2007年 05月 29日
【MotoGP】第5戦 フランスGP 結果
オーストラリアまたはじまったな。

b0039141_0858100.jpg

まさに水を得た魚。バーミューレンが後方からグングン追い上げて最後は独走。
同郷のアイツには負けてらんねぇ! って感じ?
Photo © DPPI / Moto-Live.com


b0039141_0105296.jpg

スズキに6年ぶりの勝利をもたらすチェッカー。今季3人目のウィナー。
曇天下でもリズラのスカイブルーが映えて見えるぜ。
Photo © Suzuki Racing



ALICE GRAND PRIX DE FRANCE
@ Le Mans ; 20th May 2007


■ MotoGP Race Result

Final Classification : 28Laps / Wet

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 71 Chrsi VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS   50’58.713 (12)
[ 2] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS     +12.599 ( 9)
[ 3] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS     +27.347 ( 2)
[ 4] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI        +37.328 (10)
[ 5] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS      +49.166 (17)
[ 6] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI      +53.563 ( 4)
[ 7] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS      +1’01.073 ( 5)
[ 8] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS  +1’21.241 (15)
[ 9]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL    +1 Lap (16)
[10] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL   +1 Lap (11)
[11] 11 Fonsi NIETO (ESP) Kawasaki; K.R.T; BS        +1 Lap (19)
[12]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; FIAT; MI        +3 Laps ( 1)
[NC] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI         +8 Laps (14)

Pole Position
 5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT; MI  1'33.616

Fastest Lap
 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS  1'38.678 @ Lap 5

Event Max Speed
 27 Casey STONER (AUS) Ducati  288.5km/h @ Qualify

Race Leader Sequence
 Lap 1 46 Valentino ROSSI; Yamahai
 Lap 6 50 Sylvain GUINTOLI; Yamaha
 Lap 7 14 Randy DE PUNIET; Kawasaki
 Lap 9 21 John HOPKINS; Suzuki
 Lap10 33 Marco MERANDLI; Honda
 Lap11 71 Chris VERMEULEN; Suzuki

b0039141_0271832.jpg

途中から雨が降りだしてマシン交換。これでレースはまた複雑なことに。
危険なフラッグ・トゥ・フラッグ・ルールにはオレッチはやっぱり反対だ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0304328.jpg

しっかり3位に入って、さらにポイント・リードを広げたストーナー。勢いは衰えず。
Photo © Tocyu



■ 250cc Race Result

Final Classification : 26Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna     43’12.237 ( 1)
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot      +0.156 ( 8)
[ 3] 3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar        +2.733 ( 6)
[ 9] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol      +28.915 (12)
[14] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella +1’06.720 (18)
[NC]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull      +14 Laps (10)
[NE] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Humangest  Not Entry

Pole Position
 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna  1'37.934

Fastest Lap
 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot  1'38.566 @ Lap 26

Event Max Speed
 80 Hector BARBERA (ESP) Aprilia  256.0km/h @ Free Nr.2

b0039141_0321382.jpg

どうしてもロレンツォに勝てないドビ。ロレンツォは2連覇に一直線。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 125cc Race Result

Final Classification : 24Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 33 Sergio GADEA (ESP) Aprilia; Aspar     41’50.112 ( 6)
[ 2] 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf       +0.478 ( 5)
[ 3] 38 Bradley SMITH (GBR) Honda; Repsol      +2.963 ( 2)
[10] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull  +19.108 ( 3)

Pole Position
 12 Mattia PASINI (ITA) Aprilia; Polaris  1'43.111

Fastest Lap
 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf  1'43.859 @ Lap 23

Event Max Speed
 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM  220.7km/h @ Qualify Nr.2

b0039141_033222.jpg

3戦連続してニュー・ウィーナー誕生。相変わらず125ccは大混戦。小山がんばれ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



b0039141_035422.jpg

Photo © DPPI / Moto-Live.com





■ Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro - 102pts.
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT - 81pts. (-24)
[ 3] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol - 62pts. (-40)
[ 4] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini - 61pts. (-41)
[ 5] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla - 55pts. (-47)
[ 6] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla - 48pts. (-54)
[ 7] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro - 38pts. (-64)
[ 8] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini - 35pts. (-67)
[ 9]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT - 35pts. (-67)
[10] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac - 30pts. (-72)
[15] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JIR - 15pts. (-87)
[17]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop - 11pt. (-91)

b0039141_0364340.jpg

得意のルマンで逆襲を期していたはずのロッシ。
雨が降り出す前までは、期待通り、ストーナーとのガチ対決が見られそうだったのに・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0384222.jpg

