2006年 10月 23日
【MotoGP】第16戦 ポルトガルGP 結果
いったい誰がこんなベタな演出したんだよ!? 誰にしてもそいつは天才!!

b0039141_315840.jpg

なんダニよこれはぁ!? ありえねえええええええ!!!!
Photo © motogp.com


b0039141_3152849.jpg

そしてレースは今季は象徴するような大混戦&大接戦。
Photo © AFP / Yahoo!FRANCE



bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL @ 10th October 2006

MotoGP Race Result : 28Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 24 Toni Elias (ESP) Honda; Fortuna; MI      46’08.739 (11)
[ 2] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI     +0.002 ( 1)
[ 3] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI    +0.176 (13)
[ 4]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; Camel; MI   +0.864 ( 2)
[ 5]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR; MI     +18.419 (14)
[ 6] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS     +25.181 ( 6)
[ 7]  7 Carlos Checa (ESP) Yamaha; Tech3; DL   +29.348 ( 9)
[ 8] 33 Marco Meladnri (ITA) Honda; Fortuna; MI   +31.813 (15)
[ 9] 71 Chrsi Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS   +40.117(12)
[10] 17 Randy De Puniet (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS +41.496 (16)
[11] 66 Alex Hofmann (GER) Ducati; Pramac; BS   +41.533 (18)
[12] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS  +44.776 (10)
[13] 77 James Ellison (GBR) Yamaha; Tech3; DL  +1'19.113 (17)
[14] 20 Jose Luis Cardoso (ESP) Ducati; Pramac; BS +1’40.716 (19)
[15]  8 Garry McCoy (AUS) Ilmor; Ilmor; MI       +4Laps (20)
[NFF] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS  +28Lap ( 7)

Pole Position : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI  1'36.200
Fastest Lap : 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI  1'37.914

Event Max Speed : 69 Nicky Hayden (USA) Honda  329.9km/h @Practice

Race Leader Sequence
 Lap 1 46 Valentino Rossi; Yamaha
 Lap22 24 Toni Elias
 Lap 1 25 Valentino Rossi; Yamaha
 Lap28 24 Toni Elias


b0039141_3165596.jpg

瀬戸際でついにポイント首位に立ったロッシ。
でも、まったくノーマークだった伏兵エリアスが奪った「5点」が最終戦のドラマを生む?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ESPANA



250cc Race Result : 26Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest 44’30.727 ( 7)
[ 2]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull      +0.015 ( 2)
[ 3]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar       +0.348 ( 6)
[ 6] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest    +9.619 (12)
[18] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella  +1'15.390 (19)
[NC] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol      +11Laps ( 9)

Pole Position : 15 Roberto Locatelli (ITA) Aprilia; Toth   1'41.511
Fastest Lap :  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull  1'41.676

Event Max Speed : 80 Hector Barbera (ESP) Aprilia  269.7km/h @Qualify2


b0039141_3184429.jpg

くぅーーー、惜しいっ!
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com



125cc Race Result : 23Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar       40’48.792 ( 1)
[ 2] 55 Hector Faubel (ESP) Aprilia; Aspar         +15.098 ( 2)
[ 3] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull          +15.112 (11)
[ 6] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) Malaguti; Ajo      +27.588 ( 7)
[20] 49 Kazuma Watanabe (JPN) Honda; Humangest +1’21.367 (35)
[28] 73 Kazuya Otani (JPN) Malaguti; Ajo         +1’33.112 (40)
[NC] 90 Hiroaki Kuzuhara (JPN) Aprilia; WTR       +4Laps (30)

Pole Position : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar  1'45.322
Fastest Lap : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   1'45.746

Event Max Speed : 20 Roberto Tamburini (ITA) Aprilia  242.0km/h @Practice2


b0039141_3185968.jpg

今季の125ccクラスを牛耳ったアスパー軍団。最終戦も1-2で閉めた。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA




Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel - 244pts.
[ 2] 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol - 236pts. (-8)
[ 3] 33 Marco Melandri (ITA) Honda; Fortuna - 217pts.
[ 4] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro - 209pts.
[ 5] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol - 202pts.
[ 6] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts - 126pts.
[ 7] 27 Casey Stoner (AUS) Honda; LCR - 119pts.
[ 8]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; Camel - 117pts.
[ 9] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla - 111pts.
[10] 24 Toni Elias (ESP) Honda; Fortuna - 106pts.
[13]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR - 92pts.
[14] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; Kawasaki - 83pts.
[20] 20 Kousuke Akiyoshi (JPN) Suzuki; Suzuki - 3pts.

MotoGP Constructor

[ 1] Honda - 344pts. World Champion!
[ 2] Yamaha - 286pts.
[ 2] Ducati - 223pts.
[ 4] Suzuki - 146pts.
[ 5] Roberts - 126pt.
[ 6] Kawasaki - 100pts.
[ 7] Ilmor – 1pt.


b0039141_3211429.jpg

エドワーズの働きがタイトルの行方を左右することになるかも?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



250cc Riders

[ 1] 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna - 276pts.
[ 2] 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest - 263pts. (-13)
[ 3]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar - 203pts.
[ 4]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull - 193pts.
[ 6] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest - 156pts.
[10] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol - 89pts.
[24] 86 Ryuji Yokoe (JPN) Yamaha; Morinokumasan - 8pts
[29] 89 Seijin Oikawa (JPN) Yamaha; Will Access - 3pts
[30] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella - 3pts.

125cc Riders

[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Master MVA - 325pts. Champion!
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull GP125 - 242pts.
[ 3] 75 Mattia Pasini (ITA) Aprilia; Master MVA - 185pts.
[15] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) / Malaguti / Ajo - 47pts.
[29] 90 Hiroaki Kuzuhara (JPN) Aprilia; WTR - 1pt


b0039141_3213323.jpg

A-STYLEだとか、このbwinだとか、最近のWGPはちょっとアダルティ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



Statistics and Notes
    MotoGP Class

    ポールポジション
  • V.RossiがポルトガルGP初、今季トップタイの4回目、クラス34回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のM.Doohanが持つ記録「58」まであと「24」。
  • YamahaがポルトガルGPで4年ぶり、今季4回目、クラス131回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「192」まであと「61」。

    優勝
  • T.Eliasが最高峰クラス初、GP通算10回目の優勝。最高峰クラス優勝は、今季中国GPでのD.Pedrosaに続いて史上96人目、スペイン人としてもD.Pedrosaに次いで6人目。
    優勝1回は宇川徹、R.Laconi、S.Crafarら42人と並ぶ歴代54位タイ。同44位タイのD.Pedrosa、玉田誠、C.Checaら10人が持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算では東雅雄、R.Gould、R.Bryans、G.Hansfordと並ぶ歴代62位タイに。同57位タイの片山敬済、カズート坂田、宇井陽一ら5人が持つ記録「11」まであと「1」。
  • Hondaが今季トップ確定の8回目、クラス204回目、GP通算617回目(※参考)の優勝。クラス別、GP通算ともにダントツ歴代1位の史上最多記録を更新。
    クラス別では同2位のYamahaの持つ記録「147」との差を「57」に拡大。
    GP通算でも同2位のYamahaの持つ記録「430」との差を「187」に拡大。


b0039141_32232100.jpg

にみゅぅ~
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


    表彰台
  • T.Eliasが最高峰クラス初の表彰台獲得。今季オーストラリアGPでのC.Vermeulenに次いで史上242人目、スペイン人では今季開幕戦でのD.Pedrosaに次いで8人目。
    表彰台1回はC.Vermeulen、C.Stonerら91人と並ぶ歴代151位タイ。同119位タイの加藤大治郎、J.McWilliams、D.D.Radiguesら32人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • V.Rossiが今季トップ確定となる10回目、クラス91回目の表彰台獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のM.Doohanが持つ記録「95」まであと「4」。
  • K.Roberts Jr.が今季2回目、クラス22回目の表彰台獲得。タディ岡田を抜いて、クラス歴代単独24位に。同20位タイの現人神J.Surtees、C.Checa、L.Cadalora、J.Findlayが持つ記録「24」まであと「2」。

