合結果@ 17-19.Feb.2010 カタルニア・サーキット

[Pos.] N° Rider (Nat.) Chassy - Team - Best Time
-------------------------------------------------------------
[ 1] 48 富沢 祥也 (JPN) Suter - Technomag-CIP - 1’49.3
[ 1] 72高橋 裕紀 (JPN) Tech3 - Tech 3 Racing - 1’49.3
[ 1] 60 Julian SIMON (ESP) RSV - Mapfre Aspar Team - 1’49.3
[ 4] 16 Jules CLUZEL (FRA) Suter - Forward Racing - 1’49.4
[ 4] -- Anthony WEST (AUS) MZ - MZ - 1’49.4
[ 6] -- Yonni HERNANDEZ (COL) BQR - Blusens STX - 1’49.6
[ 7] 9 Kenny NOYES (USA) Harris - Jack&Jones by A. Banderas- 1’49.9
[ 8] 63 Mike di MEGLIO (FRA) RSV - Mapfre Aspar Team - 1’50.0
[ 8] 44 Roberto ROLFO (ITA) Suter - Italtrans STR - 1’50.0
[10] 71 Claudio CORTI (ITA) Suter - Forward Racing - 1’50.1
[11] 4 Stefan BRADL (GER) Suter - Viessmann Kiefer Racing - 1’50.3
[11] 25 Alex BALDOLINI (ITA) ICP - Caretta Technology - 1’50.3
[13] 35 Raffaele DE ROSA (ITA) Tech3 - Tech 3 Racing - 1’50.5
[13] 40 Sergio GADEA (ESP) Kalex - Pons Racing - 1’50.5
[15] 10 Fonsi NIETO (ESP) Moriwaki - G22 HolidayGym - 1’50.7
[15] 7 Axel PONS (ESP) Kalex - Pons Racing - 1’50.7
[15] 77 Dominique AEGERTER (SUI) Suter - Technomag-CIP - 1’50.7
[18] 12 Thomas LUTHI (SUI) Moriwaki - Interwetten Moriwaki Racing- 1’50.8
[19] 45 Scott REDDING (GBR) Suter - Marc Vds Racing Team - 1’51.1
[20] 95 Mashel AL NAIMI (QAT) BQR - Blusens STX - 1’51.2
[21] 39 Robertino PIETRI (VEN) Suter - Italtrans STR - 1’51.7
[22] 5 Joan OLIVE (ESP) Harris - Jack&Jones by A. Banderas- 1’51.9
[23] 61 Vladimir LEONOV (RUS) Moriwaki - Vector Kiefer Racing - 1’52.3
[24] 17 Karel ABRAHAM (CZE) RSV - Cardion AB Motoracing - 1’52.8
[25] 27 Vincent LONBOIS (BEL) Suter - Marc Vds Racing Team - 1’52.8
[26] 88 Yannick GUERRA (ESP) Moriwaki - G22 HolidayGym - 1’53.2


b0039141_0362054.jpg

新クラス始動。Moto2マシンのパフォーマンスにも興味心身。
Photo © CRASHNET




 

b0039141_0371394.jpg

2日目、最終日と2日続けてトップタイムをマークした富沢。
去年1年の勉強の成果を早くも発揮?
Photo © CRASHNET


b0039141_037253.jpg

高橋もトップタイのタイムをマーク。
辛酸を舐めさせられた悔しさをレースで晴らせよ。
Photo © CRASHNET


b0039141_0373443.jpg

日本人2人と並ぶトップタイは昨年の125cc王者シモン。
やっぱ強いな。要マークだな。
Photo © CRASHNET



コンディションは最悪、エンジンのチューンはバラバ、そのうえラップタイムはチームの自己申告。
だから上のデータをそのまま鵜呑みにはできないけど、それでも日本人がトップを分けあったというニュースは嬉しいね。

富沢と高橋のエンジンはマイルドチューンだったのに対して、シモンとウェストは結構本気のチューンだったという情報もあるから、これはマジで期待しても良さそうだ。

ちょっと気が早いけど、250cc→Moto2の日本人連覇も十分あり得るんじゃない?





Moto2マシンを並べてみる。未塗装のおかげで、各シャシーコンストラクターの違いが分かる。


b0039141_038883.jpg

トップタイムの富沢含めて一大勢力のSuter。
シャープですっきりとした仕上がり。完成度高そう。M1っぽい。
Photo © motograndprix.it


b0039141_0391012.jpg

高橋の乗るTech3。他と比べるとややフックラした感じ。
老舗チームだけに、きっとキッチリ作りこんであるんだろうな。
Photo © motoblog.it


b0039141_039206.jpg

今テストではタイムがバラけて実力が良く分からないBQR。
そもそもBQRってどんなコンストラクタ?
Photo © motograndprix.it


b0039141_0393171.jpg

長くてデカいエキゾーストがクラシックな雰囲気のモリワキ。
ルティでも18位っていうのはどうなのよ? って感じ。
Photo © motograndprix.it


b0039141_0394267.jpg

タルマクシ、デボン、イアンノーネという有力ライダーを抑えたFTR。
スケルトンな感じのフェアリングがなかなか・・・・、ってこれCBR600RRやんけ!
Photo © motograndprix.it



カタルニアの250ccクラスのラップタイムは1分46秒台。
125ccが1分51秒台だったから、250ccと125ccの間くらいのスピードかな?
[PR]
by oretch | 2010-02-22 00:50 | MotoGP

<< 自由どころか民主も・・・ あのヘルメットのオリジナル版を... >>