ロッシは雨降り後のタイヤ選択を誤って失速。ホフマンにも負けて6位がやっと。
観てる方も消化不良だけど、ロッシ本人もストレス溜まってんだろうなぁ。
Photo © DPPI / Moto-Live.com


MotoGP Constructor

[ 1] Ducati - 102pts.
[ 2] Honda - 89pts. (-13)
[ 3] Yamaha - 81pts. (-21)
[ 4] Suzuki - 71pts. (-31)
[ 5] Kawasaki - 28pts. (-74)
[ 6] Roberts - 4pts. (-98)
[NC] Ilmor - 0pt.

b0039141_044370.jpg

スズキ勢の大活躍は、ピットに静かに佇むこのお方のご利益のおかげか?
Photo © Suzuki Racing


250cc Riders

[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna - 120pts.
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot - 88pts. (-32)
[ 3]  3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar - 75pts. (-45)
[11] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol - 22pts. (-98)
[13]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 17pts. (-103)
[14] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot - 17pts. (-103)
[22] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella - 4pt. (-116)

125cc Riders

[ 1] 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf - 91pts.
[ 2] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar - 82pts. (-9)
[ 3] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar - 77pts. (-14)
[ 9] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 32pts. (-59)

b0039141_0465887.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ Statistics and Notes

MotoGP Class

ポールポジション
  • C.Edwardsが初のPP獲得。最高峰クラスでのPP獲得は、昨季ダッチTTでのJ.Hopkinsに次いで史上65人目。アメリカ人としてもJ.Hopkinsに次いで13人目。PP1回は、J.Hopkins、C.Stoner、宇川徹、ダイジローら26人と並ぶクラス歴代39位タイ。同31位タイのC.Vermeulen、J,McWilliams、平忠彦ら8人が持つ最多記録「2」まであと「1」。
  • Yamahaが3戦連続今季4回目、フランスGPでは2年ぶり12回目となる、クラス136回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「193」まであと「57」。

b0039141_0483850.jpg

「オレは本当に見たんだ!あれは・・!あれは人間なんかじゃなかった!!」
「落ち着け、エド!おまえがPPだ!おまえがPPをゲットしたんだ!」
Photo © DPPI / Moto-Live.com


優勝
  • C.Vermeulenがクラス、GP通算ともに初優勝。最高峰クラス優勝は今季開幕戦でのS.Stonerに次いで史上99人目。オーストラリア人としてもC.Stonerに次いで11人目。
    GP優勝は本GP125ccクラスで3時間早く初優勝達成したS.Gadeaに次いで史上311人目。オーストラリア人としては、今季開幕戦のC.Stonerに次いで史上18人目。
    クラス別ではT.Elias、宇川徹、C.Sarronら44人と並ぶクラス歴代55位タイに。同45位タイの玉やん、D.Pedrosa、C.Checaら10人が持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算ではS.Gadea、T.Bayliss、ノブ青木ら96人と並ぶ歴代215位タイ。同186位タイの玉やん、ユーキ、C.Checaら29人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Suzukiが2001年バレンシアGP以来6年、91戦ぶり、フランスGPでは1990年(ライダーはK.Schwantz)以来17年ぶり6回目となる、最高峰クラス90回目、GP通算154回目(※参考)の優勝。
    クラス別では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「139」まであと「49」。
    GP通算では現在、歴代5位。同4位のApriliaが持つ記録「217」まであと「63」。

b0039141_0521229.jpg

初表彰台に立った去年のオーストラリアGPもウェットだった。
雨で強いライダーはホンモノ。このまま一気にブレイクするか?
Photo © DPPI / Moto-Live.com


