2006年 03月 10日
【MotoGP】カタルーニャ公式テスト レビュー その2
カタルーニャ公式テストの全体結果。

Official MotoGP IRTA Test Times -2006/02/03~06

[Pos] Name (Nat) Team       Time Gap2Top
--------------------------------------------------------------------
[ 1] 46 V.Rossi (ITA) Camel Yamaha 1'42.477
[ 2]  7 C.Checa (ESP) Yamaha Tech3 1'43.142 +0.665
[ 3] 56 S.Nakano (JPN) Kawasaki Racing 1'43.245 +0.768
[ 4]  5 C.Edwards (USA) Camel Yamaha 1'43.388 +0.911
[ 5] 15 S.Gibernau (ESP) Ducati Marlboro 1'43.784 +1.307
[ 6] 17 R.Puniet (FRA) Kawasaki Racing 1'43.847 +1.370
[ 7] 21 J.Hopkins (USA) Rizla Suzuki 1'43.885 +1.378
[ 8] 69 N.Hayden (USA) Repsol Honda 1'44.029 +1.552
[ 9]  6 M.Tamada (JPN) JIR Honda 1'44.246 +1.769
[10] 26 D.Pedrosa (ESP) Repsol Honda 1'44.369 +1.892
[11] 10 K.Roberts (USA) Team Roberts 1'44.407 +1.930
[12] 33 M.Melandri (ITA) Fortuna Honda 1'44.512 +2.035
[13] 65 L.Capirossi (ITA) Ducati Marlboro 1'44.581 +2.104
[14] 24 T.Elias (ESP) Fortuna Honda 1'44.702 +2.225
[15] 71 C.Vermeulen (AUS) Rizla Suzuki 1'45.001 +2.524
[16] 77 J.Elison (GBR) Yamaha Tech3 1'45.488 +3.011
[17] 30 J.L.Cardoso (ESP) Ducati d'Antin 1'45.582 +3.105
[18] 66 A.Hofmann (GER) Ducati d'Antin 1'46.185 +3.708
[19]  - V.Guareschi (ITA) Ducati Marlboro 1'47.379 +4.902
[20] 8 T.Okada (JPN) HRC 1'47.020 +4.543

Notes

2005 Catalunya GP - 2005/06
 Pole position : 15 Sete Giberunau (ESP) Movistar Honda  1'42.337
 Fastest Lap : 46 Valentino Rossi (ITA) Gauloises Yamaha  1'43.195

2005 Official MotoGP IRTA Test - 2005/03
 Fastest time : 15 Sete Gibernau (ESP) Movistar Honda  1'41.851






BMWは逃したけど期間中全体でのトップタイムを刻んだのはやっぱりロッシ。
ただ一人42秒台。2位のチェカにコンマ6秒以上の大差を付けた。

b0039141_22214220.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]

"I'm pleased because the lap times have been very fast," smiled Rossi. "This is the third track we have ridden at with the 2006 machine and we have been very competitive at all of them."
(eurosport.com)

"Now we go to Jerez for another test and it will be interesting to see if we have solved the problem we had with the vibration. If we have done that, then we are ready for the first race."
(Yamaha-racing.com)

シーズン開幕までの準備はほぼ万端整っている、と。自信たっぷりだなぁ。
このオトコが自信タップリな時は手のつけようがなくなっちゃうよ。
ヤマハでのシーズンは今年で3年目。
マシンも今では思い通りの仕上がりになってきたんだろうな。
で、ヘルメットはどうするの? シーズン本番もこのままいくのかい?

b0039141_2256987.jpg

[Photo (C) EFE / Yahoo!ESPANA]


ロッシに続く2位は、このオフシーズン最大のサプライズだったチェカ!
いったいなぜにチェカはこのオフ絶好調なんだろう?

ドゥカティからホンダに移籍したと思ったら、突如GP引退のピンチに直面するハメに。
急遽ヤマハに救われたと思ったらタイヤは使い慣れないダンロップ。
なのにこの大活躍。

去年突然大ブレイクしたマルコメのように、やっぱりマシンやタイヤなんかのイクイップメントとの相性の、実に幸福な偶然の一致、ということなのかなぁ?
ヤマハはつい2年前乗ってたんだから、好調の秘密はやっぱりダンロップ?

b0039141_2392047.jpg

[Photo (C) EFE / Yahoo!ESPANA]

"We have a clear vision of where we need to go and everyone is very happy and enthusiastic about the job we have. We have a good base setting to work on throughout the season. We need to stay focused on the job in hand and I am confident that the results will come."
(Yamaha-racing.com)

逆境から全てが良い方向に転がりだした。120%ポジティブな発言に好感。
今シーズン、もしかしたらチェカが大爆発するかもしれない。

b0039141_23321965.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]



そして3位にはなんと我らが中野王子! 素晴らしい!!

2月に開催されたフィリップ・アイランドで3位、セパンでは2位だった。
こらもう絶対にフロックなんかじゃない。
グリーンモンスター、今季はマジでいけそうだ。

b0039141_23364334.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]



4位はBMWをゲットして大喜びだったエドワード。

5位はようやく赤いツナギに見慣れてきたジベルノウ。
BMWアワード・セッションでは目立たなかったけど、このポジションは立派なもんだ。

そして6位には好調カワサキのプニエが続く。

7位には新スポンサーを迎えて活き上がるスズキのホプキンス。
BMWアワード・セッション中盤のロッシとのトップ争いはなかなかイケてたぞ。

b0039141_23544428.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


好調のヤマハ、カワサキとは対照的に、全然目立たなくて地味だったのがホンダ勢。
8位ヘイデン、9位玉田、10位ペドロサ、11位のロバーツを挟んで12位にマルコメと続く。
ヘイデンがBMWアワード・セッションで2位に滑り込んで気を吐いたものの、3日間を通して一度もトップに立つことなく終わっちゃった。
いったいどうしちゃったんだろうねぇ。
"Over the three days of this test we had some very good results, especially on the engine side, but we still have an issue with rear traction," detailed Tanaka*. "It's disappointing that we couldn't go as fast as we'd have liked here and we have a lot of work still to do, but we know what we have to work on."
(crash.net)
*Repsol Honda team manager

ほんと、やらなければいけないことが山ほどありそうだ。

b0039141_042614.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


そうそう、ペドロサに一言。
別に無理する必要は無いけど、開幕も近いことだし、もちっと頑張った方がいいんじゃないか?
"I haven't been able to do a race simulation yet... "
"I'm afraid I won't be able to do it until the first race,"
(crash.net)

とか言いながら雨のセッションではちょっと流してすぐ引っ込んだりして。
本番ではウェット・レースだって2つか3つはあるだろうから、今回はそのシミュレーションにもなっただろうに。
"I think Dani needs more experience, especially in heavy wet conditions, but he brought back his bike looking good!" smiled Repsol Honda team manager Makoto Tanaka.
(crash.net)

ほれ見ろ、身内からもチクリと嫌味言われてんじゃねーか。

b0039141_0161892.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


最後にジュニア。
「世界チャンピオン」「エースライダー」という重圧から解き放たれて、じつに楽しそうに走行する姿がとにかく印象的だ。おそらくここ数年忘れていたバイクに乗る愉しさを、今は心の底から満喫しているように見える。
(Web Sportiva)

なんかこの記事読んだら嬉しくなってきた。
頑張れジュニア! 頑張れキング!

b0039141_020125.jpg

[Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA]


寝てる場合か(笑)
[PR]
by oretch | 2006-03-10 02:10 | MotoGP

<< 【F1】2006年シーズン プ... 【MotoGP】カタルーニャ公... >>