2012年 10月 07日
【F1】2012 Rd.15 日本GP 予選結果
よし!
FMotorsport F1 : ベッテル(レッドブル)4年連続鈴鹿でPP獲得、小林可夢偉4位 (2012/10/06)

日本GP公式予選はレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルがただ一人1分30秒台のタイムを記録、ポールポジションを獲得した。

2番手にもチームメイトのウェバーが0.251秒差で入り、レッドブルのフロントロウ独占。

3番手は昨年の日本GPウィナーでもあるマクラーレンのバトン。ただしバトンはすでにギヤボックスの交換で予選グリッド5番降格のペナルティが決まっているので実質には8番手となる。

そして4番手タイムを記録したのが地元の期待を集めるザウバーの小林可夢偉。

(FMotorsport F1より抜粋引用)

b0039141_133177.jpg

イエローコーションが出てた中でタイム更新したためペナルティが出る可能性があった。
でも結局お咎めなし。風は吹いてるぞ。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


3番グリッド獲得。

若くして欧州に渡ったがために、実は鈴鹿の経験は他のドライバーと五十歩百歩。
なのに4番手タイムは立派。

前に居るのは赤い猛牛2台だけ。

イケるぞ。今度こそ。


ただ気になるのは、隣のグリッドに並ぶ"奴"だな.....


b0039141_1375761.jpg

ベッテルは4年連続のPP。シーズンも終盤に差し掛かり、速いベッテルが帰ってきた。
ただ1人の30秒台。セナの時代から10秒短縮。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_141124.jpg

このヒトは今度こそ鈴鹿ラストラン。
最後方からの追い上げは苦しいだろうけど頑張れ。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2012-10-07 01:45 | F1

<< 【F1】2012 Rd.15 ... 最後の幼稚園運動会 >>