表彰台
  • C.Vermeulenが昨季アメリカGP以来となる、クラス2回目の表彰台獲得。T.Elias、ダイジロー、父ロッシら33人と並ぶクラス歴代120位タイに。同104位タイの中野、K,Magee、J.Doddsら16人が持つ記録「3」まであと「1」。
  • M.Melandriが今季初となる、クラス17回目の表彰台獲得。U.Masetti、ノリック阿部、J.Hartleと並ぶクラス歴代30位タイ。同29位のC.Sarronが持つ記録「18」まであと「1」。
  • C.Stonerが3戦連続今季4回目となる、クラス5回目の表彰台獲得。玉田誠、T.Bayliss、金谷秀夫ら16人と並ぶクラス歴代77位タイに。同70位タイの伊藤Shin1、D.Chandler、M.Baldwinら7人が持つ記録「6」まであと「1」。

b0039141_0532356.jpg

マルコメが得意のルマンでようやく今季初の表彰台ゲット。顔デケーよ。
Photo © DPPI / Moto-Live.com


ファステストラップ(FL)
  • J.Hopkinsが初のFLを記録。最高峰クラスでのFL記録は、今季トルコGPでの僚友C.Vermeulenに次いで史上114人目。アメリカ人としては2004年に記録したC.Edwardsに次いで14人目。
    FL1回は、F.Uncini、C.Vermeulen、E.Elias、中野王子ら55人と並ぶクラス歴代59位タイ。同44位タイのC.Stoner、玉田誠、片山敬済ら15人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Suzukiが今季2回目、クラス87回目のFLを記録。現在、クラス歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「128」まであと「41」。

b0039141_0552790.jpg

若い2人のペアリングを心配してたけど、どうやら余計なお世話だったみたい。
アグレッシブな2人が切磋琢磨してメキメキと力をつけてきた。もはや4強と言っていい。
Photo © Crescent Suzuki / Motorsport.com


チャンピオンシップ
  • C.Stonerが3位表彰台を確保し、6位に終わったランク2位帝王V.Rossiとの差を29点差にまで拡げた。Rossiの“Guido”ステッカーが、今年もそろそろ登場しそうね。
  • ディフェンディング・チャンピオンのN.Haydenはリタイアに終わって72点のビハインド。遂にGP史上最大の逆転劇となった1992年の最大得点差「65」点を越えちゃった。おまけに残り13戦で65点差ということは、開幕僅か5戦目にして早くも自力での逆転タイトルは不可。いくら残り13戦もあるとは言え、1987年のE.Lawson以来21年ぶりという大不振ぶり。もちろん、この年Lawsonはタイトルを逃した。どうするよNicky?

b0039141_0584913.jpg

「あ~、現実なんか聞きたくないし知りたくない。ワタシは貝になりたい。」
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_102935.jpg

一時はロッシをパスして4位にまで浮上したのに・・・・・。
タイトル防衛は黄信号を通り越して、もはや赤信号か・・・・?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Notes
  • PPのC.Edwards、優勝のC.Vermeulen、FLのJ.Hopkinsとも自己初記録。3項目とも異なるライダーが初記録したのは、PP記録が開始された1974年以降では、1974年のTT(マン島)、2000年の南アフリカGPに次ぐ史上3回目の珍事。それだけ波乱のレースだったってコト。
  • 昨季最終戦でのT.Bayliss、今季開幕戦でのC.Stoner、そして今回のC.Vermeulenと、最高峰クラスの至近3人のニュー・ウィナーはいずれもオージー。さらに開幕5戦中でオージーが4勝を挙げたのはDoohan絶頂期の1997年以来10年ぶり。さらにさらにオージー3連勝もDoohanが最後のタイトルを獲得した1998年以来9年ぶり。
    間違いなくオーストラリアはじまったな。
  • 開幕5戦してHonda未勝利なのは、エースDoohanが前年の大怪我の影響で低調だった1993年以来14年ぶり。ちなみにM.Melandriが10周目にラップ・リードを記録したけど、なんとこれがHonda陣営今季初のラップ・リード。しかもたった1周だけ。Hondaにとってはまさに異常事態。今季のラップ・リード記録の詳細は末尾参照。
  • C.Vermeulenは今回の優勝で、最高峰クラスでのPP、優勝、FLの主要3項目の記録達成。現役ライダーの中ではC.Stonerに次いで10人目。なんだかんだで、いっつもHopkinsより先。
  • 優勝したC.Vermeulenのほか、A.Hofmann、S.Guitoliがそれぞれ自己ベスト・フィニッシュ。一方、V.Rossiの6位フィニッシュは最高峰クラス・デビュー年の2000年ダッチTT以来7年ぶり2回目。
  • O.Jacqueの代打を務めたF.Nietoが最高峰クラス初出走で初ポイント獲得。最高峰クラスでのポイント・ゲットは史上664人目。

b0039141_1143651.jpg

レース前半を大いに盛り上げてくれた地元の2人。ともに初のレース・リード。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_151150.jpg

