2006年 10月 21日
【F1】第17戦 日本GP 結果
ほぼ終戦。F1史の金字塔を築いたドライバーの最後があんな終わり方なんて・・・

あ、まだ終わってないか?

b0039141_3493337.jpg

好事魔多し。悪夢のマシントラブルで突然の終幕。帝王の終結宣言は真意なのか?
Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


b0039141_3494394.jpg

“当面”最後の鈴鹿を制したのはアロンソ。2年連続チャンピオンに王手。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



Grand Prix of Japan @ 2006/10/08

Final Classification : 53Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI    1:23'53.413 ( 5)
[ 2]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS       +16.151 ( 1)
[ 3]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI     +23.953 ( 6)
[ 4] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI       +34.101 ( 7)
[ 5]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI     +43.596 (11)
[ 6]  8 Jarno Trulli (ITA); Toyota TF106; BS         +46.717 ( 4)
[ 7]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota TF106; BS    +48.869 ( 3)
[ 8] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber F1.06; MI   +1'16.095 ( 9)

Race Leader

 Lap 1: 6 F.Massa ; Ferrari
 Lap 3: 5 M.Schumacher ; Ferrari
 Lap 37: 1 F.Alonso ; Renault

 34 Laps - 5 M.Schumacher ; Ferrari
 17 Laps - 1 F.Alonso ; Renault
  2 Laps - 6 F.Massa ; Ferrari

Pole Position

6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS   1'29.599

Fastest Lap

1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI  1'32.676 @ Lap14


b0039141_3495644.jpg

若き王者の勝利の舞。 カコワルイ・・・
Photo © gettyimages






Point Standings

Driver

[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault 126pts.
[ 2]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 116pts.(-10)
[ 3]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 70pts.
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault 69pts.
[ 5]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren 61pts.
[ 6] 12 Jenson Button (GBR); Honda 50pts.
[ 7] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda 28pts.
[ 8]  4 Juan Pablo Montoya (COL); McLaren 26pts.
[ 9] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber 23pts.
[10]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota 20pts.


b0039141_350814.jpg

今年も鈴鹿は大入り満員。なんで富士なんだよ・・・?
Photo © DPPI / www.F1-Live.com



Constructor

[ 1] Renault ; Mild Seven Renault F1 Team  195pts.
[ 2] Ferrari ; Scuderia Ferrari Marlboro  186pts. (-9)
[ 3] McLaren ; McLaren Mercedes  105pts.
[ 4] Honda ; Lucky Strike Honda Racing  78pts.
[ 5] BMW Sauber ; BMW Sauber F1 Team  36pts.
[ 6] Toyota ; Panasonc Toyota Racing  35pts.
[ 7] Red Bull ; Red Bull Racing  16pts.
[ 8] Williams ; Williams F1 Team  11pts.
[ 9] Toro Rosso ; Scuderia Toro Rosso  1pt.
[ -] Spyker ; Spyker MF1 Racing  0pt.
[ -] Super Aguri ; Super Aguri F1  0pt.


b0039141_3501735.jpg

を決する天王山。予選はではまずフェラーリが先行した。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_3502793.jpg

決勝はPPからスタートしたマッサのリードでレースは始まった。
シュー、ラルフ、そしてスタートダッシュに成功したアロンソが続く。
Photo © DPPI / www.F1-Live.\com



Statistics and Notes

    ポールポジション記録

      ポールポジション記録
    • F.Massaが今季、通算ともに2回目のPPを獲得。H-H.Frentzen、J.Alesi、G.Villeneuveら7人と並ぶ歴代55位タイに。同45位タイのJ.Scheckter('79)、J.Button、G.Fisichella、J.Trulliら10人が持つ記録「3」まであと「1」。
    • Ferrariが今季6回目、2年連続、通算185回目のPPを獲得。歴代1位記録を更新し、同2位タイのMcLaren、Williamsが持つ記録「125」との差を「60」に拡大。

