2007年 05月 15日
【MotoGP】第3戦 トルコGP 結果
ロッシどうした!? ダニなんてこった! ところでヘイデンはどこ行った?

b0039141_0315273.jpg

抜群のトップ・スピードを活かして1周目にトップに立つとそのままフィニッシュ。
ストーナー+ドゥカ+BSの速さはホンモノですわ
Photo © Ducati Course / Motorsport.com


b0039141_0351024.jpg

今季2勝目。ストーナー大ブレイク!
Photo © CRASHNET / Yahooo!ITALIA



GRAND PRIX OF TURKEY
@ Istanbull ; 22th April 2007


■ MotoGP Race Result

Final Classification : 22Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS   42’02.850 ( 4)
[ 2] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini; BS          +6.207 (10)
[ 3] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS     +8.102 ( 5)
[ 4]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac; BS        +8.135 (13)
[ 5] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS     +8.289 (14)
[ 6] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS       +10.186( 7)
[ 7]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol; MI      +10.239 ( 6)
[ 8] 14 Randy DE PUNIET (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS  +14.734 ( 8)
[ 9] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS     +16.042 (17)
[10] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI     +18.999 ( 1)
[11] 71 Chrsi VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS    +26.249( 9)
[12]  7 Carlos CHECA (ESP) Honda; LCR; MI         +29.546 (16)
[13] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI        +36.922 (12)
[14]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL   +38.540 (15)
[15] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL  +39.337 (19)

Pole Position
 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI  1'52.795

Fastest Lap
 71 Chrsi VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS  1'54.026 @ Lap21

Event Max Speed
 27 Casey STONER (AUS) Ducati  301.2km/h @ Practice3

Race Leader Sequence
 Lap 1 27 Casey STONER; Ducati

b0039141_0381159.jpg

PPからスタートしたロッシはタイヤ・トラブルでずるずると後退。
結局10位に沈んで、ポイント・リーダーの座もストーナーに明渡した。どうしたヴァレ?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 250cc Race Result

Final Classification : 20Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot   39’31.153 ( 1)
[ 2] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna       +0.103 ( 2)
[ 3] 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia; Aspar       +0.318 ( 3)
[16] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol    +1’28.469 (12)
[NC]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull      +16Laps ( 9)
[NC] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella  +18Laps (23)
[NC] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Humangest  +19Laps (11)

Pole Position
 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot  1'57.473

Fastest Lap
 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot  1'57.815 @ Lap 14

Event Max Speed
 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia  270.1km/h @ Race

b0039141_0415160.jpg

ドビがようやく一矢報いて今季初優勝。日本勢は・・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 125cc Race Result

Final Classification : 19Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 24 Simone CORSI (ITA) Aprilia; Skilled     40’03.557 ( 3)
[ 2]  6 Joan OLIVE (ESP) Aprilia; Polaris         +0.098 ( 7)
[ 3] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull    +1.943 ( 6)

Pole Position
 12 Mattia PASINI (ITA) Aprilia; Polaris  2'04.722

Fastest Lap
 35 R.DE ROSA (ITA) Aprilia; Multimedia  2'05.217 @ Lap 2

Event Max Speed
 35 Raffaele DE ROSA (ITA) Aprilia  230.1km/h @ Race

b0039141_0432251.jpg

コヤマックスがようやく表彰台ゲット! おめでとーーー!!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



b0039141_0462429.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA






■ Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro - 61pts.
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT - 51pts. (-10)
[ 3] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol - 36pts. (-25)
[ 4] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini - 35pts. (-26)
[ 5] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini - 30pts. (-31)
[ 6]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT - 26pts. (-35)
[ 7]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol - 26pts. (-35)
[ 8]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac - 25pts. (-36)
[ 9] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla - 23pts. (-38)
[10] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla - 21pts. (-40)
[12] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JIR - 15pts. (-46)
[17]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop - 4pt. (-57)

MotoGP Constructor

[ 1] Ducati - 61pts.
[ 2] Honda - 56pts. (-5)
[ 3] Yamaha - 51pts. (-10)
[ 4] Suzuki - 30pts. (-31)
[ 5] Kawasaki - 15pts. (-46)
[ 6] Roberts - 3pts. (-58)
[NC] Ilmor – 0pt. (-25)

b0039141_047687.jpg

チャンピオンは今回も全く目立たず7位がやっと。悩みは深いねぇ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


