2012年 09月 27日
【MotoGP】ロッシの6輪生活
ロッシがセレブのスポーツカーレースに再び参戦。


b0039141_23422135.jpg

やっほーーーーーーーい
Photo © Marksu Berns / SRO

AUTO SPORT Web : ロッシ、GTレース参戦2戦目は19位。ニュルを満喫 (2012/09/26)

二輪MotoGPのスーパースターであるバレンティーノ・ロッシが、9月20日〜21日に開催されたブランパン耐久シリーズに今季2度目の参戦を果たし、参加45台中総合19位でチェッカーを受けた。

今季開幕戦モンツァ以来の登場となるが、その時と同様にゼッケン46のフェラーリを駆り、幼馴染みの“ウッチョ”ことアレッシオ・サルッチ、ル・マンシリーズやインターナショナルGTオープンで活躍するイタリア人レーシングドライバーのアンドレア・ツェッカートと組んでレースに挑んだ。

45台中23番手でスタートしたロッシは、序盤から力強いオーバーテイクを繰り広げて先頭集団に追いつき、ポジションを5番手まで引き上げた。しかし、ライター・エンジニアリングの24号車ランボルギーニ・ガイヤルドのクラッシュでセーフティカーが導入され、その間にピットインをしてウッチョとドライバー交代をした際に大きくポジションを落としたが、第3ドライバーを担ったツェッカートが巻き返し、総合19位/プロ・アマクラス9位でチェッカーフラッグを受けた。

開幕戦のモンツァでGTレースを初体験し、ブランパン耐久の雰囲気やレースを気に入っていたロッシは、「今シーズン中にもう1戦参戦したい」と望んでいた。今回のレースの前にはミサノ、後にはアラゴンでMotoGPのレースが控えている超ハードスケジュールを縫っての参戦となったが、ブランパン特有とも言える多種多数のGT3マシンを前にして、ピットロードではしゃぐ姿も見かけられた。

今回のニュルブルクリンクのパドックでは、ロッシを一目見ようと数多くのファンが訪れた。短時間ではあったが、許された時間内でファンやメディアにも精一杯のファンサービスをしてくれたロッシ。世界王者のオーラは周囲を魅了していた。

(AUTO SPORT Webより抜粋引用)


先日のサンマリノGPでドゥカ移籍後のベストレースをして、まだまだ腕が落ちてないことを証明したロッシ。
どうやら4輪の方の才能もまだまだ健在みたいだ。


b0039141_23492747.jpg

決勝レースを控えたスターティング。ヘルメットはいつものデザインの4輪用バージョン。
Photo © Marksu Berns / SRO

b0039141_23513390.jpg

決勝レーススタート!
昨年誕生したブランパン耐久シリーズはエントラント受付を途中で打ち切ることがあるほど大盛況。
その台数的な盛況ぶりをMotoGPにも分けてあげて。
Photo © Marksu Berns / SRO

b0039141_23582712.jpg

おっと、コースからはみでちった。(ロッシは画面左下)
ここからガンガン追い上げて、心の友ウッチョに交代する時には、なんと5番手にまで浮上。
Photo © Marksu Berns / SRO

b0039141_011952.jpg

あー、楽しかった!
本業の方ではいろいろストレスも多いから、こうして気分リフレッシュも大事だね。
Photo © Marksu Berns / SRO


徹底した管理主義のシステムに馴染めずにF1からは足の遠のいたロッシ。
親しい仲間たちとワイワイ楽しみながら走れるブランパン耐久シリーズは肌に合ってるみたい。




開幕戦のモンツァに続いて今回もロッシの足になったマシンは、フェラーリの最新ミッドシップスポーツカー、Ferrari 458 Italia。
いかにも現代フェラーリ製スーパーカーらしいスタイリングが、なかなかGood。

b0039141_019113.jpg

写真は4月の開幕戦モンツァの時のもの。Monsterの広告が入ってる。
フロントフェンダーの前部と上部にあるシャークルーバーがアグレッシブでカッコイイ。
Photo © Getty Images

b0039141_0234520.jpg

マシンのカラーリングは、マットブラックの地に、
ロッシのトレードマークの月と太陽を、ヘルメットと同じ意匠であしらったもの。
ペイントではなく、全てカッティングシートで仕上げてある。スゲェ。
Photo © ?



ところで、意外と知られていないけど、フェラーリは大金持ちの顧客向けにワンオフモデルも製作している。
イギリスのある有名ミュージシャンが、この458 Italiaをベースに、フェラーリの伝説的なスーパーカーを蘇らせた。それがこの「SP12 EC」というクルマ。

b0039141_042072.jpg

このワンオフモデルの注文主は、クルマ好きで有名なエリック・クラプトン。
お値段、約4億円ナリ!
Photo © Ferrari S.p.A.


で、モチーフとなった伝説的スーパーカーは何かと言えば、このSP12 ECを見れば一目瞭然。
そう、70年代の世界的スーパーカーブームの時に、ランボルギーニ・カウンタックと人気を二分したFerrari 512BBだ。
オレッチもカウンタックより512BB派だった。

b0039141_055440.jpg

こちらがオリジナルの512BB。
誕生から40年近く経った今でもカッコイイ。
Photo © Ferrari S.p.A.?


クラプトンはこのオリジナル512BBも3台持ってるとか。

どんだけ好きなんだよ。

オレッチに1台くれよ・・・


b0039141_195015.jpg

Photo © Marksu Berns / SRO

[PR]
by oretch | 2012-09-27 01:13 | MotoGP

<< ジダンの頭突き 【MotoGP】イタリア人が選... >>