2006年 08月 03日
【F1】第12戦 ドイツGP 結果
シュー3連勝でアロンソを急追。
役立たず呼ばわりしたフィジコに助けられる始末の眉毛はもう射程距離。

b0039141_12165327.jpg

レースはライコネンのリードでスタート
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_1217191.jpg

序盤に逆転したフェラーリ編隊がその後独走し、完璧な1-2フィニッシュ。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA



Grand Prix of Germany @ 2006/07/30

Final Classification : 67Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS 1:27'51.693 ( 1)
[ 2]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS         +0.720 ( 2)
[ 3]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI     +13.206 ( 1)
[ 4] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI       +18.898 ( 4)
[ 5]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI       +23.707 ( 7)
[ 6]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI      +24.814 ( 5)
[ 7]  8 Jarno Trulli (ITA); Toyota TF106B; BS        +26.544 (13)
[ 8] 15 Christian Klien (AUT); Red Bull RBR2; MI       +48.131 (12)

Race Leader

 Lap 1: 3 K.Raikkonen ; McLaren
 Lap 10: 5 M.Schumacher ; Ferrari

 58 Laps - 5 M.Schumacher ; Ferrari
  9 Laps - 3 K.Raikkonen ; McLaren

Pole Position

3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI  1'14.070 @ 3rd Period

Fastest Lap

5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS 1'16.357 @ Lap17


b0039141_12181650.jpg

マスダンパー失ったルノーは低調。眉毛はフィジコに順位を譲られて5位がやっと。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA





Point Standings

Driver

[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault 100pts.
[ 2]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 89pts. (-11)
[ 3]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 50pts. (-50)
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault 49pts. (-51)
[ 5]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren 49pts. (-51)
[ 6]  4 Juan P Montoya (COL); McLaren 26pts.
[ 7] 12 Jenson Button (GBR); Honda 21pts.
[ 8] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda 16pts.
[ 9]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota 13pts.
[10] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber 13pts.


Constructor

[ 1] Renault ; Mild Seven Renault F1 Team  149pts.
[ 2] Ferrari ; Scuderia Ferrari Marlboro  139pts. (-10)
[ 3] McLaren ; McLaren Mercedes  77pts. (-72)
[ 4] Honda ; Lucky Strike Honda Racing  37pts.
[ 5] Toyota ; Panasonc Toyota Racing  23pts.
[ 6] BMW Sauber ; BMW Sauber F1 Team  20pts.
[ 7] Red Bull ; Red Bull Racing  12pts.
[ 8] Williams ; Williams F1 Team  10pts.
[ 9] Toro Rosso ; Scuderia Toro Rosso  1pt.
[ -] Midland ; MF1 Racing  0pt.
[ -] Super Aguri ; Super Aguri F1  0pt.


b0039141_1219516.jpg

スタンドは真っ赤。ベンツもBMWもドイツ国民はスルー(笑)
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA



Statistics and Notes

    ポールポジション記録
  • K.Raikkonenが昨年のイタリアGP以来16戦ぶりに、今季初、通算10回目のPPを獲得。 J.Rindt('70王者)と並ぶ歴代27位タイに。同24位タイのJ-P.Montoya、D.Coulthard、G.Bergerが持つ記録「12」まであと「2」。
    ドイツGPのPPは昨年に続き2年連続。FLは多いK.RaikkonenだけどPPは案外少なくて、現役では6位(Montoya含めると7位)。
  • McLarenが今季初、通算123回目のPP獲得。現在歴代3位。同2位のWilliamsの持つ記録「125」まであと「2」。

