2006年 11月 13日
【F1】2006年 シーズン結果
王位継承。

b0039141_1432461.jpg

Photo © Ferrari SpA
開幕前は、まさかここまで面白いシーズンになるとは予想してなかった。


b0039141_231359.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA
シーズン序盤のスタート奪取に成功したアロンソを、タイトル奪還に燃える皇帝が追う。
思えば開幕戦から最終戦まで、ずーっとこの構図のままだったんだよね。



FIA Formula 1 World Championship 2006 Season Classification

Drivers Championship Classification

[Rank] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Points
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI      134 pts
[ 2]  5 Michael Scuhmacher (GER); Ferrari 248F1; BS  121 pts
[ 3]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS         80 pts
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI      72 pts
[ 5]  3 Kimi Räikkönen (FIN); McLaren MP4-21; MI      65 pts
[ 6] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI         56 pts
[ 7] 11 Ruberns Barrichello (BRA); Honda RA106; MI    30 pts
[ 8]  4 Juan Pablo Montoya (COL); McLaren MP4-21; MI 26 pts
[ 9] 16 Nick Heidfeld (GER); Sauber BMW F1.06; MI     23 pts
[10]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota TF106; BS      20 pts
[11]  4 Pedro De La Rosa (GER); McLaren MP4-21; MI   19 pts
[12]  8 Jarno Trulli (ITA); Toyota TF106; BS           15 pts
[13] 14 David Coulthard (GBR); Red Bull RB2; MI       14 pts
[14]  9 Mark Webber (AUS); Williams FW28; BS         7 pts
[15] 17 Jacque Villeneuve (CAN); Sauber BMW F1.06; MI  7 pts
[16] 17 Robert Kubica (POL); Sauber BMW F1.06; MI     6 pts
[17] 10 Nico Rosberg (GER); Williams FW28; BS         4 pts
[18] 15 Christian Klien (AUT); Red Bull RB2; MI          2 pts
[19] 20 Vitantonio Liuzzi (ITA); Toro Rosso STR01; BS    1 pt
[20] 21 Scott Speed (USA); Toro Rosso STR01; BS       0 pt
[21] 18 Tiago Monteiro (POR); Midland/Spyker M16; BS   0 pt
[22] 19 Christijan Albers (NED); Midland/Spyker MF1; BS  0 pt
[23] 22 Takuma Sato (JPN); Super Aguri SA06; BS       0 pt
[24] 15 Robert Doornbos (NED); Red Bull RB2; MI        0 pts
[25] 23 Yuji Ide (JPN); Super Aguri SA05; BS            0 pt
[26] 23 Sakon Yamamoto (JPN); Super Aguri SA05; BS    0 pt
[27] 23 Franck Montagny (FRA); Super Aguri SA05; BS    0 pt

b0039141_1552973.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



Constructors Championship Classification

[Rank] # Constructor;               Points
-------------------------------------------------------------
[ 1] Mild Seven Renault F1 Team       206 pts
[ 2] Scuderia Ferrari Marlboro         201 pts
[ 3] Team McLaren Mercedes          110 pts
[ 4] Lucky Strike Honda Racing F1 Team  86 pts
[ 5] BMW Sauber F1 Team             36 pts
[ 6] Panasonic Toyota Racing           35 pts
[ 7] Red Bull Racing                   16 pts
[ 8] Williams F1 Team                 11 pts
[ 9] Scuderia Toro Rosso               1 pt
[10] Midland F1 / Spyker MF1 Team       0 pt
[11] Super Aguri Formula 1              0 pt

b0039141_1565675.jpg

Photo © DPPI / www.F1-Live.com




Statistics and Notes

[Driver]

● ワールドチャンピオン; F.Alonso / 2年連続2回目
通算2回はA.Ascari('52、’53)、J.Clark('63、’65)、G.Hill('62、’68)、E.Fittipaldi('72、’74)、M.Hakkinen('98、’99)と並ぶ歴代9位タイ。同4位タイのJ.Brabham('59、'60、’66)、J.Stewart(’69、'71、’73)、N.Lauda('75、'77、’84)、N.Piquet('81、'83、’87)、A.Senna('88、'90、’91)が持つ記録「3」まであと「1」。
2年連続は、1999年のM.Hakkinenに続いて史上8人目。スペイン人として初。
昨年の初戴冠に続いて、もちろん2年連続戴冠も史上最年少記録ナリ。
来季は史上3人目の3連覇への挑戦となる。

● 年間最多ポールポジション; F.Alonso 6回 / 2年連続2回目
通算2回はM.Hakkinen、D.Hill(’96)、N.Mansell(’92)ら11人と並ぶ歴代6位タイ。同5位のR.Arnouxが持つ記録「4」まであと「2」。
年間6回は昨年と並ぶ自己ベストタイ。

