2006年 11月 10日
【MotoGP】2006年 シーズン結果
3人の新チャンピオン誕生で新しい時代の幕が開くのかしら?


b0039141_055210.jpg

Photo @ CRASHNET / Yahoo!ITALIA
シーズン開幕前までは、今年もやっぱりロッシ中心のシーズンになると思っていた。
ところが・・・・


b0039141_184285.jpg

Photo @ fastblend / SUPERBIKEPLANET
思いがけない不運が次々と王者に襲い掛かる予想外の展開。
バッドラックに蝕まれた王者に猛然と襲い掛かったのは、
かつてのチームメイト、ヘイデンだった。



FIM Road Racing World Championship 2006 Season Classification

■ MotoGP Class

[ Rider ]


[Rank] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Points
-------------------------------------------------------------
[ 1] 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol; MI     252 pts
[ 2] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI    247 pts
[ 3] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS   229 pts
[ 4] 33 Marco Meladnri (ITA) Honda; Fortuna; MI    228 pts
[ 5] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI     215 pts
[ 6] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI  134 pts
[ 7]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; Camel; MI    124 pts
[ 8] 27 Casey Stoner (AUS) Honda; LCR; MI       119 pts
[ 9] 24 Toni Elias (ESP) Honda; Fortuna; MI        116 pts
[10] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS       116 pts
[11] 71 Chris Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS     98 pts
[12]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR; MI        96 pts
[13] 15 Sete Gibernau (ESP) Ducati; Marlboro; BS    95 pts
[14] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS     92 pts
[15]  7 Carlos Checa (ESP) Yamaha; Tech3; DL      75 pts
[16] 17 Randy De Puniet (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS   37 pts
[17] 66 Alex Hofmann (GER) Ducati; d’Antin; DL     30 pts
[18] 77 James Ellison (GBR) Yamaha; Tech3; DL     26 pts
[19] 12 Troy Bayliss (AUS) Ducati; Marlboro; BS      25 pts
[20] 30 Jose Luis Cardoso (ESP) Ducati; d’Antin; DL  10 pts
[21] 64 Kousuke Akiyoshi (JPN) Suzuki; Suzuki; BS    3 pts
[22]  8 Garry McCoy (AUS) Ilmor; Ilmor; MI          2 pts
[ -] 22 Ivan Silva (ESP) Ducati; Marlboro; BS         0 pts
[ -]  8 Naoki Matsudo (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS      0 pt

b0039141_120719.jpg

Photo @ Repsol YPF Media / motorsport.com
ついにロッシが止まった。ヘイデン、念願の初戴冠。未完の大器が遂に完成した?






[Constructor]

[Rank] # Constructor;   Points
--------------------------------------------------------
[ 1] Honda          360 pts
[ 2] Yamaha         289 pts
[ 3] Ducati           248 pts
[ 4] Suzuki          151 pts
[ 5] Roberets(KR211V) 134 pts
[ 6] Kawasaki         109 pts
[ 7] Ilmor             2 pts

[Team]

[Rank] # Team;          Points
--------------------------------------------------------
[ 1] Repsol Honda Team    467 pts
[ 2] Camel Yamaha Team   371 pts
[ 3] Ducati Marlboro Team  356 pts
[ 4] Fortuna Honda        344 pts
[ 5] Rizla Suzuki MotoGP    214 pts
[ 6] Team Roberts         134 pts
[ 7] Kawasaki Racing Team 129 pts
[ 8] Honda LCR           119 pts
[ 9] Tech3 Yamaha        101 pts
[10] Konica Minolta Honda    96 pts
[11] Pramac d’Antin MotoGP  33 pts


b0039141_149497.jpg

Photo @ ANSA / Gazzetta Dell Sport
ペドロサ、エリアス、ストーナーら若いパワーが大活躍したのも今シーズの特徴。



■ 250cc Class

[Rider]


