2006年 09月 22日
【MotoGP】第14戦 オーストラリアGP 結果
21戦ぶりのウェット・レースはシッチャカメッチャカの大混乱でタイトルの行方もますます分からなくなっちゃったよ ('A`)

b0039141_6215664.jpg

125ccクラスでバウティスタがチャンピオン獲得! おめでとー!!
Photo (C) Reuters / Yahoo!ITALIA


b0039141_125567.jpg

MotoGPクラスは雨で大混乱! そこから抜け出したのは・・・マ、マルコメ!? 
Photo (C) Honda Motor Co.



GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX @ 17th September 2006

MotoGP Race Result : 26Laps* / Wet
* re-set warm up lap after race declared wet

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 33 Marco Meladnri (ITA) Honda; Fortuna; MI  44'15.621 ( 7)
[ 2] 71 Chrsi Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS    +9.699 (16)
[ 3] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI   +10.526 ( 3)
[ 4] 15 Sete Gibernau (ESP) Ducati; Marlboro; BS  +10.615 (12)
[ 5] 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol; MI    +10.694 ( 1)
[ 6] 27 Casey Stoner (AUS) Honda; LCR; MI     +11.323 ( 8)
[ 7] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS  +26.555 (13)
[ 8] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS  +26.666 ( 2)
[ 9] 24 Toni Elias (ESP) Honda; Fortuna; MI      +57.234 (14)
[10]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR; MI    +1'02.231 (11)
[11] 17 Randy De Puniet (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS +1'02.432 ( 9)
[12] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS     +1'18.809 (15)
[13] 66 Alex Hofmann (GER) Ducati; d'Antin; DL    +1'48.233 (17)
[14] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI   +1Lap ( 4)
[15] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI      +1Lap (10)

Pole Position : 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol; MI   1'29.020
Fastest Lap : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI  1'30.917

Event Max Speed : 15 Sete Gibernau (ESP) Ducati  331.4km/h @WarmUp

Race Leader Sequence
 Lap 1 56 Shinya Nakano; Kawasaki
 Lap10 15 Sete Gibernau; Ducati
 Lap16 33 Marco Melandri; Honda


b0039141_1255013.jpg

佳境を迎えつつあるタイトル争いの方は、ロッシと・・・・・・ヘイデンは? 
Photo (C) soup army / SUPERBIKEPLANET



250cc Race Result : 25Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna    39'17.327 ( 1)
[ 2]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar      +0.009 ( 2)
[ 3]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull      +6.560 ( 6)
[ 5] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol     +36.000 (11)
[19] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella    +1Lap (24)
[NC] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest   +17Laps ( 9)

Pole Position : 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna  1'32.717
Fastest Lap :  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar   1'33.471

Event Max Speed : 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia  277.6km/h @Race


b0039141_1273289.jpg

今年もやっぱりありましたよ、最終ラップ最終コーナーからの攻防が。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA



125cc Race Result : 15Laps* / Dry
* re-start race after accident

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   24'30.115 ( 2)
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull        +3.242 ( 1)
[ 3] 75 Mattia Pasini (ITA) Aprilia; Aspar       +3.381 ( 6)
[12] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) Malaguti; Ajo  +13.285 (13)
[25] 90 Hiroaki Kuzuhara (JPN) Aprilia; WTR    +46.411 (27)

Pole Position : 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull     1'36.625
Fastest Lap : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   1'36.927

Event Max Speed : 6 Joan Olive (ESP) Aprilia  239.9km/h @Race


b0039141_1304045.jpg

この突き抜けるような青空が一転、今季のタイトル争いに大混乱をもたらした
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA





Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol - 225pts.
[ 2] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel - 204pts. (-21)
[ 3] 33 Marco Melandri (ITA) Honda; Fortuna - 193pts. (-32)
[ 4] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol - 193pts. (-32)
[ 5] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro - 180pts. (-45)
[ 6] 27 Casey Stoner (AUS) Honda; LCR - 119pts.
[ 7] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts - 103pts.
[ 8] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla - 97pts.
[ 9]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; Camel - 96pts.
[11] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; Kawasaki - 83pts.
[13]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR - 75pts.

