2006年 10月 14日
【MotoGP】第15戦 日本GP レビュー その1
レースは単調だったけどタイトル争いはさらに面白いことになってきたどー!

b0039141_2335641.jpg

ロッシ「あと2戦残っているから、この調子でいけば決して不可能じゃない よ!」
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_230351.jpg

ロッシ「ほれほれ~、もうオマエのすぐ後ろだぞ~」 ヘイデン「ヒィィィィィ~!!」
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com



■ まずはロッシが先手 (予選レビュー)

PPをゲットしたのはカピロッシ。オーストラリアGPでは地味なレースやっちゃったけど、去年のタイムをコンマ6秒更新するスーパーラップで2年連続PPゲット。やっぱり茂木は得意中の得意みたいね。
ブリヂストンはこれで3年連続PPになる。データも十分ってことだろう。
決勝ではカピがブッチ切っちゃうかもしんないなぁ。

b0039141_2322361.jpg

PPは2年連続カピロッシ。決勝ではブッチ切っちゃうかも
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA





いやいやそうはさせじと2番グリッドに並ぶのは茂木があんまり好きじゃないらしいロッシ。カピロッシ以外でタイムを45秒台に入れたのはロッシだけ。しかも予選セッション終盤のドタバタ(予選終了10分前にホプキンスのクラッシュに邪魔されてタイムアタックを中断。急いでピットに帰ってタイヤ交換して再びコースに飛び出した)の中でセッション終了間際に2番手タイムを叩き出したってんだからサスガだな。

茂木を入れても今季は残り僅か3戦。とにかく結果を出し続けるしかない。
ロッシ「フロントロウを獲得できて嬉しいよ。マシンの具合は金曜のフリー走行スタート時点から好調で、多くのセッティングを試すことが出来た。その結果を総合してベストのセットアップを見つけることが出来たんだ。非常に状態がいい感じだよ。
明日は厳しいレース展開になると思うが自信はあるんだ」
(ヤマハ発動機レース情報より抜粋引用)

b0039141_2351349.jpg

ロッシは2番手。大逆転に向けてノリックもビビるコンセントレーション。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


フロントロー最後の席には前戦オーストラリアGPの勝者メランドリ。去年は決勝でロッシにカマ掘られてリタイアしちゃったし、それ以前も茂木ではたいして良い成績残してないけど、オーストラリアの勢いでいったれや。

一方、目下ポイント首位のヘイデンは3列目7番手。ロッシとはコンマ5秒差のタイム。まぁ悪過ぎるという程では無いけど決して良くも無い。なんだかまたセッティングに迷いが出ているらしい。
シーズン前半とは打って変わって後半戦は守勢一方だし、やっぱり相当プレッシャーを感じちゃってるんだろうな。
へイデン「予選7番手というポジションには満足していない。先週はPPだったしね。でも、それがレースさ。MotoGPはレベルが高いんだ。タイムアタックしたときの感触がよくなかったので、タイムを見るのがイヤだった。今回は本当に、調子がいまひとつ上がらない。自分に何が不足しているのかも分からない。レース用のタイヤはまだ決まっていない。」
(ホンダより抜粋引用)

あぁもうこりゃ完全にドツボに嵌っとりますな。
と思いきや、
「チームスタッフは今晩も遅くまで作業をすることになるだろうから、Red Bullを飲まないとダメだね。」
(同上)

軽口叩いてるくらいだから大丈夫か?

b0039141_2354139.jpg

ポイント・リーダーのヘイデンは3列目。隣のタディの方が気合入ってるでー!
Photo © my name is vicky & I’ll be your server / SUPERBIKEPLANET.com


まったく大丈夫じゃなさそうなのはペドロサ。ヘイデンと同じく3列目の予選9番手。マレーシアで負った怪我はいまだ癒えていない様子。でも実はそれ以上に、オーストラリアで周回遅れの15位に沈んでタイトルが絶望的になったショックの方が大きいんじゃないかねぇ?

てことで、ポイント首位のヘイデンが3列目に沈み、それを追うイタリア・トリオがフロン・トローを占めることになった予選結果。
茂木はホンダのホームコースだけども、その茂木でロッシがヘイデンとの差をさらに詰めることができるのか? はたまたヘイデンがロッシをうっちゃってタイトルにまた一歩ズイと近づくのか?