ホンダ大不調。5戦終わってリード・ラップがたった1周って(失笑)
800cc元年のマシン開発は完全に失敗した。こうなりゃもうパクりでもなんでも・・・
Photo © DPPI / Moto-Live.com


250cc Class

ポールポジション
  • J.Lorenzoが今季4回目、フランスGP自身初となるクラス18回目のPP獲得。現在、クラス歴代6位。同5位のC.Lavadoが持つ記録「21」まであと「3」。
  • Apriliaが今季3回目、フランスGPでは4年ぶりとなるクラス140回目のPP獲得。クラス歴代1位記録を更新し、同2位のHondaの持つ記録「119」との差を「21」に拡大。

優勝
  • J.Lorenzoが今季4回目、フランスGP自身初となる、クラス12回目、GP通算16回目の優勝。
    クラス別ではL.Capirossiと並ぶ歴代18位タイに。同17位のC.Ubbialiが持つ記録「13」まであと「1」。
    GP通算では同郷の大先輩A.Pons、J.Saarinen、E.Degnerを抜いて歴代単独43位に。同41位タイのダイジロー、原田哲也が持つ記録「17」まであと「1」。
  • J.Lorenzoが今季4回目、クラス11回目のポール・トゥ・ウィン。現在、クラス歴代4位。同3位のW.Villaが持つ記録「13」まであと「2」。
  • Apriliaが今季4回目、フランスGPでは4年ぶりとなる、クラス123回目、GP通算217回目(同日優勝した125ccクラスと合わせて)の優勝。
    クラス別では現在、歴代3位。同2位のYamahaが持つ記録「164」まであと「41」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「57」。

b0039141_191380.jpg

恒例のロレンツォ・ジャンプ。はやくMotoGPクラスに来い。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • J.Lorenzoが開幕から5戦連続となるクラス22回目の表彰台獲得。R.De Punietと並ぶクラス歴代22位タイに。同21位のD.Pedrosaが持つ記録「24」まであと「2」。
  • A.Doviziosoが今季3回目、クラス20回目の表彰台獲得。T.Elias、J.Cornuと並ぶクラス歴代29位タイに。同24位タイのV.Rossi、D.Braun、T.Provini、C.Ubbiali、H.Bradlが持つ記録「21」まであと「1」。
  • A.De Angelisが今季2回目、クラス19回目の表彰台獲得。S.Portoと並ぶクラス歴代32位タイに。同29位タイのA.Doviziozo、T.Elias、J.Cornuが持つ記録「20」まであと「1」。

ファステストラップ
  • A.Doviziosoが今季2回目、フランスGPでは自身初となる、クラス7回目のFLを記録。R.Gould、F.Nieto、L.Reggianiと並ぶクラス歴代30位タイに。同24位タイのM.Melandri、K.Carruthers、中野真矢ら6人が持つ記録「8」まであと「1」。
  • Hondaが今季2回目、フランスGPでは4年ぶりとなるクラス166回目のFLを記録。現在、クラス歴代2位。同1位のYamahaが持つ記録「194」まであと「28」。

チャンピオンシップ
  • J.Lorenzoが5戦4勝の絶好調で首位キープ。2連覇目指して一直線。日本勢トップのシューヘイとはもう98点差。残り12戦で逆転するには、シューヘイが残り全勝してLorenzoが全部3位以下じゃないとダメ。つまり不可能。今季も日本人王者誕生は絶望的・・・

Notes
  • 開幕5戦連続ポール・トゥ・ウィンは2001年以来史上2回目。ちなみに2001年はダイジローとアラーダの二人で6戦連続ポール・トゥ・ウィンを記録している。次戦で並ぶか?

b0039141_116543.jpg

フィアット・ヤマハの巨大なモーターホーム。F1のトップ・チームにも勝ってるじゃん。
Photo © DPPI / Moto-Live.com



125cc Class

ポールポジション
  • M.Pasiniが4戦連続、フランスGPでは2年連続となる、クラス6回目のPP獲得。青木ハル、L.Cadalora、M.Melandriら5人と並ぶクラス歴代20位タイに。同19位のR.Tormoが持つ記録「7」まであと「1」。

