2007年 07月 07日
【MotoGP】第9戦 ダッチTT(オランダGP) 結果

今年4度目のドライ・コンディションでの2人のタイマン・バトル。ロッシがようやく勝った!

b0039141_22313627.jpg

Photo © Yamaha Factory Team / Motosport.com


b0039141_22315337.jpg

Photo © Yamaha Racing Communications



A=STYLE TT ASSEN
@ Assen Circuit ; 30th June 2007

※ 関連記事 → 【MotoGP】第9戦 ダッチTT(オランダGP) レビュー


■ MotoGP Race Result

Final Classification : 26Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI   42’37.149(11)
[ 2] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS    +1.909 ( 2)
[ 3]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol; MI      +6.077 (13)
[ 4] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol; MI      +10.465 ( 9)
[ 5] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS       +13.138 ( 5)
[ 6]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT; MI     +15.139 ( 6)
[ 7]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac; BS       +36.075 (12)
[ 8] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS     +41.768 ( 8)
[ 9] 13 Anthony WEST (AUS) Kawasaki; K.R.T.; BS   +43.605 ( 7)
[10] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS    +43.796 ( 4)
[11]  7 Carlos CHECA (ESP) Honda; LCR; MI        +43.826 (16)
[12] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI        +47.896 (15)
[13]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL   +54.068 (18)
[14] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL  +57.718 (17)
[15] 80 Kurtis ROBERTS (USA) Roberts; Roberts.; MI  +1’28.637 (14)

b0039141_22324081.jpg

Photo © Yamaha Racing Communications


Race Leader Sequence
 Lap 1 27 Casey STONER; Ducati
 Lap23 46 Valentino ROSSI; Yamaha

Pole Position
 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS  1'48.555

Fastest Lap
 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI  1'37.433 @ Lap 13

Event Max Speed
 27 Casey STONER (AUS) Ducati  291.5km/h @ Race

b0039141_2233296.jpg

Photo © Yamaha Factory Team / Motosport.com



■ 250cc Race Result

Final Classification : 24Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna    40’25.904 ( 1)
[ 2] 3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar      +3.857 ( 7)
[ 3] 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia; Aspar       +8.683 ( 3)
[ 5]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull      +30.800 ( 4)
[10] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Humangest  +1’18.958 (15)
[12] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella  + 1’26.810 (19)
[13] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol      +1’26.850 (14)

Pole Position
 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna  1'39.958

Fastest Lap
 3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar  1'40.354 @ Lap 13

Event Max Speed
 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Aprilia  251.3km/h @ Qualify1

b0039141_22331692.jpg

今年6回目のポール・トゥ・ウィンを決めたロレンツォ。やっぱ速いなー。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 125cc Race Result

Final Classification : 22Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 75 Mattia PASINI (JPN) KTM; Red Bull   38’58.171 ( 1)
[ 2] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar     +6.115 ( 7)
[ 3] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar   +6.146 ( 6)
[ 6] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull +6.633 (13)

Pole Position
 75 Mattia PASINI (JPN) KTM; Red Bull  1'45.603

Fastest Lap
 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar  1'45.551 @ Lap 4

Event Max Speed
 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM  213.0km/h @ Race

b0039141_22333082.jpg

表彰台惜しかったなぁ。でもまだ勢いは衰えてないぞ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



b0039141_22334066.jpg

やっぱりカラっと晴れたドライ・コンディションが好き。
Photo © Yamaha Motor Co.





■ Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro - 185pts.
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT - 164pts. (-21)
[ 3] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol - 119pts. (-66)
[ 4] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla - 94pts. (-91)
[ 5] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla - 88pts. (-97)
[ 6] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini - 87pts. (-98)
[ 7]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT - 75pts. (-110)
[ 8]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac - 69pts. (-116)
[ 9] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro - 57pts. (-128)
[10]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol - 57pts. (-128)
[15] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JIR - 25pts. (-160)
[16]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop - 20pts. (-165)

MotoGP Constructor

[ 1] Ducati - 188pts.
[ 2] Yamaha - 171pts. (-11)
[ 3] Honda - 149pts. (-39)
[ 4] Suzuki - 122pts. (-66)
[ 5] Kawasaki - 56pts. (-132)
[ 6] Roberts - 8pts. (-180)
[NC] Ilmor - 0pt.

b0039141_22345440.jpg

レースに負けてもポイント差は短縮は最小限に抑えたストーナー。
まだまだ優位であることは変わりない。それにしてもパラソル・ガールかわいいっ!
Photo © Ducati Corse


b0039141_22352580.jpg

「う~む、ストーナーの奴め、なかなか手ごわいの~」
Photo © Yamaha Racing Communications


250cc Riders

[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna - 178pts.
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot - 155pts. (-23)
[ 3]  3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar - 155pts. (-23)
[ 9]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 53pts. (-125)
[10] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol - 51pts. (-127)
[12] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot - 41pts. (-137)
[20] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella - 13pt. (-165)