250cc Riders

[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna - 70pts.
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot - 52pts. (-18)
[ 3]  3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar - 46pts. (-24)
[ 8] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot - 17pts. (-53)
[ 9] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol - 15pts. (-55)
[14]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 10pts. (-60)
[NC] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella - 0pt. (-70)

125cc Riders

[ 1] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar - 56pts.
[ 2] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar - 47pts. (-9)
[ 3] 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf - 46pts. (-10)
[ 7] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 26pts. (-30)

b0039141_0452297.jpg

コンストラクターズで遂に首位に立ったドゥカ。悲願の初タイトルが見えてきた?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ Statistics and Notes

MotoGP Class

ポールポジション
  • V.Rossiが今季2回目、トルコGPでは自身初となるクラス37回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のM.Doohanが持つ最多記録「58」まであと「21」。
  • Yamahaが今季2回目、トルコGPでは初となる、クラス134回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「193」まであと「59」。

b0039141_1153117.jpg

PPゲットしたところまではご機嫌だったんだけどねぇ。
Photo © Yamaha Factory Racing / Motorsport.com


優勝
  • C.Stonerが開幕戦に続いて今季2勝目となる、クラス2回目、GP通算9回目の優勝。トルコGPでは250ccクラス時代の2005年以来2年ぶり2勝目。
    クラス別ではD.Pedrosa、玉やん、C.Checaら10人と並ぶクラス歴代44位タイに。同34位タイのN.Hayden、ノリック阿部、J,Findlayら10人が持つ記録「3」まであと「1」。
    GP通算ではS.Gibernau、R.Locatelli、青木ハルチカら6人と並ぶ歴代67位タイに。同62位タイのT.Elias、東雅雄ら5人が持つ記録「10」まであと「1」。
  • Ducatiが開幕戦に続いて今季2勝目、トルコGP初となる、クラス9回目、GP通算13回目(※参考)の優勝。
    クラス別では現在、歴代7位。同6位のNortonが持つ記録「21」まであと「12」。
    GP通算では、Benelli、MZと並ぶ歴代22位タイに。同21位のKTMが持つ記録「14」まであと「1」。

b0039141_135399.jpg

ストーナーとドゥカがこんなにマッチするとは予想外。
ヂョンに似てるとは思ってたけど、イタ車とのマッチングの良さまで一緒だったとは。
Photo © Ducati Corse / Motosport.com


表彰台
  • C.Stonerが今季2回目、クラス3回目の表彰台獲得。中野王子、K.Magee、P.Chiliら16人と並ぶクラス歴代103位タイに。同93位タイの青木ノブ&タク、J,Middelburgら10人が持つ記録「4」まであと「1」。
  • T.Eliasが今季初、クラス2回目の表彰台獲得。ダイジロ、原田哲也、J,McWilliamsら32人と並ぶクラス歴代120位タイに。同103位タイのC.Stoner、中野王子ら17人が持つ記録「3」まであと「1」。
  • L.Capirossiが今季初、クラス38回目の表彰台獲得。現在、クラス歴代14位。同13位のパパRobertsが持つ記録「39」まであと「1」。

b0039141_17070.jpg

オレッチ期待のペドロサは今年もクラッシュ。たいした怪我じゃなくて良かった。
Photo © Mad Dog / SUPERBIKEPLANET.COM


ファステストラップ(FL)
  • C.Vermeulenが最高峰&GP初のFLを記録。最高峰クラスでのFL記録は、開幕戦のC.Stonerに次いで史上113人目。オーストラリア人としてもC.Stonerに次いで13人目。
    FL1回はC.Stoner、T.Elias、中野王子、ダイジローら55人と並ぶクラス歴代58位タイ。同44位タイの玉田誠、片山敬済、D.De Radiguesら14人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Suzukiが今季初、500ccクラス時代の2001年以来6年ぶりとなるクラス86回目のFLを記録。現在、クラス歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「128」まであと「42」。

b0039141_185381.jpg

このオッサン、なにしに来たんだ? 気になる・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


チャンピオンシップ
  • C.Stonerが今季2勝目でポイント首位奪還。V.Rossiは早くも10点差をつけられたけど、12点差だった昨年よりはマシ。それよりも深刻なのは35点差を付けられたディフェンディング・チャンピオンのN.Hayden。前年王者が開幕3戦でここまで首位と点差を離されるのは、2000年のA.Criville(開幕3戦で34点差)を上回る最悪の出だし。
  • Cagivaがポイント首位奪取。日本以外のメーカーが、開幕戦優勝などの瞬間風速的な場合の除いてポイント首位に立つのは1973年のMV Agusta以来、実に34年ぶり。

