2007年 05月 15日
【MotoGP】第4戦 中国GP 結果
速いのはストーナーか? ドゥカティか? それともブリヂストンか?
いずれにしても、戦国時代始まったな。

b0039141_1282614.jpg

またも繰り広げられたストーナー・ショー。
今回はロッシもトラブル無し。ガチでロッシに勝ったのは大きい。
Photo © Ducati Course / Motorsport.com


b0039141_1293613.jpg

ポイント・テーブル2位ロッシとのギャップを広げた。
マジでひょっとしたらひょうっとするかも・・・
Photo © Ming The Merciless / SUPERBIKEPLANET.COM



SINOPEC GREAT WALL LUBRICANTS GP OF CHINA
@ Shanghai ; 6th May 2007


■ MotoGP Race Result

Final Classification : 22Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS   44’12.891 ( 4)
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI       +3.036 ( 1)
[ 3] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS        +6.663( 2)
[ 4] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI       +14.090 ( 5)
[ 5] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS    +17.276 ( 6)
[ 6] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS   +26.256 (14)
[ 7] 71 Chrsi VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS    +26.591(15)
[ 8] 14 Randy DE PUNIET (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS  +27.025 ( 7)
[ 9] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS     +28.108 (11)
[10]  7 Carlos CHECA (ESP) Honda; LCR; MI        +32.957 (13)
[11]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; FIAT; MI      +35.053 ( 3)
[12]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol; MI      +37.327 ( 6)
[13] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL +50.705 (19)
[14]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac; BS      +55.264 (13)
[15] 10 Kenny ROBERTS Jr. (USA) Robertsi; Roberts; MI +57.736 (17)
[NC] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI       +19Laps (10)
[NC]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL  +19Laps (18)

Pole Position
 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI  1'58.424

Fastest Lap
 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS  1'59.857 @ Lap15

Event Max Speed
 27 Casey STONER (AUS) Ducati  337.2km/h @ WarmUp

Race Leader Sequence
 Lap 1 46 Valentino ROSSI; Yamahai
 Lap 2 27 Casey STONER; Ducati

b0039141_1324161.jpg

ストーナーは風格出てきた感じだぁな。ロッシも笑顔の裏で警戒を深めたはず。
Photo © Ming The Merciless / SUPERBIKEPLANET.COM



■ 250cc Race Result

Final Classification : 21Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna     44’17.095 ( 1)
[ 2] 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia; Aspar        +3.904 ( 6)
[ 3] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot       +5.031 ( 5)
[ 9]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull        +32.895 (11)
[14] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella +1’14.603 (22)
[NC] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol     +1’28.469 ( 9)
[ -] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Humangest  Final Canceled

Pole Position
 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna  2'04.543

Fastest Lap
 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna  2'05.738 @ Lap 9

Event Max Speed
 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia  286.5km/h @ Race

b0039141_1344186.jpg

ロレンツォがまたもパーフェクト・レース。早くMotoGPクラスに来い。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


■ 125cc Race Result

Final Classification : 19Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf     42’25.923 ( 3)
[ 2] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar        +0.187 ( 2)
[ 3] 12 Esteve RABAT (ESP) Honda; Repsol       +0.481 (12)
[NC] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull    +1Lap ( 8)

Pole Position
 12 Mattia PASINI (ITA) Aprilia; Polaris  2'11.946

Fastest Lap
 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf  2'12.420 @ Lap 3

Event Max Speed
 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia  243.9km/h @ Race

b0039141_1355512.jpg

チェコ人初の125ccクラス優勝。おめでとう!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



b0039141_1402398.jpg

Photo © Kawasaki Racing / Motorsport.com




■ Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro - 86pts.
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT - 71pts. (-15)
[ 3] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol - 49pts. (-37)
[ 4] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini - 41pts. (-45)
[ 5] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla - 39pts. (-47)
[ 6] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini - 35pts. (-51)
[ 7]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT - 31pts. (-55)
[ 8] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro - 30pts. (-56)
[ 9]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol - 30pts. (-56)
[10] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla - 30pts. (-56)
[15] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JIR - 15pts. (-71)
[19]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop - 4pt. (-82)

