2007年 06月 08日
【MotoGP】第6戦 イタリアGP 結果
ここぞというところで勝つ。勝てる。それがロッシ。

b0039141_160594.jpg

今年もレース前半は大混戦の様相。そこから1台、また1台と脱落していって・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_1612465.jpg

最後まで食い下がったペドロサを終盤に振り切って快心の勝利。
やる時はやる男、それがロッシ (去年のチャンピオンとはそこが違う・・・)
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


b0039141_1615877.jpg

母国GP6連覇でロッシの顔には久々の満面の笑み。
さぁ反撃開始だ! (でも去年は直後のレースでまたド壷に嵌ってたけどね・・・)
Photo © Yamaha Factory Racing / Motorsport.com



GRAN PREMIO D’ITALIA ALICE
@ Mugello ; 3rd June 2007


■ MotoGP Race Result

Final Classification : 23Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI    42’42.385 ( 3)
[ 2] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol; MI      +3.074 ( 8)
[ 3]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac; BS      +5.956 (10)
[ 4] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS    +6.012 ( 1)
[ 5] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS      +13.244 ( 9)
[ 6] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini; BS        +19.255 (15)
[ 7] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS   +19.646 ( 5)
[ 8] 71 Chrsi VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS   +22.810 ( 2)
[ 9] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS   +22.837 ( 6)
[10]  1 Nicky HAYDEN (ESP) Honda; Repsol; MI     +24.413 (13)
[11] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS    +24.781 (11)
[12]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; FIAT; MI      +28.001 (16)
[13] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI       +36.733 (12)
[14] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL +45.098 (17)
[15]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL  +45.217 (20)

Pole Position
 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS  2'00.359

Fastest Lap
 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol; MI  1'50.357 @ Lap 3

Event Max Speed
 27 Casey STONER (AUS) Ducati  323.3km/h @ Free Nr.3

Race Leader Sequence
 Lap 1 27 Casy STONER; Ducati
 Lap 4 65 Loris CAPIROSSI; Ducati
 Lap 6 26 Dani PEDROSA; Honda
 Lap 9 46 Valentino ROSSI; Yamahai

b0039141_1624579.jpg

ムジェロを皮切りにこれから8週間で6戦が開催される。
今季最大の勝負どころので最高のスタートを切ったロッシ。勢いは取り戻したか?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_163365.jpg

Photo © swingingly hip photographer



■ 250cc Race Result

Final Classification : 21Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia; Aspar    40’18.605 ( 1)
[ 2] 3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar     +0.087 ( 5)
[ 3] 80 Hector BARBERA (ESP) Aprilia; Toth       +7.655 ( 6)
[ 6] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol      +27.252 ( 3)
[11] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Humangest +1’04.318 (27)
[15] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella +1’05.162 (26)
[21]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull    +1’46.776 ( 7)

Pole Position
 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia; Aspar  1'57.435

Fastest Lap
 80 Hector BARBERA (ESP) Aprilia; Toth  1'54.061 @ Lap 6

Event Max Speed
 80 Hector BARBERA (ESP) Aprilia  274.9km/h @ Free Nr.1

b0039141_1632691.jpg

「クリーンなだけでは勝てない」
強気の勝負に出たバウティスタに弾かれてロレンツォがクラッシュ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 125cc Race Result

Final Classification : 20Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar  40’14.164 ( 1)
[ 2] 33 Sergio GADEA (ESP) Aprilia; Aspar     +0.020 (20)
[ 3] 24 Simone CORSI (ITA) Aprilia; Skilled     +0.066 (14)
[ 5] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull +1.662 ( 5)

Pole Position
 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar  2'15.309

Fastest Lap
 33 Sergio GADEA (ESP) Aprilia; Aspar  1'28.636 @ Lap 5

Event Max Speed
 33 Sergio GADEA (ESP) Aprilia; Aspar  230.1km/h @ Race

b0039141_164390.jpg

コヤマックスはすっかりトップグループの常連に。でも勝てないんだよなぁ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



b0039141_1661467.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA





■ Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro - 115pts.
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT - 106pts. (-9)
[ 3] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol - 82pts. (-33)
[ 4] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini - 68pts. (-47)
[ 5] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla - 63pts. (-52)
[ 6] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla - 59pts. (-56)
[ 7] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro - 47pts. (-68)
[ 8] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini - 45pts. (-70)
[ 9]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac - 43pts. (-72)
[10]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT - 39pts. (-76)
[15] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JIR - 18pts. (-97)
[17]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop - 12pt. (-103)