      優勝記録
    • F.Alonsoが今季トップタイとなる7回目、日本GP初、通算15回目の優勝。J.Brabham('59、'60、'66)、G.Hill('62、'68)、E.Fittipaldi('72、'74)を抜き、歴代単独13位に。同12位のS.Mossが持つ記録「16」まであと「1」。
    • Renaultが今季トップタイとなる8回目、日本GP初、通算33回目の優勝。現在、歴代6位。同5位のBrabhamが持つ記録「35」まであと「2」。


    b0039141_3503959.jpg

    3周目にシューがマッサをパス。逆転タイトルに向けて最後の鈴鹿を疾走する。
    Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    b0039141_3504559.jpg

    2位に浮上したアロンソの追走を受けながらも、リードを保ったまま終盤戦に突入。
    ところが・・・
    Photo © DPPI / www.F1-Live.com


      表彰台記録
      F.Alonsoが今季単独トップとなる13回目、通算36回目の表彰台獲得。G.Hill、K.Raikkonenと並ぶ歴代15位タイに。同14位の鉄人R.Patreseが持つ記録「37」まであと「1」。
    • F.Massaが今季、通算ともに6回目の表彰台獲得。C.Pace、J.Siffert、W.V.Trips、L.Fagioliと並ぶ歴代79位タイに。同75位タイのJ.Trulli、J.Herbertら4人が持つ記録「7」まであと「1」。
    • G.Fisichellaが今季5回目、通算18回目の表彰台を獲得。M.Hawthorn('58)、H-H.Frentzenと並ぶ歴代45位タイに。同42位タイのM.Andrettie('78)、P.Depailler、D.Gurneyが持つ記録「19」まであと「1」。

      ファステストラップ記録
    • F.Alonsoが日本GP初、今季5回目、通算8回目のFLを記録。J.Hunt('76)、G.Villeneuveと並ぶ歴代31位タイに。同28位タイのD.Hulme('67)、J.Villeneuve('97)、R.Petersonが持つ記録「9」まであと「1」。
    • Renaultが日本GP初、今季5回目、通算27回目のFLを記録。現在、歴代7位。同6位の前身であるBenettonが持つ記録「36」まであと「9」。


    b0039141_3505622.jpg

    レースが終盤に入った直後、シュー、まさかのマシン・トラブル・リタイア。
    替わってアロンソがトップに立った。
    Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


      チャンピオンシップ
    • M.Schumacherがリタイア、ノーポイントに終わったことで、F.Alonsoが2戦ぶりに首位を奪還した。
      最終戦では、M.Schumacherが優勝し、F.Alonsoが無得点で終わった場合のみ、M.Schumacherが2年ぶり通算8度目の王座を獲得。それ以外の結果の場合は全てF.Alonsoが2年連続王座を獲得。F.Alonsoが圧倒的に優位に立った。
    • コンストラクターズチャンピオンシップでは、首位Renaultが2位Ferrariとの差を「9」に拡大。最終戦では、Renaultは9点以上獲得すれば、Ferrariの結果に関わらず2年連続王座を獲得。こちらもRenaultが断然優位。

      Notes
    • 日本GPでのRenaultエンジンの優勝は96年(D.Hill/Williams)以来10年ぶり。

    ※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)のものを含む。
    ※各コンストラクターの記録は買収された前身時代を含まない。
    ※FLはファステストラップのこと。
    ※ドライバー名の後ろの( )内はチャンピオン獲得年


    b0039141_351754.jpg

    シューがいなくなった後はアロンソが独走。今季7勝目。
    シューとは最終戦を残して10点差。2連覇をほぼ掌中に収めた。
    Photo © DPPI / www.F1-Live.com


    b0039141_3511487.jpg

    また会いましょう・・・・
    Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB

    [PR]
by oretch | 2006-10-21 01:25 | F1

<< 【MotoGP】第16戦 ポル... ロッシ、再び >>