2005年 07月 09日
【F1】第10戦 フランスGP 結果/レビュー
MotoGPのアメリカGP復活で盛り上がっちゃって、アップするの忘れてた。

Final Result

Classification (73Laps)

[1] 5 Fernando Alonso (ESP) / Renault R25 / MI  1:31'22.233
[2] 9 Kimi Raikkonen (FIN) / McLaren Mercedes MP4-20 / MI +11.805
[3] 1 Michael Schumacher (GER) / Ferrari F2005 / BS  +21.914
[4] 3 Jenson Button (GBR) / B.A.R. Honda 007 / MI  +1Lap
[5] 16 Jarno Trulli (ITA) / Toyota TF105 / MI     +1Lap
[6] 6 Giancarlo Fisichella (ITA) / Renault R25 / MI  +1Lap
[7] 17 Ralf Schumacher (GER) / Toyota TF105 / MI  +1Lap
[8] 11 Jacque Villeneuve (CAN) / Sauber Petronas C24 / MI +1Laps

Race Leader
 Lap 1  5 F.Alonso / Renulat

Pole Position

5 Fernando Alonso (ESP) / Renault R25 / MI  1'14.412

Fastest Lap

9 Kimi Raikkonen (FIN) / McLaren Mercedes MP4-20 / MI 1'16.423

Notes
  • F.Alonsoが昨年に続きフランスGPでPP獲得。通算6回目で、K.Raikkonenらと並ぶ歴代30位タイに。
  • Renaultが40回目のPPを獲得。Brabhamを抜き、コンストラクター歴代5位に。
  • F.AlonsoがフランスGPでスペイン人初優勝。通算6勝目で、R.Schumacherらと並ぶ歴代30位タイに。
  • Renaultが母国フランスGPで1983年以来22年ぶりに優勝。通算23勝目で、Tyrrellと並び、コンストラクター歴代7位タイに。
  • F.Alonsoが4回目のポール・トゥ・フィニッシュ。E.Fittipaldi、J.Surtees、G.Hillらと並ぶ歴代20位タイに。
  • M.Schumacherが141回目の表彰台を獲得し、表彰台獲得回数記録を更新。
  • K.Raikkonenが9回目のファステスト・ラップを記録。J.Villeneuveらと並び、歴代27位タイに。
※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)含む。
※Renaultの記録は買収前のBenetton時代を含まない。


http://it.sports.yahoo.com/050703/1/96hh.html
[Photo : Associated Press]


タクマよ、確かにその根性は買うんだけどさ・・・

ミシュランに反省無し

結局FIAの聴聞会は結論を先送り。有罪が下れば別シリーズに分裂するとか、モズレーを会長から引き摺り下ろすとか、あげくの果てにはドライバー間のゴタゴタまで噴出して、アメリカGPでファンを置き去りにしたF1のエスタブリッシュメント共は、あのF1史上に残る汚点を省みることもなく、またもファンを置き去りにして“政治”の話に没頭してやがる。もういいかげんにしろ。うんざり。

反省の無さでは相変わらず糞ミシュランが一番だ。来年のアメリカGPで2万人を招待すると発表したけど、被害者は12万人とも言われているんだから、2万枚なんて全然数が足りないし、なにより、まるで「しょうがないから自分が犠牲になってやる」的な発言までしてやがる。
FIAと契約関係に無いから直接ペナルティを受けずに済んだことをいいことに、反省するどころか益々調子ぶっこきやがって。こんな糞企業はとっとF1から撤退しろ。一部のチームに来季BSへの鞍替えの動きがあるらしいけど、それも当然だ。

http://uk.sports.yahoo.com/050701/23/c0jv.html
言い訳会見を開いたミシュラン陣営。ミシュランに反省無し。
[Photo : crash.net]


ルノーが地元でリセットしてタイトル一直線

レースはPPからスタートしたF.アロンソが一度もリードを譲ることなく独走でチェッカー。ルノーにとっては色々記念的なレースでもあったようだし、なによりルノーの総帥、C.ゴーンが見守る“天覧”レースでもあったから、さぞやブリアトーレも得意満面だろうね。
これでアロンソはシーズン5勝目。チャンピオンシップのリードを更に広げることに成功した。このところ勢いはマクラーレンに傾いていたから、それに楔を打ち込む快心の勝利だった。

http://it.sports.yahoo.com/050703/1/96en.html
トゥルーリが後続にフタをして、アロンソ独走をサポートしちゃった。
[Photo : Associated Press]