今年の日本GPは今季の行方を左右する天王山となること必至だわコリャ。


■ ロッシがいよいよヘイデンのシッポを掴まえた (決勝レビュー)

地上波でも生放送された日本GP決勝は、大混乱になった前戦オーストラリアとは打って変わってカラっと晴れ渡った栃木の空の下でスタートした。

b0039141_2374535.jpg

決勝レース・スタート。A-STYLE目立ちすぎ。
Photo © motogp.com


スタートで飛び出したのはPPのカピロッシ。2番グリッドのロッシはちょっと遅れたか?
メランドリ、ジベルノウも好スタート。3台の赤いマシンが先頭になって1コーナーに突進する。

ホールショットを獲ったのはカピロッシ。その後ろにメランドリ。さらにジベルノウとロッシがサイド・バイ・サイドで1コーナーに入っていく。
2コーナーを立ち上がった時の順位はカピ、メランドリ、ジベルノウ、ロッシの順。中野、ストーナー、エリアストと続いて、ポイント・リーダーのヘイデンはプニエの後ろの9番手。
ヘイデンはいつものごとくスタートでジャンプアップしてくるかと思ったけど失敗しちゃった。こうなると中団に取り込まれて苦しい展開になりそうだぞ。

b0039141_237555.jpg

ホールショットはカピロッシ。マルコメ、ジベ、ロッシが続く。ロッシはまずまずのスタート。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_238832.jpg

ヘイデンは中団に飲み込まれて9番手。どこまで追い上げていけるかな?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


オープニングラップはいつものごとくアチコチで激しいポジション争い。とりあえず落ち着け>オレ。

まずロッシがS字入り口のターン7でジベルノウのインを刺して3番手に浮上。
メランドリも続くターン8でカピロッシに仕掛ける。が、ここはカピロッシが粘ってトップをキープ。
バックストレートエンドの90℃コーナーではストーナーが中野をパス。
ヘイデンもいつの間にかプニエの前に出ている。

オープニングラップを終えた時点での順位は、トップ・カピロッシ、2位メランドリ、3位ロッシ、4位ジベルノウ、5位ストーナー、6位中野、7位エリアス、そして8位にヘイデン、9位プニエ、10位ロバーツと続く。
このところ元気だったスズキ勢がいないなぁ。

b0039141_2381940.jpg

メランドリがS字でカピロッシに仕掛ける。が、ここはカピが抑えた。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


b0039141_2384795.jpg

ロッシはジベをパスして3位浮上。トップを虎視眈々と狙う。
Photo © Honda Motor Co.


スタート直後のポジション争いが一段落すると、レース序盤はカピロッシを先頭にズラズラと縦に長い列になってラップを重ねる静かな展開になった。

予選タイムを考えると、カピロッシとロッシが序盤から抜け出して二人のマッチレースになるかと思ったけど、思ったほど二人ともペースが上がらないみたい。ロングストレート部分ではずっと後方の10番手くらいまで、いつまでも姿が見えたままだ。

それでも4周目を過ぎたあたりから徐々に行列が解けてきて、いくつかのグループに分かれ始めた。

トップはカピを先頭にメランドリ、ロッシの3台。この3台がジワジワと後続と差をつけはじめた。4位グループは2周目に4位に上がってきたストーナーを先頭に、ジベルノウ、中野の3台。そしてその少し離れた後方には、エリアス、ヘイデン、ロバーツの7位グループが続いている。

スタートで出遅れたヘイデンは案の定、中団グループにつかまってペースをあげることができないでいる。ラップを重ねるごとにロッシとのタイム差は確実に開いていく。このままだとまた一気に点差を縮められちゃうぞ。どうしたヘイデン?

b0039141_2391663.jpg

ヘイデンは7位グループを走行。そんなところにいる場合じゃないだろう。
Photo © Honda Motor Co.


トップグループはカピロッシとメランドリがオープニングラップ以来ずっとテール・トゥ・ノーズで激しくやりあっている。毎ラップ、コーナーごとにメランドリがカピとの間合いを詰めて、タイミングを伺ってる感じ。
どうもメランドリの方がノレてる感じだ。そのうち抜いちゃうかも。オーストラリアGPに続いて2連勝もあるかも知らんね。

ロッシは二人から少し離れた位置で静かに追走している。
様子を見ているのか? それともついていくだけで精一杯なのか?
どっちかまだ分からんけど、まぁ、このまま終わることはないだろうな。

後方ではヘイデンが6周目にようやくエリアスの前に出た。いったん前に出たらやっぱりヘイデンの方がペースが速い。エリアスを引き離して2秒前方のセカンドグループを追いかけ始めた。
でも肝心のロッシとはもう4秒以上の差になってる。さてどこまで追い上げられるか?

b0039141_2394899.jpg

カピ、メランドリ、ロッシのトップグループ。優勝争いはこの3台。
Photo © motogp.com


b0039141_240143.jpg

ようやく7位グループを抜け出したヘイデン。前を行く4位グループを追いかける。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


