2005年 04月 06日
【F1】第3戦 バーレーンGP レビュー
BAHRAIN GP

Final Result

[1] 5 F.Alonso (ESP) / Renault R25 / MI   1:29'18.531
[2]16 J.TRULLI (ITA) / Toytoa TF105 / MI  +13.409
[3] 9 K.Raikkonen (FIN) / McLaren Mercedes MP4/20 / MI  +32.063
[4]17 R.Schumacher (GER) / Toyota TF105 / MI  +53.272
[5]10 P.De La Rosa (ESP) / McLaren Mercedes MP4/20 / MI  +1'04.888
[6] 7 M.Webber (AUS) / Williams BMW FW27 / MI  +1'14.701
[7]12 F.Massa (BRA) / Sauber Petronas C24 / MI   -1Lap
[8]14 D.Coulthard (GBR) / Red Bull Cosworth RB1 / MI  -1Lap

Pole Position

5 F.Alonso (ESP) / Renault R25 / MI 3'01.902
 ※ Best Time : 5 F.Alonso (ESP) / Renault R25 / MI 1'29.848

Fastest Lap

10 P.De La Rosa (ESP) / McLaren Mercedes MP4/20 / MI 1'31.447

b0039141_23514334.jpg

[Photo : REUTERS/Jack Dabaghian ]



観客って居たの?

ルノー、なかなかやルノー

ルノー+アロンソが、ピットストップ時以外に一度もトップを明渡すことなくポール・トゥ・フィニッシュのブッチ切り優勝。これでルノーは3連勝。アロンソは2連勝。強い。こりゃ本物だわ。ヨーロッパラウンドはまだこれからだけど、いよいよ悲願のコンストラクターズ・タイトルの可能性が見えてきた。
これまでの開幕3連勝記録を調べてみた(詳細は末尾の「記録一覧」を参照)。過去55年のF1の歴史で、同一のコンストラクターが開幕3連勝した記録は15回。コンストラクターズ・タイトルが制定された1958年以降では9回。その9回のうち、開幕3連勝を飾りながらタイトルが取れなかったのは1994年のベネトンのただ1回だけ。タイトル獲得の確率は約89%。
いよいよフェラーリ時代の「終わりの始まり」がやってきた?
さらに開幕3戦で2勝したドライバーも調べてみた。こちらは数えてみたら結構多い(詳細は「記録一覧」を参照)。過去55年間で24回。そのうちチャンピオンになったドライバーは延べ12人。確率は50%。1/2の確率。微妙。ルノーに乗っていた80年のアルヌーと82年のプロストがチャンピオンになれなかったというのがちょっとネガティブな感じ。
ここまで調べた勢いで、更に開幕4戦で3勝したドライバーも調べてみた(詳細は「記録一覧」を参照)。もし次のサンマリノでアロンソが3連勝したら確率はどうなるか?開幕4戦3勝は過去18回で、そのうちチャンピオンは延べ15人。確率は83%。一気にチャンピオンになる確率が高まる。
母国スペインでは早くも史上最年少F1チャンピオン誕生(現在の記録は1972年のE.フィッティパルディ)に期待が高まりまくってるみたいだけど、その気持ちも分かるな。
このままいっちゃうかも、ルノー+アロンソ。
・・・いや、そりゃないかな?
微妙・・・・

フェラーリ期待のF2005のデキは?