MotoGP Constructor

[ 1] Ducati - 118pts.
[ 2] Honda - 109pts. (-9)
[ 3] Yamaha - 106pts. (-12)
[ 4] Suzuki - 82pts. (-36)
[ 5] Kawasaki - 28pts. (-90)
[ 6] Roberts - 4pts. (-114)
[NC] Ilmor - 0pt.

b0039141_1671898.jpg

46!46!46!46!46!46!46!46!46!46!46!46!
Photo © Mugello Inc


250cc Riders

[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna - 128pts.
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot - 101pts. (-27)
[ 3]  3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar - 95pts. (-33)
[ 8] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol - 32pts. (-96)
[13] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot - 22pts. (-106)
[15]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 17pts. (-111)
[22] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella - 5pt. (-123)

125cc Riders

[ 1] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar - 102pts.
[ 2] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar - 95pts. (-7)
[ 3] 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf - 91pts. (-11)
[ 9] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 43pts. (-59)

b0039141_1675375.jpg

母国の英雄の勝利に熱狂するイタリアの大観衆。
あぁ、なんて素晴らしい光景だろう。是非、秋には茂木でも・・・
Photo © Yamaha Factory Racing / Motorsport.com


b0039141_1681431.jpg

うお!すごいツーショットだ!この二人が同じフレーム内に写ってるのはじめて見た。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ Statistics and Notes

MotoGP Class

ポールポジション
  • C.Stonerが今季初、イタリアGPでも自身初となるクラス2回目のPP獲得。同郷のC.Vermeulen、J.McWilliams、平忠彦ら8人と並ぶクラス歴代31位タイに。同29位タイの玉やん、C.Checaが持つ最多記録「3」まであと「1」。
  • Ducatiが今季初、イタリアGPでは2年連続2回目となるクラス10回目のPP獲得。現在、クラス歴代4位。同3位のSuzukiが持つ記録「93」まであと「83」。えらい遠いなぁ。

b0039141_1684380.jpg

PPを獲ったものの決勝では不発だったストーナー。カピも序盤で失速。
ライバル達のパワーアップで、ドゥカの直線番長神話も終焉か?
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com


優勝
  • V.Rossiが今季2回目、イタリアGPでは6年連続6回目となる、クラス60回目、GP通算86回目の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のG.Agostiniが持つ記録「68」まであと「8」。あと一息。
    GP通算では現在、歴代3位。同2位のA.Nietoが持つ記録「90」まであと「4」。射程距離。
  • Yamahaが今季2回目、イタリアGPでは4年連続13回目となる、クラス149回目、GP通算432回目(※参考)の優勝。
    クラス別、GP通算とも、現在、Hondaに次ぐ歴代2位。クラス別ではHondaの記録「204」まであと「55」。GP通算ではHondaの記録「618」まであと「186」。

b0039141_1691864.jpg

最近恒例のマシン上でのバイザイ・ポーズ。マシンを支えてるチームの中のひとご苦労様。
でもできれば、スペインGPの時みたいな凝ったパフォーマンスを期待してます >ろっしふみ
Photo © Yamaha Racing Communications


表彰台
  • V.Rossiが今季トップタイ4回目となる、クラス95回目の表彰台獲得。遂に90年代の帝王M.Doohanと並び、クラス歴代1位となるWGP史上最多記録を達成。
    歴代3位タイはG.Agostiniが持つ「88」で「7」差。現役2位はL.Capirossiの「38」で「57」差。当面超えられることは無さそう。あるとすればD.Pedrosa、C.Stonerあたりか?
  • D.Pedrosaが今季3回目、最高峰クラスではイタリアGP自身初となるクラス11回目の表彰台獲得。F.Uncini、G.Hocking、T.Lansivuori、R.Venturiと並ぶクラス歴代39位タイに。同37位タイのW.Hartog、P.Hennenが持つ記録「12」まであと「1」。
    もっとペース上げないとV.Rossiに追いつけないぞ。
  • A.Barrosが2005年ドイツGP以来2年ぶり、イタリアGPでは優勝した2001年以来5年ぶりとなるクラス32回目の表彰台獲得。伝説のライダー“M.B.E.”G.Dukeと並ぶクラス歴代16位タイに。同15位の“Prince of Speed”P.Readが持つ記録「34」まであと「2」。

b0039141_1695324.jpg

ロッシの次に大活躍はなんといってもバロスでしょう。
ワークス・ドゥカを抑えて3位表彰台ゲット。まだまだ枯れてません!
Photo © CRASHNET/ Yahoo!ITALIA