[Rank] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Points
-------------------------------------------------------------
[ 1] 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna       289 pts
[ 2] 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest  272 pts
[ 3]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar        228 pts
[ 4]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull        193 pts
[ 5] 15 Roberto Locatelli (ITA) Aprilia; Toth        191 pts
[ 6] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest    156 pts
[ 7] 80 Hector Barbera (ESP) Aprilia; Fortuna      152 pts
[ 8] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol        99 pts
[ 9] 50 Sylvain Guintoli (FRA) Aprilia; France-Scrab   96 pts
[10] 58 Marco Simoncelli (ITA) Gilera; Metis         92 pts
[25] 86 Ryuji Yokoe (JPN) Yamaha; Morinokumasan    8 pts
[30] 89 Seijin Oikawa (JPN) Yamaha; Will Access      3 pts
[31] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella      3 pts
[ -] 88 Youichi Ui (JPN) Yamaha; Pro-Tech           0 pt
[ -] 93 Kouki Takahashi (JPN) Honda; DyDo MIU      0 pt
[ -] 20 Takumi Takahashi (JPN) Honda; Burning       0 pt

[Constructor]

[Rank] # Constructor;   Points
--------------------------------------------------------
[ 1] Aprilia      327 pts
[ 2] Honda      290 pts
[ 3] KTM        205 pts
[ 4] Gilera        92 pts
[ 5] Yamaha       8 pts


b0039141_215696.jpg

Photo @ CRASHNET / Yahoo!ITALIA
250ccクラスはロレンツォとドビチオーゾの戦いを軸に展開。
スピードに勝るロレンツォが記録的な活躍で念願のタイトルを初ゲット



■ 125cc Class

[Rider]


[Rank] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Points
-------------------------------------------------------------
[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar       338 pts
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull           262 pts
[ 3] 55 Hector Faubel (ESP) Aprilia; Aspar        197 pts
[ 4] 75 Mattia Pasini (ITA) Aprilia; Aspar          192 pts
[ 5] 33 Sergio Gadea (ESP) Aprilia; Aspar         160 pts
[ 6] 52 Lukas Pesek (CZE) Derbi; Derbi          154 pts
[ 7] 14 Gabor Talmacsi (HUN) Honda; Humangest  119 pts
[ 8]  1 Thomas Luthi (SUI) Honda; Elit Café-Latte 113 pts
[ 9] 60 Julian Simon (ESP) KTM; Red Bull          97 pts
[10]  6 Juan Olive (ESP) Aprilia; SSM Racing       85 pts
[15] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) Malaguti; Ajo     49 pts
[29] 90 Hiroaki Kuzuhara (JPN) Aprilia; WTR        1 pt
[ -] 50 Hiroomi Iwata (JPN) Honda; Plus One       0 pt
[ -] 48 Toshihisa Kuzuhara (JPN) Honda; S-way    0 pt
[ -] 51 Iori Namihira (JPN) Honda; Suzuka         0 pt
[ -] 49 Kazuma Watanabe (JPN) Honda; Humangest 0 pt
[ -] 47 Shouya Tomizawa (JPN) Honda; FRS        0 pt
[ -] 73 Kazuya Otani (JPN) Malaguti; Ajo           0 pt

[Constructor]

[Rank] # Constructor;   Points
--------------------------------------------------------
[ 1] Aprilia      373 pts
[ 2] KTM        267 pts
[ 3] Honda      170 pts
[ 4] Derbi       163 pts
[ 4] Gilera        79 pts
[ 5] Malaguti      49 pts


b0039141_282116.jpg

Photo @ CRASHNET / Yahoo!ITALIA
125ccクラスの今季は、とにかくチーム・アスパーが大活躍でやりたい放題。



2006 Season Statistics and Notes

■ MotoGP Class

[Rider]

