2006年 03月 07日
【ロッシ狂奏曲】やっぱり転向は無いと見ていい?
さぁシーズンも始まるし、この話題もそろそろ沈静化の兆し?

AUTO SPORT web : フェラーリ関係者、ライコネンとの契約を示唆「いつでも発表できる段階」(2006/03/03)
フェラーリの内部関係者が、チームにその気があれば、いつでもキミ・ライコネンとの契約を発表できる状態にあると語り、ライコネンの来季のフェラーリ入りについて再び示唆した。

イルタ・サノマト紙によれば、フェラーリの関係者は、「チーム(の話し合い)はすでにかなりのところまで進んでおり、キミとの契約を発表できる状態」にあり、いまだ発表しない理由は、マクラーレンが昨年末に2007年からのアロンソとの契約を発表した際に起こったような騒動を避けるためだと語ったという。(AUTO SPORT web 抜粋)


FMotorsports.nifty : シューマッハはロッシのF1転向に懐疑的(2006/03/05)
これまでのテストでアドバイスを与えるなど、バレンティーノ・ロッシのF1テストに友好的な姿勢をみせていたミハエル・シューマッハ(フェラーリ)だが、しかしその実現には「ありそうもない」と懐疑的な見解であることを独『ビルド』紙で明らかにした。
「正直言って、どちらかと聞かれれば僕はロッシのF1転向はありそうもない、と答えるだろう」と、7回のF1チャンピオン。(FMotorsports.nifty 抜粋)


FMotorsports.nifty : 「アロンソとライコネン同チームにならない」と元マネージャー(2006/03/06)
(ルノーのアロンソの元パーソナル・マネージャーである)カンポス氏は「2007年、ライコネンがフェラーリに行くのかどうか、私は知らない。しかしアロンソは決してライコネンのチームメイトにはならない、これは確実なことだよ」と、語った。
これは、事実上2007年ライコネンのマクラーレン・チーム離脱を明言したものになる。(FMotorsports.nifty 抜粋)


ライコネンは繰り返しフェラーリ移籍の噂を否定しているけど、なぜか出てくるニュースはすべて「移籍はある」という方向で一致している。一方、本人は「続ける」と言ってるのに来年当たり引退するんじゃないかと見られていたシューマッハは、ここにきて現役を続行するんじゃないかという見方が強まってきている。

そうなれば、07年のフェラーリはシュー&ライコという体制の可能性が高い。
となると、
ここに来てキミ・ライコネン(マクラーレン)のフェラーリ移籍説が急速に高まってきていて、もしシューマッハ自身が残留するとなればそもそもロッシの加入自体あり得ないことになる。(FMotorsports.nifty 抜粋)

ってことだよねぇ。

ま、ライコネンについては「無い」と言ってるところを「有る」と裏読みするくせに、 シューについては「有る」をそのまま「有る」と受け取るのは随分と都合のいい解釈ではあるんだけど。

b0039141_053271.jpg

今季もテストが予定されてるけど、それは何のため?
[Photo (C) Reuters]




フェラーリのシートの話題なのにマッサのマの字も出てこない。かわいそうなマッサ・・・。



フィジコだって忘れないであげてね。
[PR]
by oretch | 2006-03-07 00:54 | MotoGP

<< アーツが巨神兵を撃破! 【WRC】第2戦 スウェディッ... >>