MotoGP Constructor

[ 1] Honda - 303pts.
[ 2] Yamaha - 242pts. (-61)
[ 2] Ducati - 193pts.
[ 4] Suzuki - 111pts.
[ 5] Roberts - 101pt.
[ 6] Kawasaki - 86pts.


b0039141_132111.jpg

アボリジニもMotoGPに大興奮!?
Photo (C) DPPI / www.Moto-Live.com



250cc Riders

[ 1] 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna - 249pts.
[ 2] 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest - 225pts. (-24)
[ 3]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar - 167pts.
[ 4]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull - 148pts.
[ 6] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest - 146pts.
[ 9] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol - 79pts.
[27] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella - 3pts.


b0039141_1333736.jpg

250ccの方は趨勢が決まってきた感じ。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA



125cc Riders

[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Master MVA - 280pts. WC!!
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull GP125 - 201pts.
[ 3] 75 Mattia Pasini (ITA) Aprilia; Master MVA - 172pts.
[16] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) / Malaguti / Ajo - 28pts.


b0039141_1345585.jpg

地元のストーナーはそりゃ大人気だろうなぁ。 お姉ちゃん嬉しそう。
Photo (C) soup army / SUPERBIKEPLANET



Statistics and Notes
    MotoGP Class

    ポールポジション
  • N.Haydenが今季初、クラス4回目のPP獲得。D.Pedrosa、G.Crosby、P.Readと並ぶクラス歴代25位タイに。同23位タイのA.Barros、R.Mamolaが持つ記録「5」まであと「1」。
    オーストラリアGPのPPゲットは昨年に続いて2年連続。
  • Hondaが今季6回目、クラス192回目のPP獲得。現在クラス歴代1位。同2位のYamahaが持つ記録「130」との差を「62」に拡大。

    優勝
  • M.Melandriが今季3回目、クラス5回目、GP通算22回目の優勝。オーストラリアGPは最高峰クラス初優勝。
    クラス別ではF.Uncini、W.Hartog、L.Grahamと並ぶ歴代26位タイに。同24位タイのM.Lucchinelli、U.Masettiの両大先輩が持つ記録「6」まであと「1」。
    GP通算ではB.Ivy、チーム・オーナーのF.Grasiniを抜いて歴代単独29位に。同28位のB.Shenneが持つ記録「23」まであと「1」。
  • Hondaが今季7回目、クラス203回目、GP通算615回目(※参考)の優勝。クラス別では現在歴代1位。同2位のYamahaが持つ記録「147」との差を「56」に拡大。
    GP通算でも現在歴代1位。同じく同2位のYamahaが持つ記録「430」との差を「185」に拡大。
    オーストラリアGP優勝は3年ぶり11回目(Eastern Creek含む)。

    表彰台
  • M.Melandriが今季6回目、クラス15回目の表彰台獲得。D.Beattieを抜き、クラス歴代単独34位に。同33位のR.Armstrongが持つ記録「16」まであと「1」。
  • C.Vermeulenが今季、クラスともに初の表彰台獲得。GP最高峰クラスの表彰台獲得は史上241人目。オーストラリア人としては17人目。
    表彰台1回は、C.Stoner、O.Jacque、梁明、平忠彦ら90人と並ぶクラス歴代151位タイ。 同119位タイの加藤大治郎、原田哲也、J.McWilliams、パパRossiら32人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • V.Rossiが今季8回目、クラス89回目の表彰台獲得。ようやくG.Agostiniを抜いてクラス歴代単独2位になった。同1位のM.Doohanが持つ記録「95」まであと「6」。


b0039141_1513886.jpg

往年の名コンビ。次々と記録を更新していくロッシを元祖記録男はどう見てんのかな?
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    ファステストラップ(FL)
  • V.Rossiが今季3回目、クラス48回目のFLを記録。現在クラス歴代2位。同1位のG.Agostiniが持つ記録「69」まであと「21」。
    オーストラリアGPでのFLは3年ぶり3回目
  • Yamahaが今季3回目、クラス139回目のFLを記録。現在クラス歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「217」まであと「78」。オーストラリアGPでのFLは5年ぶり7回目(Eastern Creek含む)。