    ファステストラップ(FL)
  • K.Roberets Jr.が2000年のスペインGP以来6年、109戦ぶりとなる、クラス9回目のFLを記録。L.Capirossi、M.Lucchinelliと並ぶクラス歴代19位タイに。同18位のG.Hockingが持つ記録「10」まであと「1」。
    ちなみに、お父ちゃんのSr.は「24」回で同6位。
  • Team Robertsが最高峰クラス初のFLを記録。“King Kenny”のチームがFLを記録するのは、1997年にProtonKRとして旗揚げして以来、Modenas時代も含めて初。やったね、キング!
    最高峰クラスのFL記録メーカーは、2003年イタリアGPでのDucatiに次いで史上19メーカー目。FL1回は、Librenti、Benelli、Jada、Koenig、Sanvenero、Apriliaと並んでクラス歴代13位タイ。同11位タイのMatchless、Kawasakiが持つ記録「2」まであと「1」。


b0039141_3232534.jpg

ついに現れたイルモア。4輪の名門が2輪でどこまでやれるかな?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    チャンピオンシップ
  • 首位V.RossiとM.Melandri、L.Capirossi、D.Pedrosaのポイント差が、残り1戦で逆転可能な26点以上に拡大したので、ライダーズ・タイトルはV.RossiとN.Haydenの2人だけに絞られた。ライダーズ・チャンピオンは最終戦で決定に。
    最高峰クラスのチャンピオンが最終戦で決まるのは、1993年にFIM-GPでK.Schwantzが初タイトルを獲得した時以来13年ぶり史上14度目。
    過去の最終戦対決シーズンの詳細は末尾参照。

    Notes
  • 決勝レースの1位と2位のタイム差0.002秒は、1996年のチェコGPと並ぶ史上1位タイの僅少差。1位から4位のタイム差0.864秒も史上3位。
    過去の僅少差記録は末尾参照。
  • A.Eliasが3クラス優勝を達成。3クラス優勝は今季中国GPで達成したD.Pedrosaに次いで史上31人目の快挙。スペイン人としてもD.Pedrosaに次いで3人目。
  • V.Rossiが6年連続シーズン4回のPPを記録。これは92年から98年にかけて7年連続で記録したM.Doohnaに次ぐ史上2位の記録。3位はF.Spencerの4年連続(82-85年)。4位はK.Schwantz(89-91年)、M.Biaggi(00-02年)、B.Sheene(75-77年)の3人が記録した3年連続。
  • 年間優勝数で、現在5勝しているV.Rossiに対し、2勝差で追うM.MelandriとL.Capirossiの2人が逆転不可能となったことで、V.Rossiの6年連続シーズン最多勝が確定。これはM.Hailwood(62-67年)と並ぶ史上2位タイ記録。1位はG.Agostiniの7年連続(66-72年)。4位はM.Doohanの5年連続(94-98年)。
    ちなみに、66年、67年はHailwoodとAgostiniの優勝が同じ。なので単独記録だけで考えると、Rossiは新記録達成ということになる。
  • V.Rossiが7年連続表彰台二桁を記録して、自己の持つ連続二桁表彰台シーズンの史上1位記録を更新した。2位はM.Doohanの5年連続(94-98年)。3位はE.Lawsonの4年連続(86-89年)。4位タイはG.Agostini(68-70年)とW.Rainey(89-91年)の3年連続。
    もっとも、年間GP数が今よりずっと少なかった昔と比べるのは不公平かもね。
  • V.Rossiが表彰台回数でも年間トップ(タイ)を確定し、これで7年連続で年間最多表彰台を記録。これなら昔と比べても不公平じゃないね。ただしこちらの記録は新記録じゃなくて、G.Agostini(66-72年)と並ぶ1位タイ記録。3位タイはM.Hailwood(61-65年)とM.Doohan(94-98年)の5年連続。
  • Ilmorが初出場で初ポイント獲得。最高峰クラスでのポイント獲得メーカーは、昨年のBlata以来、えーと・・・、何メーカー目だろう? 泡沫メーカーがたくさんありすぎて数えるの大変なのでパス・・・。
  • タマヤンが去年の日本GP以来22戦ぶりのトップ5フィニッシュ! 嬉しいけどなんか哀しい・・・
  • G.Mocyが2003年のオーストラリアGP以来3年ぶりのポイント獲得。おかえり!