● ワールドチャンピオン; N.Hayden / 初
初チャンピオン。最高峰クラス第58代目。2001年のV.Rossiに次いで5年ぶり史上23人目。アメリカ人としては2000年のK.Roberts Jr.に次いで6年ぶり7人目、通算15回目。HondaのライダーとしてはV.Rossiに次いで7人目、通算14回目。
全クラス通算では今季のA.Bautista、J.Lorenzoに次いで史上95人目(レースのスタート時間が一番遅かったからね)。アメリカ人としては2000年のK.Roberts Jr.に次いで8人目、通算17回目。
最高峰クラスのチャンピオン1回は、K.Roberts Jr.、A.Criville、K.Schwantz、W.Gardnerら9人と並ぶクラス歴代14位タイ。同10位タイのF.Spencer、B.Sheene、P.Read、U.Masettiが持つ記録「2」まであと「1」。
全クラス通算のチャンピオン1回は、M.Melandri、T.Luthi、A.Dovizioso、片山敬済、原田哲也ら46人と並ぶ歴代49位タイ。同31位タイのカズート坂田、F.Gresini、A.Crivilleら18人が持つ記録「2」回まであと「1」。

● 年間最多ポールポジション; V.Rossi 5回 / 5年連続5回目
5年連続は、’94-‘98年に達成したM.Doohanと並ぶクラス歴代1位タイ記録。史上2人目の快挙。同3位はF.Spencer様の4年連続(’82-‘84年に記録)。
  • 通算5回はF.Spencer様(4回)を抜いてクラス歴代単独2位。同1位のM.Doohanが持つ記録「6」回まであと「1」。

    ● 年間最多優勝; V.Rossi 5勝 / 6年連続6回目
    6年連続はM.Hailwood(’62-‘67年に記録)と並ぶクラス歴代2位タイ記録。同1位のG.Agostiniが持つ記録「7」年連続(’66-‘72年に記録)まであと「1」。
    通算6回は、M.Doohan、M.Hailwoodと並ぶクラス歴代2位タイ。同1位のG.Agostiniが持つ記録「8」回まであと「2」。

  • b0039141_06115.jpg

    Photo @ Yamaha Motor Co.
    速さでは依然として別格なんだけどね。今季はもうバッドラックの一言に尽きる


    ● 年間最多ポール・トゥ・ウィン; V.Rossi、L.Capirossi、D.Pedrosa 2回
    V.Rossi / 6年連続6回目
    6年連続はクラス歴代1位タイで並んでいたM.Doohan(’94-‘98年の5年連続)を抜く新記録。同単独1位に。
    通算6回もM.Doohanと並ぶクラス歴代1位タイ記録。同3位タイのB.Sheene、F.Spencer、K.Schwantzが持つ記録「3」回との差を「3」に拡大。
    でも年2回は自己ワースト記録。
    L.Capirossi / 初
    1995年のデビュー以来、11年目にして最高峰クラス初記録(途中250ccクラスに戻った年もあったけど)。史上13人目。イタリア人としては2001年のV.Rossiに次いで3人目。
    通算1回は K.Roberts Jr.、W.Rainey、P.Readら6人と並ぶクラス歴代8位タイ。同6位タイのK.Roberts父、E.Lawsonが持つ記録「2」回まであと「1」。
    D.Pedrosa / 初
    最高峰クラス初記録。史上14人目(Pedrosaが13人目でもいいけどね)。でもデビュー年で最多記録は史上初の快挙。スペイン人としても初。
    通算1回は K.Roberts Jr.、W.Rainey、P.Readら6人と並ぶクラス歴代8位タイ。同6位タイのK.Roberts父、E.Lawsonが持つ記録「2」回まであと「1」。