ファステストラップ(FL)
  • D.Pedrosaが今季初、イタリアGP自身初となる、クラス5回目のFLを記録。C.Checa、T.Lansivuoriと並ぶクラス歴代27位タイに。同24位タイのL.Graham、C.Sarron、L.Cadaloraが持つ記録「6」まであと「1」。
  • Hondaが今季初、イタリアGPでは2年ぶり最多18回目となる、クラス218回目のFLを記録。歴代1位記録を更新し、同2位のYamahaが持つ記録「141」との差を「77」に拡大。

b0039141_16104055.jpg

タイヤ・チョイスの差で最後は振り切られたものの、ダニもいい走りだった。
次は地元カタルニアGP。スペインの英雄は眉毛だけじゃないぜ!
Photo © CRASHNET/ Yahoo!ITALIA


チャンピオンシップ
  • V.Rossiが復活の優勝で、4位に終わったC.Stonerとの差を再び一桁にまで短縮。高速コースで見事ドゥカを粉砕したことで、タイトル争いはほぼ振り出しに戻りました、っと。
  • イタリアGP終了時点で自力タイトルの可能性(首位と60点差以内)が残っているのは、首位C.StonerからJ.Hopkinsまでの上位6人。なんと、開幕前に念願のタイトル獲得も期待されたL.Capirossiが脱落。得意としていたはずの地元イタリアGPでの脱落とは、なんとも皮肉・・・
  • ディフェンディング・チャンピオンのN.Haydenは今回も不発でポイントテーブルで10位以下に。こちらもV2はもう無理ね・・・

b0039141_16122116.jpg

ロッシが勢いに乗って一気に逆転するか?それともストーナーが踏ん張って再び突き放すか?
どちらにとっても連戦となる今月は勝負どころ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Notes
  • 最高峰クラスの表彰台最多記録を達成したV.Rossi。意外なことに、主要項目(PP、優勝など)の単純な積み上げ回数記録では、クラス別、全クラス通算ともに自身にとって初めての最多記録(歴代1位)達成。●年連続とかの最多記録は結構多いんだけどね。
    表彰台のシーズン別内訳は末尾参照。
  • “同級生”のA.Barrosが大活躍。まず、P.Readと並んで最多5メーカーでの最高峰クラス表彰台獲得達成。これまでに表彰台をゲットしたメーカーは、Cagiva(1回)を皮切りに、Suzuki(3回)、Honda(26回)、Yamaha(1回)、そしてDucati(1回)で5メーカー目。
    また、A.Barrosが、M.Doohan、V.Rossiに次いで史上3人目の通算獲得ポイント「2000」点を達成。
    A.Barrosのキャリア・ハイライトと現役ライダーの総獲得ポイント一覧(最高峰クラス)は末尾参照。
  • HondaがD.PedrosaのFLで、1982年以来26年連続FLを記録。最高峰クラスでの史上最多連続シーズン記録を更新。歴代2位記録はYamahaの20年連続(1977-1996年)。

b0039141_16125191.jpg

このイラストって、きっと去年のスペシャル・ヘルメットも描いてた人でしょ?
日本で言うなら山本直樹か江川達也ってところかな?
http://www.milomanara.it/(18禁)
Photo © Yamaha Factory Racing / Motorsport.com



250cc Class

ポールポジション
  • A.Bautistaが250ccクラス・ステップアップ後初のPP獲得。250ccクラスでのPP獲得は昨年のR.Locatelliに次いで史上84人目。スペイン人としては昨年のH.Barberaに次いで9人目。
    PP1回は、R.Locatelli、J-M.Bayle、青木ノブら27人と並ぶクラス歴代57位タイ。同48位タイのH.Barbera、C.Stoner、宇川徹ら9人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Apriliaが今季3戦連続今季5回目、イタリアGPでは2年連続15回目となるクラス141回目のPP獲得。クラス歴代1位記録を更新し、同2位のHondaの持つ記録「119」との差を「22」に拡大。

b0039141_16131529.jpg

イエロー軍団に負けじとこちらも頑張っております。
動員力では全然負けてるけど、熱さとバカさじゃ負けてねーぜ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