b0039141_3234154.jpg

なんかトリック・アートのような
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    250cc Class

    ポールポジション
  • R.Locatelliが250ccクラス初のPP獲得。250ccクラスのPP獲得は、今季フランスGPのA.Doviziosoに次いで史上83人目。イタリア人としてもA.Doviziosoに次いで16人目。
    PP1回はJ.McWilliams、J.Fuchs、青木宣篤ら26人と並ぶクラス歴代57位タイ。同47位タイのH.Barbera。A.Dovizioso、宇川徹ら10人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Apriliaが8戦連続となる今季トップ13回目、クラス136回目のPP獲得。クラス歴代1位記録を更新し、同2位のHondaの持つ記録「119」との差を「17」に拡大。

    優勝
  • A.DoviziosoがポルトガルGP初、今季、クラスとも2回目、GP通算7回目の優勝。
    クラス別では高橋裕紀、タディ岡田、D.D.Radiguesら22人と並ぶ歴代65位タイに。同53位タイの青山博一、R.Rolfo、M.Wimmerら12人が持つ記録「3」まであと「1」。
    GP通算ではH.Barbera、C.Stoner、A.Barrosら16人と並ぶ歴代79位タイに。同73位タイのK.Roberts Jr.、A.Bautistaら6人が持つ記録「8」まであと「1」。
  • Hondaが今季4回目、クラス201回目、GP通算607回目(※参考。同日優勝したMotoGPクラスと合わせた数字)の優勝。クラス別、GP通算ともにダントツ歴代1位の史上最多記録を更新。
    クラス別では同2位のYamahaの持つ記録「164」との差を「37」に拡大。
    GP通算でも同2位のYamahaの持つ記録「430」との差を「187」に拡大。


b0039141_324250.jpg

すっかりオレンジ色が板についてきたと思ってたけど、来季はライムグリーン?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


    表彰台
  • A.DoviziosoとA.De Angelisがともにクラス16回目の表彰台獲得。J.Kocinski、D.Sarronら5人と並ぶクラス歴代37位タイに。同35位タイのJ.Lorenzo、B.Ivyが持つ記録「17」まであと「1」。
  • 青山博一が今季7回目、クラス14回目の表彰台獲得。タディ岡田、G.Hansfordと並ぶクラス歴代48位タイに。同44位タイのD.Romboni、R.Roth、C.Sarron、R.Pasoliniが持つ記録「15」まであと「1」。

    ファステストラップ
  • 青山博一が2戦連続、今季トップタイの4回目、クラス5回目のFLを記録。A.Dovizioso、H.Bradlら8人と並ぶクラス歴代37位タイに。同33位タイのF.Spencer様、M.Poggiali、T.Elias、W.Haasが持つ記録「6」まであと「1」。
  • KTMがクラス5回目のFLを記録。Mondialを抜いて、クラス歴代単独12位に。同11位のMZの持つ記録「8」まであと「3」。