    ● 年間最多表彰台; N.Hayden、V.Rossi 10回
    N.Hayden / 初
    デビュー4年目にして初記録。2000年のV.Rossiに次ぐ史上25人目。アメリカ人としては1993年のK.Schwantz以来13年ぶり7人目。
    通算1回は、A.Criville、K.Schwantz、W.Gardnerら9人と並ぶクラス歴代16位タイ。同12位タイのF.Spencer様、B.Sheene、R.Armstrong、U.Masettiが持つ記録「2」回まであと「1」。
    年10回はもちろん自己ベスト。これまでのベストは昨年の6回。
    V.Rossi /  7年連続7回目
    2000年の最高峰クラス・デビュー以来7年連続を達成。連続7回はG.Agostini(’66-‘72年に記録)と並んでクラス歴代1位、史上最多タイ記録。
    通算7回も同じくG.Agostiniと並んでクラス歴代1位の史上最多タイ記録。
    デビュー以来7年連続は前人未到の快挙、WGP新記録。
    まさに記録尽くしだけど、年10回はデビュー年の2000年と並ぶ自己ワースト・タイ記録なのよね。

    ● 年間最多ファステストラップ; L.Capirossi 5回 / 初
    最高峰クラス初記録。2004年のM.Biaggi、S.Gibernauに次ぐ史上13人目。イタリア人としてもM.Biaggi以来2年ぶり5人目。
    通算1回はS.Gibernau、M.Biaggi、W.Gardnerら8人と並ぶクラス歴代15位タイ。同11位タイのK.Schwantz、E.Lawson、B.Sheene、L.Grahamが持つ記録「2」回まであと「1」。
    年5回は自己ベスト。これまでは年1回が5シーズン。

    ● 年間最多グランドスラム(*); D.Pedrosa 2回 / 初
    最高峰クラス初記録。2001年のV.Rossiに次ぐ史上17人目。スペイン人としては1999年のA.Criville以来7年ぶり2人目。
    デビュー年での記録は1978年のK.Roberts父に次ぐ史上2人目の快挙。
    通算1回はタディ岡田、A.Criville、M.Biaggiら7人と並ぶクラス歴代10位タイ。同5位タイのK.Roberts Jr.、W.Rainey、K.Schwantzが持つ記録「2」まであと「1」。
    (*)PP、優勝。ファステストラップを3つを同時に記録すること。ハットトリックとも言う。

    b0039141_0174032.jpg

    Photo @ CRASHNET / Yahoo!ITALIA
    開幕戦の表彰台デビューは衝撃だったな。来季はいよいよタイトル獲りか?


    ● 年間最多入賞; N.Hayden、L.Capirossi、
                  M.Melandri、C.Edwards、玉田誠、C.Checa   16回

    昨年17回だったC.Edwards以外はみな自己ベスト。

    ● 年間最多リードGP(*); V.Rossi 7GP / 6年連続6回
    最高峰クラス・デビュー以来7年で6回は流石だけど自己セカンド・ワースト。
    (*)リードラップを記録したレース数

    ● 年間最多リードラップ(*); V.Rossi 113ラップ / 2年ぶり5回目。
    こちらも自己セカンド・ワースト。一番多かった2003年(219ラップ)の約半分。今季の苦戦ぶりがよく分かる。
    (*)1位で周回したラップ数

    b0039141_0193595.jpg

    Photo @ Yamaha Motor Co.
    リードしたレース数もリードしたラップも一番多かったのに、難しいね、ドクター。


    [Constructor]

    ● ワールドチャンピオン; Honda / 2年ぶり17回目
    通算17回はクラス歴代1位タイで並んでいたMV Agustaを抜く新記録。同単独1位に。現役2位のYamahaが持つ記録「10」回との差を「7」に拡大。
    全クラス通算では59回目。自身の持つブッチギリ歴代1位の記録を更新する新記録。同2位のMV Agustaが持つ記録「36」回との差を「23」に拡大。

    ● 年間最多ポールポジション; Honda 6回 / 6年連続17回
    通算17回は自身の持つクラス歴代1位記録を更新する新記録。同2位タイのYamaha、Suzukiが持つ記録「8」回との差を「9」に拡大。
    6年連続は自身が'94-‘99年に記録したのに続いて史上2度目。