MotoGP Constructor

[ 1] Ducati - 86pts.
[ 2] Yamaha - 71pts. (-15)
[ 3] Honda - 69pts. (-17)
[ 4] Suzuki - 46pts. (-40)
[ 5] Kawasaki - 23pts. (-63)
[ 6] Roberts - 4pts. (-82)
[NC] Ilmor - 0pt. (-25)

b0039141_1521873.jpg

ロッシの低位置だった中央席にストーナー。ロッシの心境を思うとワクワクしてくる。
だって絶対、心中穏やかなはずがないもの、あのロッシに限って。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


250cc Riders

[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna - 95pts.
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot - 68pts. (-27)
[ 3]  3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar - 59pts. (-36)
[10]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 17pts. (-78)
[11] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot - 17pts. (-78)
[12] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol - 15pts. (-80)
[22] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella - 2pt. (-93)

125cc Riders

[ 1] 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf - 71pts.
[ 2] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar - 69pts. (-2)
[ 3] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar - 67pts. (-4)
[ 8] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 26pts. (-45)

b0039141_1543989.jpg

劣勢な状況を挽回するための秘策は何かあるの? バージェスさん。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ Statistics and Notes

MotoGP Class

ポールポジション
  • V.Rossiが2戦連続今季3回目、中国GPでは自身初となるクラス38回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のM.Doohanが持つ最多記録「58」まであと「20」。
  • Yamahaが2戦連続今季3回目、中国GPでは自身初となる、クラス135回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「193」まであと「58」。

b0039141_233748.jpg

連続PPなんだから1周の速さでは間違いなく勝っているはず。なのに勝てない。
なんか根本的な方向転換が必要な感じだナァ・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


優勝
  • C.Stonerが2戦連続今季3勝目となる、クラス3回目、GP通算10回目の優勝。中国GP優勝は250ccクラス時代の2005年以来2年ぶり2回目。
    クラス別ではN.Hayden、ノリック阿部、J,Findlayら10人と並ぶクラス歴代34位タイに。同30位タイのタディ岡田、J.Kocinski、R.Armstrong、L.Liberatiが持つ記録「4」まであと「1」。
    GP通算ではT.Elias、東雅雄ら5人と並ぶ歴代62位タイに。同57位タイの片山敬済、カズート坂田、宇井陽一ら5人が持つ記録「11」まであと「1」。
  • Ducatiが2戦連続今季3勝目、中国GPでは自身初となる、記念すべき最高峰クラス10回目、GP通算14回目(※参考)の優勝。
    クラス別では現在、歴代7位。同6位のNortonが持つ記録「21」まであと「11」。
    GP通算では、KTMと並ぶ歴代21位タイに。同20位のKRAUSER が持つ記録「15」まであと「1」。

b0039141_202724.jpg

ロングストレートの上海に最高速重視のドゥカはジャスト・マッチ。
ストーナー、ドゥカとも、このあとのヨーロッパ・ラウンドで真価が問われることになる。
Photo © Ducati Corsce / Motorsport.com


表彰台
  • C.Stonerが今季3回目となる、クラス4回目の表彰台獲得。青木ノブ&タク、J,Middelburgら10人と並ぶクラス歴代93位タイに。同77位タイの玉田誠、T.Bayliss、金谷秀夫ら16人が持つ記録「5」まであと「1」。
  • V.Rossiが今季3回目となる、クラス94回目の表彰台獲得。現在、クラス歴代2位。歴代1位のM.Doohanが持つ最多記録「95」までいよいよあと「1」。
  • J.Hopkinsが初の表彰台獲得。最高峰クラスの表彰台獲得は、昨季ポルトガルGPでのT.Eliasに次いで史上243人目、アメリカ人としては2004年のC.Edwardsに次いで16人目。
    表彰台1回は、同僚C.Vermeulen、O.Jacque、芳賀紀行ら90人と並ぶクラス歴代153位タイ。同120位タイのダイジロー、アラーダ哲也、T.Elias、パパRossiら33人が持つ記録「2」まであと「1」。