    チャンピオンシップ
  • ライダーズ・ポイント・ランキング首位のJ.Lorenzoと同2位のDoviziosoのポイント差が「13」に縮小。でも次のポルトガルGPでJ.Lorenzoが4位以上でフィニッシュすれば、A.Doviziosoの順位に関係なく初タイトル確定。

    Notes
  • A.De Angelisはとうとう1勝もできないまま表彰台は二桁に到達。優勝なしで表彰台二桁は、1991年のC.Cardus以来15年ぶり、史上2人目の珍記録。なんか哀しい・・・


b0039141_3242823.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!UK&IRELAND


    125cc Class

    ポールポジション
  • A.Bautistaが今季トップ、クラス7回目のPP獲得。R.Tormoと並ぶクラス歴代18位タイに。同15位のD.Raudies、M.Poggiali、G.Bertinが持つ記録「8」まであと「1」。

    優勝
  • A.Bautistaが今季トップ、クラス、GP通算ともに8回目の優勝。
    クラス別ではD.Pedrosa、L.Capirossi、E.Degnerと並ぶクラス歴代23位タイに。同18位タイの青木治親、A.Vincentら5人が持つ記録「9」まであと「1」。
    GP通算ではK.RobertsJr.、L.Grahamら5人と並ぶ歴代73位タイに。同66位タイの青木治親、S.Gibernau、R.Locatelliら6人が持つ記録「9」まであと「1」。
  • Apriliaが今季トップ11回目、クラス89回目、GP通算207回目(※参考)の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「164」まであと「75」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「67」。

    ファステストラップ
  • A.Bautistaが今季トップの7回目、クラス9回目のFLを記録。V.Rossi、宇井陽一、D.Raudiesと並ぶクラス歴代15位タイに。同13位タイのL.Cecchinello、E.Gianolaが持つ記録「10」まであと「1」。

    Notes
  • A.Bautistaの125ccクラス・シーズン8勝という記録は史上5位タイ記録。最終戦でもう1勝すると、チーム・オーナーであるJ.“Aspar”Martinezと並んで史上3位タイになる。
    ちなみに125ccクラスのシーズン最多記録は1997年にV.Rossiが達成した11勝。

※ 記録は全てOretch独自集計なので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は1974年以降のみ。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。

b0039141_3251375.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!UK&IRELAND






最終戦でチャンピオンが決まったシーズン一覧

年     チャンピオン  ライバル       一言
-------------------------------------------------------
1950年 U.Masetti   G.Duke      初の最終戦決戦
1952年 U.Masetti   L.Graham    三つ巴を制して2度目の戴冠
1966年 G.Agostini   M.Hailwood   新旧神対決を制したアゴ初王座
1967年 G.Agostini   M.Hailwood   2年連続神対決を制してアゴ王朝確立
1975年 G.Agostini   P.Read      犬猿の相手を破ってアゴ最後の戴冠
1978年 K.Roberts Sr. B.Sheene    新大陸からやってきた脅威の王者誕生
1979年 K.Roberts Sr. V.Ferrari     スズキ軍団の包囲網を突破してV2
1980年 K.Roberts Sr. R.Mamola    三度スズキ軍団を破りキングの名は不滅に
1981年 M.Lucchinelli R.Mamola     伊達男王者はレコードデビューで大フィーバー
1983年 F.Spencer    K.Roberts Sr.  WGP史上最高の戦い
1989年 E.Lawson    W.Rainey     史上初の異メーカーでの連覇
1992年 W.Rainey    M.Doohan     史上最大の逆転劇でV3達成
1993年 K.Schwantz  W.Rainey     ライバル負傷による涙の初戴冠
2006年 ?         ?

b0039141_329737.jpg

ヘイデンの肩に置いた手に、すでに逆転を確信していただろうロッシの余裕を感じる
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com



