2007年 01月 17日
~追悼~ CSよ、お前もか・・・
WGPという世界があることを最初に教えてくれた「CYCLE WORLD」。

GPライダーへの憧れの思いを掻き立ててくれた「RACING HEROES」。

美しい写真と解説でオタク心を満たしてくれた「GRAND PRIX ILLUSTRATED」。


これらの雑誌を通して、オレッチは一人前のWGPファンになることができた。
ただ哀しいかな、いずれも今はもう廃刊となってしまった。
※ 「GP ILLUSTRATED」誌は月刊が廃刊になり、現在は年鑑として継続中

そしてまたここに一誌、WGPのTV放送開始以前から、はるかヨーロッパからWGPの貴重な情報を我々ファンに提供し続けてきてくれた老舗が、その幕を閉じることになった。


b0039141_124876.jpg

(C) 株式会社ジック・CSルーム
http://www.cyclesounds.co.jp/ より



え゙え゙え゙え゙え゙え゙え゙え゙!!!



マジかよっ!?



2輪ファンたちの間ではもう1ヶ月も前に話題になっていたみたいね。でもオレッチは今日始めて知ってメチャクチャ驚いた。

「廃刊」ではなく「休刊」としているけども、もう復活の見込みは無いというのが実際のところだろう。

これでもう有力誌はRS誌とRC誌くらいになってしまった。雑誌不況とは言え、2輪雑誌のこの凋落ぶりはどういうことだろう?
世界的にはこれだけMotoGP人気が盛り上がってるのに、なんなんだよこの日本の状況は!?

メディアの力不足も原因のひとつと考えれば、今回の休刊もある意味で自業自得なのかもしれないけど、どうにもこうにも残念で残念で残念でならない。

まぁ、実はここ数年は全然オレッチもCS買ってなかったので、あまりエラそうには書けないのだけども。

それにしても、返す返すも残念だ。


b0039141_136483.jpg

真ん中の『'89グランプリ総集編』が、オレッチの持ってる一番古いCS誌。
左隣は月刊誌時代の「GRAND PRIX ILLUSTRATED」誌。
右は「CYCLE WORLD」誌の別冊の年鑑、『GRAND PRIX SCENE』1984年版。



さようなら、「CYCLE SOUNDS」。

オレッチの心の中で、そのレーシングマインドを伝えるSOUNDは、
永遠に鳴り響き続けることだろう・・・



なんちゃって(笑)




結婚した直後に、それまで10ウン年間にわたってストックしてた2輪レース専門誌の大半を捨ててしまった。「Cycle World」誌、「Racing Hero」誌、「Grand Prix Illustrated」誌、「RIDING SPORT」誌、そしてもちろん「CYCLE SOUNDS」誌。そのほか関連書籍も含めて、ざっと200冊くらいはあったと思う。
今となっては猛烈に後悔している。
なんであんなことしちゃったんだろう・・・・ ○| ̄|_
[PR]
by oretch | 2007-01-17 01:53 | MotoGP

<< 開店休業中 格差社会の実例 >>