b0039141_1461012.jpg

ホッパーが初の表彰台ゲット! おめでとーーーー!
Photo © Crescent Suzuki / Motorsport.com


ファステストラップ(FL)
  • C.Stonerが今季、クラスともに2回目のFLを記録。玉田誠、片山敬済、D.De Radiguesら14人と並ぶクラス歴代44位タイに。同34位タイのM.Melandri、C.Edwards、P.Readら10人が持つ記録「3」まであと「1」。
  • Ducatiが今季2回目、クラス10回目のFLを記録。現在、クラス歴代7位。同6位のNortonが持つ記録「14」まであと「4」。


チャンピオンシップ
  • C.Stonerが今季トップの3勝目を挙げてポイント首位キープ。2位につける帝王V.Rossiとの差を15点差に拡げた。
  • ディフェンディング・チャンピオンのN.Haydenは早くも56点のビハインド。W.Raineyが1992年にGP史上最大の逆転劇を演じた際の最大ビハインドは65点差だから、それに比べればまだ余裕があるっちゃぁあるけど、まぁ厳しいね。

b0039141_26211.jpg

6位まで独占したトルコGPほどではないけど、中国GPでもBS勢が優位。
ブリヂストンはじまったな・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Notes
  • V.RossiがPPを獲得したのはShanghaiで17コース目。24コースのM.Doohan、18コースのK.Schwantzに次ぐクラス歴代3位の記録。
  • C.Stonerが開幕4戦目で早くも3勝目を達成。一人のライダーが開幕4戦で3勝以上したのは史上29回目。ライダー別ではV.Rossiに次いで史上13人目。
    過去29回の同様のケースで、開幕4戦で3勝以上したライダーがチャンピオンになれなかったのは、GP史上最大の逆転劇となった1992年の1回だけ。
    統計的には圧倒的にStonerが有利。1992年はあくまで例外なのか? それともV.Rossiが2度目の奇跡を果たすのか?
  • PPタイムは昨年よりコンマ6秒近く縮まっているのに、優勝したStonerの決勝タイムは昨年優勝のPedrosaより5秒も遅くなっているとはこれいかに? いずれ詳しく比較してみよう。

b0039141_244240.jpg

今季は思わぬ伏兵達の活躍で大混戦の様相に。おもしれぇええええええ!
Photo © Crescent Suzuki / Motorsport.com



250cc Class

ポールポジション
  • J.Lorenzoが今季3回目、中国GPでは自身初となるクラス17回目のPP獲得。O.Jacqueを抜いて、クラス歴代単独6位に。同5位のC.Lavadoが持つ記録「21」まであと「4」。
  • Apriliaが今季3回目、中国GPでは3年連続となるクラス139回目のPP獲得。クラス歴代1位記録を更新し、同2位のHondaの持つ記録「119」との差を「20」に拡大。

優勝
  • J.Lorenzoが今季3回目、中国GPでは自身初となる、クラス11回目、GP通算15回目の優勝。
    クラス別ではM.Melandri、R.Gouldを抜いて歴代単独19位に。同18位のL.Capirossiが持つ記録「12」まであと「1」。
    GP通算では同郷の大先輩A.Pons、J.Saarinen、E.Degnerと並ぶ歴代43位タイに。同41位タイのダイジロー、原田哲也が持つ記録「17」まであと「2」。(追いつくな!)
  • J.Lorenzoが今季3回目、クラス10回目のポール・トゥ・ウィン。こちらではダイジロー、原田哲也を抜いてクラス歴代単独4位に。同3位のW.Villaが持つ記録「13」まであと「3」。
  • Apriliaが今季3回目、中国GPでは3年連続となるクラス122回目、GP通算215回目の優勝。
    クラス別では現在、歴代3位。同2位のYamahaが持つ記録「164」まであと「42」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「59」。

b0039141_282624.jpg

実に中国的な絵だ。 ホアッチョオオオオアアアア!!
Photo © Associated Press / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • J.Lorenzoが開幕から4戦連続となるクラス21回目の表彰台獲得。V.Rossi、H.Bradl、C.Ubbialiら5人と並んでクラス歴代23位タイに。同22位のR.De Punietが持つ記録「22」まであと「1」。
  • A.Bautistaが3戦連続となるクラス3回目の表彰台獲得。青木ノブ、L.d'Antin、S.Peruginiら24人と並ぶクラス歴代126位タイに。同106位タイの高橋ユーキ、H.Barbera、伊藤史朗ら20人が持つ記録「4」まであと「1」。
  • A.Doviziosoが今季2回目、クラス19回目の表彰台獲得。S.Portoと並ぶクラス歴代31位タイに。同29位タイのT.Elias、J.Cornuが持つ記録「20」まであと「1」。