優勝
  • A.Bautistaが250ccクラス初、GP通算9回目の優勝。250ccクラス優勝は昨年のA.De Angelisに次いで史上136人目。スペイン人としても同じくA.De Angelisに次いで史上11人目。
    クラス別ではA.De Angelis、H.Barbera、A.Westら48人と並ぶ歴代88位タイに。同66位タイの高橋ユーキ、タディ岡田、C.Sandfordら22人が持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算では同郷の先輩S.Gibernau、R.Locatelli、青木ハルら6人と並ぶ歴代68位タイに。同62位タイのC.Stoner、T.Elias、東雅雄ら6人が持つ記録「10」まであと「1」。
  • A.Bautistaが250ccクラス・ステップアップ後初のポール・トゥ・ウィン。250ccクラスでのポール・トゥ・ウィン達成は昨年のA.Doviziosoに次いで史上47人目。スペイン人としては昨年のH.Barberaに次いで7人目。
    ポール・トゥ・ウィン1回は、V.Rossi、青山ヒロシ、C.Stonerら15人と並ぶクラス歴代32位タイ。同24位タイのA.Dovizioso、C.Sarron、M.Melandriら8人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Apriliaが今季5回目、イタリアGPでは2年連続11回目となる、クラス124回目、GP通算219回目(同日優勝した125ccクラスと合わせて)の優勝。
    クラス別では現在、歴代3位。同2位のYamahaが持つ記録「164」まであと「40」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「55」。

b0039141_16133230.jpg

かりにも「34」を背負うならもっとガンバレよと思ってしまうオレッチはただの懐古オヤジ?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • A.Bautistaがクラス4回目の表彰台獲得。高橋ユーキ、A.Puigら19人と並ぶクラス歴代107位タイに。同92位タイのH.Barbera、R.Locatelli、父ロッシら15人が持つ記録「5」まであと「1」。
  • A.De Angelisが今季3回目、クラス20回目の表彰台獲得。A.Doviziozo、T.Elias、J.Cornuと並ぶクラス歴代29位タイに。同24位タイのV.Rossi、D.Braun、T.Provini、C.Ubbiali、H.Bradlが持つ記録「21」まであと「1」。
  • H.Barberaが今季2回目、クラス5回目の表彰台獲得。R.Locatelli、父ロッシ、父ケニーら14人と並ぶクラス歴代92位タイに。同89位タイのG.Bonera、H-P.Muller、高橋国光が持つ記録「6」まであと「1」。

b0039141_16142928.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • H.Barberaが昨季開幕戦以来となるクラス2回目のFLを記録。J.Lorenzo、R.Locatelli、J-L.Tournadlreら21人と並ぶクラス歴代69位タイに。同54位タイのD.Braun、D.Sarron、P.Chiliら15人が持つ記録「3」まであと「1」。
  • Hondaが今季4回目、イタリアGPでは7年連続12回目となるクラス127回目のFLを記録。現在、クラス歴代3位。同2位のHondaが持つ記録「166」まであと「39」。


チャンピオンシップ
  • J.Lorenzoが8位に終わってジャンプ小僧の開幕ダッシュもここでようやく一息。早くもクラス初優勝を達成したA.Bautistaが一気に差を詰めてきて、タイトル争いは4人に絞られた感じ。で、日本人ライダーは蚊帳の外・・・(涙)


Notes
  • Lorenzo、Dovizioso、そしてBautistaの3人で、2001年に次ぐ史上2回目の開幕6戦連続ポール・トゥ・ウィン達成。ちなみに2001年は我らが加藤ダイジローとアラーダ哲也の2人で記録を達成している。勢いからすると次戦で抜かれそう?


b0039141_16183318.jpg

突如飛躍的にエ●さが高まったリズラ・ガールズ。
唐突な路線変更とチームの最近昇り調子の関連性について目下分析中・・・
Photo © Crascent Suzuki


b0039141_16164742.jpg

その手錠で逮捕されたらどんなことされちゃうんだr(以下、妄想中)
Photo © Crascent Suzuki



125cc Class

ポールポジション
  • H.Faubelが初のPP獲得。125ccクラスでのPP獲得は昨年のL.Pesekに次いで史上75人目。
    PP1回は、H.Barbera、S.Gadea、辻村猛ら19人と並ぶクラス歴代56位タイ。同47位タイのG.Talmacsi、L.Pesek、C.Stonerら9人が持つ記録「2」まであと「1」。