125cc Riders

[ 1] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar - 138pts.
[ 2] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar - 131pts. (-7)
[ 3] 33 Sergio GADEA (ESP) Aprilia; Aspar - 105pts. (-33)
[ 5] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 98pts. (-40)

b0039141_22353969.jpg

おっ!ウマそっ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_22354858.jpg

ぉお! こ、こっちの方がもっとウマ(以下自粛)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ Statistics and Notes

MotoGP Class

ポールポジション
  • C.Vermeulenが今季初、ダッチTT(オランダGP)では自身初となる、クラス3回目のPP獲得。玉田誠、C.Checaと並ぶクラス歴代29位タイに。同26位タイのN.Hayden、P.Read、G.Crosbyが持つ記録「4」まであと「1」。
  • Suzukiが今季初、ダッチTTでは2年連続9回目となる、クラス94回目のPP獲得。現在、クラス歴代3位。同2位のYamahaが持つ記録「138」まであと「44」。

b0039141_2236161.jpg

このところすっかり「雨と言えばバーミューレン」って感じだな。
謹んで“オレッチの選ぶレイン・マスター”に認定しましょう。
Photo © Crescent Suzuki


優勝
  • V.Rossiが今季3回目、ダッチTTでは2年ぶり4回目となる、クラス61回目、通算87回目の優勝。
    クラス別では、現在歴代2位。同1位のG.Agostiniが持つ最多記録「68」まであと「7」。
    GP通算では、現在歴代3位。同2位のA.Nietoが持つ記録「90」まであと「87」。
  • Yamahaが今季3回目、ダッチTTでは2年ぶり10回目となる、クラス150回目、GP通算433回目(※参考)の優勝。
    クラス別では、現在歴代2位。同1位のHondaが持つ最多記録「204」まであと「54」。
    GP通算でも、現在歴代2位。同1位のHondaが持つ最多記録「619」まであと「186」。

b0039141_22361674.jpg

今季は9戦目にしてようやく3勝目。
ストーナーを逆転するには、残り9戦で一つでも多くの勝ち星を挙げるしかない。
Photo © Yamaha Racing Communications


表彰台
  • V.Rossiが今季6回目、ダッチTTでは2年ぶり6回目となる、クラス97回目の表彰台獲得。歴代1位の最多記録を更新し、同2位のM.Doohanが持つ記録「95」との差を「2」に拡大。現役2位のL.Capirossiが持つ記録「38」との差は「59」に。
  • C.Stonerが今季トップの7回目、ダッチTTでは最高峰クラスで自身初となる、クラス8回目の表彰台獲得。L.Graham、L.Liberati、片山敬済、C.Edwardsら7人と並ぶクラス歴代56位タイに。同47位タイのG.McCoy、R.Roche、R.Haslamら9人が持つ記録「9」まであと「1」。
  • N.Haydenが今季初、ダッチTTでは優勝した昨年に続いて2年連続2回目となる、クラス21回目の表彰台獲得。タディ岡田と並ぶクラス歴代25位タイに。同24位のK.Roberts Jr.が持つ記録「22」まであと「1」。

b0039141_22365281.jpg

ようやく今季初の表彰台を獲得した前年チャンピオン。
シャンパンの勢いがスゴイなぁ。どんだけ溜まってたんだよ?(笑)
Photo © Wolf J Flywheel / SUPERBIKEPLANET


ファステストラップ(FL)
  • V.RossiがスペインGP以来となる今季2回目、ダッチTTでは2年ぶり5回目となる、クラス51回目のFLを記録。現在、クラス歴代2位。同1位のG.Agostiniが持つ最多記録「69」まであと「18」。
  • Yamahaが今季2回目、ダッチTTでは2年ぶり10回目となる、クラス142回目のFLを記録。現在、クラス歴代2位。同1位のHondaが持つ最多記録「219」まであと「77」。

b0039141_22373578.jpg

ストーナーを追い詰めていくときのファステスト・ラップの連発は凄かった。
どんどんストーナーの後ろ姿が大きくなっていって楽しかったろうな。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


チャンピオンシップ
  • V.Rossiが今季3勝目を決めるものの、首位C.Stonerが手堅く2位に入ったため、ポイント差は僅か5点しか縮まず。ま、広がるよりはマシだわね。
  • レースに負けたとは言え、C.Stonerは依然として9戦終わって185点(1戦あたり平均20.6点)というハイペースを維持。まだまだ逃げ切れる可能性は高い。
  • DucatiとYamahaの差も5点差だけ縮まった。まだ二桁差あるものの、一戦でひっくり返りかねないぐらいの接戦。DucatiとしてはL.Capirossiにもう少し頑張って欲しいところだね。

