2006年 09月 02日
【F1】第14戦 トルコGP 結果
空気読め、オマエら。

b0039141_131428.jpg

最終ラップまで続いたアロンソとシューのデッドヒート! そして勝ったのは!?
Photo (C) CRASHNET / AUTOSPORT Web


b0039141_13495668.jpg

勝ったどーーーー!
Photo (C) Ferrari S.p.A.


b0039141_13321170.jpg

空気読めバカ・・・・・
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA



Grand Prix of Turkey @ 2006/08/27

Final Classification : 58Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
---------------------------------------------------------------------
[ 1]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS     1:28'51.082 ( 1)
[ 2]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI       +5.575 ( 3)
[ 3]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS   +5.656 ( 2)
[ 4] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI      +12.334 ( 7)
[ 5]  4 Pedro De La Rosa (ESP); McLaren MP4-21; MI +45.908 (12)
[ 6]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI     +46.594 ( 4)
[ 7]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota TF106B; BS   +59.337 ( 5)
[ 8] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda RA106; MI   +1'00.034 (14)

Race Leader

 Lap 1: 6 F.Massa ; Ferrari
 Lap 40: 5 M.Schumacher ; Ferrari
 Lap 44: 6 F.Massa ; Ferrari

 54 Laps - 6 F.Massa ; Ferrari
  4 Laps - 5 M.Schumacher ; Ferrari

Pole Position

6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS 1'26.907 @ 3rd Period

Fastest Lap

5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS 1'28.005 @ Lap55

b0039141_13333494.jpg

Photo (C) Associated Press / Yahoo!ITALIA





Point Standings

Driver

[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault 108pts.
[ 2]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 96pts. (-12)
[ 3]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 62pts.
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault 52pts.
[ 5]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren 49pts.
[ 6] 12 Jenson Button (GBR); Honda 36pts.
[ 7]  4 Juan P Montoya (COL); McLaren 26pts.
[ 8] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda 22pts.
[ 9] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber 19pts.
[10]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota 18pts.


Constructor

[ 1] Renault ; Mild Seven Renault F1 Team  160pts.
[ 2] Ferrari ; Scuderia Ferrari Marlboro  158pts. (-2)
[ 3] McLaren ; McLaren Mercedes  89pts. (-71)
[ 4] Honda ; Lucky Strike Honda Racing  58pts.
[ 5] Toyota ; Panasonc Toyota Racing  28pts.
[ 6] BMW Sauber ; BMW Sauber F1 Team  26pts.
[ 7] Red Bull ; Red Bull Racing  16pts.
[ 8] Williams ; Williams F1 Team  10pts.
[ 9] Toro Rosso ; Scuderia Toro Rosso  1pt.
[ -] Midland ; MF1 Racing  0pt.
[ -] Super Aguri ; Super Aguri F1  0pt.


b0039141_13344916.jpg

スタート直後の多重クラッシュ。上位3台は無事。
その後フェラーリ2台がアロンソを引き離してレースをリード。
Photo (C) CRASHNET / AUTOSPORT Web



Statistics and Notes

    ポールポジション記録
  • F.Massaが初PPを獲得。F1PP獲得は昨年のN.Heidfeldに次いで史上88人目。ブラジル人としてはR.Barricelloに次いで史上6人目。FerrariドライバーとしてもR.Barrichelloに次いで史上29人目。
    PP1回はD.Hulme('67王者)、N.Heidfeld、T.Boutsenら26人と並ぶ歴代62位タイ。同55位タイのH-H.Frentzen、J.Alesi、M.Alboretoら7人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Ferrariが今季5回目、通算184回目のPPを獲得。歴代1位記録を更新し、同2位のWilliamsが持つ記録「125」との差を「59」に拡大。

    優勝記録
  • F.Massaが初優勝を達成。F1優勝達成は前戦のJ.Buttonに次いで史上97人目。ブラジル人としてはR.Barricelloに次いで史上6人目。FerrariドライバーとしてもR.Barrichelloに次いで史上35人目。現役ドライバーの中ではJ.Buttonに次いで11人目(J-P.Montoya、J.Villeneuve含む)。
    優勝1回はJ.Button、J.Trulli、A.Nanniniら30人に並ぶ歴代67位タイ。同56位タイのP.Tambay、P.Depailler、P.Rodriguezら11人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • F.Massaが初のポール・トゥ・ウィン(以下、P2W)を達成。P2W達成は昨年のK.Raikkonenに次いで史上52人目。ブラジル人としてはR.Barricelloに次いで史上5人目。FerrariドライバーとしてもR.Barrichelloに次いで史上19人目。現役ドライバーの中ではK.Raikkonenに次いで11人目(J-P.Montoya、J.Villeneuve含む)。
    P2W1回はJ.Trulli、R.Schumacher、T.Boutsenら13人に並ぶ歴代39位タイ。同29位タイのJ-P.Montoya、G.Fisichella、D.Coulthardら10人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Ferrariが今季6回目、通算189回目の優勝。歴代1位記録を更新し、同2位のMcLarenが持つ記録「148」との差を「41」に拡大。


b0039141_1344939.jpg

リウッツィのスピンでセーフティーカー登場。各車一斉にピットイン。
そこでフェラーリが2台同時に入れるミス。その隙にアロンソがシューマッハの前に出た。
Photo (C) Renault F1 UK


