2010年 02月 27日
【F1】へレス合同テスト@Feb まとめ

おっと、もうバルセロナ・テストも始まっちゃってるけど、その前に前回のへレス・テストをログっておく。


b0039141_2533174.jpg

10~13日、17~20日の計8日間の結果をまとめてみた。
Photo © f1grandprix.it


b0039141_2534648.jpg

コンディションは万全とは言えなかった8日間。
各チーム、ちゃんとセッティングを詰められたんかな?
Photo © xpb / Motorsport.com



■ へレス合同テスト 8日間の総合結果 @10-13,17-20. Feb. 2010

[Pos.] Best Time # Driver (Nat.); Const. Chassy; Laps
-------------------------------------------------------------
[ 1] 1’18.871 1 J.BUTTON (GBR); McLaren MP4-25; 360Laps
[ 2] 1’19.114 11 R.KUBICA (POR) Renault R30; 405Laps
[ 3] 1’19.188 27 小林 可夢偉 (JPN); Sauber C29; 303Laps
[ 4] 1’19.299 6 M.WEBBER (AUS); Red Bull RB6; 351Laps
[ 5] 1’19.583 2 L.HAMILTON (GBR); McLaren MP4-25; 310Laps
[ 6] 1’19.650 15 V.LIUZZI (ITA); Force India VJM03; 255Laps
[ 7] 1’19.919 17 J.ALGUERSUARI (ESP) Toro Rosso STR5; 433Laps
[ 8] 1’20.026 16 S.BUEMI (SUI) Toro Rosso STR5; 341Laps
[ 9] 1’20.061 4 N.ROSBERG (GER); Mercedes MGPW01; 311Laps
[10] 1’20.115 8 F.ALONSO (ESP); Ferrari F10; 486Laps
[11] 1’20.341 9 R.BARRICHELLO (BRA); Williams FW32; 417Laps
[12] 1’20.613 3 M.SCHUMACHER (GER); Mercedes MGP W01; 398Laps
[13] 1’20.629 10 N.HULKENBERG (GER); Williams FW32; 460Laps
[14] 1’20.736 26 P. DE LA ROSA (ESP); Sauber C29; 247Laps
[15] 1’21.203 5 S.VETTEL (GER); Red Bull RB6; 318Laps
[16] 1’21.428 14 A.SUTIL (GER); Force India VJM03; 229Laps
[17] 1’21.485 7 F.MASSA (BRA); Ferrari F10; 396Laps
[18] 1’22.000 12 V.PETROV (RUS) Renault R30; 206Laps
[19] 1’22.433 24 T.GLOCK (GER) Virgin VR-01; 136Laps
[20] 1’22.912 25 L.DI GRASSI (BRA) Virgin VR-01; 105Laps
[21] 1’23.470 18 J.TRULLI (ITA) Lotus T127; 141Laps
[22] 1’23.521 19 H.KOVALAINEN (FIN) Lotus T127; 98Laps



まずトップ3をチェックしてみる。


b0039141_2544636.jpg

トップタイムをマークしたのは王者バトン。
Photo © xpb / Motorsport.com


8日間総合トップに立ったのは王者バトン。ただ一人18秒台をマーク。
前回バレンシア・テストではシート・ポジションが合ってなくてタイムもイマイチだったけど、一たび問題が解決すれば、こうやって好タイム出してくるところはさすが現役王者。
今季は自身を含めて4人ものチャンピオン経験者がいる。現役チャンピオンとして負けるわけにはいかんものね。


b0039141_2545635.jpg

2番手タイムはクビサ。これは予想外だった。
Photo © xpb / Motorsport.com


2番手タイムはルノーに移籍したクビサがマークした。
ルノーがどうも今季は熱が入っていない感じで、こりゃクビサは移籍失敗したかなぁ? ・・・なんて思ってたけど、どうしてなかなかいい走りしてるみたいじゃない。

でもマシンのグラフィック・デザインがどうもね・・・
ルノーの美的センスって、オレッチは未だに良くわからんわ。


b0039141_255791.jpg

前回バレンシアに続いて今回も小林が3番手タイム!
Photo © xpb / Motorsport.com


クビサと僅か100分の7秒差、王者バトンとはコンマ3秒差という好タイムをマークしたのは小林!
前回バレンシアでの好走は一部から後ろ指差されちゃってたけど、今回も好調となると、こりゃ本物じゃないかなぁ?
テストやるたび期待が膨らんでいく!


続いて、気になるドライバーを適当にピックアップ。


b0039141_2552047.jpg

前回バレンシア・テストをスキップしたレッドブル登場。
チャンピオン候補の呼び声高いベッテルだけどタイムは15番手とイマイチな感じ。
ウェバーは4番手タイムだったのにこの差は何だ? 三味線弾いてんのか?
Photo © xpb / Motorsport.com



b0039141_2553240.jpg

赤いヘルメットが目立つ皇帝シューは真ん中あたりの12番手タイム。
着々とマイペースでリハビリしてる感じの姿がちょっと不気味。
開幕戦までにはキッチリ仕上げてくるんだろうな。
Photo © xpb / Motorsport.com



b0039141_2554483.jpg

誰よりも多い486周も走ったアロンソは10番手タイム。
各チームから、マシンの仕上がりは1番だと警戒されているフェラーリ。
アロンソも新車F10はキャリア中ベスト・マシンと絶賛しているし、かなり自信ありそうだ。
Photo © f1grandprix.it



b0039141_2555489.jpg

5番手タイムのハミルトン。
まずまずのペースだけど、おなじマシンに乗るバトンにトップタイムを出されて心中やいかに?
Photo © xpb / Motorsport.com



b0039141_256441.jpg

ようやく姿を現した新チーム。なかでもオレッチ注目はロータス。
由緒正しき名門の名前を冠してはいるけど、中身は大いに疑問符。
案の定、2人のトップドライバーをもってしてもGP2レベルのタイムがやっと。大丈夫か?
Photo © xpb / Motorsport.com



b0039141_2561440.jpg

もう1つの新チーム、バージンは初日からトラブル連発。
カラーリングはなかなかセンスいいけど、肝心のパフォーマンスはロータスとどっこいどっこい。
走るシケインにならないように、もちっと頑張れ。
Photo © xpb / Motorsport.com



次回テストの舞台は、今オフ・テスト初のGPコース、バルセロナ(カタルニア)。
開幕戦ももう間近だし、次回は各チーム本気をだしてくるだろう。
必見。


b0039141_2563069.jpg

Photo © xpb / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2010-02-27 01:47 | F1

<< CB1100 スカイツリー観察記 その2 >>