● 年間最多優勝; F.Alonso、M.Schumacher 7勝
F.Alonso / 2年連続2回目
通算2回はM.Hakkinen、E.Fittipaldi、A.Ascariら6人と並ぶ歴代10位タイ。同7位タイのN.Mansell、J.Brabham、S.Mossが持つ記録「3」まであと「1」。
年間7勝は昨年と並ぶ自己ベストタイ。
M.Schumacher / 2年ぶり8回目
通算8回は自身の持つ歴代1位記録を更新して、史上最多記録。同2位タイのJ-M.Fangio('51、’54-‘57)、A.Prost('85、'86、'89、’93)が持つ記録「6」との差を「2」に拡大。でも、もうM.Schumacherによってこれ以上更新されることはない・・・
残された現役の中の1位は通算2回のF.Alonso。

b0039141_1594519.jpg

Photo © Response


● 年間最多ポール・トゥ・ウィン; F.Alonso 4回 / 2年連続2回目
通算2回はM.Hakkinen、D.Hill、N.Piquetら12人と並ぶ歴代7位タイ。同6位のN.Mansellが持つ記録「3」まであと「1」。
年間4回は昨年と並ぶ自己ベストタイ。

● 年間最多表彰台; F.Alonso 14回 / 2年連続2回目
通算2回はM.Hakkinen、J.Villeneuve(’97)、A.Sennaら7人と並ぶ歴代9位タイ。同5位タイのN.Piquet、E.Fittipaldi、J.Stewart、G.Hillが持つ記録「3」まであと「1」。

b0039141_205884.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


● 年間最多ファステストラップ; M.Schumacher 7回 / 2年ぶり7回目
通算7回は自身の持つ歴代1位記録を更新して、史上最多記録。同2位タイのA.Prost、J.Clark、J-M.Fangioが持つ記録「5」との差を「2」に拡大。でも、もうM.Schumacherによってこれ以上更新されることはない・・・
残された現役の中の1位は通算1回のK.RaikkonenとR.Schumacher。

● 年間最多グランドスラム(*); M.Schumacher 2回 / 2年ぶり6回目
通算6回はA.Prostと並ぶ歴代1位タイ。同2位タイのJ-M.Fangio、J.Clarkが持つ記録「5」との差を「1」に拡大。でも、もうM.Schumacherによってこれ以上更新されることはない・・・
残された現役の中の1位は・・・・、って該当者無しだった。
(*)PP、優勝。ファステストラップを3つを同時に記録すること。ハットトリックとも言う。

b0039141_2113128.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


● 年間最多入賞; F.Alonso、M.Schumacher 16回
F.Alonsoは2年連続2回目。年間16回は昨年と並ぶ自己ベストタイ。
M.Schumacherは2年ぶり7回目(全戦ポイント剥奪された97年含む)。

● 年間最多リードGP(*); F.Alonso 15回 / 初
スペイン人として初。もちろん自己ベスト。
(*)リードラップを記録したレース数

● 年間最多リードラップ(*); F.Alonso 463ラップ / 初
スペイン人として初。もちろん自己ベスト。
(*)1位で周回したラップ数

b0039141_2134730.jpg

Photo © DPPI / www.F1-Live.com



[Constructor]

● ワールドチャンピオン; Mild Seven Renault F1 Team / 2年連続2回目
通算2回はCooper('59、’60)、Brabham('66、’67)と並ぶ歴代5位タイ。同4位のLotus('63、’65、'68、’70、'72、’73、’78)が持つ記録「7」まであと「5」。ちなみに前身のBenetton(’95)時代と合わせると、通算3回で歴代単独5位に。
2年連続は、1985年のMcLaren('74、’84、'85、’88、'89、’90、’91、’98)に続いて史上7チーム目。フランス系チームとしても初。

b0039141_2224612.jpg

Photo © DPPI / www.F1-Live.com


● 年間最多ポールポジション; Renault、Ferrari 7回
Renault / 2年連続6回目
通算6回は歴代5位。同3位タイのMcLanen、Williams('80、’81、'86、’87、'92、’93、’94、’96、’97)が持つ記録「7」まであと「1」。ちなみに前身のBenetton時代と合わせると、通算7回で歴代3位タイに。
Ferrari / 2年ぶり15回目
通算15回は自身の持つ歴代1位記録を更新して、史上最多記録。同2位のLotusが持つ記録「11」との差を「4」に拡大。

● 年間最多優勝; Ferrari 9勝 / 2年ぶり16回目
通算16回は自身の持つ歴代1位記録を更新して、史上最多記録。同2位のMcLarenが持つ記録「11」との差を「5」に拡大。

● 年間最多表彰台; Renault、Ferrari 19回
Renaultは2年連続、Ferrariは2年ぶり。

● 年間最多ファステストラップ; Ferrari 9回 / 2年ぶり18回目
通算18回は自身の持つ歴代1位記録を更新して、史上最多記録。同2位のWilliamsが持つ記録「12」との差を「6」に拡大。

b0039141_2211723.jpg

Photo © Ferrari SpA.


● 年間最多入賞; Renault 32回

● 年間最多リードGP; Renault 15回

● 年間最多リードラップ; Renault、Ferrari 520ラップ

b0039141_222892.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Notes
  • Williamsの今季のランク8位は、9位だったデビュー年の1975年と1978年に次ぐワースト記録。復活はあるのか?
  • McLarenは1996年以来10年ぶり、通算9回目の未勝利に終わった。復活はあるのか?

※記録は全て色んな資料をもとにOretchが集計したものなので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)のものを含む。
※各コンストラクターの記録は買収された前身時代を含まない。
※FLはファステストラップのこと。
※ドライバー名の後ろの( )内はチャンピオン獲得年


b0039141_2235494.jpg

Photo © Ferrari SpA.

[PR]
by oretch | 2006-11-13 01:29 | F1

<< 【MotoGP・WRC】ロッシ... 【F1】第18戦 ブラジルGP 結果 >>