優勝
  • H.Faubelが今季2回目、クラス、GP通算ともに4回目の優勝。
    クラス別では、G.Talmacsi、M.Pasini、L.Cadaloraら11人と並ぶクラス歴代46位タイに。同39位タイのA.Dovizioso、T.Luthi、A.Crivilleら7人が持つ記録「5」まであと「1」。
    GP通算ではN.Pagani、E.Alzamora、高橋国光ら19人と並ぶ歴代132位タイに。同109位タイのT.Luthi、R.De Puniet、宇川徹、C.Sandford、R.Hollausら23人が持つ記録「5」まであと「1」。
  • Apriliaが今季5回目、イタリアGPでは2年連続8回目となるクラス95回目、GP通算219回目(同日優勝した125ccクラスと合わせて)の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のHondaが持つ記録「164」まであと「69」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「55」。

b0039141_16193850.jpg

表彰台で思い切りブン投げてたけど、ゲットした人羨ましい!
“io TiFo”ってどういう意味なんだろ?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • S.Gadeaが今季初、クラス5回目のFLを記録。H.Faubel、D.Pedrosa、M.Melandri、青木ハルら14人と並ぶクラス歴代34位タイに。同27位タイのH.Barbera、D.Braun、R.Waldmannら7人が持つ記録「6」まであと「1」。


Notes
  • 優勝したH.Faubelが首位ゲット。チェコ人初の王者を狙うL.Pesekが3位後退。

※ 記録は全てOretch独自集計なので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は1974年以降のみ。記録が無いのではなく、それ以前はPP制度が無かった。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。



b0039141_16203324.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_1621479.jpg

村長!!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA






●V.Rossi 表彰台 シーズン別内訳一覧
★=その年のチャンピオン

シーズン 合計回数 (優勝/2位/3位) ; メーカ マシン
--------------------------------------------------------------------
2000年 10回 (2 / 3 / 5) ; Honda NSR500
2001年 13回 (11 / 1 / 1) ; Honda NSR500 ★
2002年 15回 (11 / 4 / 0) ; Honda RC211V ★
2003年 16回 (9 / 5 / 2) ; Honda RC211V ★
2004年 11回 (9 / 2 / 0) ; Yamaha YZR-M1 ★
2005年 16回 (11 / 3 / 2) ; Yamaha YZR-M1 ★
2006年 10回 (5 / 4 / 1) ; Yamaha YZR-M1
2007年 4回 (2 / 2 / 0) ; Yamaha YZR-M1 ?

合計 8シーズン 95回 (優勝60回 2位24回 3位11回)

年平均12回。表彰台獲得率は79%。5回走って4回は表彰台。すっごいペースだな。
(ちなみに最高峰クラスでの勝率は今回の優勝で丁度50%)

現役2位のカピとは60近い差。PedrosaやStonerといった若い連中が、今後どこまでRossiの記録に迫れるかだね。

b0039141_16212289.jpg

まだまだ若いもんには負けねーぜ。だってオレだってまだ若いんだもん。
Photo © Yamaha Factory Racing / Motorsport.com



● Alexandre “Alex ” Barros 最高峰クラスでのキャリア・ハイライト
※ 2007年度の成績はイタリアGP終了時点のもの

シーズン ランキング 得点 優勝 表彰台 PP FL チーム (チームメイト)
--------------------------------------------------------------------
1990年 12位  57点 0勝 0回 0回 0回 Cagiva Corse (R.Mamola)
1991年 13位  46点 0勝 0回 0回 0回 Cagiva Corse (E.Lawson)
1992年 13位  29点 0勝 1回 0回 1回 Cagiva Corse (E.Lawson)
1993年  6位 125点 1勝 2回 0回 2回 Lucky Strike Suzuki (K.Schwantz)
1994年  8位 134点 0勝 1回 0回 0回 Lucky Strike Suzuki (K.Schwantz)
1995年  7位 104点 0勝 0回 0回 0回 Kanemoto Honda
1996年  4位 158点 0勝 3回 0回 0回 Honda Pileri
1997年  9位 101点 0勝 1回 0回 0回 Honda Gresini
1998年  5位 138点 0勝 2回 0回 2回 Honda Gresini
1999年  9位 110点 0勝 1回 0回 2回 Movistar Honda Pons (J.Borja)
2000年  4位 163点 2勝 3回 3回 1回 Emerson Honda Pons (L.Capirossi)
2001年  4位 182点 1勝 4回 0回 0回 West Honda Pons (L.Capirossi)
2002年  4位 204点 2勝 6回 1回 2回 West Honda Pons (L.Capirossi)
2003年  9位 101点 0勝 1回 0回 0回 Gauloises Yamaha (O.Jacque)
2004年  4位 165点 0勝 4回 0回 2回 Repsol Honda (N.Hayden)
2005年  8位 147点 1勝 2回 1回 2回 Camel Honda Pons (T.Bayliss)
2007年  9位  43点 0勝 1回 0回 0回 Pramac d’Antin (A.Hofmann)