    ● 年間最多優勝; Honda 8勝 / 3年ぶり18回
    通算18回はクラス歴代1位タイで並んでいたMV Agustaを抜く新記録。同単独1位に。現役2位のYamahaが持つ記録「13」回との差を「5」に拡大。

    ● 年間最多表彰台; Honda 27回 / 2年ぶり?回目

    ● 年間最多ファステストラップ; Honda 7回 / 13年連続20回
    通算20回は自身の持つクラス歴代1位記録を更新する新記録。同2位のMV Agustaが持つ記録「15」回との差を「5」に拡大。現役2位のYamaha(10回)とはダブルスコアに。
    13年連続も自身の持つクラス歴代1位記録を更新する新記録。同2位はGileraが持つ9年連続(’49-‘57年に記録)

    ● 年間最多入賞; Honda 86回

    ● 年間最多リードGP; Honda 11GP

    ● 年間最多リードラップ; Yamaha 146ラップ

    b0039141_0222550.jpg

    Photo @ CRASHNET / Yahoo!ITALIA
    この2年は悔しい思いをし続けてたからね。今年は得意満面ですな、シャチョー!


    Notes
    • 新チャンピオンN.Haydenは今季わずか2勝。これは49年のL.Graham、50年と52年のU.Masettiと並ぶ、チャンピオンの史上最少優勝回数記録。ちなみに、49年と50年は年間6戦、52年は8戦しかなかったわけだから、シーズン勝率で言えば史上最低記録。
      ま、見方を変えれば「最も効率良くチャンピオンになった」とも言える。
    • チャンピオンがシーズン最多PPを記録できなかったのは、01年のV.Rossi以来5年ぶり。(01年の最多PPはM.Biaggi)
    • チャンピオンがシーズン最多勝を記録できなかったのは、92年のW.Rainey以来14年ぶり史上5回目。
    • 新チャンピオンN.Haydenは今季P2W記録無し。チャンピオンがシーズン中にP2Wゼロ回なのは、これもやはり92年のW.Rainey以来14年ぶりで、こちらは史上2回目。(注:PP記録は74年以降のみ)
    • 今季は10年ぶりに1シーズンで3人のニューウィナーが誕生。

    b0039141_023599.jpg

    Photo @ CRASHNET / Yahoo!ITALIA
    勝ち星が少なくて悪いか!? 時代は省エネじゃ! ぶわははははは!


    ■ 250cc Class

    [Rider]

    ● ワールドチャンピオン; J.Lorenzo / 初
    初チャンピオン。250ccクラス第58代目。2004年のD.Pedrosaに次いで2年ぶり史上36人目。スペイン人としてもD.Pedrosaに次いで3人目、通算5回目。Apriliaのライダーとしては2003年のM.Poggialiに次いで3年ぶり6人目、通算8回目。全クラス通算では今季125ccクラスのA.Bautistaに次いで史上94人目。スペイン人としてもA.Bautistaに次いで10人目、通算30回目。
    250ccクラスのチャンピオン1回は、加藤大治郎、V.Rossi、J.Kocinskら11人と並ぶクラス歴代15位タイ。同7位タイのD.Pedrosa、L.Cadalora、C.Lavadoら8人が持つ記録「2」まであと「1」。
    全クラス通算のチャンピオン1回は、O.Jaqcue、C.Sarron、J.Saarinenら46人と並ぶ歴代49位タイ。同31位タイの青木治親、B.Sheene、S.Ponsら18人が持つ記録「2」回まであと「1」。

    ● 年間最多ポールポジション; J.Lorenzo 10回 / 初
    クラス初記録。2005年のD.Pedrosaに次いで史上29人目。スペイン人としてもD.Pedrosaに次ぐ4人目。
    通算1回はD.Pedrosa、T.Elias、V.Rossiら20人と並ぶクラス歴代9位タイ。同2位タイのO.Jacque、L.Capirossi、D.Sarronら7人が持つ記録「2」回まであと「1」。
    年間10回は1981年のT.Mangと並ぶクラス史上最多タイ記録。同2位はM.Biaggi他3人が記録した9回。もちろん自己ベスト。

