2006年 09月 15日
【F1】第15戦 イタリアGP 結果

そしてチャンピオン争いは振り出しに戻ったのだった。

b0039141_1455057.jpg

序盤は先行するライコネンを追走。1回目のピットインで鮮やかに逆転。
Photo © Response


b0039141_146357.jpg

その後一度もトップの座を譲ることなく最後まで独走。
熱狂するティフォシ達の歓喜の中、90回目のトップチェッカーを受けた。
Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


b0039141_148232.jpg

表彰台上の皇帝を取り囲み狂喜するティフォシ達。そしてこの直後・・・
Photo © XPB / www.F1-LIVE.com



Grand Prix of Italy @ 2006/09/10

Final Classification : 53Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS 1:14'51.975 ( 2)
[ 2]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI      +8.046 ( 1)
[ 3] 17 Robert Kubica (POL); BMW Sauber F1.06; MI    +26.414 ( 6)
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI      +32.045 ( 9)
[ 5] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI       +32.685 ( 5)
[ 6] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda RA106; MI     +42.409 ( 8)
[ 7]  8 Jarno Trulli (ITA); Toyota TF106B; BS        +44.662 (11)
[ 8] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber F1.06; MI     +45.309 ( 3)

Race Leader

 Lap 1: 3 K.Raikkonen ; McLaren
 Lap 15: 5 M.Schumacher ; Ferrari
 Lap 18: 17 R.Kubica ; BMW Sauber
 Lap 23: 5 M.Schumacher ; Ferrari

 34 Laps - 5 M.Schumacher ; Ferrari
 14 Laps - 3 K.Raikkonen ; McLaren
  5 Laps - 17 R.Kubica ; BMW Sauber

Pole Position

3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI  1'21.484 @ 3rd Period

Fastest Lap

3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI  1'22.559 @ Lap13

b0039141_1494962.jpg

白煙を噴出すルノーR26。アロンソまさかのリタイア。タイトル争いは振り出しに戻った。
Photo © XPB / www.F1-Live.com






Point Standings

Driver

[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault 108pts.
[ 2]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 106pts. (-2)
[ 3]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 62pts.
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault 57pts.
[ 5]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren 47pts.
[ 6] 12 Jenson Button (GBR); Honda 40pts.
[ 7]  4 Juan P Montoya (COL); McLaren 26pts.
[ 8] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda 25pts.
[ 9] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber 20pts.
[10]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota 18pts.


Constructor

[ 1] Ferrari ; Scuderia Ferrari Marlboro  168pts.
[ 2] Renault ; Mild Seven Renault F1 Team  165pts. (-3)
[ 3] McLaren ; McLaren Mercedes  97pts.
[ 4] Honda ; Lucky Strike Honda Racing  65pts.
[ 5] BMW Sauber ; BMW Sauber F1 Team  33pts.
[ 6] Toyota ; Panasonc Toyota Racing  30pts.
[ 7] Red Bull ; Red Bull Racing  16pts.
[ 8] Williams ; Williams F1 Team  10pts.
[ 9] Toro Rosso ; Scuderia Toro Rosso  1pt.
[ -] Midland ; MF1 Racing  0pt.
[ -] Super Aguri ; Super Aguri F1  0pt.


b0039141_1512413.jpg

PPはライコネン。シューは2番グリッド。
ポイントリーダーのアロンソはペナルティによって10番グリッドからスタート。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_1522688.jpg

レース序盤先行したのはライコネン。追走するシューとともに3位以下を大きく引き離す。
Photo (C) XPB / www.F1-Live.com



Statistics and Notes

    ポールポジション記録
  • K.Raikkonenが今季3回目、2年連続、通算12回目のPPを獲得。D.Coulthard、J-P.Montoya、G.Bergerと並ぶ歴代24位タイに。同19位タイのJ.Brabham('59、'60、'66王者)、G.Hill('62、'68王者)、J.Villeneuve('97王者)、J.Ickx、R.Barrichelloが持つ記録「13」まであと「1」。
  • McLarenが今季3回目、2年連続、通算125回目のPPを獲得。ようやくWilliamsに並んで歴代2位タイに。同1位のFerrariの持つ記録「184」まであと「59」。

