2006年 06月 29日
【F1】第9戦 カナダGP 結果
誰かアロンソを止められるやついないのか~?

b0039141_2331357.jpg

アロンソが怒涛の4戦連続ポール・トゥ・ウィン
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ESPANA


b0039141_2341292.jpg

ミシュランが通算100勝達成。でもオレは去年のアメリカGPのことを忘れてねーぞ
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ESPANA


Grand Prix of Canada @ 2006/06/24

Final Classification : 70Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI  1:34'37.308 ( 1)
[ 2]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS +2.111 ( 5)
[ 3]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI   +8.813 ( 3)
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI   +15.679 ( 2)
[ 5]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS     +25.175 (10)
[ 6]  8 Jarno Trulli (ITA); Toyota TF106B; BS      +1Lap ( 4)
[ 7] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW F1.06; MI        +1Lap (13)
[ 8] 14 David Coulthard (GBR); RedBull RB2; MI     +1Lap (16)

Race Leader

 Lap 1: 1 F.Alonso / Renault
 Lap 23: 3 K.Raikkonen / McLaren
 Lap 25: 1 F.Alonso / Renault
 Lap 50: 3 K.Raikkonen / McLaren
 Lap 53: 1 F.Alonso / Renault

 1 F.Alonso / Renault ; 65Laps
 3 K.Raikkonen / McLaren ; 5Laps

Pole Position

1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI  1'14.942 @ 3rd Period

Fastest Lap

3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI  1'15.841 @ Lap22



b0039141_2345551.jpg

セントローレンス川に浮かぶジル・ヴィルヌーヴ・サーキット。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ESPANA



Point Standings

Driver

[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault 84pts.
[ 2]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 59pts. (-25)
[ 3]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren 39pts. (-45)
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault 37pts. (-47)
[ 5]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 28pts. (-56)
[ 6]  4 Juan P Montoya (COL); McLaren 26pts. (-58)
[ 7] 12 Jenson Button (GBR); Honda 16pts. (-68)
[ 8] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda 13pts. (-71)
[ 9] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber 12pts. (-72)
[10]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota 8pts. (-76)


Constructor

[ 1] Renault ; Mild Seven Renault F1 Team  121pts.
[ 2] Ferrari ; Scuderia Ferrari Marlboro  87pts. (-34)
[ 3] McLaren ; McLaren Mercedes  65pts. (-56)
[ 4] Honda ; Lucky Strike Honda Racing  29pts. (-92)
[ 5] BMW Sauber ; BMW Sauber F1 Team  19pts. (-102)
[ 6] Toyota ; Panasonc Toyota Racing  11pts. (-110)
[ 7] Williams ; Williams F1 Team  10pts. (-111)
[ 8] Red Bull ; Red Bull Racing  9pts. (-112)
[ -] Toro Rosso ; Scuderia Toro Rosso  0pt.
[ -] Midland ; MF1 Racing  0pt.
[ -] Super Aguri ; Super Aguri F1  0pt.


Statistics and Notes

    [ポールポジション記録]
  • F.Alonsoが5戦連続、通算14回目のPPを獲得。J.Hunt('76王者)、A.Ascari('52、'53王者)、R.Petersonと並ぶ歴代15位タイに。 同14位のS.Mossが持つ記録「16」まであと「2」。
    現役ではJ-P.Montoya、J.Villeneuve、R.Barrichelloを抜き単独2位に。1位M.Schumacherの持つ記録「66」まであと「52」・・・。
  • Renaultが通算49回目のPP獲得。現在、歴代5位。同4位のLotusが持つ記録「105」まであと「56」。

    [優勝記録]
  • F.Alonsoが自身初の4連勝となる今季6回目、通算14回目の優勝。J.Brabham('59、'60、'66王者)、G.Hill('62、'68王者)、E.Fittipaldi('72、'74王者)に並ぶ歴代13位タイに。こちらもPP同様、同12位のS.Mossの持つ記録「16」まであと「2」。
    現役でもD.Coulthardを抜き単独2位に。1位M.Schumacherの持つ記録「86」まであと「72」・・・。
  • F.Alonsoが自身初の4戦連続となる今季5回目、通算9回目のポール・トゥ・ウィン。N.Lauda('75、'77、'84王者)、A.Ascariと並ぶ歴代8位タイに。同7位のM.Hakkinenの持つ記録「10」まであと「1」。
  • Renaultが今季7回目、通算32回目の優勝。現在、歴代6位。同5位のBrabhamが持つ記録「35」まであと「3」。もう少し。

