2005年 11月 10日
【F1】ペイドライバーとgoogle広告
googleは「Google AdSense」という広告サービスを提供している。
googleの同サービスの説明を読むと、こう書いてある。
「お客様のサイトおよびそのコンテンツに正確にターゲットを絞ったテキスト広告およびイメージ広告を自動的に配信します。」

つまりこのサービスは、Webページに書かれている内容を自動的に判別してキーワードを抽出し、そのキーワードにマッチした広告を自動的に表示するサービス。

いつもF1ニュースをチェックしてる「FMotorsports.nifty」もこのGoogle AdSenseサービスを利用していて、普段はF1やクルマに関連するグッズや書籍なんかの広告が出てる。

でも今日はいつもとちょっと趣の違う広告が出てた。





一番上に出てた記事は、「持ち込み資金が高騰したからミッドランド(旧ジョーダン)のシートを失った」と先日発言したカーティケヤンに、同チームのC・コルズ・マネージング・ディレクターが反論している記事。

b0039141_18262935.jpg

一番上にカーティケヤンに関する記事。(クリックすると拡大)
[Image (C) Nifty]


で、下のほうにスクロールしていくと・・・

b0039141_18251846.jpg

Google AdSense広告が画面左端に出てる。(クリックすると拡大)
[Image (C) Nifty]


カーティケヤンがこの画面を見てたらいいんだけどネ(笑)
[PR]
by oretch | 2005-11-10 18:27 | F1

<< 【MotoGP】ロッシのドレスコード TMS09 その7 「○と×」... >>