2006年 02月 07日
【MotoGP】フィリップアイランド・テスト
王者ロッシが、遥か数千キロの彼方で高価なオモチャで遊んでいる隙に、タイトル奪還に燃えるホンダをはじめとする負け組みは今日も黙々とテストをこなす。
カタールでのテストも始まってるけど、忘れないうちにフィリップアイランドもログっておく。

主役不在でなんかピリっとしねーだろーなー、なんて思ってたけど、昨シーズンの雪辱に燃える“アイツ”がセパンに続いて大発奮!

おーい、ロッシよ、おもちゃで遊んでるヒマねーぞー。


Phillip Island test times

[Pos] Rider (Nat) Team / Time Gap2Top
----------------------------------------------------
[ 1] Sete Gibernau (ESP) Ducati Marlboro 1'30.06
[ 2] Loris Capirossi (ITA) Ducati Marlboro 1'30.25 +0.19
[ 3] Shinya Nakano (JPN) Kawasaki Racing 1'30.59 +0.53
[ 4] Marco Melandri (ITA) Fortuna Honda 1'30.60 +0.54
[ 5] Nicky Hayden (USA) Repsol Honda 1'30.90 +0.84
[ 6] Casey Stoner (AUS) Honda LCR 1'31.00 +0.94
[ 7] Daniel Pedrosa (ESP) Repsol Honda 1'31.10 +1.04
[ 8] Kenny Roberts (USA) Team Roberts 1'31.64 +1.58
[ 9] Randy de Puniet (FRA) Kawasaki Racing 1'31.77 +1.71
[10] Makoto Tamada (JPN) JIR Honda 1'31.77 +1.71
[11] Toni Elias (ESP) Fortuna Honda 1'32.15 +2.09
[12] Alex Hofmann (GER) Ducati d'Antin 1'32.40 +2.34
[13] Jose Luis Cardoso (ESP) Ducati D'Antin 1'32.40 +2.34

Notes

2005 Australian GP - 2005/10/4~6
 Pole position : 69 Nicky Hayden (USA) Repsol Honda 1'29.337
 Fastest Lap : 33 Marco Melandri (ITA) Movistar Honda 1'30.332

2005 Phillip Island test - 2005/02/17~20
 Fastest time : Valentino Rossi (ITA) Gauloises Yamaha  1'29.68

2004 Australian GP - 2004/10/15~17
 Pole position : 15 Sete Gibernau (ESP) Movistar Honda 1'30.122
 Fastest Lap : 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati Marlboro 1'31.102

2004 Phillip Island test - 2004/02/17~19
 Fastest time : Max Biaggi (ITA) Camel Honda  1'30.21


セパンに続いてジベルノウがトップでドゥカが1-2。
まぁ、“テスト弁慶”のドゥカのことだから、テストの結果をそのまま今シーズンの活躍に結びつけるのはためらわれるけども、スイッチしたばかりでトップタイムを連発するジベは期待してもいいかも。
故郷のスペインで“憎いあんちくしょう”が、余裕ぶっこいて余興にかまけてる間にせっせと戦いの支度に励む。なんかアリとキリギスの寓話のようだ。2人のキャラクターもちょうどいい感じでハマるし。

b0039141_192867.jpg

セパンに続いてトップタイムをマーク。絶好調!
[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


シューマッハがデスモをテストしたように、もともとフェラーリとドゥカは、単なる同郷のよしみという以上の関係がある。そのドゥカにジベルノウが移籍し、ロッシがフェラーリF1をテストする。
これも縁だし、そろそろ手打ちにして仲直りしたらいいのに。去年はロッシの呪いのおかげか結局ホントに1勝もできずに終わっちゃったものね。

Σ(゜Д゜ )ハッ! もしかしてジベの移籍決断はそんな思惑もあっての・・・

3位には我らが中野王子。「英語でしゃべらナイト」での“つかみ”はちょっとアレだったけど、本業では見事にキメてくれるじゃないの。
GPやテストを通じて、このポジションというのはこれまでなかった。昨年のGP時に比べて軒並みタイムが落ちている中で(詳細後述)ただ一人タイムアップに成功。マシンは着実にポテンシャルアップが進んでいるみたいね。
GPシーンに初登場した当時は散々の成績で、ZX-RRはあちこちから「GPのレベルに達してない。レース出んのは早過ぎ!」とまで言われたことは、今となってはイイ思い出ね。いや、苦い思い出か?

b0039141_11615.jpg

エースという立場で着実にチーム/マシンを強くしてきた
[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


一方、タマヤンの方はちょっと元気無さげだなぁ。セパン不参加で出遅れちゃったから焦って怪我したら元も子もないから(1年前大クラッシュしたしね)、無理するよりはいいけどね。

ペドロサとストーナーの2人の新人は、セパンではペドロサが勝ったけど今回はストーナーに軍配。期待される若手2人が切磋琢磨しているようで微笑ましい。
プーチ先生はピリピリしてそうだけど。

b0039141_1191868.jpg

250では負けたけどMotoGPでは勝ってやる!
[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


で、全体を俯瞰しての感想なんだけども、なんかちょっとひっかかるところがある。

今回のテスト・タイムと過去2年間のテストとGPの時のタイムを並べてみた。
すると、全般的に今回のテスト・タイムが低調なことが分る。去年のオーストラリアGPでヘイデンがマークしたPPタイムはおろか、1年前のテストでロッシが出したタイムすら誰も上回ることができなかった。

主要なライダーのフィリップ・アイランドでのタイムの変遷を見てみる。

Rider : '04test - '04GP Qualify - '05test - 05'GP Qualify - '06test
-----------------------------------------------------
Sete Gibernau : 1'30.60 - 1'30.122 - 1'29.855 - 1'29.729 - 1'30.06
Loris Capirossi : 1'30.71 - 1'30.613 - 1'30.18 - キャンセル - 1'30.25
Shinya Nakano : 不参加 - 1'31.093 - 不参加 - 1'30.628 - 1'30.59
Marco Melandri : 1'31.70 - 1'30.927 - 1'30.90 - 1'30.322 - 1'30.60
Nicky Hayden : 1'30.68 - 1'31.377 - 1'29.69 - 1'29.337 - 1'30.90
Makoto Tamada : 1'31.25 - 1'31.420 - 1'30.716 - 1'30.624 - 1'31.77

GPでのタイムはともかく、3年間ほぼ同時期に開催されているテスト・タイムを比べてみると、ものの見事に全員タイムダウンしている。

テスト・プログラムをこなすのが目的でタイムは二の次ということだろうし、テスト2日目に雨が降ったことで、いつもならタイム出しをする3日目もプログラム消化に追われた、といった事情があったんだろうけど、でも皆が一様にダウンしてるのはちょっと驚き。
なんでだろう?


ところで、ペドロサのマシンにはいつになったらナンバーが貼られるの?
[PR]
by oretch | 2006-02-07 22:52 | MotoGP

<< トリノ冬季五輪に登場するか? 【ロッシ狂奏曲】バレンシア合同... >>