2006年 05月 26日
【ロッシ狂奏曲】WGP参戦継続発表
「全てが順風満帆」「向かうところ敵なし」「何をやっても上手くいく」

これまでのロッシをたとえるならそんな感じ。

b0039141_14221332.jpg

なぜかって? ボクがボクだからサ
Photo (C) Associated Press / Yahoo!ITALIA


世の中には、何をやっても上手くいく奴というのがいる。
これまでのロッシはまさにそんな奴だった。



これまでは。

そう、「これまで」は。

なぜ「これまで」なのかと言えば、なんかこのところロッシのツキが落ち始めた感じがするから。

今年の1月、F1の合同テストにロッシが登場したあたりまでは問題なかった。2輪の天才王者が賛否両論の中、4輪に殴りこみをかける。稀代の天才ロッシだからこその話題が沸騰する様に、まさにロッシ天下の絶頂を感じさせた。

ところがその後突然として持ち上がったYZR-M1のバイブレーション問題。解決せぬまま突入したシーズン開幕戦では、スタート直後の1コーナーで追突されてレースを棒に振る不運。カタールで持ち直したかに見えたものの、次のトルコでは存在感の無いままに表彰台を見上げ、中国GPでは絶好調宣言を出した途端にタイヤトラブルでリタイア。そしてダメ押しとばかりに、フランスGPではトップ独走中にマシントラブルが発生し奈落の底に突き落とされた。
仲がいいはずのあの人物から猿呼ばわりされた、なんてのもあったな・・・(もちろんこれは冗談でだけど)

そうそう、先日発表されたローレウス賞では3年連続受賞を逃した。スピリッツ賞という特別賞は受賞したものの、見方によっては体のいい残念賞と言えなくも無い。

b0039141_14121520.jpg

レース前は「-32」。レース後は「-43」に拡大・・・
Photo (C) Yamaha Racing


フランスGPのレース前は、こんなポーズとってお茶らける余裕があった。
つい数日前には爆笑したこの写真も、リタイア後にガックリと肩を落としたままモーターホームに消えていく後姿を見てしまったら、今はただ空虚なものにしか感じられない。
天真爛漫、天衣無縫。かつてはロッシの代名詞とも言えたこれらの言葉も、このところすっかり剣のある表情が目立つようになった最近は、ただ空しく響くばかり。

今この状況では、シューマッハの冗談も笑っていられないよな。
やることなすこと全てダメ。まったく思い通りにコトが運ばない。なんか今そんな感じ。

どうした、ロッシ? ちょっと、疲れちまったのか?



なんて心配していたところに飛び込んできたビッグニュース。

motogp.com : V.ロッシ、MotoGP継続参戦を表明 (2006/05/25)
バレンティーノ・ロッシは24日、イタリア通信社の取材に対して、2007年のF1入りを否定。MotoGPに継続参戦すると語った。

"no Formula 1, at least not for the moment. I am staying with bikes...."
F1はない。少なくとも現時点では。バイクを続けるよ。もう少しMotoGPで走り続けるつもりだ

"I believe my work in motorcycling is not yet finished. I still have so much to do and will carry on in MotoGP for a while."
バイクの仕事はまだ終わっていないと考える。たくさんの刺激があり、もうしばらくMotoGPに参戦する

そうか、そういうことか。ああ、そういうことだったんでぃすか。

つい数年前までのロッシは、レース前半は余力を残してライバルをわざと先行させ、先行したライダーが勝ちを意識し始めた頃合を見計らって、そののぼせ上がりをまるで嘲笑うかのように土壇場になってその本来の力を爆発させて逆転勝利を飾るのが常套手段だった。

今度はそれに倣って、シーズンそのものを演出しようって腹か?

さすがだな、このヤロ。







否定というより先送り、って感じだな。将来に渡ってF1転向を否定したわけじゃない。
ただ、今目の前に問題が発生して、とにかくそれを解決するまでは他のことやってるヒマねーよっつーことなんだろうな。

とりあえずペドロサに感謝しとけばいいのかな?
それともヘイデンかな?
あるいは、問題の生みの親のヤマハ?

b0039141_14262464.jpg

今遊んでるヒマないんでな。勝負はしばらくおあずけだ。
逃げんじゃねーぞ、眉毛!
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA




(追記@05/31)F1通信で、ロッシの2輪残留に関するF1界の反応を纏めた記事が紹介されてたので、その元記事からいくつかピックアップ。

Motorsport Network : Rossi's call sparks mixed reaction in F1

まずは皇帝様から。

''I think he has a lot of talent. It's sad but that's the way it is (but) it would not have been easy for him as there is more to F1 than driving.''
''In a way I understand (Rossi's decision), especially as things have not gone his way (in MotoGP) this year.''

噂ではフェラーリ内部でさえ、ロッシ転向を快く思ってない分子があったらしいし、この"more"ってやつが、やっぱりロッシがF1転向をやめた理由の一つなんだろうな。

で、その筆頭は

''Good, After four months, maybe this is the last question (that will be posed to me) about him.''

ナメんじゃねーぞ眉毛! これで終わったと思うなよ!

まぁでも、たぶんバトンのこの見解が一番正論なんだろうな。

''It would not have been good for either sport if he had finished eleventh and twelfth in races,''
[PR]
by oretch | 2006-05-26 14:16 | モータースポーツ

<< 【WRC】第7戦 ラリー・デ・... ローレウス・スポーツ賞 結果 >>