    ● 年間最多優勝; J.Lorenzo 8勝 / 初
    クラス初記録。2005年のD.Pedrosaに次ぐ史上37人目。スペイン人としてもD.Pedrosaに次ぐ5人目。
    通算1回は、M.Melandri、中野王子、加藤大治郎、F.Spencerら19人と並ぶクラス歴代18位タイ。同7位タイのD.Pedrosa、V.Rossi、原田哲也ら11人が持つ記録「2」回まであと「1」。
    年間8勝達成は史上9人目。1995年のM.Biaggi、昨年のD.Pedrosaらと並ぶクラス歴代7位タイ記録。ちなみに同1位、史上最多記録は2001年の加藤大治郎の11勝。

    ● 年間最多ポール・トゥ・ウィン; J.Lorenzo 7回 / 初
    クラス初記録。2005年のD.Pedrosaに次ぐ史上30人目。スペイン人としてもD.Pedrosaに次ぐ5人目。
    通算1回は、D.Pedrosa、T.Elias、V.Rossi。R.Waldmannら19人と並ぶクラス歴代11位タイ。同5位タイの加藤大治郎、L.Capirossi、J.Kocinskiら6人が持つ記録「2」回まであと「1」。
    年間7回達成は史上4人目。1976年のW.Villa、1997年のM.Biaggiと並ぶクラス歴代2位タイ記録。ちなみに同1位、史上最多記録は1981年のT.Mangの9回。

    ● 年間最多表彰台; J.Lorenzo、A.Dovizioso、A.De Angelis 11回 / 初
    全員クラス初記録。2004年のD.Pedrosaに次ぐ史上46、47、48人目(誰が46で誰が47かはどうでもいいや)。
    J.Lorenzoは、スペイン人としてD.Pedrosaに次ぐ3人目。A.Doviziosoは、イタリア人としては2002年のM.Melandri以来4年ぶり13人目。A.De Angelisは、サンマリノ人として2003年のM.Poggiali以来3年ぶり2人目。
    通算1回は、R.Waldmann、L.Capirossi、J.Kocinskiら27人と並ぶクラス歴代19位タイ。同7位タイのL.Cadalora、C.Lavado、K.Ballingtonら12人が持つ記録「2」回まであと「1」。
    年11回はもちろん全員自己ベスト。

    ● 年間最多ファステストラップ; A.De Angelis 5回 / 初
    初記録。史上49人目。サンマリノ人としては2003年のM.Poggiali以来3年ぶり2人目。
    通算1回はF.Nieto、中野王子、原田哲也ら34人と並ぶ歴代15位タイ。同10位タイのD.Pedrosa、L.Carruthersら5人が持つ記録「2」回まであと「1」。
    年5回は自己ベスト。でも5回で年間最多なのは1993年以来13年ぶりの低水準。

    ● 年間最多グランドスラム; J.Lorenzo 1回 / 初

    ● 年間最多入賞; A.Dovizioso、R.Locatelli 16回
    A.Doviziosoは2年連続2回目。R.Locatelliは初。

    ● 年間最多リードGP; A.Dovizioso 12GP / 初

    ● 年間最多リードラップ; J.Lorenzo 143ラップ / 初

    b0039141_0293710.jpg

    Photo @ Associated Press / Yahoo!TALIA
    日本人ライダーも今季はよく頑張った。日本GPの青山兄の涙はグっときたね。


    [Constructor]

    ● ワールドチャンピオン; Aprilia / 3年ぶり6回
    通算6回はタイで並んでいたMV Agustaを抜いてクラス歴代単独3位。同2位のYamahaが持つ記録「14」まであと「8」。
    全クラス通算では12回目(今季の125ccクラス含む)。現在歴代5位。同4位のSuzukiが持つ記録「15」回まであと「3」。