    Notes
  • コンストラクターズ・ポイント・ランキング首位のHondaと、同3位のDucatiのポイント差が残りレース数(3戦)で逆転不可能な「75」点差以上に拡大。これで今季のチャンピオン争いはHondaとYamahaに絞られた。
  • M.Melandriが最高峰クラスでも優勝を飾り、これで125ccクラス、250ccクラスに続いて3クラスでオーストラリアGPでの優勝を達成した。同一GP(サーキット)での3クラス優勝はV.Rossi以来。
    ちなみにD.Pedrosaは今季残りの茂木とバレンシアのどちらで勝っても3クラス制覇達成。
  • C.Edwardsがリタイアに終わり、2004年カタールGP以来続いていた連続完走・入賞記録が「35」でストップ。近年では、M.Doohanが1995年から1997年にかけて達成した記録「37」に次ぐ好記録。詳細は末尾参照。
    ちなみにM.Doohanはこの37戦中に10連勝を含む25勝をあげている。スッゲェ。
  • C.Vermeulenが母国GPで初表彰台ゲット。オーストラリア人がオーストラリアGPでGP初表彰台をゲットするのは1992年のD.Beattie以来14年ぶり史上2回目。
    ちなみにD.Beattieは現在は地元TV局で解説者として活躍中(のはず)。


b0039141_1382938.jpg

世界中どこ行ってもいるロッシ・ファン。テンション高ぇーーー。。
Photo (C) DPPI / www.Moto-Live.com


    250cc Class

    ポールポジション
  • J.Lorenzoが今季9回目、クラス13回目のPP獲得。F.Nieto、H.Bradlを抜いてクラス歴代単独9位に。同7位タイのL.Cadalora、W.Villaが持つ記録「15」まであと「2」。
  • Apriliaが6戦連続となる今季11回目、クラス134回目のPP獲得。クラス歴代1位記録を更新し、同2位のHondaの持つ記録「119」との差を「15」に拡大。

    優勝
  • J.Lorenzoが自身初の3連勝となるクラス8回目、GP通算12回目の優勝。
    オーストラリアGPは125ccクラス時代を含めて初優勝。
    クラス別ではJ.Saarinenと並ぶ歴代22位タイに。同21位のJ.Kocinskiが持つ記録「9」まであと「1」。
    GP通算ではM.Poggiali。F.Andersonと並ぶ歴代54位タイに。同51位タイのノビー上田、J.Kocinski、R.Mamolaが持つ記録「13」まであと「1」。
  • J.Lorenzoが今季、クラスともに7回目のポール・トゥ・ウィン。D.Pedrosa、C.Lacadoと並ぶクラス歴代6位タイに。同4位タイの加藤大治郎、原田哲也が持つ記録「9」まであと「2」。
    できれば並んで欲しくない・・・
  • Apriliaが今季9回目、クラス118回目の優勝。現在クラス歴代3位。同2位のYamahaが持つ記録「164」まであと「46」。