ファステストラップ
  • J.Lorenzoが昨季ダッチTT以来となる今季初、クラス2回目のFLを記録。R.Locatelli、宇川徹、J-L.Tournadreら20人と並ぶクラス歴代69位タイに。同54位タイのR.Rolfo、パパRoberts、J.Cecottoら15人が持つ記録「3」まであと「1」。
  • J.Lorenzoが昨季ダッチTT以来となる今季初、クラス2回目のハットトリック(PP、優勝、FLの同時達成)を記録。T.Elias、S.Portoと並ぶクラス歴代16位タイに。同12位タイのC.Lavado、H.Bradl、L.Cadalora、O.Jacqueが持つ記録「3」まであと「1」。
  • Apriliaが今季3回目、中国GPでは自身初となるクラス126回目のFLを記録。現在、クラス歴代3位。同2位のHondaが持つ記録「164」まであと「38」。

チャンピオンシップ
  • J.Lorenzoが今回もがっつりポイントを稼いで首位キープ。日本勢では最上位のヒロシもユーキもすでに首位Lorenzoから78点という大量ビハインド。今季残り13戦で78点差と言うことは、現段階では自力逆転が不可能ということ。がんばれ~。

Notes
  • 開幕4戦連続ポール・トゥ・ウィンは2001年以来史上2回目。激戦の250ccクラスでは珍しい記録。
    ちなみに、今季はLorenzoとDoviziosoの2人を足して達成したけど、2001年はダイジローが一人で開幕4戦連続ポール・トゥ・ウィンを達成した。

b0039141_2122187.jpg

Photo © Ducati Corse / Motorsport.com


125cc Class

ポールポジション
  • M.Pasiniが3戦連続、中国GPでは自身初となる、クラス5回目のPP獲得。L.Capirossi。T.Luthi、V.Rossi、徳留真紀ら7人と並ぶクラス歴代25位タイに。同20位タイの青木ハル、L.Cadalora、M.Melandriら5人が持つ記録「6」まであと「1」。

優勝
  • L.Pesekがクラス、GP通算ともに初優勝。125ccクラス優勝は全戦のS.Corsiに次いで史上120人目。チェコ人としては初の快挙。GP優勝もS.Corsiに次いで史上309人目。チェコ人としては、チェコスロバキア時代の1961年に350ccクラスで優勝したF.Stastnyに次いで史上2人目。
    125ccクラス優勝1回はS.Corsi、M.Di Meglio、A,Mangら37人と並ぶクラス歴代83位タイ。同69位タイのM.Simoncelli、T,Elias、G.McCoyら14人が持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算ではS.Corsi、T.Bayliss、青木ノブ、平忠彦ら94人と並ぶ歴代215位タイ。同186位タイの玉田誠、高橋裕紀、C.Checaら29人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Derbiが2004年以来となる、今季初、中国GPでは自身初のクラス43回目、GP通算86回目の優勝。
    クラス別では現在、歴代5位。同4位のGarelliが持つ記録「44」まであと「1」。
    GP通算では現在、歴代6位。同5位のSuzukiが持つ記録「153」まであと「67」。

b0039141_1365760.jpg

地球の裏側にもヴァレの応援団が。でも客席、閑散としてたなぁ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • L.Pesekが昨季開幕戦以来となる今季初、中国GPでは自身初のクラス2回目のFLを記録。M.Passini、M.Hailwood、高橋国光ら21人と並ぶクラス歴代68位タイに。同57位タイのG.Talmacsi、A.Dovizioso、仲城英幸、徳留真紀ら11人が持つ記録「3」まであと「1」。