とは言え、このレースで真に最速だったのはやっぱりマクラーレンでしょ。エンジン交換で10グリッド降格さえしなければ、独走優勝していたのはアロンではなくてライコネンだったはず。まだまだシーズンはようやく折り返したところ。残り9戦もある。巻き返すチャンスは十分。
あ、それとモントーヤも今回は頑張った!

http://it.sports.yahoo.com/050704/21/970n.html
モン吉!いつまでもチームメイトに負けてらんねーぞ!
[Photo : crash.net]


シューマッハーとフェラーリの復調も遂に本物になってきた。アメリカGPの優勝は特異な状況だったからだけじゃない。シューミ本人は、まだまだルノー、マクラーレンとの差は大きいから、と、納得の3位だったようだけど、それはいよいよトップ2との差が精密に測れるほどに近づいてきたからじゃないかな?
どうやれば勝てるのかを一番熟知しているドライバーとチームなだけに、まだまだやっぱり侮れんでしょ。

その根性は買うんだけどサ

我らがタクマは、今季最高4番グリッドからスタート。スタートで5番グリッドのバリチェロに抜かれたけれど、真骨頂のレーサー魂炸裂で、アデレードヘアピンで見事バリチェロをオーバーテイク!
さらに、ペースのあがらないトゥルーリを、散々煽り倒した後でまたもアデレードヘアピンで見事に連続オーバーテイク!とはいかなかった・・・・。

http://it.sports.yahoo.com/050703/1/96fl.html
ズザザザザザ~・・・・。あ~ぁ・・・・。
[Photo : Associated Press]


う~ん・・・・。確かにね、その根性は買いますよ。バリチェロをパスしたシーンは、そりゃもう拍手喝采ですよ。去年は「アマチュア」とバカにしやがったルビーニョも、流石に「タクマ恐るべし」と思ったに違いない。
だけどさ、やっぱり結果を出してくれないと、観ている方も辛いっス。バトンが4位入賞して、とうとう今季未だにノーポイントなのは1人ぼっちになっちゃたし。
がんばれ、タクマ!

Point Standings

Driver

[ 1] 5 Fernando Alonso (ESP) / Renault 69pts.
[ 2] 9 Kimi Raikkonen (FIN) / McLaren 45pts.(-24)
[ 3] 1 Michael Schumacher (GER) / Ferrari 40pts.(-29)
[ 4] 16 Jarno Trulli (ITA) / Toyota 31pts.
[ 5] 2 Rubens Barirchello (BRA) / Ferrari 29pts.
[ 6] 8 Nick Heidfeld (GER) / Williams 25pts.
[ 7] 7 Mark Webber (AUS) / Williams 22pts.
[ 8] 17 Ralf Schumacher (GER) / Toyota 22pts.
[ 9] 6 Giancarlo Fisichella (ITA) / Renault 20pts.
[10] 14 David Coulthard (GBR) / Red Bull 17pts.
[ -] 4 Takuma Sato (JPN) / B.A.R. 0pt.

Constructor

[ 1] Renault / Mild Seven Renault F1 Team  89pts.
[ 2] McLaren / West McLaren Mercedes  71pts.(-18)
[ 3] Ferrari / Scuderia Ferrari Marlboro  69pts.(-20)
[ 4] Toyota / Panasonc Toyota Racing  53pts.
[ 5] Williams / BMW Williams F1 Team  47pts.
[ 6] Red Bull / Red Bull Racing  22pts.
[ 7] Sauber / Sauber Petronas  13pts.
[ 8] Jordan / Jordan  11pts.
[ 9] Minardi / Minardi  7pts.
[10] B.A.R. / Lucky Strike B.A.R. Honda  5pt.





http://uk.sports.yahoo.com/050704/23/c39g.html
[Photo : crash.net]


面白いツーショット。この2人も現地に来てました。C.ゴーンとA.プロスト。
かたや日産を復活させたカリスマ辣腕経営者。
かたやチームを潰して借金まみれのカリスマ失敗経営者。
対照的な2人。
[PR]
by oretch | 2005-07-09 22:16 | F1

<< 【MotoGP】アメリカGPに... 【MotoGP】ヤマハ50周年... >>