b0039141_1101340.jpg

やっぱりまだ王者の器じゃなかったのかなぁ? 王冠が重たそう・・・
Photo © David & David / SUPERBIKEPLANET.COM


    Notes
  • V.RossiがPPを獲得したのはIstanbulで16コース目。24コースのM.Doohan、18コースのK.Schwantzに次ぐクラス歴代3位の記録。
    PPゲット・コース数ランキングは末尾参照。
  • V.Rossiの今回のPPは、最高峰クラスでのイタリア人ライダーによる通算100回目のPP。
  • L.Capirossiにとって最高峰クラスの3位表彰台は今回で18回目。これは歴代5位記録。
    最高峰クラスの“ブロンズ・コレクター”ランキングは末尾参照。
  • V.Rossiは最高峰クラス・デビュー以来117戦目にして初の10位フィニッシュ。
  • 8位のR.De Punietは最高峰クラス自己ベスト・フィニッシュ。

b0039141_1123255.jpg

「ろっしふみ、頑張って! ママも応援してるわよ!」
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



250cc Class

ポールポジション
  • A.Doviziosoが昨季カタルニアGP以来となる今季初、クラス3回目のPP獲得。A。De Angelis、M.Melandriら8人と並ぶクラス歴代39位タイに。同30位タイの青山ヒロシ、S.Pons、C.Sarronら9人が持つ記録「4」まであと「1」。
  • Hondaが昨季カタルニアGP以来となる、今季初、クラス120回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のApriliaが持つ記録「138」まであと「18」。

優勝
  • A.Doviziosoが昨季ポルトガルGP以来となる今季初、トルコGPでは自身初となるクラス3回目、GP通算8回目の優勝。
    クラス別では青山ヒロシ、R.Rolfo、パパRossi、B.Ruffoら12人と並ぶ歴代53位タイに。同46位タイの宇川徹、D.Romboni、P.Chiliら7人が持つ記録「4」まであと「1」。
    GP通算ではRobertsジュニア、A.Bautista、P.Pileriら6人と並ぶ歴代74位タイに。同67位タイのC.Stoner、S.Gibernau、青木ハルら7人が持つ記録「9」まであと「1」。
  • A.Doviziosoが昨季カタルニアGPでの初優勝時に次いでクラス2回目のポール・トゥ・ウィン。M.Melandri、F.Uncini、P.Chiliら7人と並ぶ歴代24位タイに。同17位タイのO.Jacque。C.Sarron、S.Ponsら7人が持つ記録「3」まであと「1」。
  • Hondaが昨季ポルトガルGP以来となる今季初、トルコGPでは自身初となるクラス202回目、GP通算618回目の優勝。
    クラス別、GP通算ともに歴代1位記録を更新。クラス別では同2位のYamahaが持つ記録「164」との差を「38」に、GP通算でも同2位のYamahaが持つ記録「431」との差を「187」にそれぞれ拡大。

b0039141_101967.jpg

Photo © Wolf J Flywheel


表彰台
  • A.Doviziosoが今季初、クラス18回目の表彰台獲得。中野王子、J.Saarnenら5人と並ぶクラス歴代32位タイに。同31位のS.Portoが持つ記録「19」まであと「1」。
  • J.Lorenzoが開幕から3戦連続となるクラス20回目の表彰台獲得。T.Elias、J.Cornuと並んでクラス歴代28位タイに。同23位タイのV.Rossi、H.Bradl、C.Ubbialiら5人が持つ記録「21」まであと「1」。
  • A.Bautistaが全戦に続いてクラス2回目の表彰台獲得。小林大、J.Filiceら24人と並ぶクラス歴代150位タイに。同126位タイの青木ノブ、L.d'Antin、S.Peruginiら24人が持つ記録「3」まであと「1」。

ファステストラップ
  • A.Doviziosoが昨季チェコGP以来となる6回目のFLを記録。M.Poggiali、E.Elias、F.Spencer様、W.Haasと並ぶクラス歴代33位タイに。同30位タイのF.Nieot。L.Reggiani、R.Gouldが持つ記録「7」まであと「1」。
  • A.Doviziosoが初のハットトリック(PP、優勝、FLの同時達成)を記録。250ccクラスでのハットトリック達成は、昨年のJ.Lorenzoに次いで史上31人目。イタリア人としては2002年最終戦のM.Melandriに次いで8人目。ちなみにV.Rossiは250ccクラスでは未達成。
    ハットトリック1回は、J.Lorenzo、D.Sarron、S.Ponsら13人と並ぶクラス歴代18位タイ。同16位タイのT.Elias、S.Portoが持つ記録「2」まであと「1」。
  • Hondaが昨季チェコGP以来となるクラス165回目のFLを記録。現在、クラス歴代2位。同1位のYamahaが持つ記録「194」まであと「29」。