    ● 年間最多ポールポジション; Aprilia 13回 / 2年ぶり11回

    ● 年間最多優勝; Aprilia 10勝 / 3年ぶり6回目

    ● 年間最多表彰台; Aprilia 27回

    ● 年間最多ファステストラップ; Aprlia 8回


    ■ 125cc Class

    [Rider]

    ● ワールドチャンピオン; A.Bautista / 初
    初チャンピオン。125ccクラス第58代目。昨年のT.Luthiに次いで史上37人目。スペイン人としては2003年のD.Pedrosaに次いで6人目、通算12回目。Apriliaのライダーとしては2002年のA.Vincentに次いで4年ぶり6人目、通算6回目。全クラス通算では今季の昨年のT.Luthiに次いで史上93人目。スペイン人としてはD.Pedrosaに次いで9人目、通算29回目。
    125ccクラスのチャンピオン1回は、T.Luthi、A.Dovizioso、V.Rossiら26人と並ぶクラス歴代11位タイ。同5位タイのカズート坂田、青木ハル、L.Capirossiら6人が持つ記録「2」まであと「1」。
    全クラス通算のチャンピオン1回は、O.Jaqcue、C.Sarron、J.Saarinenら46人と並ぶ歴代49位タイ。同31位タイの青木治親、B.Sheene、S.Ponsら18人が持つ記録「2」回まであと「1」。

    ● 年間最多ポールポジション; A.Bautista 8回

    ● 年間最多優勝; A.Bautista 8勝 / 初
    クラス初記録。昨年のT.Luthiに次ぐ史上46人目。スペイン人としては2003年のD.Pedrosaに次ぐ5人目。
    通算1回は、東雅雄、青木ハル、真子智巳ら36人と並ぶクラス歴代10位タイ。同6位タイの宇井陽一、K.Andersson、H.Anderson、G.Leoniが持つ記録「2」回まであと「1」。
    年間8勝達成は史上8人目。1967年のB.Ivy、1969年のD.Simmonds、1979、81年のA.Nietoと並ぶクラス歴代5位タイ記録。ちなみに同1位、史上最多記録は1997年のV.Rossiの11勝。

    ● 年間最多ポール・トゥ・ウィン; A.Bautista 5回

    ● 年間最多表彰台; A.Bautista 14回

    ● 年間最多ファステストラップ; A.Bautista 7回

    ● 年間最多グランドスラム; A.Bautista 4回

    ● 年間最多入賞; A.Bautista 16回

    [Constructor]

    ● ワールドチャンピオン; Aprilia / 2年ぶり6回目
    通算6回はクラス歴代3位。同2位のMV Agustaが持つ記録「7」まであと「1」。
    全クラス通算では12回目(今季の250ccクラス含む)。現在歴代5位。同4位のSuzukiが持つ記録「15」回まであと「3」。

    ● 年間最多ポールポジション; Aprilia 10回

    ● 年間最多優勝; Aprilia 12勝
    V.Rossiが大活躍で年間11勝した1997年を上回る自己ベスト。

    ● 年間最多表彰台; Aprilia 30回

    ● 年間最多ファステストラップ; Aprlia 14回

    Notes
    • A.Bautistaが年間最多賞を完全独占。最高峰クラスのN.Haydenとは好対照ね。



    b0039141_0344647.jpg

    Photo @ CRASHNET / Yahoo!TALIA
    ガールズ・オブ・ザ・イヤーはもうこちらのオネエさん方に決まりでしょ。


    ※記録は全て色んな資料をもとにOretchが集計したものなので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
    ※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
    ※ PP記録は1974年以降のみ。
    ※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
    ※ サイドカークラスは対象外。
    [PR]
    by oretch | 2006-11-10 23:09 | MotoGP

    << 【F1】第18戦 ブラジルGP 結果 【MotoGP】第17戦 バレ... >>