Notes
  • L.Pesekが首位奪取。チェコ人ライダーがポイント・テーブルで首位に立つには、チェコスロバキア時代の1961年にF.Stastnyが350ccクラスで首位に立って以来46年ぶりの快挙。2位Talmacsiとは僅か2点差とは言え、今頃チェコのGPファンは狂喜乱舞しているに違いない。おめでとー!

b0039141_2133959.jpg

今回一番可愛かった。現地の人?日本人?
Photo © Bridgestone / Motorsport.com


※ 記録は全てOretch独自集計なので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は1974年以降のみ。記録が無いのではなく、それ以前はPP制度が無かった。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。






開幕4戦で3勝したライダーの記録一覧

シーズン ライダー (その年のラウンド数)
-------------------------------------------------------
1955年 G.Duke ★ (全8戦)
1956年 J.Surtees ★ (全6戦)
1958年 J.Surtees ★ (全7戦) ※開幕4戦4勝
1959年 J.Surtees ★ (全7戦) ※開幕4戦4勝
1960年 J.Surtees ★ (全7戦)
1961年 G.Hocking ★ (全10戦)
1962年 M.Hailwood ★ (全8戦)
1963年 M.Hailwood ★ (全8戦)
1964年 M.Hailwood ★ (全9戦) ※開幕4戦4勝
1965年 M.Hailwood ★ (全10戦) ※開幕4戦4勝
1968年 G.Agostini ★ (全10戦) ※開幕4戦4勝
1969年 G.Agostini ★ (全12戦) ※開幕4戦4勝
1970年 G.Agostini ★ (全11戦) ※開幕4戦4勝
1971年 G.Agostini ★ (全11戦) ※開幕4戦4勝
1972年 G.Agostini ★ (全13戦) ※開幕4戦4勝
1975年 G.Agostini ★ (全10戦)
1976年 B.Sheene ★ (全10戦)
1977年 B.Sheene ★ (全11戦)
1980年 K.Roberts ★ (全8戦)
1983年 F.Spencer ★ (全12戦)
1984年 E.Lawson ★ (全11戦)
1986年 E.Lawson ★ (全11戦)
1990年 W.Rainey ★ (全15戦)
1992年 M.Doohan (全13戦) ※開幕4戦4勝
1997年 M.Doohan ★ (全15戦)
2001年 V.Rossi ★ (全16戦)
2002年 V.Rossi ★ (全16戦)
2005年 V.Rossi ★ (全17戦)
2007年 C.Stoner ? (全18戦)

※ ★=その年のチャンピオン・ライダー

あるライダーが開幕4戦で3勝以上した記録は過去29回。そのうち28回、確率で言うと約97%という圧倒的な高率で、当該ライダーがそのシーズンを制している。
唯一の例外はGP史上最大の逆転劇となった1992年のM.Doohan。でも1992年は、シーズン中盤での大クラッシュによる戦線離脱が原因だったから、あくまで例外として見ていい。
さらに、開幕4戦全勝したシーズンを除き、純粋に開幕4戦3勝したシーズンだけを抽出すると、その1992年も除かれちゃうから、統計的にはStonerがチャンピオンになる確率はなんと100%になる! 今季のチャンピオンはStonerに確定です!?

もっとも、昔は年間レース数が今よりずっと少なかったら、開幕4戦で3勝することの意味の重さに現在とは相当違ってくる。それでも、レース数が増え、競争も激化してきた近年では開幕4戦で3勝すること自体が難しくなってきているから、やっぱり今季のStonerの活躍は、タイトル獲得をかなり意識していいものだと言えるだろう。

まぁ、少なくとも、過去開幕4戦で3勝したライダーは全員チャンピオンになってるから、Stonerにとっては縁起のいい記録であることには間違いない。





b0039141_2234393.jpg

ロッシの逆襲に期待。
Photo © Associated Press / Yahoo!ITALIA

[PR]
by oretch | 2007-05-15 01:06 | MotoGP

<< 住宅ローン申込み 【MotoGP】第3戦 トルコ... >>