なんだか結局分からず。予選は皇帝様が2位を獲得。決勝もスタート直後からアロンソ+ルノーの真後ろにピッタリつけてプレッシャーを掛け捲くる。アロンソはレース後に「全然気にならなかった」といつもの強気のコメントを残したけど、実際は「マジカヨッ?ミラーイッパイニ、アカイヤツガウツッテルヨ!ママーン!」ってビビリまくったはず。けど結局12周目でシューマッハF2005はハイドロ系トラブルが出てあえなくリタイア。
ルビーニョもエンジン交換などで最後尾スタートながら一時は6位まで追い上げたものの、こちらも最後は結局トラブルが出て9位がやっと。結果、開幕3戦を終えてフェラーリのコンストラクターズ・ランキングは新興レッドブルの後塵を浴びる屈辱の6位。
クルサードが、フェラーリがコース脇に止まっているのを見て痛快だった、とコメントしたそうだけど、多分クルサード以外にも多くの人がそう思ったろうな。
とは言え、フェラーリもまったく光明が無かったわけでもなかった。レース後に皇帝様は「手応えを感じた」と前向きなコメントをしたみたいだけど、これは額面通りに受け取っても良さそうな気がする。序盤、ルノーのアロンソを追いまわすF2005は確かに速そうだった。ルビーニョの追い上げも素晴らしかった。ド壷にはまっている某BARの言い訳めいた前向き発言とは違い、皇帝様のコメントは、リタイアに終わった新車のデビューを取り繕うとするポーズでは無いように思う。
やっぱりなんだかんだ言ってもフェラーリはF1の象徴。
好きか嫌いか関係なく、フェラーリが速くないとF1は面白くないね。


b0039141_2352613.jpg

[Photo : Wolfgang Rattay/Reuters ]


トヨタとホンダの立場逆転

ここんとこムカついていたので、醜態を晒すホンダに「ザマミロ」と罵声を浴びせてきたけど、さすがにちょっと哀れになってきた。トヨタの躍進が著しいだけに、余計にホンダの不調ぶりが際立つ。どうなってんだろ?やっぱりナメた真似したうえ開き直った報い?天誅?
一方トヨタは素晴らしい。2戦続けてトゥルーリが表彰台ゲット。ラルフも4位に入って、2戦連続ダブル入賞。昨シーズンのBARホンダのようだ。今季のレギューレーション改定のどこかが、トヨタの持っている技術やノウハウにピッタリと合致したんだろうな。
どこがどうだかは良く分からんけど。

その他のチームで目に付いたのはレッドブルの3戦連続ポイント獲得と、3位と5位にキッチリ入ってきたマクラーレン。
クルサードはいい仕事してるなぁ。今まで色々言われてきたけど、やっぱりベテランのスキルは侮れない。オレもちょっとクルサードを見直した。レッドブルは次戦からクリエンに替えてリウィッツィを起用するそうだけど、この勢いを持続できるかな?
名門マクラーレンも今季初の表彰台ゲット。デ・ラ・ロサもいい仕事した。トップのアロンソとはまだまだ差が大きいけど、尻上りではある。


さて次戦はフェラーリの地元サンマリノGP。フェラーリが反撃の狼煙をあげるのか?ルノーが勢いを維持してタイトル獲得へ加速するのか?それとも第3のチームがルノーの快進撃に待ったをかけるのか?
なんか今年のF1は面白いぞ。
・・・・FIAとエクレストンの思惑通りみたいで、なんか癪だな。


Point Standings

Driver

[ 1] 5 F.Alonso (ESP) / Renault 26pts
[ 2]16 J.Trulli (ITA) / Toyota 16pts
[ 3] 6 G.Fisichella (ITA) / Renault 10pts
[ 4]17 R.Schumacher (GER) / Toyota 9pts
[ 5]14 D.Coulthard (GBR) / Red Bull 9pts
[ 6] 2 R.Barrichello (BRA) / Ferrari 8pts
[ 7]10 J-P.Montoya (COL) / McLaren 8pts
[ 8] 9 K.Raikkonen (FIN) / McLaren 7pts
[ 9] 7 M.Webber (AUS) / Williams 7pts
[10] 8 N.Heidferd (GER) / Williams 6pts

Constructor

[1] Renault / Mild Seven Renault F1 Team  36pts.
[2] Toyota / Panasonc Toyota Racing  25pts.
[3] McLaren / West McLaren Mercedes  19pts.
[4] Williams / BMW Williams F1 Team  13pts.
[5] Red Bull / Red Bull Racing  12pts.
[6] Ferrari / Scuderia Ferrari Marlboro  10pts.
[7] Sauber / Sauber Petronas  2pts.