    表彰台
  • J.Lorenzoが今季10回目、クラス16回目の表彰台獲得。J.Kocinski、D.Sarronら5人と並ぶクラス歴代36位タイに。
    同35位のB.Ivyが持つ記録「17」まであと「1」。
  • A.De Angelisが今季8回目、クラス14回目の表彰台獲得。タディ岡田、G.Hansfordと並ぶクラス歴代47位タイに。同42位タイのA.Dovizioso、D.Romboni、R.Roth、C.Sarron、R.Pasoliniが持つ記録「15」まであと「1」。
  • 青山博一が今季5回目、クラス12回目の表彰台獲得。P.Fernandez、R.Bryans、E.Lorenzettiと並ぶクラス歴代57位タイに。同50位タイのM.Poggiali、J.Garriga、片山敬済ら7人


b0039141_143175.jpg

究極を目指す機能美のなんと美しいことよ・・・
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    ファステストラップ
  • A.De Angelisが今季4回目、クラス7回目のFLを記録。F.Nieto、L.Reggiani、R.Gouldと並ぶクラス歴代29位タイに。同23位タイのS.Porto、M.Melandri、中野王子ら6人が持つ記録「8」まであと「1」。
  • Apriliaがクラス122回目のFLを記録。現在クラス歴代3位。同2位のHondaが持つ記録「164」まであと「42」。

    Notes
  • ライダーズ・ポイント・ランキング首位のJ.Lorenzoと、同3位のA.DE Angelis以下のポイント差が、残りレース数(3戦)で逆転不可能な「75」点差以上に拡大。これで今季のチャンピオン争いはLorenzoとDoviziosoの2人に絞られた。
    MotoGPクラス、125ccクラスに続いて、青山Bros、高橋が頑張ってきた最後の砦の250ccクラスでもに日本人ライダーがチャンピオン争いから脱落。今季もまた日本人チャンピオン誕生はならず(泣)
  • J.Lorenzoの今季9回目のPPと7回目のポール・トゥ・ウィンは、それぞれ250ccクラスでの年間PP回数と年間ポール・トゥ・ウィン回数の歴代2位タイ記録。
    過去の記録詳細は末尾参照。
    残り3戦。記録更新の可能性は五分五分かな?


b0039141_210586.jpg

MotoGPがいくら速いと言ってもコイツには勝てないやね。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    125cc Class

    ポールポジション
  • M.Kallioが今季4回目、クラス12回目のPP獲得。E.Gianolaと並ぶクラス歴代10位タイに。同9位のE.Lazzariniが持つ記録「14」まであと「2」。

    優勝
  • A.Bautistaが自身初の3連勝となる今季、クラス、GP通算すべて7回目の優勝。クラス別ではM.Poggiali、R.Rocatelli、M.Melandriら5人と並ぶクラス歴代26位タイに。
    同23位タイのD.Pedrosa、L.Capirossi、E.Degnerの持つ記録「8」まであと「1」。
    GP通算ではH.Barbera、C.Stoner。A.Barrosら15人と並ぶ歴代78位タイに。同73位タイのK.RobertsJr.、L.Grahamら5人が持つ記録「8」まであと「1」。
  • Apriliaがクラス88回目の優勝。現在クラス歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「164」まであと「76」。

    ファステストラップ
  • A.Bautistaが今季6回目、クラス8回目のFLを記録。R.Locatelli、G.Bertinと並ぶクラス歴代18位タイに。同15位タイのV.Rossi、D.Raudies、宇井陽一が持つ記録「9」まであと「1」。

    チャンピオンシップ
  • ポイント首位A.Bautistaと同2位M.kallioのポイント差が、残りレース数(3戦)で逆転不可能な「75」点以上となり、A.Bautistaが今季の125ccクラスチャンピオンを獲得A.Bautistaは初のタイトル獲得。タイトル獲得は全クラス通算で史上93人目、延べ234人目。
    125ccクラスでは史上37人目、延べ58人目。スペイン人としては2003年のD.Pedrosaに次ぐ通算9人目、125ccクラスでも同じくD.Pedrosaに次ぐ6人目。
    タイトル1回は、全クラス通算ではK.Roberts Jr.、M.Melandriら44人と並ぶ歴代49
    位タイ。125ccクラスではT.Luthi、A.Dovizioso、D.Pedrosaら26人と並ぶ歴代11位タイ。
    過去のスペイン人チャンピオンは末尾参照。

    Notes
  • 125ccクラスでの3連勝は2001年の宇井陽一(4連勝)以来5年ぶり。
  • 125ccクラスの歴代チャンピオンは、1999年のE.Alzamora以降全員翌シーズンは250ccクラスにステップアップしているため、 125ccクラスのタイトルは1回ずつしか獲得していない。A.Bautistaは来季、先輩達同様クラスを移すのか?それとも.Capirossi以来の2連覇を狙うのか?

