2005年 09月 24日
【MotoGP】第13戦 マレーシアGP プレビュー
今年のロッシのチャンピオン獲得パフォーマンスはどんなかな?

セパン概要

マレーシアGPは1992年に初開催されたが、当初の開催場所はシャーラム・サーキット。セパンでのWGP開催は、同サーキットがクアラルンプール国際空港のすぐ隣に、超近代的なサーキットとして1998年に完成した翌年から。今年で7回目の開催になる。
熱帯地域にあるだけに、高温多湿でライダーにとってもタイヤにとってもマシンにとっても非常にしんどいサーキットで、昨年カタールGPが加わるまでは、GPカレンダー中最も過酷なラウンドだった。一年中暑いので、オフシーズンにはテストコースとして頻繁に利用されている。

このコースで特徴的なのは、バナナとハイビスカスの群生をイメージしたという大きな傘状の白い屋根に覆われたグランドスタンドを、サンドイッチ上に挟むように設けられたホームストレートとバックストレート。バックストレートでの最高速は、MotoGPクラスだとゆうに310km/hを超える。
ホームストレート前後など、タイトなコーナーが多いストップ&ゴータイプのサーキットだが、高速コーナーもあってなかなか楽しいレイアウトになっている。

URL :  http://www.malaysiangp.com.my/
GoogleMaps : 2.760916,101.739407





Previous Data

2004 Resault

[ 1] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha  43'29.146
[ 2]  3 Max Biaggi (ITA) Honda  +3.666
[ 3]  4 Alex Barros (BRA) Honda  +9.299
[ 4] 69 Nicky Hayden (USA) Honda  +19.069
[ 5]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda  +21.155
[ 6] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati  +21.268
[ 7] 15 Sete Gibernau (ESP) Honda  +21.881
[ 8] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki  +22.167
[ 9]  7 Carlos Checa (ESP) Yamaha  +23.150
[10] 12 Troy Bayliss (AUS) Ducati  +32.615
[11] 45 Colin Edwards (USA) Honda  +33.958
[12] 17 Norick Abe (JPN) Yamaha  +44.302
[13] 11 Ruben Xaus (ESP) Ducati  +55.235
[14] 71 Yukio Kagayama (JPN) Suzuki  +1'09.580
[15] 99 Jeremy McWilliams (GBR) Aprilia  +1'10.376

Pole Position : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha 2'01.833
Fastest Lap : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha 2'03.253

昨年は、前戦カタールでの”グリッド清掃事件”で「ジベルノウの野郎がチクリやがった!」と激怒したロッシが、その怒りをぶつけるようなライディングでブッチギリの優勝。フィニッシュ後は路面をモップで清掃して、カタールでの事件を茶化すパフォーマンスを披露。ロッシの強さをまざまざと見せつけるレースだった。
一方ジベルノウにとっては、ロッシの怒りを買ってしまったことで、この地でのGP以降、現在まで全く勝てなくなってしまった(涙)

過去5年間の優勝/PP/FL

※ ★印はその年のチャンピオン

[Winner]

 1999 Kenny Roberts (USA) Suzuki
 2000 Kenny Roberts (USA) Suzuki ★
 2001 Valentino Rossi (ITA) Honda ★
 2002 Max Biaggi (ITA) Yamaha
 2003 Valentino Rossi (ITA) Honda ★
 2004 Valentino Rossi (ITA) Honda ★

[Pole Position]

 1999 John Kocinski (USA) Honda
 2000 Kenny Roberts (USA) Suzuki ★
 2001 Loris Capirossi (ITA) Honda
 2002 Alex Barros (BRA) Honda
 2003 Valentino Rossi (ITA) Honda ★
 2004 Valentino Rossi (ITA) Honda ★

[Fastest Lap]

 1999 Mick Doohan (AUS) Honda
 2000 Kenny Roberts (USA) Suzuki ★
 2001 Valentino Rossi (ITA) Honda ★
 2002 Max Biaggi (ITA) Yamaha
 2003 Valentino Rossi (ITA) Honda ★
 2004 Valentino Rossi (ITA) Honda ★

有力ライダー別過去5年間(2000年から2005年)の成績

3 Max Biaggi (ITA) : 4th -> NC -> 1st -> 3rd -> 2nd
4 Alex Barros (BRA) : 8th -> 7th -> 3rd -> 15th -> 3rd
5 Colin Edwards (USA) : (NE) -> (NE) -> (NE) -> 13th -> 11th
6 Makoto Tamada (JPN) : (NE) -> (NE) -> (NE) -> 10th -> 5th
7 Carlos Checa (ESP) : 2nd -> 10th -> 7th -> 5th -> 9th
15 Sete Gibernau (SPA) : 7th -> 8th -> 14th -> 2nd -> 7th
33 Marco Melandri (ITA) : (NE) -> (NE) -> (NE) -> 11th -> NC
46 Valentino Rossi (ITA) : NC -> 1st -> 2nd -> 1st -> 1st
56 Shinya Nakano (JPN) : (NE) -> 4th -> 6th -> 8th -> 8th
65 Loris Capirossi (ITA) : NC -> 2nd -> 9th -> 6th -> 6th
69 Nicky Hayden (USA) : (NE) -> (NE) -> (NE) -> 4th -> 4th
※NCはリタイア、WDは失格

