2006年 02月 03日
【ロッシ狂奏曲】F1合同テスト2日目 驚愕
確かにテスト初日は生憎の天候で肩透かしの結果に終わったけど、トーチューのあの写真はちょっとヒドくない? 笑ったけど。

まぁ、それはいいとして、2日目は無事、天候が回復し、各ドライバーともタイムが出てきた。
実質的にテスト初日となった2日目の結果は次の通り。

さて、ろっしふみ は、と・・・

Valencia test times - Day 2

Pos. Driver            Car            Tyre   Lap   Time
-----------------------------------------------------------------
[ 1] F.Alonso (ESP)       Renault R26      ML  52laps 1'11.219
[ 2] J.Button (GBR)       Honda RA106     ML  89laps 1'11.327
[ 3] M.Schumacher (GER)  Ferrari 248F1     BS  72laps 1'11.831
[ 4] J-P.Montoya (COL)    McLaren MP4-21  ML  68laps 1'11.998
[ 5] R.Barrichello (BRA)    Honda RA106     ML 112laps 1'12.062
[ 6] H.Kovalainen (FIN)    Renault R26      ML  29laps 1'12.112
[ 7] J.Villeneuve (CAN)    BMW F1.06       ML  78laps 1'12.619
[ 8] R.Zonta (BRA)       Toyota TF106     BS  88laps 1'12.660
[ 9] V.Rossi (ITA)        Ferrari F2004     BS  52laps 1'12.856
[10] D.Coulthard (GBR)    Red Bull RB2      ML  36laps 1'12.930
[11] A.Wurz (AUT)       Williams FW27C   BS  82laps 1'12.925
[12] G.Paffett (GBR)      McLaren MP4-20s* ML 116laps 1'12.937
[13] M.Webber (AUS)     Williams FW28    BS  67laps 1'13.050
[14] J.Trulli (ITA)        Toyota TF106    BS 105laps 1'13.076
[15] R.Kubica (POL)      Sauber BMW C24B ML  65laps 1'13.332

* = V10 3.0 litre engine

2005 Valencia Test Best Time

 K.Raikkonen (FIN) McLaren MP4-20 ML  1'08.995


9位? 旧型シャシーでシューの1秒落ち?

なんだよそれ?

そこはキミが居ていいポジションじゃないだろ


テストが始まる直前の記事で、オレッチは次のように書いた。
「WGPファンとF1ファンの双方が納得できそうな落としどころは、『レギュラー・ドライバーより遅く、テスト・ドライバー達と同等』といったところじゃないかな?」
2日目の結果を見ると、一見、予想通りだったように見える。

でも違うんだよ。全然違うんだよ!
オレッチの予想は、“十分走り込んでから、テスト最終日あたりに叩き出した最速ラップがその辺り”なの。だから、(実質的な)テスト初日にいきなりこのポジションというのは予想外。

もちろん、これはテストであってレースじゃない。各チームとも、各種テスト・プログラムを組み,
そのプログラムの内容によってタイムは出たり出なかったりするわけだから、単純にラップタイムを並べて誰が速い誰が遅いと言うのはあまり意味を持たない。

けれど、ロッシのF1でのキャリアを考えれば、この結果は驚きとしか言いようが無い。
これまでのロッシの走行距離はせいぜい数百km。バレンシアは確かに2輪では走り慣れているとは言え、4輪では初めて。しかもエンジンはトップドライバー達と同じV8ながら、シャシーは旧型というハンディキャップ付き。にもかかわらずこのタイム。このポジション。
ロッシがF1でもやっていけるだけの才能の持ち主であることは、もはや否定できないわ。

FMotorsports.nifty : バレンティーノ・ロッシ、パドック雀を黙らせる(2006/02/02)
順調に周回数を52まで延ばしたロッシはベストタイム1'12.856を記録。これはこの日走行した15人のドライバーの中で9番目に位置するもので、王者ミハエル・シューマッハからわずか1秒の遅れ。タイムシートのさらに下にはクルサードやブルツ、ウェバーやトゥルーリの名前があることを考えれば、ロッシの実力がどれほどのレベルにあるかは明らかだ。

テストを終え、フェラーリ・チームのスポークスマンは「昨日ウェットに足を取られたことで、いろいろ言われたが、今日の走りでみんな見方を変えたことだろう。ロッシの走りはもう他のF1ドライバーに比べて何ら劣るところはないよ」と胸を張った。


b0039141_1917158.jpg

本職のF1ドライバー達と対等に渡り合ったロッシフミ
[Photo (C) crash.net/Yahoo!ITALIA]


もはやフェラーリが余興でロッシを乗せているわけじゃないことが明らかになった。
レギュラードライバーのマッサが(まだ)参加していないのは、スケジュール上の理由だと思っていたけど、本当に理由はそれだけか?

もうダメだ。ロッシとヤマハに伏してお願いしたい。

今すぐ荷物をまとめてフィリップアイランドに飛んでくれ!

そしてそこで、“本来の”ライバル達との合同テストに合流してくれ!

F1のテストはもういい!お願い!!
[PR]
by oretch | 2006-02-03 02:17 | MotoGP

<< 【ロッシ狂奏曲】バレンシア合同... 【MotoGP】欧州では2輪レ... >>