レースは中盤に差し掛かかった。

トップグループから3秒後方のセカンドグループで、さっきまで先頭を走っていたストーナーが脱落した。コースアウトでもしたか?
替わって7位グループから抜け出してきたヘイデンが中野のすぐ後ろまで追い上げてきた。やっぱり茂木はホンダのホームコースだけに、タイトル争いを台無しにするような無様なレースをするわけにはイカンものね。

追い上げてきたヘイデンに対して、タイトルを争うカピ、メランドリ、ロッシのトップグループの3台は依然として3台連なって淡々とラップを重ねている。カピは逃げようにも逃げられず、メランドリは抜きそうでいていつまでも抜けず、そしてロッシは少し離れて前の2台を静かに追走している。

TVではピットレポーターの宮城サンが、カピとロッシのタイヤ選択の情報を伝えている。ソフト・コンパウンドを選んだカピロッシに対して、ロッシはハードを選んだとのこと。メーカーが違うから単純には比較できないけど、ロッシは後半勝負ってことなのかな?

まぁ、確かにそれぞれ作戦はあるんだろうけどさ、いくらレースはまだ序盤を終えたばかりとは言っても、あまりに静かな展開でなんか物足りない感じ。今シーズンはここまで近年になく激しくて面白いレースが続いていたから、もちっと激しい展開を見たいんだけどねぇ。

なんて思ってたところでついにトップグループが動いた。

9周目。ターン4の進入でメランドリがブレーキングをミス。カピロッシに追突しかけて慌ててラインを外す。おかげでコーナーを大回りすることになって、立ち上がった時にはカピロッシとの間にマシン3、4台分くらいのギャップが出来てしまった。そして後ろにいたロッシが差を一気に詰めてきた。

b0039141_240257.jpg

メランドリのミスでトップグループの構図が崩れた。カピが抜け出し、ロッシが詰めた。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


レースが中盤に入ったところで、ようやくトップグループの構図が崩れた。
メランドリはさっきのミスで緊張の糸が切れたのか、その後ジリジリとカピロッシに差をつけられ始め、逆にロッシにはジリジリと差を詰められるようになった。
カピロッシが序盤と変わらない47秒台後半のペースでラップを刻み続けるのに対して、メランドリは48秒台にペースが落ちたからだ。

10周目、コンマ8秒に開いたカピとメランドリの差は、11周目はなんとか現状維持したものの、12周目には1.24秒、13周目には1.6秒差にまで開いてしまった。

メランドリはもうカピには追いつけなさそうだ。明らかにペースが落ちた。となれば、その後ろのロッシは早くメランドリをパスしてカピを追いかけたいところ。
なのにいつまでもメランドリの後ろを走っている。後半勝負を睨んで選んだハードタイヤがハズれちゃったのかな? ロッシ、思いのほか苦しいのかも?

b0039141_242220.jpg

メランドリを追走するロッシ。カピをこのまま逃がしていいんか?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ロッシが思ったほど調子が良くないとなれば、ヘイデンにとってはチャンスだ。今さら5秒以上先行するロッシに追いつくのは難しいだろうけど、少しでもポジションを回復してポイント・リードを維持したいところ。

ところが、ロッシだけじゃなくヘイデンも全く調子が上がらないみたい。
エリアスを抜いた後、一旦は5位中野のすぐ後ろにまで迫ったものの、その後はなかなか差を詰めきれずにいる。さっきから中野と1秒くらいの間隔をあけて6位を単独走行している。だらしない!

オレッチとしてはタイトルを賭けた火花の散るような熱いバトルを二人に期待してたんだけど、実際にはともに苦しい中でどこまでポイントを積み上げられるかという我慢比べのレースになっちゃった。
こうなるとタイトルに賭ける執念に勝る方にツキは転がりこんでくるもんだと思うんだよね。

レースはまだ半分を過ぎたところ。どちらもタイトルに向けてもっと執念燃やして頑張れよ!

b0039141_2422143.jpg

ロッシ以上に調子の出ないヘイデン。中野との差をいつまでたっても詰め切れない。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


まぁでも、執念っつったら、やっぱりロッシのほうが上なんだろうなぁ。
14周目。ついにロッシが動き始めましたよ。

さっきまでメランドリの後ろを静かに追走していたロッシだったけど、この周に入ってからアチコチのコーナーでメランドリの尻を突付くシーンが目立ってきた。気がつけば両者は完全にテール・トゥ・ノーズ状態。時折ロッシがラインを外して、抜くタイミングを計っている。
どうやらハードタイヤがようやくポテンシャルを発揮し始めたらしい。

b0039141_24244100.jpg

メランドリをプッシュしはじめたロッシ。タイヤがやっとフィットしてきた?
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