記録一覧

コンストラクターの開幕3連勝記録

 1950年 アルファロメオ (G.ファリーナ2勝、J.ファンジオ1勝) ※
 1951年 アルファロメオ (J.ファンジオ2勝、G.ファリーナ1勝、L.ファジオーリ1勝) ※
 1952年 フェラーリ (A.アスカリ2勝、P.タルッフィ1勝) ※
 1953年 フェラーリ (A.アスカリ3勝) ※
 1954年 マセラーティ (J.ファンジオ3勝) ※
 1957年 マセラーティ (J.ファンジオ3勝) ※
 1968年 ロータス (G.ヒル2勝、J.クラーク1勝) ★
 1976年 フェラーリ (N.ラウダ2勝、C.レガッツォーニ1勝) ★
 1988年 マクラーレン (A.プロスト2勝、A.セナ1勝) ★
 1991年 マクラーレン (A.セナ3勝) ★
 1992年 ウィリアムズ (N.マンセル3勝) ★
 1994年 ベネトン (M.シューマッハ3勝) 
 1996年 ウィリアムズ (D.ヒル3勝) ★
 2002年 フェラーリ (M.シューマッハ3勝) ★
 2004年 フェラーリ (M.シューマッハ3勝) ★

 ★その年のコンストラクターズ・チャンピオン
 ※アメリカGPとして組み込まれていたインディ500は除外


開幕3戦で2勝したドライバー

 1950年 G.ファリーナ(アルファロメオ) ★ ※
 1951年 J.ファンジオ(アルファロメオ) ★ ※
 1952年 A.アスカリ(フェラーリ) ★ ※
 1955年 J.ファンジオ(メルセデス) ★ ※
 1958年 S.モス(クーパー/ヴァンウォール)
 1963年 J.クラーク(ロータス) ★ 
 1964年 J.クラーク(ロータス)
 1965年 J.クラーク(ロータス) ★
 1968年 G.ヒル(ロータス) ★
 1969年 J.スチュワート(マトラ) ★
 1971年 J.スチュワート(ティレル) ★
 1973年 E.フィッテイパルディ(ロータス)
 1976年 N.ラウダ(フェラーリ)
 1979年 J.ラフィー(リジェ)
 1980年 R.アルヌー(ルノー)
 1982年 A.プロスト(ルノー)
 1987年 A.プロスト(マクラーレン)
 1988年 A.プロスト(マクラーレン)
 1989年 A.セナ(マクラーレン)
 1993年 A.セナ(マクラーレン) 
 1996年 D.ヒル(ウィリアムズ)
 1998年 M.ハッキネン(マクラーレン) ★
 2001年 M.シューマッハ(フェラーリ) ★
 2002年 M.シューマッハ(フェラーリ) ★

 ★その年のドライバーズ・チャンピオン
 ※アメリカGPとして組み込まれていたインディ500は除外


開幕からの4戦で3勝したドライバー

 1952年 A.アスカリ(フェラーリ) ★ ※
 1953年 A.アスカリ(フェラーリ) ★ ※
 1954年 J.ファンジオ(マセラティ) ★ ※
 1955年 J.ファンジオ(メルセデス) ★ ※
 1957年 J.ファンジオ(マセラティ) ★ ※
 1963年 J.クラーク(ロータス) ★
 1965年 J.クラーク(ロータス) ★
 1969年 J.スチュワート(マトラ) ★
 1973年 E.フィッティパルディ(ロータス)
 1988年 A.プロスト(マクラーレン)
 1989年 A.セナ(マクラーレン)
 1991年 A.セナ(マクラーレン) ★
 1992年 N.マンセル(ウィリアムズ) ★
 1994年 M.シューマッハ(ベネトン) ★
 1996年 D.ヒル(ウィリアムズ) ★
 2000年 M.シューマッハ(フェラーリ) ★
 2002年 M.シューマッハ(フェラーリ) ★
 2004年 M.シューマッハ(フェラーリ) ★

 ★その年のドライバーズ・チャンピオン
 ※アメリカGPとして組み込まれていたインディ500は除外
[PR]
by oretch | 2005-04-06 11:57 | F1

<< 【F1】予選方式を変えてくれ 【MotoGP】どうでもいいこと2つ >>