2006年 03月 02日
【MotoGP】キャメル・ヤマハ発表会 だが・・・
ロッシ「新しいバイクは実にビューティフルだ。」
エドワーズ「新型バイクのデザインが気に入った。グレートだ。」

b0039141_024897.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ESPANA]


キャメル・ヤマハが発表会を行った。

motogp.com : キャメル・ヤマハ、ミラノで発表会 (2006/02/27)
ヤマハのファクトリーチーム、キャメル・ヤマハは27日、イタリア・ミラノ市内でチーム発表会を行った。
300人以上のゲストやマスコミ関係者が駆けつけた中、05年王者バレンティーノ・ロッシと今日32歳の誕生日を迎えたコーリン・エドワーズが、ヤマハ首脳陣、JTインターナショナル社の関係者らと共に出席。ニューデザインの06年型M1が初披露された。

発表会に現れたYZR-M1のカラーリングは、セパンに初めて登場した時とはちょっと違っていた。まるで昔のTT-F1クラスや80ccクラスのように、“白いゼッケンプレート”が追加されている。
エドワーズ「ゼッケン5はレトロなスタイル。まるでラグナセカだ。」

ラグナセカ? あぁ、AMAって言いたいのね?
確かに、AMAでもゼッケン・プレートは白だったもんね。

上記のように、2人はとってもお気に入ったみたいね。
でも・・・・、これカッコイイかなぁ? なんかヘンじゃない?


b0039141_0354331.jpg

こちらは2月のセパン合同テストに現れた時のカラーリング。オレッチはこっちの方が好き。
[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


セパンにキャメル・カラーで初登場した時、よってたかって「ホンダ時代のまんまやんけ!」と突っ込んだのがマズかったのかな? 意外とそれを意識して、敢えて変えてきたんだったりして。
でもさぁ、オレッチはやっぱりセパンの時の方がいいなぁ。
今度のって、なんかプレートのサイズが中途半端だし。

ま、92年にクラス別に色分けされたゼッケンプレートが廃止されて以降、数々の珍カラーリングを見てきたから、それらに比べればマシだけどね。

それに、当人達が気に入っているならそれでいいんだけどサ。

b0039141_0434089.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ESPANA]

[PR]
by oretch | 2006-03-02 00:44 | MotoGP

<< 【MotoGP】スズキに新スポ... 【F1】テスト走行距離 >>