※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は1974年以降のみ。
※ メーカー記録はシャシー製造者別で回数をカウントした。


b0039141_146531.jpg

名選手は名監督にはなれない、という言葉はこの人には不要。アスパーおめでと。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA





最高峰クラスの連続完走(入賞)記録 (オレッチ調べ)

順位 連続完走数(連続入賞数) ライダー @ 連続完走期間
-------------------------------------------------------------
1位 37(37) M.Doohan 1995年第6戦イタリアGP~1997年第14戦インドネシアGP
2位 35(35) C.Edwards 2004年第13戦カタールGP~2006年第13戦マレーシアGP
3位 33(30) W.Gardner 1985年第12戦サンマリノGP~1988年第6戦西ドイツGP
4位 28(28) E.Lawson 1983年第3戦イタリアGP~1985年第6戦ユーゴスラビアGP
4位 28(28) V.Rossi 2002年第11戦チェコGP~2004年第6戦オランダGP
6位 26(26) E.Lawson 1987年第9戦イギリスGP~1989年第4戦スペインGP
7位 24(13) J.Garriga 1991年第3戦アメリカGP~1992年第11戦イギリスGP
8位 23(23) M.Biaggi 2000年第6戦マドリッドGP~2001年第12戦バレンシアGP
9位 22(22) G.Agostini 1967年第9戦ネイションズGP~1969年第10戦アルスターGP
9位 22(22) N.Hayden 2005年第10戦チェコGP~2006年第14戦オーストラリアGP

※エントリーしなかったGPがあった場合は不連続として集計

「無事是名馬」という言葉にもあるように、上位には錚々たるビッグネームがズラッと並んだ。
必然的に年間レース数の多い現代のライダーが多数を占める結果になったけど、それゆえに60年代に記録されたG.Agostiniの記録が断然光って見える。なんたって当時は年間10戦程度しか開催されていなかった中でのランクインだもの。ちなみに、Agostiniはこの22戦連続完走中に不滅の大記録である20連勝を達成している。 スッゲェ。
それと2位と4位に2回ランクインしているE.Lawsonも素晴らしいね。安定感抜群のライディングからつけられた"ステディ"という愛称は伊達じゃなかったね。

b0039141_212698.jpg

気が付けば大記録だったテキサス・トルネード。さぁ、また一から頑張ろう。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA




250ccクラス年間PP回数ベスト10 (オレッチ調べ)

順位 PP回数(年間GP数) ライダー @ 記録年 メーカ
------------------------------------------
1位 10(12) A.Mang @ 1981年 Kawasaki
2位 9(10) A.Mang @ 1980年 Kawasaki
2位 9(13) M.Biaggi @ 1995年 Aprilia
2位 9(16) F.Nieto @ 2002年 Aprilia
2位 9(16) S.Porto @ 2004年 Aprilia
2位 9(13) J.Lorenzo @ 2006年 Aprilia
7位 8(15) J.Kocinski @ 1990年 Yamaha
7位 8(15) M.Biaggi @ 1996年 Aprilia
7位 8(14) L.Capirossi @ 1998年 Aprilia
7位 8(16) 原田哲也 @ 2001年 Aprilia