最高峰クラス・フルシーズン参戦 17シーズン (クラス歴代1位)
最高ランキング4位
出走 233戦 (クラス歴代1位)
獲得点 合計2,007点 (クラス歴代3位)
PP 5回 (クラス歴代23位タイ)
優勝 7回 (クラス歴代23位)
ポール・トゥ・ウィン 1回 (クラス歴代22位タイ)
表彰台 32回 (クラス歴代16位タイ)
ファステストラップ 14回 (クラス歴代15位タイ)

b0039141_16225938.jpg

1990年にカジバで最高峰クラスでのキャリアをスタートさせて今年で17年目。
ただ一人の南米出身トップ・ライダーとして長きに渡って活躍してきた。
Photo © gallery.kushitani.ru


年齢詐称して1986年にデビューして以来21年。いまだ第一線で活躍する、まさにWGP界の鉄人。過去のチームメイトにE.Lawson、K.Schwantzといった伝説のチャンピオン達がいることからして、そこらの雑魚キャラとは格が違います。
そういえばチーム・グレシーニ創生期の貢献者だったんだよね。
カピロッシとペアを組んだチーム・ポンス時代がピークかな。
2001年以降、ゼッケンナンバーはずっと「4」を付けているけど、ランキング4位を5回獲得しながらそれ以上に一度も昇れなかったのが皮肉。今度は「3」とか付けてみたら?


● 現役ライダー 獲得ポイント・ランキング
※ データはOretch集計なので必ずしも正確じゃないかもしれないから先に謝っておきますゴメンナサイ

現役順位(歴代順位) 合計点 ライダー(国)
--------------------------------------------------------------------
1位 (2位) 2,270点 V.Rossi (ITA)
2位 (3位) 2,007点 A.Barros (BRA)
3位 (6位) 1,439点 C.Checa (ESP)
4位 (8位) 1,400点 L.Capirossi (ITA)
5位 (13位) 1,099点 K.Roberts Jr. (USA)
6位 (19位)  741点 N.Hayden (USA)
7位 (22位)  636点 M.Melandri (ITA)
8位 (25位)  615点 中野 真矢 (JPN)
9位 (28位)  562点 C.Edwards (USA)
10位 (34位)  436点 玉田 誠 (JPN)
11位 (39位)  370点 J.Hopkins (USA)
12位 (49位)  300点 J.McWilliams (AUS)
13位 (50位)  297点 D.Pedrosa (ESP)
14位 (54位)  248点 O.Jacque (FRA)
15位 (58位)  235点 T.Elias (ESP)
16位 (60位)  234点 C.Stoner (AUS)
17位 (72位)  171点 C.Vermeulen (AUS)
18位 (75位)  159点 A.Hofmann (GER)
19位 (142位)  56点 R.De Puniet (FRA)
20位 (286位)  14点 S.Guintoli (FRA)
21位 (330位)  10点 A.Pitt (AUS)
22位 (426位)   5点 F.Nieto (ESP)
23位 (500位)   3点 秋吉 耕佑 (JPN)
24位 (599位)   1点 Ku.Roberts (USA)

Stonerはまだ16位。今季の突然の大爆発ぶりがよく分かるな。(序盤6戦でもう昨季1年分のポイントを稼いじゃった)

日テレのアナウンサーがTV放送の中でバロスの2,000点達成について言及してたから、それに乗っかって取り敢えずランクを書き出してみたけど、ポイント制度はこれまで何度も変更されてきたから、オレッチはポイント合計がそのライダーの実力を表すものとは全く思ってない。
実際、AgostiniはRossiの半分の点数にしからならないし、SpencerやHailwoodがHaydenやEdwardsよりも点数が少なかったりするしね。

とは言っても、20年近くかけて2,000点を積み上げてきたその実績は存分に讃えられていいとは思う。Barrosご苦労さん。まだまだ、同い年の”星”としてこれからも頑張って!

b0039141_16234239.jpg

メル・ギブソンかジョージ・クルーニーかってくらい渋くてカッコよくなったなぁ。(褒めすぎ?)
まだまだガンバレ!
Photo © Pramac d’Antin / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2007-06-08 03:04 | MotoGP

<< Newインプレッサ 発売 【MotoGP】第6戦 イタリ... >>