チャンピオンシップ
  • J.Lorenzoがガッチリとポイント首位キープ。日本勢は早くも全員が50点差以上の大差をつけられ、今季もタイトル奪還は難しいかも・・・

Notes
  • (特に無し)

b0039141_0584971.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


125cc Class

ポールポジション
  • M.Pasiniが2戦連続、クラス4回目のPP獲得。T.Elias、L.Cecchinello、P.Pileriら6人と並ぶクラス歴代32位タイに。同25位タイのL.Capirossi。T.Luthi、V.Rossi、徳留真紀ら7人が持つ記録「5」まであと「1」。

優勝
  • S.Corsiがクラス、GP通算ともに初優勝。125ccクラス優勝は昨年のH.Faubelに次いで史上119人目。イタリア人としては2005年のM.Passiniに次いで42人目。GP優勝は昨季最終戦のMotoGPクラスで優勝したT.Baylissに次いで史上308人目。イタリア人としてはM.Passiniに次いで67人目。
    125ccクラス優勝1回はM.Di Meglio、J.Simon、A,Mangら36人と並ぶクラス歴代83位タイ。同69位タイのM.Simoncelli、T,Elias、G.McCoyら14人が持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算ではT.Bayliss、宮崎敦、青木ノブ、平忠彦ら93人と並ぶ歴代215位タイ。同186位タイの玉田誠、高橋裕紀、C.Checaら29人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Apriliaが開幕3連勝となるクラス93回目、GP通算214回目の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「164」まであと「71」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「60」。

b0039141_120443.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • Raffaele DE ROSAが初のFLを記録。125ccクラスでのFL記録は、昨年のM.Passiniに次いで史上129人目。
    FL1回は若井伸之、L.Pesek、A.Mangら50人と並ぶクラス歴代89位タイ。同68位タイのM.Passini、M.Hailwood、高橋国光ら21人が持つ記録「2」まであと「1」。

Notes
  • コヤマックスがようやく表彰台ゲット!

※ 記録は全てOretch独自集計なので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は1974年以降のみ。記録が無いのではなく、それ以前はPP制度が無かった。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。



b0039141_1213681.jpg

Photo © Neil Wishbone / SUPERBIKEPLANET.COM






■ 最高峰クラス PPゲット・コース数ランキング

ランク コース数 (通算PP回数 歴代順位) ライダー
-------------------------------------------------------
1位 24コース (58回 1位) Mick Doohan (AUS) ★
2位 18コース (29回 3位) Kevin Schwantz (USA) ★
3位 16コース (37回 2位) Valentino Rossi (ITA) ★
4位 14コース (27回 4位) Freddie Spencer (USA) ★
4位 14コース (19回 6位) Wayne Gardner (AUS) ★
6位 13コース (23回 5位) Max Biaggi (ITA)
7位 12コース (18回 8位) Eddie Lawson (USA) ★
8位 11コース (19回 6位) Barry Sheene (GBR) ★
8位 11コース (18回 8位) Kenny Roberts Sr. (USA) ★
9位 10コース (15回 10位) Wayne Rainey (USA) ★

※ ★=チャンピオン・ライダー

案の定、トップ10の中で一人だけ無冠のBiaggiが入ってる(涙)。
ちなみに現役2位はジュニアの8コース。3位はカピの7コース。
日本人最多はタディ岡田の6コース。


■ 最高峰クラス “ブロンズ・コレクター” ランキング

ランク 回数 ライダー
-------------------------------------------------------
1位 20回 Alex CRIVILLÉ (ESP) ★
2位 19回 Max BIAGGI (ITA)
        Randy MAMOLA (USA)
        Wayne RAINEY (USA) ★
5位 18回 Loris CAPIROSSI (ITA)
6位 16回 Eddie LAWSON (USA) ★
7位 14回 Christian SARRON (FRA)
8位 13回 Alexandre BARROS (BRA)
        Kevin SCHWANTZ (USA) ★
        Wayne GARDNER (AUS) ★

※ ★=チャンピオン・ライダー


b0039141_1261075.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

[PR]
by oretch | 2007-05-15 00:53 | MotoGP

<< 【MotoGP】第4戦 中国G... セーフティ・カーくらべ >>