    優勝記録
  • M.Schumacherが2004年以来となる3連勝で、今季5回目、通算89回目の優勝。歴代1位記録を更新し、同2位のA.Prostの持つ記録「51」との差を「38」に拡大。
    現役2位のF.Alonsoが持つ記録「14」との差は「75」に拡大。
  • Ferrariが今季5回目、通算188回目の優勝。歴代1位記録を更新し、同2位のMcLarenの持つ記録「148」との差を「40」に拡大。


b0039141_12194443.jpg

ベタやな~
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    表彰台記録
  • M.Schumacherが今季9回目、通算151回目の表彰台獲得。歴代1位記録を更新し、同2位のA.Prostが持つ記録「106」との差を「45」に拡大。
    現役2位タイのD.Coulthard、R.Barrichelloが持つ記録「61」との差は「90」に拡大。
    F.Massaが今季、通算とも4回目の表彰台獲得。N.Heidfeld、D.Warwick、G.Nilssonら6人に並ぶ歴代86位タイに。同83位タイのO.Panis、A.De Cesaris、P.Taruffiが持つ記録「5」まであと「1」。
  • K.Raikkonenが今季5回目、通算35回目の表彰台獲得。E.Fittipaldi('72、'74王者)、J-M.Fangio('51、'54-'57王者)と並ぶ歴代16位タイに。同15位のG.Hill('62、'68王者)が持つ記録「36」まであと「1」。

    ファステストラップ記録
  • M.Schumacherが2004年以来となる3戦連続、今季5回目、通算74回目のFLを記録。歴代1位記録を更新し、同2位のA.Prostの持つ記録「41」との差を「33」に拡大。
    現役2位タイのK.Raikkonen、D.Coulthardが持つ記録「18」との差は「56」に拡大。
  • Ferrariが今季6回目、通算192回目のFLを記録。歴代1位記録を更新し、同2位のWilliamsが持つ記録「129」との差を「63」に拡大。


b0039141_12205735.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    Notes
  • M.SchumacherはドイツGP通算4勝目。地元ドイツGPはあまり成績が良くないと言われるけど、ドイツGP4勝はドライバー別歴代1位記録(西ドイツGP時代を含む)。ちなみ同2位は3勝を記録したJ-M.Fangio、J.Stewart、N.Piquet、A.Sennaの4人。
  • 今季初PPを獲得したMcLarenは、これでPPをマークしたシーズンは通算23シーズン目。「22」シーズンのWilliamsを抜き、「44」シーズンの記録を持つFerrariに次ぐ歴代2位に。
  • M.Schumacherがドライバーズ・ポイント首位F.Alonsoとの点差を「11」にまで短縮。 第7戦モナコGP終了時以来5戦ぶりに自力チャンピオンの可能性復活。残り6戦全勝すれば、F.Alonsoの成績に関係なくチャンピオンになれる。
  • M.Schumacherの第12戦終了時点でのポイント「89」点は、昨年比約90%の大幅増で、 ポイント制度が変更された2003年以降では、圧勝した2004年以来2番目の好ペース。
    一方、ポイント首位F.Alonsoの第12戦終了時点でのポイント「100」点も昨年比約15%の増加で、今季不調と言われるK.Raikkonenの同「49」点も昨年比では僅か約4%の減に過ぎず、両名が昨季に比べて低調という訳ではないことが分かる。
    つまり、今年のチャンピオン争いが面白くなっている理由は、やっぱりM.SchumacherとFerrariの復活が最大の要因ということね。
  • コンストラクターズ・ポイント首位のRenaultと同4位のHondaのポイント差が「122」に拡大。残り6戦で逆転可能な点差「108」を超えたので、Hondaの今季コンストラクターズ・チャンピオンの可能性は消滅。シーズン前はあれだけ期待されてたのにねぇ・・・

※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)のものを含む。
※各コンストラクターの記録は買収された前身時代を含まない。
※FLはファステストラップのこと。


b0039141_12221090.jpg

やったなぁ~ クスクス そっちこそぉ~ ウフフ
Photo (C) Associated Press / Yahoo!ITALIA


b0039141_12224181.jpg

キメーよっ! こっちはボロ車で苦労してんだぞ! と消火器アピール。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA

[PR]
by oretch | 2006-08-03 22:25 | F1

<< 首都高炎上事故で考えさせられたこと ETC導入記 後編 >>