    表彰台記録
  • F.Massaが今季、通算ともに5回目の表彰台獲得。N.Heidfeld、P.Panis、A.de Cesaris、P.Taruffiと並ぶ歴代83位タイに。同79位タイのC.Pace、J.Siffert、W.Trips、L.Fagioliが持つ記録「6」まであと「1」。
    F.Alonsoが今季トップの11回目、通算34回目の表彰台獲得。J.Scheckter('79王者)、D.Hulme('67王者)を抜いて歴代単独19位に。同16位タイのJ-M.Fangio(5回王者)、E.Fittipaldi('72、'74王者)、K.Raikkonenが持つ記録「35」まであと「1」。
  • M.Schumacherが今季10回目、通算152回目の表彰台獲得。歴代1位記録を更新し、同2位のA.Prostが持つ記録「106」との差を「46」に拡大。現役2位で61回のD.Coulthard、R.Barrichelloとの差は「89」に拡大。もう絶対抜けねぇー。

    ファステストラップ記録
  • M.Schumacherが今季トップの6回目、通算75回目のFLを記録。歴代1位記録を更新し、同2位のA.Prostが持つ記録「41」との差を「34」に拡大。現役2位で18回のD.Coulthard、K.Raikkonenとの差は「57」に拡大。こっちも絶対抜けそうにない。
  • Ferrariが5戦連続となる今季トップの8回目、通算194回目のFLを記録。歴代1位記録を更新し、同2位のWilliamsが持つ記録「129」との差を「65」に拡大。


b0039141_13483245.jpg

後方の混乱など我関せず独走したマッサが初優勝。
アロンソ2位、シュー3位でドライバーズ・タイトルの点差はさらに開いてもうた・・・
Photo (C) Associated Press / Yahoo!ITALIA


    Notes
  • F.Massaが初PPで初優勝で初ポール・トゥ・ウィン。初PPで初優勝で初ポール・トゥ・ウィンまで達成しちゃったのは以外に少なくて史上13人目。ブラジル人としては、あのA.Sennaに次いで21年ぶり史上3人目。FerrariドライバーとしてはP.Hillに次いで46年(!)ぶり史上4人目。
    過去の初PPで初優勝で初ポール・トゥ・ウィンの記録詳細は本記事末尾参照。
  • M.Schumacherがイスタンブールで初FLを記録。これでM.SchumacherがFLを記録したコースは24コース目。もちろん史上最多。
    2位の記録はA.ProstとN.Mansellの18コース。現役2位はK.Raikkonenの14コース。意外と結構多いね。
  • 残り4戦の時点で、ポイント首位F.Alonsoと3位F.Massaの点差が、残り4戦で逆転不可能な46点差以上に拡大。これで正真正銘、チャンピオン争いはF.Alonso、M.Schumacherの新旧王者の一騎打ちに。
    ちなみにコンストラクターズの方はまだ3位のMcLarenが僅か1点の差でチャンピオン争いに留まっている(残り4戦で72点差以内なら逆転の可能性がある)。
    と言っても、実際もう逆転はありえないけどね。

※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)のものを含む。
※各コンストラクターの記録は買収された前身時代を含まない。
※FLはファステストラップのこと。

b0039141_1353224.jpg

フェラーリが懲りずにバカやってる間に眉毛が着々と王座に近づいていく
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA





過去の「初PPで初優勝で初ポール・トゥ・ウィン」記録一覧
1950年 イギリスGP ; G.Farina (ITA) Alfa Romeo
1950年 モナコGP ; J-M.Fangio (ARG) Alfa Romeo
1951年 イギリスGP ; F.Gonzales (ARG) Ferrari
1951年 西ドイツGP ; A.Ascari (ITA) Ferrari
1953年 インディ500 ; B.Vukovich (USA) Kurtis Kraft
1955年 イギリスGP ; S.Moss (GBR) Meredes
1956年 インディ500 ; P.Flaherty (USA) Watson
1959年 オランダGP ; J.Bonnier (SWE) BRM
1960年 イタリアGP ; P.Hill (USA) Ferrari
1980年 西アメリカGP ; N.Piquet (BRA) Brabham
1985年 ポルトガルGP ; A.Senna (BRA) Lotus
2004年 モナコGP ; J.Trulli (ITA) Renault
2006年 トルコGP ; F.Massa (BRA) Ferrari

こうして見ると50年代に集中してる。なんでだろう?
J.Clark(PP3回目で初P2W)もM.Schumacher(PPは1回目だけど優勝は6回目のときに初P2W)も記録してないのは結構意外だった。


b0039141_1357914.jpg

Me too
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA

[PR]
by oretch | 2006-09-02 13:25 | F1

<< 【MotoGP】カピロッシとド... 【MotoGP】第12戦 チェ... >>