※J.Lorenzoの記録は今季オーストラリアGP終了時点でのもの

予想通りToni 'Anton' Mangが1人で1-2フィニッシュ。上にある完走数同様、こっちも年間レース数の多い現代のライダーが有利なはずなのにね。当時をリアルタイムに知ってるわけじゃないけど、やっぱあの頃のライムグリーンはスゴかったんだねぇ。
Mangと並んで2回ランクインしてるM.Biaggiも流石だな。日本人としてはアラーダ(原田)がランクインしてるのが嬉しいね。
J.Lorenzoはまだ今季3戦を残して歴代1位記録まであと「1」にまで迫ってきた。今季ここまで勢いからすると、記録更新の可能性は高そうだね。

b0039141_215594.jpg

あんだよ、てめぇ~? とか言ってそうな感じ。第二のコシンスキーか?
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ちなみに、年間GP開催数のハンディを取ってPP獲得率で比較してみるとこうなる。

順位 PP率 回数(年間GP数) ライダー @ 記録年 メーカ
------------------------------------------
1位 90.0% 9(10) A.Mang @ 1980年 Kawasaki
2位 83.3% 10(12) A.Mang @ 1981年 Kawasaki
3位 69.2% 9(13) M.Biaggi @ 1995年 Aprilia
3位 69.2% 9(13) J.Lorenzo @ 2006年 Aprilia
5位 63.6% 7(11) W.Villa @ 1976年 Harley Davidson
5位 63.6% 7(11) C.Lavado @ 1986年 Yamaha
7位 57.1% 8(14) L.Capirossi @ 1998年 Aprilia
8位 56.3% 9(16) F.Nieto @ 2002年 Aprilia
8位 56.3% 9(16) S.Porto @ 2004年 Aprilia
10位 53.3% 8(15) J.Kocinski @ 1990年 Yamaha
10位 53.3% 8(15) M.Biaggi @ 1996年 Aprilia

※J.Lorenzoの記録は今季オーストラリアGP終了時点でのもの

こちらもA.Mongの1-2フィニッシュではあるけど、全11戦中7回PPを獲得したW.VillaとC.Lavadoが上位に入ってくる。Harley Davidsonという名前を見ると時代を感じるねぇ。


250ccクラス年間ポール・トゥ・ウイン回数ベスト5 (オレッチ調べ)

順位 PP回数(年間GP数) ライダー @ 記録年 メーカ
--------------------------------------
1位 9(12) A.Mang @ 1981年 Kawasaki
2位 7(11) W.Villa @ 1976年 Harley Davidson
2位 7(15) M.Biaggi @ 1996年 Aprilia
2位 7(13) J.Lorenzo @ 2006年 Aprilia
4位 6(13) M.Biaggi @ 1995年 Aprilia
4位 6(16) 加藤大治郎 @ 2001年 Honda

※J.Lorenzoの記録は今季オーストラリアGP終了時点でのもの




スペイン人世界チャンピオン一覧 (オレッチ調べ)

順番 初王座年 ライダー 王座回数 制覇クラス(回数)
------------------------------
1人目 1969 A.Nieto 13回 125(7)/50(6)
2人目 1978 R.Tormo 2回 50(2)
3人目 1986 J.Martinez 4回 125(1)/80(3)
4人目 1988 A.'Sito' Pons 2回 250(2)
5人目 1989 A.Criville 2回 500(1)/125(1)
6人目 1989 M.Herreros 1回 50(1)
7人目 1999 E.Alzamora 1回 125(1)
8人目 2003 D.Pedrosa 3回 250(2)/125(1)
9人目 2006 A.Bautista 1回 125(1)

今年は250ccクラスでも10人目が生まれそうなスペイン・パワーは、80年代に入ってから一気に爆発した感じ。最高峰クラスはまだA.Criville1人だけ。D.Pedrosaに対するスペイン国民の期待が大きいのが分かる。

b0039141_2171360.jpg

今季チャンピオン第一号。あとに続くのは誰だ?
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA

[PR]
by oretch | 2006-09-22 01:17 | MotoGP

<< 【MotoGP】第15戦 日本... 【MotoGP】第14戦 オー... >>