    [表彰台記録]
  • F.Alonsoが通算32回目の表彰台獲得。J.Clark('63、'65王者)、J.Laffite、J.Alesiに並ぶ歴代21位タイに。同19位タイのD.Hulme('67王者)、J.Scheckter('79王者)が持つ記録「33」まであと「1」。
  • M.Schumacherが今季6回目、通算148回目の表彰台獲得。ダントツ歴代1位記録を更新し、歴代2位のA.Prostが持つ記録「106」との差を「42」に拡大。
    現役2位タイのD.Coulthard、R.Barrichelloが持つ記録「61」との差は「87」に拡大。
  • K.Raikkonenが今季4回目、通算34回目の表彰台獲得。D.Hulme、J.Scheckterを抜き歴代単独18位に。同16位タイのJ-M.Fangio('51、'54-'57王者)、E.Fittipaldiが持つ記録「35」まであと「1」。

    [ファステストラップ記録]
  • K.Raikkonenが今季2回目、通算18回目のFLを記録。D.Coulthardと並ぶ歴代13位タイ、現役では2位タイに。同10位タイのS.Moss、A.Senna('88、'90、'91王者)、D.Hill('96王者)が持つ記録「19」まであと「1」。
  • McLarenが今季2回目、通算128回目のFLを記録。現在、歴代3位。同2位のWilliamsが持つ記録「129」まであと「1」。

    [Notes]
  • 1位から5位まで前戦イギリスGPとまったく同じ顔ぶれ。1位-2位が2戦続けて同じという例は過去に何度もあるが、3位以降まで一緒と言うのは極めて稀。まして4位、5位まで同じというのはGP歴史上初の珍事。
    ちなみに、3戦連続で1位から3位以降まで同じ顔ぶれになったことは過去1度も無い。
    過去の記録詳細は末尾参照。
  • F.AlonsoがカナダGPにおけるスペイン人初PP、初優勝、初ポール・トゥ・ウィンを記録。
  • RenaultはカナダGP初PP、初優勝。RenaultエンジンとしてはPP、優勝とも1996年(ドライバーはD.Hill)以来10年ぶり。
  • F.Alonsoが自身初の5戦連続PP。5戦連続PPは2002年のJ-P.Montoya以来4年ぶり史上11人目、17回目。
    過去の記録詳細は末尾参照。
  • F.Alonsoが自身初の4戦連続ポール・トゥ・ウィン。4戦連続ポール・トゥ・ウィンは2000年のM.Schumacher以来6年ぶり。A.Senna、N.Mansell、M.Schumacherに次ぐ史上4人目の快挙。過去、5戦連続ポール・トゥ・ウィンはN.Mansellただ一人しか達成していない。F.Alonsoは次戦アメリカGPで史上2人目の快挙に挑戦する?
    過去の記録詳細は末尾参照。
  • F.Alonsoは今季開幕から9連続、昨季トルコGPから数えると15戦連続表彰台を獲得。開幕9戦連続も15戦連続も、2003年のM.Schumacher(この時は2003年開幕戦から翌2004年第2戦まで19戦連続)に次ぐ史上2番目の記録。