優勝
  • S.Gadeaがクラス、GP通算ともに初優勝。125ccクラス優勝は前戦のL.Pesekに次いで史上121人目。スペイン人としては昨季トルコGPでのH.Faubelに次いで16人目。GP優勝もL.Pesekに次いで史上310人目。スペイン人としては、こちらもH.Faubelに次いで28人目。
    125ccクラス優勝1回はL.Pesek、S.Corsi、M.Di Meglioら38人と並ぶクラス歴代83位タイ。同69位タイのM.Simoncelli、T,Elias、G.McCoyら14人が持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算ではC.Vermeulen、T.Bayliss、ノブ青木ら96人と並ぶ歴代215位タイ。同186位タイの玉やん、ユーキ、C.Checaら29人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Apriliaが今季4回目、フランスGPでは5年ぶりとなるクラス94回目、GP通算217回目(同日優勝した250ccクラスと合わせて)の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「164」まであと「70」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「57」。

ファステストラップ
  • L.Pesekが2戦連続今季2回目、フランスGPでは自身初となるクラス3回目のFLを記録。G.Talmacsi、A.Dovizioso、仲城英幸、徳留真紀ら11人と並ぶクラス歴代57位タイに。同48位タイのM.Kallio、L.Capirossi、P.Readら9人が持つ記録「4」まであと「1」。

Notes
  • L.Pesekが首位キープ。もしこのままチャンピオンになったらチェコ人として初の快挙。いっちゃえ!

※ 記録は全てOretch独自集計なので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は1974年以降のみ。記録が無いのではなく、それ以前はPP制度が無かった。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。


b0039141_1183219.jpg

着々とポイントを積み重ねてリードを広げるストーナー。この勢いはどこまで続く?
Photo © DPPI / Moto-Live.com




b0039141_120146.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA






ラップ・リード記録
※ NC=Not Classified

ライダー別ラップ・リード・ランキング

Rk. リードラップ数(シェア) ライダー(国) マシン [昨季記録]
--------------------------------------------------------------------
1位 65 (53.7%) C.Stoner (AUS) Ducati [8位 21 laps (4.8%)] 
2位 33 (27.3%) V.Rossi (ITA) Yamaha [1位 113 laps (25.9%)]
3位 18 (14.9%) C.Vermeulen (AUS) Suzuki [10位 17 laps (3.9%)]
4位  2 (1.7%) R.De Puniet (FRA) Kawasaki [NC 0 lap (0.0%)] 
5位  1 (0.8%) M.Melandri (ITA) Honda [4位 33 laps (7.6%)]
     1 (0.8%) J.Hopkins (USA) Suzuki [12位 4 laps (0.9%)]
     1 (0.8%) S.Guintoli (FRA) Yamaha [NC 0 lap (0.0%)]

コンストラクター別ラップ・リード・ランキング

Rk. リードラップ数 コンストラクター [昨季記録]
--------------------------------------------------------------------
1位 65 (53.7%) Ducati [2位 136 laps (31.1%)] 
2位 34 (28.1%) Yamaha [1位 146 laps (33.4%)]
3位 19 (15.7%) Suzuki [4位 21 laps (4.8%)]
4位  2 (1.7%) Kawasaki [5位 9 laps (2.1%)] 
5位  1 (0.8%) Honda [3位 125 laps (28.6%)]
6位  0 (0.0%) Roberts [NC 0 lap (0.0%)]


過去9年間(1998-2006)の年間最多リード・ラップ・シェア・ランキング
※ ★=その年のチャンピオン

Rk. リードラップ数(シェア) シーズン ライダー(国) マシン
--------------------------------------------------------------------
1位 219 laps (53.8%) 2003年 V.Rossi (ITA) Honda ★
2位 172 laps (46.6%) 1998年 M.Doohan (AUS) Honda ★
3位 164 laps (40.6%) 2001年 V.Rossi (ITA) Honda ★
4位 164 laps (39.4%) 1999年 K.Roberts Jr. (USA) Suzuki
5位 155 laps (38.0%) 2004年 V.Rossi (ITA) Yamaha ★
6位 132 laps (33.0%) 2002年 V.Rossi (ITA) Honda ★
7位 129 laps (32.0%) 2000年 K.Roberts Jr. (USA) Suzuki ★
8位 113 laps (27.7%) 2006年 V.Rossi (ITA) Yamaha
9位 113 laps (26.2%) 2005年 S.Gibernau (ESP) Honda

ここ2年は低調だし、ラップ・リードで年間トップはいずれもタイトル逃がしてる。
縁起悪い? >ストーナー

b0039141_1233291.jpg

Photo © Ducati Corse / Motosport.com

[PR]
by oretch | 2007-05-29 23:10 | MotoGP

<< ストーナーがアルファロメオの新... うぁあ見ちゃったよ! >>