    優勝記録
  • M.Schumacherが今季最多タイの6回目、通算90回目の優勝。歴代1位記録を更新し、同2位のA.Prost('85、'86、'89、'93王者)が持つ記録「51」との差を「39」に拡大。
  • Ferrariが今季最多タイの7回目、通算190回目の優勝。歴代1位記録を更新し、同2位のMcLarenが持つ記録「148」との差を「42」に拡大。


b0039141_1553893.jpg

1回目のピットインでシューがライコネンを逆転。
シューはその後は付け入る隙の無い走りで独走。そのままの順位でチェッカーを受けた。
Photo © Response


    表彰台記録
  • M.Schumacherが今季11回目、通算153回目の表彰台獲得。歴代1位記録を更新し、同2位のA.Prostが持つ記録「106」との差を「47」に拡大。
    K.Raikkonenが今季6回目、通算36回目の表彰台獲得。G.Hillと並ぶ歴代15位タイに。同14位のR.Patreseが持つ記録「37」まであと「1」。
  • R.Kubicaが初表彰台を獲得。F1表彰台獲得はP.De La Rosaに次いで史上191人目。ポーランド人としては史上初の快挙。
    表彰台1回はP.De La Rosa、T.Monteiro、M.Webber、佐藤琢磨ら63人と並ぶ歴代128位タイ。同100位タイのM.Salo、W.Wurz、M.Hailwoodら28人が持つ記録「2」まであと「1」。

    ファステストラップ記録
  • K.Raikkonenが今季3回目、通算19回目のFLを記録。A.Senna('88、'90、'91王者)、D.Hill('96王者)、S.Mossと並ぶ歴代10位タイに。 同9位のG.Berngerが持つ記録「21」まであと「2」。
    現役ではD.Coulthardを抜いて単独2位に。
  • McLarenが今季3回目、通算129回目のFLを記録。PPと同じくこちらもようやくWilliamsに並んで歴代2位タイに。同1位のFerrariの持つ記録「194」まであと「64」。


b0039141_1565051.jpg

アロンソは着実に追い上げ、終盤には3位にまで浮上する。
Photo © XPB / www.F1-Live.com


b0039141_158276.jpg

が、ラスト10周でエンジンがブロー。痛恨のリタイア。ポイント差は僅か2点に・・・
Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


    Notes
  • R.KubicaがF1デビュー僅か3戦目で初表彰台を獲得。F1が発足した1950年や、50年代にF1シリーズに組み込まれていたIndy500での記録を除けば、恐らく歴代最短記録じゃないかな?
  • F.Alonsoがリタイアしてノーポイントに終わったことで、ドライバーズチャンピオンシップのポイント首位F.Alonsoと2位M.Schumacherの差は僅か2点に。3戦を残した時点でこれだけ僅少差なのは2003年以来。この年は首位M.Schumacherを2位K.Raikkonenが追っている停会で、最後はM.Schumacherがボロボロになりながらも逃げ切った。さて今シーズンはどうなるかな?
  • コンストラクターズチャンピオンシップでFerrariがRenaultを逆転し、今シーズン初めてポイント首位に立った。一方McLarenは首位Ferrariとの差が逆転不可能な73点差にまで開き、今季のタイトル争いから脱落。こちらもチャンピオン争いはFerrariとRenaultの2チームに絞られた。

※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)のものを含む。
※各コンストラクターの記録は買収された前身時代を含まない。
※FLはファステストラップのこと。


b0039141_215214.jpg

英雄シューを迎えるティフォシたち。まさにイタリアのためのイタリアGP。
Photo © XPB / www.F1-Live.com


b0039141_23152.jpg

そして皇帝は決断を下した・・・・ (詳細はまた別途)
Photo © Ferrari S.p.A /nifty.motorsport

[PR]
by oretch | 2006-09-15 01:43 | F1

<< 【MotoGP】第13戦 マレ... 【WRC】第11戦 ラリー・ジ... >>