2005年 04月 06日
【F1】予選方式を変えてくれ
そりゃあ、責任の一端をかつぐ人間から、「失敗でした」とは言えないだろうけどサ。

FMotorsports.nifty : エクレストン氏、「新予選方式大成功だ」 2005.4.5

エクレストン爺曰く
「日曜日にも予選を行うので観客は喜ぶし、これまで最終予戦のスタート順を決めるだけだった1回目の予選も『合計タイム』ということで白熱したものになった。これこそがまさに求められていたエキサイティングな予選というものじゃないのかね」

確かに予選1回目も白熱したものになることは求めていました。が、そもそも予選1回目がつまらなくなっていた原因は、予選1回目の結果を予選2回目の出走順を決めるものに変えたから。だからこのエクレストン爺の発言は本末転倒そのもの。

予選を面白くする方法。そんなの簡単じゃん。
以前のように予選各セッションのベストタイムのうち、良かった方のタイムをそのドライバーの予選タイムとして予選順位を決める方式に戻す。
そうすれば良いだけのことでしょ?
そうすれば土曜日のセッションだって、日曜日にコンディションが悪化するリスクを考えて手抜き無しのアタックが行われる。かつて実際にそうだったんだし。
コスト削減のためと言うなら、各セッションのアタック回数は今と同じ1回ずつでも構わない。
出走順位は、1回目のセッションは前戦の決勝順位、2回目のセッションは1回目のセッションの順位をもとに決めればいい。

この方法が一番シンプルかつ効果的だと思うんだけど、なんで採用しないんだろう。この方法の問題点や採用されない理由がさっぱり分からないので、どなたか分かる方がいれば教えてください。

シューマッハが唯一まだ更新していない記録がポールポージションの最多獲得回数。
現在の獲得回数は63回。A.セナの持つ最多記録65回まであと2つに迫った。
予選方式がコロコロと改悪される背景に、なんかこの辺りが関係しているのかしらん?



ちなみにワタシはセナ派です。
なのでセナの最後の記録を破られるのはとても悔しい。
だけどいつかシューマッハが記録を破ったなら、その時ワタシは素直にシューマッハを称えるし、他のセナ・ファンやセナ・オタにもそうあって欲しい。
記録を更新したシューマッハを称えるということは、同時にセナの記録がいかに素晴らしいものだったかの証明にもなるから。



ニフティのサイトがブログ形式にリニューアルされてからだいぶ経つ。
トラックバックもできるようになった。
だけど、なぜか全然誰もドラックバックしない。
なので小心者のオレッチもトラックバックできず。
[PR]
by oretch | 2005-04-06 12:11 | F1

<< 異業種交流 モータースポーツ界... 【F1】第3戦 バーレーンGP... >>