※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)のものを含む。
※各コンストラクターの記録は買収された前身時代を含まない。
※FLはファステストラップのこと。

b0039141_23104989.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ESPANA






2戦連続3位以降まで同じ顔ぶれだった記録

1980年 Rd.13 CAN = R.14 EUSA ; (1)A.Jones (2)C.Reutemann (3)D.Pironi
1986年 Rd.10 WGER = Rd.11 HUN ; (1)N.Piquet (2)A.Senna (3)N.Mansell
1988年 Rd.5 CAN = Rd.6 EUSA ; (1)A.Senna (2)A.Prost (3)T.Boutsen
1990年 Rd.11 BEL = Rd.12 ITA ; (1)A.Senna (2)A.Prost (3)G.Berger
1992年 Rd.2 MEX = Rd.3 BRA ;
            (1)N.Mansell (2)R.Patrese (3)M.Schumacher
1992年 Rd.2 MEX = Rd.3 BRA ; (1)N.Mansell (2)R.Patrese (3)M.Brundle
1996年 Rd.8. CAN = Rd.9 FRA ; (1)D.Hill (2)J.Villeneuve (3)J.Alesi
2001年 (00年)Rd.17 MAS = Rd.1 AUS ;
            (1)M.Schumacher (2)D.Coulthard (3)R.Barrichello
2004年 Rd.7 EUR = Rd.8 CAN ;
            (1)M.Schumacher (2)R.Barrichello (3)J.Button
2006年 Rd.8 GBR = Rd.9 CAN ;
  (1)F.Alonso (2)M.Schumacher (3)K.Raikkonen (4)G.Fisichella (5)F.Massa


5戦以上連続PP記録

1960年 S.Moss (GBR) Cooper/Lotus ; (1959)Rd.7 POR~Rd.2 MON
1961年 P.Hill (USA) Ferrari ; Rd.2 NED~Rd.6 WGER
1974年 N.Lauda (AUS) Ferrari ; Rd.8 NED~Rd.13 ITA (6連続)
1988年 A.Senna (BRA) McLaren : Rd.1 BRA~Rd.6 EUSA (6連続)
1989年 A.Senna (BRA) McLaren : Rd.11 BEL~Rd.16 AUS (6連続)
1989年 A.Senna (BRA) McLaren ; Rd.1 BRA~Rd.5 USA
1991年 A.Senna (BRA) McLaren ; (1990)Rd.14 JPN~Rd.4 MON (7連続)
1992年 N.Mansell (GBR) Williams ; Rd.12 BEL~Rd.16 AUS
1992年 N.Mansell (GBR) Williams ; Rd.1 RSA~Rd.6 MON (6連続)
1993年 A.Prost (FRA) Williams ; Rd.9 GBR~Rd.13 ITA
1993年 A.Prost (FRA) Williams ; Rd.1 RSA~Rd.7 CAN (7連続)
1997年 J.Villeneuve (CAN) Williams ; (1996)Rd.16 JPN~Rd.4 SMR
1999年 M.Hakkinen (FIN) McLaren ; Rd.1 AUS~Rd.15 ESP (6連続)
1999年 M.Hakkinen (FIN) McLaren ; Rd.8 GBR~Rd.13 ITA (6連続)
2002年 M.Schumacher (GER) Ferrari ; (2001)Rd.14 ITA~Rd.3 BRA (7連続)
2002年 J-M.Montoya (COL) Williams ; Rd.6 NON~Rd.11 FRA
2006年 F.Alonso (ESP) Renault ; Rd.5 EUR~Rd.9 CAN


4戦以上連続ポール・トゥ・ウィン記録

1991年 A.Senna (BRA) McLaren    Rd.1 USA~Rd.4 MON
1992年 N.Mansell (GBR) Williams    Rd.1 RSA~Rd.5 SMR(5連続)
2000年 M.Schumacher (GER) Ferrari Rd.14 ITA~Rd.17 MAS
2006年 F.Alonso (ESP) Renault     Rd.6 ESP~Rd.9 CAN

※ グランプリ開催国の略記号は次の通り
AUS=オーストラリア、BEL=ベルギー、BRA=ブラジル、CAN=カナダ、
ESP=スペイン、 EUR=ヨーロッパ、EUSA=東アメリカ、FRA=フランス、
GBR=イギリス、HUN=ハンガリー、 ITA=イタリア、JPN=日本、MAS=マレーシア、
MEX=メキシコ、MON=モナコ、NED=オランダ、POR=ポルトガル、
RSA=南アフリカ、SMR=サンマリノ、WGER=西ドイツ
[PR]
by oretch | 2006-06-29 22:59 | F1

<< 【WRC】第8戦 アクロポリス... 【MotoGP】第8戦 ダッチ... >>