2006年 01月 31日
【ロッシ狂奏曲】ロッシがF1合同テストに登場
今日からバレンシアでF1のテストが行われる。
テストに参加するルノー、マクラーレン、フェラーリ、トヨタ、ウィリアムズ、ホンダ、BMWの各チームとも、V8-2.4リッターを積んだニューマシンを用意している。
今回のテストは、今シーズンの勢力図がどうなるかを占う重要なテストになる予感大。

でも、今回のテストで一番の注目点は別のところにある。
これまで単独テストを繰り返してきた我らがヴァレンティーノ・ロッシ大先生が、この合同テストに参加。遂にF1トップドライバー達と一緒に走るという。

FMotorsports.nifty : さあ、バレンティーノ・ロッシ登場だ(2006/01/31)
フェラーリ・チームは今日31日(火)からバレンシア・サーキットで集中テストをスタートさせる予定。なんといっても注目が集まるのは、今回このテストに参加する予定になっているバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)だ。

今回の合同テストにロッシを参加させようというフェラーリの魂胆はどこにあるんだろう?
マシン開発のペースが落ちるシーズン後半ならともかく、きたるべきシーズンに向けてニューマシンの開発が追い込みを迎えているこの時期、大事な合同テストに“素人”のロッシを参加させるというのは、ちょっと常識外のプランだ。

オレッチなりに推測すると、理由は2つ。
ひとつは、これまでのテストでロッシがテスト・ドライバーとして十分なスピードと能力を持っていることが確認できたことで、ロッシもニューマシンのテスト・プラグラムに組み入れて、マイレージ稼ぎをさせようという狙い。上記FMotorsports.niftyの記事によれば、ロッシがドライブする予定のマシンは、今シーズン用のV8-2.4リッター・エンジンを積んだF2004になるとみられているということだから、この狙いがあるのはまず間違いない。
そしてもうひとつの理由は、ビジネスで言うところの「フィージビリティ・スタディ」あるいは「リサーチ/サーベイ」を終えて、いよいよ「テスト・マーケティング」に入ったということ。単独テストでロッシのポテンシャルはおよそ見当がついた。次は実戦的な合同テストの場に出して、本業のF1ドライバー達相手にどれだけのパフォーマンスが発揮できるか試してみようか? というところじゃないかな。いくら単独テストで好タイムを出したところで、コンディションが違えばタイムも変わるわけだから、一緒に走らせて見ないと本当のポテンシャルは分からないからね。

なんか、着々とロッシのF1転向プロセスが進んでいるようで、今までに無く不安な感じ。
オレッチはF1も好きだけど、やっぱりWGPの方が好きだから。

ただ、“実際、ロッシはF1でどれだけやれるんだろう?”という興味も抑えられない。
「ロッシはF1でも速い」という情報は流れてくるものの、実際のところはフェラーリのスタッフ以外、誰もロッシがどのくらい速いのか知らなかったわけだから、今回のバレンシア・テストでは遂に、果たしてロッシはF1でも本当に速いのか? ということが明らかになる。
正直、心のどこかで“ロッシならF1でもスゴイはず” “それを証明してみせて欲しい”という期待がある。

う~ん。実に胸中複雑だ。

もしロッシが本当に速ければ、ロッシのF1転向の動きが加速されてしまうんじゃないか?
もしロッシが本当は遅ければ、ロッシのF1転向が遠退いてホッとする反面、“ロッシなら”という期待が裏切られたような気がして変にガッカリしてしまうんじゃないか?

どっちも嫌だなぁ~。
いずれにしても、何だかんだ言ってオレッチはやっぱりロッシが好きなんだなぁ、と実感。
結構似たような心境のヒトは多いんじゃないかなぁ?

でも、そんな勝手なこと言ってるファンなんかよりも、ロッシの合同テスト参加のニュースをもっと複雑な心境で聞いている人たちがいるはず。同じテストで走る本業のF1ドライバー達だ。
むしろ、彼らの方がシリアスに考えてるんじゃないかな? 
だって、もしロッシが本当に速かったら、世界中から「オマエら本当はたいしたことねーなー」って言われちゃうものね! シューマッハはともかく、同じマシンに乗るマッサやバドエルなんて、実のところ「ざけんじゃねーよ!」くらい憤慨してるんじゃないの?

もしロッシが並み居る本業ドライバー達より速かったりしたら、WGPファンとしてのオレッチは「君達が遅いんじゃない。ロッシの才能がケタ違いなだけなんだよ、フッ」とか言って余裕ぶっこいてられるけど、F1ファンとしてのオレッチにとってはシャレにならん。

まぁ、なんだ。WGPファンとF1ファンの双方が納得できそうな落としどころは、「レギュラー・ドライバーより遅く、テスト・ドライバー達と同等」といったところじゃないかな?

FMotosports.nifty : ウェバー、「ロッシは怖れ知らずの奴だ」(2006/01/30)
「われわれF1ドライバーと一緒にコースを走ろうというんだから勇気があるじゃないか。いったいどういうことになるんだか……。とはいえ、ロッシには間違いなく凄い才能があるね。それは間違いないことだよ。」

今ごろは彼の地でテストも開始されているはず。
結果は今日の深夜過ぎくらいには入ってくるかな?
ウェーバーじゃないけど、ホント、さてどうやることやらねぇ・・・


ところで、スペインで開催される合同テストって、観客入れて行われるんだよね。入場料は確か数百円だったはず。
スペイン人になってみたいやね。



ローブもフェラーリのF1に乗りたがってるんだよね。トッドに直談判もしたらしいけど、いい返事がもらえないとか。
これは別にトッドが「ロッシ>ローブ」と見ているからということでは決して無くて、やっぱり同じ4輪カテゴリーだけに、ローブ=シトロエンという印象が強過ぎるのが問題なんだろうな。
[PR]
by oretch | 2006-01-31 22:35 | MotoGP

<< 押入れから出てきた80年代 スバルさんのアイデンティティ >>