15周目。ターン4でラインを外してロッシがメランドリのインを伺う。でもまだちょっと遠い感じ。
トンネルを抜けて続く高速5コーナー。2台がテール・トゥ・ノーズでクリアする。そしてその先のターン6、S字入り口でロッシがインをズバっと刺した。
パッシング成功。ロッシが2位に上がった。

トップのカピロッシとの差は1.5秒。カピもここ数周は思ったほどペースが上がっていない様子。
この程度のギャップならロッシにとっては射程距離だ。タイヤもソフトを選んだカピよりハードを選んだロッシの方が有利。
さぁ、ここからロッシの追走劇が始まるぞ!


b0039141_2434490.jpg

ようやくメランドリをパスしてロッシが2位に浮上。トップのカピロッシを追う。
Photo © motogp.com


b0039141_2445295.jpg

残り9周で1.5秒差。この程度ならロッシの射程距離。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


レースも終盤に入り、いよいよエンジンのかかったロッシの猛追が開始されたとオレッチは思った。

そんなオレッチの確信に応えるように、2位に上がったロッシは再びタイムを47秒台に入れてカピロッシを追いかけ始めた。16周目にはこのレースのファステスト・ラップになる1分47秒288というタイムを叩き出し、カピロッシとの差は1.2秒を切るところまで詰めることに成功。
3位のメランドリはもうロッシについていくことはできず、徐々にギャップが開いていく。優勝争いは完全にカピとロッシの2人に絞られたと思った。

ところが・・・

b0039141_3111294.jpg

ファステスト・ラップを記録しながらカピを追うロッシだったが・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


オレッチの読みは 大 ハ ズ レ。
茂木でのカピロッシの速さはホンモノだったわ!

ロッシのペースアップを察知したカピが再びタイムを47秒台に上げた。
一旦は1.167秒にまで詰まった両者の差は、17周目には1.35秒、18周目には1.45秒と開いていき、19周目にはついに2秒の壁を破って2.29秒差にまで開いてしまった。

いつもは破壊力抜群のロッシの追い上げも今回は不発。
実はまだまだ余力があったのね、カピロッシ君は。

タイトル争いを考えれば、ロッシとしてはもちろんフルポイント欲しいところだけど、無理してクラッシュ→ノーポイントに終わったら元も子もない。ここは冷静に2位キープして20点獲得するのが得策。
ロッシはペースを落として、2位キープの作戦に早々と切り替えた。

b0039141_310570.jpg

今回はカピが速すぎた! 茂木2連覇に向けてラストスパート。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


b0039141_3121756.jpg

2位キープに切り替えたロッシ。カピとの差が徐々に開いていく。
Photo © Ducati Motor Holding S.p.A.


レースは結局、ラストラップまで47秒台をキープして逃げ切ったカピロッシがトップフィニッシュ。
今季3勝目。茂木では2年連続となるポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

2位はロッシ。最後はペースダウンして、カピロッシの5秒後にフィニッシュラインを潜り抜けた。
もともと茂木は得意じゃないし、まぁ、ロッシとすれば満足できるところだろう。
フィニッシュラインを潜り抜けると、嬉しそうに何度もガッツポーズを繰り返した。

b0039141_3154372.jpg

今季3回目のトップチェッカー。数字上はまだタイトルの可能性がある。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_3172454.jpg

2位のロッシもガッツポーズ。いよいよ逆転タイトルが見えてきた。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


一方、ポイント首位のヘイデンは結局レース終盤に入っても中野との差を詰めきれずに、最終ラップに入ってもまだ6位を単独走行。このままの順位でフィニッシュすれば今回も一気に10点も差を詰められることになる。

ところが最終ラップ。バックストレート終わりの90℃コーナーで、4位を争うジベルノウと中野が接触。ジベルノウに後ろから突っかけた中野がコースアウトしてクラッシュ、リタイアし、ヘイデンは棚から牡丹餅の5位、11点を獲得した。

もしかしたらツキはまだヘイデンにあるのかもしれない。

残り2戦。果たしてタイトル争いの流れは、ロッシとヘイデンのどちらを向いてるんだろう?


b0039141_3193783.jpg

どこまでもクリアだった茂木の空とは反対に、タイトル争いの方はまだまだ混沌としてますな。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com

[PR]
by oretch | 2006-10-14 02:32 | MotoGP

<< 【MotoGP】第15戦 日本... 【F1】第17戦 日本GP プ... >>