2010年 02月 23日
自由どころか民主も・・・

このブログに、あまり政治的なことは書きたくないけど、さすがにこれは放っておけない。

某二世議員が「自由が無いのが民主党」と皮肉っていたけど、これじゃあ「自由」だけじゃなく「民主」までも無さそうだ。





産経ニュース : 長崎県知事選で民主敗北 スキャンダルが直撃、小沢氏進退再浮上も “利益誘導”選挙通じず (2010/02/21)

民主党は同知事選で、赤松広隆農水相や原口一博総務相、前原誠司国土交通相らを現地入りさせ、市町村長と面談させるなど政権与党の立場をフル活用した。小沢氏自身も1月17日、党長崎県連のパーティーで「(推薦候補の)橋本剛君を知事に選んでいただければ自主財源となる交付金も皆さんの要望通りできます。高速道路をほしいなら造ることもできます」と“利益誘導”をちらつかせたが、勝利できなかった。

(産経ニュースより抜粋引用)

J-CASTニュース : 長崎知事選にみる 怖くない民主恫喝力 (2010/02/22)

民主党・石井一選対委員長が応援演説で「時代と逆行するような選択をされるのなら、民主党政権は長崎に対してそれなりの姿勢を示すべき」と語った。

(J-CASTニュースより抜粋引用)


b0039141_032671.jpg

b0039141_0321565.jpg

Pictures © テレビ朝日 スーパーモーニング


なんと露骨な利益誘導。
なんと傲岸な脅迫。

いったいどこの国の独裁政治の話なんだ?

これはもう完全に一線を越えているんじゃないか?


【参考】 日本国憲法

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

[PR]
by oretch | 2010-02-23 00:41 | 雑記

<< スカイツリー観察記 その2 【MotoGP】Moto2お披... >>