2007年 05月 23日
超かっこいい4ドア・クーペたち (゚∀゚)欲しい!

相変わらず自動車雑誌では「セダン(3ボックス車)こそクルマの正統」という主張が金科玉条のように語られているけど、もはやそんな時代じゃないと思うんだけどね。

いまや道路上ではミニバンやコンパクト・カーが幅を利かせてるし、かつて「日本では売れない」とあれほど言われてたハッチバックだって普通に売れる世の中になってるじゃん。

なのに、なんで自動車業界の人たちって、そこまでセダンに拘るんだろう?

確かに実用性を考えたら4ドアであることは重要なポイントだとは思う。4シートじゃなくて4ドアね。子供やお年寄りがいる家族とか、お客さん乗せたりする時にはやっぱり2ドア、3ドアじゃ辛いしね。そういう意味で“4ドア”に拘るのはオレッチも分かる。

なのでオレッチは、4ドアでかっこいいクルマつくればいいじゃない、って思うわけですよ。

で、ここからが本題。

日本のメーカーがなぜか3ボックス・セダンに拘っている間に、海外のオサレなメーカーがここ数年、「要は4ドアなりゃいんだろ」とばかりに、新しいコンセプトの4ドア車を次々と発表している。
これがまた、どいつもこいつも実にカッコイイ!(゚∀゚)

共通するのは、4ドアだけどセダンには全く見えない、4ドア・クーペと呼ぶべき流麗でグラマラスでスポーティなスタイリングだ。




この現在の「超カッコイイ4ドア・クーペ」のトレンドは、多分このクルマから始まったと思う。


b0039141_116248.jpg

b0039141_1163661.jpg

b0039141_1164316.jpg

Maserati Quattroporte (2003年)
Photos © Maserati SpA

先代クアトロポルテのフォルムが、多少はスポーティな味付けがされていたもののオーソドックスな3ボックスだっただけに、ガラっとイメチェンした現行モデルの登場は衝撃的だったなぁ。
現行も僅かに3ボックスの面影が残っているけど、パっと見ではドアが4つあるようには見えないもんね。
フェラーリとマセラティの関係から「4ドアのフェラーリ」とも呼ばれたりするけど、納得。

オレッチ欲しい度 ★★★☆☆


続いて登場したのが老舗ベンツのこのクルマ。

b0039141_1234629.jpg

b0039141_1235631.jpg

b0039141_124388.jpg

Mercedes Benz CLS-Class (2005年)
Photos © DaimlerChrysler AG

CLSはもともとジャガーみたいな“薄いセダン” を目指して開発されたらしいから、本当はクアトロポルテの流れとは一線を画すんだろうけど、オレッチ的な「超カッコイイ4ドア・クーペ」というジャンルには間違いなくハマってるから構うこたぁねぇ。
一部には「ウナギみたい」なんてネガティブな評価もあるようだけど、オレッチは全然カッコイイと思う。SクラスやCLクラスよりも、CLSの方がよほど「金持ちの余裕」を感じる。

オレッチ欲しい度 ★★☆☆☆


そして、「超カッコイイ4ドア・クーペ」のトレンドの中でオレッチの大本命がこれ。

b0039141_130356.jpg

b0039141_130116.jpg

b0039141_1301864.jpg

Aston Martin Rapide (2007年?)
Photos © Aston Martin Lagonda Ltd

かっけえええええええええ!!(゚∀゚)
何も言うことはございません。ただひたすらカッコイイです。降参です。参りました。お腹見せるながらハァハァいうほかありません。だれかオレッチにコレを恵んでください。お願いします。

オレッチ欲しい度 ★★★★★


オレッチはアストンが本命だけど、アストンと言えば忘れちゃいけないのが同郷のジャガー。

b0039141_1335478.jpg

b0039141_134252.jpg

b0039141_134933.jpg

Jaguar XF (2008年予定) ※写真はコンセプトカーのC-XF
Photos © Jaguar Cars Ltd

現行XKシリーズのフロントが涙目になって「カッコ悪っ!」「ジャガー終わったな」と思ってただけに、このC-XFを知った時は拍手喝采。さすが名門ジャガー、まだ終わってないじゃん!
それにしても昔からアストンとジャガーのクルマはソックリさんが多い。やっぱり、どちらもスポーツカー作りの長い伝統を持つイギリス人が作ってるだけの、どうしてもスタイリングが似ちゃうんだろうね。
※コメント欄でC-XFの情報をいただき、ありがとうございました >Shinさん

オレッチ欲しい度 ★★★★☆


これだけ魅力的な4ドア・クーペ達が次々と発表されたら、そりゃ他のメーカーだって黙っちゃいない。2009年には、業績絶好調で我が世の春を謳歌中のドイツの名門スポーツカー・メーカーもこの市場に参入する。

b0039141_1402220.jpg

b0039141_140337.jpg

b0039141_1405337.jpg

Porche Panamera (2009年予定)
CG © Brenda Priddy / KIMURA OFFICE(SCHULTE DESIGN)

すでにSUV(カイエン)にまで手を出したんだから、今更ポルシェが4ドア・クーペを作ってるっていっても全然驚きはしませんが、でもやっぱりポルシェの4ドアっつったらクルマ好きは放っておけないやね。
アストンやジャガーと違って、ポルシェはまだスタイリングを公開していない。写真はCGで作られた予想イラスト。
やっぱりポルシェは何を作ってもポルシェだな。

オレッチ欲しい度 ★★★☆☆


そして「超カッコイイ4ドア・クーペ」の最新モデルが、こいつだ。

b0039141_20242.jpg

b0039141_20148.jpg

b0039141_203856.jpg

BMW Concept-CS (?年)
Photos © BMW AG


最近のBMWのモデルは首を傾げたくなるデザインが多いけど、これはイイ!!
昔レースで活躍したM1をちょっと思い出した。

オレッチ欲しい度 ★★★★☆


先日レクサスが旗艦LS600hを発表したけども、レクサスもこういうクルマを出すべきだと思うんだけどね。

ま、いずれにしてもオレッチには縁のない話ですが。



て言うか、トヨタはアストンが売りに出たときに絶対買っとくべきだったんだよ!
D・リチャーズが買い取った額は日本円で1,000億円程度。利益2兆円(!)の大トヨタ様なら、アストンが20個も買えたのに・・・。



ちくしょう!「BIG」買いそびれちゃったよ!!
サマー・ジャンボ買いに行かなきゃ!
[PR]
by oretch | 2007-05-23 00:53 | バイクとクルマ

<< アァドビっくりイラストレーター 北斗の拳 >>