最高峰クラスの1位と2位の最少タイム差記録 ベスト10

順位 タイム差 開催年 GP (1)位 (2)位 @サーキット
-------------------------------------------------------------
1位 0.002秒 1996年 チェコGP (1) A.Criville (2) M.Doohan @Brno
1位 0.002秒 2006年 ポルトガルGP (1) T.Elias (2) V.Rossi @Estoril
3位 0.000秒* 1975年 オランダGP (1) B.Sheene (2) G.Agostini @Assen
4位 0.013秒 2001年 オーストラリアGP (1) V.Rossi (2) M.Biaggi @Phillip Island
5位 0.016秒 1991年 ドイツGP (1) K.Schwantz (2) W.Rainey @Hockenheim
6位 0.030秒 1979年 イギリスGP (1) K.Roberts Sr. (2) B.Sheene @Silverstone
6位 0.030秒 1985年 オーストリアGP (1) F.Spencer (2) E.Lawson @Salzburgring
8位 0.042秒 2003年 チェコGP (1) V.Rossi (2) S.Gibernau @Brno
9位 0.050秒 1978年 スウェーデンGP (1) B.Sheene (2) W.Hartog @Karlskoga
10位 0.057秒 1992年 ヨーロッパGP (1) W.Rainey (2) M.Doohan @Catalunya

3位の75年オランダGPは、記録上のタイム差は1000分の1秒まで「0」ということになっているけど、当時は100分の1秒単位でしか計測していなかった(はずだ)し、また、写真判定技術も現在に比べて劣っていたにも関わらず明確に順位付けできたということは、少なくとも今回のポルトガルGPや96年のチェコGPのように、見た目では順位が分からないほど接近していたわけではな無かったのではないか? ということで、ここでは3位とした。

オレッチが記憶のある中で一番接戦だったのは、第1位にもなってる96年チェコGP。真夜中に大絶叫したのがつい昨日のようだ。
印象深いのは、シュワンツの鬼ブレーキが伝説として語り継がれている5位の91年ドイツGP。
6位のオーストリアGPはこの中ではちょっと異色。このレースは降雨赤旗中断で2ヒート制になって、第2ヒートはローソンが制したもの、第1ヒートを制したスペンサーが合計タイムでかろうじてトップを守ったレースだった。敗れたローソンは相当悔しかったらしくて、表彰台で、満面の笑みのフレディーの横で憮然とした表情で突っ立ってた写真をよく憶えてる(当時はTV放送無かったからねぇ)。
6位の79年イギリスGPは、新旧スターのスペクタクルなバトルが繰り広げられたレースとして、ヨーロッパのファンの間では伝説として今も広く語り継がれているとか。


最高峰クラスの1位から4位の最少タイム差記録 ベスト5

順位 タイム差 開催年 GP 順位(1)位~(4)位
-------------------------------------------------------------
 1位 0.307秒 2006年 ドイツGP ザクセンリンク
            (1)V.Rossi (2)M.Melandri (3)N.Hayden (4)D.Pedrosa
 2位 0.426秒 2000年 オーストラリアGP フィリップアイランド
            (1)M.Biaggi (2)L.Capirossi (3)V.Rossi (4)A.Barros
 3位 0.864秒 2006年 ポルトガルGP エストリル
            (1)T.Elias (2)V.Rossi (3)K.Roberts Jr. (4)C.Edwards
 4位 1.176秒 2001年 日本GP 鈴鹿
            (1)V.Rossi (2)G.McCoy (3)M.Biaggi (4)ノリック阿部
 5位 1.231秒 2001年 ダッチTT アッセン
            (1)M.Biaggi (2)V.Rossi (3)L.Capirossi (4)A.Barros
 
※ 僅少差記録はHonda Motor Co.及びGazetta dello sportoのデータベースを使って調べた。両者で記録に違いがあった場合は、3位以降とのタイム差などから判断して、正しい可能性がより高い方の記録を採用した。


b0039141_3254635.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ESPANA

[PR]
by oretch | 2006-10-23 01:14 | MotoGP

<< 【MotoGP】第16戦 ポル... 【F1】第17戦 日本GP 結果 >>