2012年 09月 16日
ペプシガンマキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
b0039141_139277.jpg

ペプシガンマキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
Photos © フジミ模型株式会社


フジミ模型株式会社 : 1/12 BIKEシリーズ No.13 スズキ RGV-Γ 後期型(XR74)1988年 チーム ペプシ スズキ (2012/07)

1988年の2輪ロードレース世界GPグランプリ500ccクラスでシーズン後半からスズキが投入したマシンがRGVγ(XR74)です。

この年から世界GPフル参戦を果たしたシュワンツはその走りでファンを魅了し、スズキRGVγのパフォーマンスも強く印象付けたのです。

スケールは1/12、ペプシカラーが施されたカウルの形状から内部のV型4気筒エンジンやフレーム、サスペンションなどのメカニズムもリアルにモデル化。シュワンツの熱い走りも味わっていただけるモデルです。

(フジミ模型株式会社公式サイトより抜粋引用)


オレッチが初めて生WGPを観たのが1988年の日本GP@鈴鹿。
そのレースで優勝したのが、このペプシガンマを駆るシュワンツだった。

まさかペプシガンマがキット化される日が来るとは。。。(涙

買わずに死ねるか。

#「作らずに死ねるか」と言えないところが積んどくモデラーの悲しさ・・・


b0039141_1491658.jpg

1988年シーズン後に開催された「富士スーパースプリント」でのシュワンツとガンマ。
この富士スーパースプリント仕様で仕上げるのも渋いかも。
Photos © Oretch


Racers volume 03 ケビン・シュワンツが駆ったRGVーГヒストリー (SAN-EI MOOK)

三栄書房

スズキのレーサーと言えば、オレッチにとってはやっぱりこのペプシガンマだ

スコア:


[PR]
by oretch | 2012-09-16 01:52 | ホビー

<< "ガンダム"... もてぎナウ2 >>