ロッシが連勝を含む3勝、ビアッジとロバーツが1勝ずつ。表彰台に立ったことがあるのは、他にバロスとチェカ、ジベルノウ、カピロッシ。

データ分析と独断予想

日本で持ち越されたロッシ5連覇までのマジックポイントは僅か「13」。4位以上なら、ランク2位のビアッジの順位に関係なくタイトル決定。5位以下でも、ビアッジとのポイント差が12点以内ならOK。ビアッジ2位ならロッシ8位、ビアッジ3位ならロッシ12位、ビアッジが5位以下なら、たとえロッシがリタイアしたとしてもタイトル決定。
ロッシの5連覇達成がセパンで成し遂げられるのは、もう間違いない。

マレーシア以降は、単戦ずつの勝利予想を楽しむしかないねぇ。

てことで、優勝の可能性のありそうなライダー達のセパンの得意度を調べてみる。結果は次の通り。左から過去5年間の勝率、表彰台獲得率、獲得平均ポイント。( )内は全サーキットを通じたそのライダー毎の平均。(今年の成績は対象外)

ライダー         勝率         表彰台獲得率      平均点
------------------------------------------------------------
Valentino Rossi : 60.0%(50.8%) - 80.0%(83.1%) - 19.0点(19.7点)
Sete Gibernau : 0.0%(9.2%) - 40.0%(27.7%) - 9.6点(9.9点)
Max Biaggi : 20.0%(15.4%) - 60.0%(49.2%) - 14.8点(13.4点)
Alex Barros : 0.0%(7.8%) - 40.0%(26.6%) - 10.0点(10.3点)
Colin Edwards : 0.0%(0.0%) - 0.0%(3.8%) - 4.0点(6.4点)
Makoto Tamada : 0.0%(3.8%) - 0.0%(7.7%) - 8.5点(6.9点)
Nicky Hayden : 0.0%(0.0%) - 0.0%(12.0%) - 13.0点(7.2点)
Loris Capirossi : 0.0%(3.2%) - 20.0%(27.0%) - 9.4点(9.9点)
Shinya Nakano : 0.0%(0.0%) - 0.0%(7.4%) - 9.8点(6.2点)
Marco Melandri : 0.0%(0.0%) - 0.0%(4.2%) - 2.5点(4.5点)

まぁいつものごとく絶対値はロッシが断トツ。表彰台と獲得ポイントが平均より低いのは誤差の範囲だろう。
ロッシに続いては、ここで1勝をあげているビアッジが全体的に得意そうな傾向。
ヘイデンは優勝や表彰台は無いけど獲得ポイントはかなりいい。上位を狙えそう。
セパンが得意なライダーはあとはベテランのバロスくらいか。

次に、他のサーキットで優勝したライダー/メーカーが同じ年に茂木でも勝った率を、過去5年間に遡って調べてみる。結果は次の通り。左の数値がライダー、右の数値がメーカーの勝率。( )内は茂木以外のサーキットも含めた平均勝率。

サーキット   同一ライダー勝率  同一メーカー勝率
-----------------------------------------
Jerez   :  60.0%(46.2%) - 60.0%(61.5%)
Estoril   : 60.0%(44.6%) - 60.0%(60.9%)
LeMan   : 0.0%(26.6%) - 20.0%(52.4%)
Mugello  : 40.0%(35.5%) - 60.0%(63.9%)
Catalunya : 60.0%(41.7%) - 60.0%(46.7%)
Assen   : 20.0%(33.3%) - 40.0%(56.7%)
Donington : 40.0%(40.0%) - 60.0%(66.7%)
Sachsen  : 0.0%(21.7%) - 20.0%(50.0%)
Brno    : 60.0%(28.3%) - 60.0%(45.0%)
Motegi   : 40.0%(20.0%) - 60.0%(60.0%)

平均を超えているのはカタルニアとブルノと茂木。カタルニアとブルノはロッシが勝ったけど、ジベルノウは両方ともPPを獲得し、ロッシとも好バトルを繰り広げたから、もしかしたらジベがやってくれるかも・・・

でも結局いつものように、優勝候補磐石の筆頭はロッシ。
昨季の時点で既にホンダ勢を圧倒するパフォーマンスだった。
今年は昨季以上にブッチぎりそうな予感。

でも・・・
「FASTER」を観たらビアッジを応援したくなった。
オレッチは判官びいきなところがあるもんでね。ヘヘ。
[PR]
by oretch | 2005-09-24 00:49 | MotoGP

<< 【F1】琢磨クビ 【WRC】第12戦 ラリーGB... >>