b0039141_22375788.jpg

ガチ勝負での勝敗はまだストーナーが3勝1敗で勝ち越し中。
そろそろロッシの口から去年みたいに「残り全勝」宣言が出ないかなぁ(ワクワク)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Notes
  • (※まずは前回書き忘れたこのネタから)
    V.RossiがイギリスGPで4位に入賞し、最高峰クラスでの通算獲得ポイントを「2,303」点とした。これは、それまでM.Doohanが持っていた最多記録(2,298点)を抜くGP新記録。V.Rossiが、表彰台最多記録に続いて2つ目の勲章をゲットした。
    さらにダッチTTでも25点を追加して通算獲得ポイントを「2,328」点にまで伸ばし、M.Doohanとの差を更に拡げた。
    ちなみに、僚友C.EdwardsはダッチTT6位入賞で通算598点とし、ケニー父(594点)を抜いた。
  • V.Rossiがスペシャル・カラーリング・マシンで3勝目を達成。本GPを含めて、過去にV.Rossiがスペシャル・カラーを施されたマシンで出走したレースは計7回。
    7戦して3勝。勝率にすると、Rossiのキャリア通算勝率と変わらない。スペシャル・カラーリングのご利益はあまり無いみたいね。
    V.Rossiの過去のスペシャル・カラーリング・マシンでの戦績詳細は末尾参照。
  • Yamahaが最高峰クラス150勝を達成。Hondaに続いて史上2メーカー目の快挙。
    1つのクラスで150勝以上を達成したことがあるのはHonda(最高峰、250cc、125ccクラス)とYamaha(最高峰、250ccクラス)の2社のみ。Apriliaが現在250ccクラスで126勝まできているから、現在のペースだと3年後くらいには3番目の150勝達成メーカーになりそう。
  • かつて無敵を誇ったHondaは今回も勝てず。シーズン折り返し点でHondaが未勝利なのは、GP復帰直後の1982年以来25年ぶりの一大事。
  • 今回もポール・トゥ・ウィン(以下、P2W)は達成されず、P2W無しはこれで「11」戦連続に。最高峰クラスでの最長記録を更新。
  • ハットトリック(PP、優勝、FLの同時達成)も同じく未達成で、ハットトリック無しはこれで「17」戦連続に。P2Wと同じく、最高峰クラスでの最長記録を更新。

b0039141_22391672.jpg

おぉ、かつて現場で仇敵として凌ぎを削りあった2人の貴重な2ショット。
25年ぶりという自軍の大不振に、現地を訪れていた福井社長は何を思ったか?
Photo © Wolf J Flywheel / SUPERBIKEPLANET



250cc Class

ポールポジション
  • J.Lorenzoが今季6回目、ダッチTTでは3年連続3回目となる、クラス20回目のPP獲得。現在、クラス歴代6位。同5位のC.Lavadoが持つ記録「21」まであと「1」。
  • Apriliaが6戦連続今季8回目、ダッチTTでは2年連続、最多13回目となる、クラス144回目のPP獲得。クラス歴代1位記録を更新し、同2位のHondaの持つ記録「119」との差を「25」に拡大。

優勝
  • J.Lorenzoが今季6回目、ダッチTTでは2年連続2回目となる、クラス14回目、GP通算18回目の優勝。
    クラス別では、T.Provini、V.Rossi、R.Waldmannと並ぶ歴代14位タイに。同12位タイのA.Pons、D.Pedrosaの同郷の2人の大先輩が持つ記録「15」まであと「1」。
    GP通算では、W.Gardner、S.Doerflinger、K.Andersonと並ぶ歴代38位タイに。同35位タイのG.Hocking、R.Tormo、C.Lavadoが持つ記録「19」まであと「1」。
  • J.Lorenzoが今季6回目、ダッチTTでは2年連続2回目となる、クラス13回目のポール・トゥ・ウィン。W.Villaと並ぶクラス歴代3位タイに。同2位のA.Mangが持つ記録「16」まであと「1」。
  • Apriliaが今季7回目、ダッチTTでは7年連続、最多タイ13回目となる、クラス126回目、GP通算223回目(同日の125ccクラスと合わせて)の優勝。
    クラス別では現在、歴代3位。同2位のYamahaが持つ記録「164」まであと「38」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「51」。

b0039141_22392722.jpg

ロレンツォの来季MotoGPクラスへのステップアップがようやく具体化してきたみたいね。
ヤマハと交渉中らしいけど、ロッシのチームメイトの線は流石に無いだろうね。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • J.Lorenzoが今季トップの7回目、クラス24回目の表彰台獲得。D.Pedrosaと並ぶクラス歴代21位タイに。同17位タイのダイジロー、R.Gould、W.Villa、M.Melandriが持つ記録「25」まであと「1」。
  • A.De Angelisが5戦連続今季6回目、クラス23回目の表彰台獲得。A.Dovizioso、R.De Punietを抜いてクラス歴代単独23位に。同21位タイのJ.Lorenzo、D.Pedrosaが持つ記録「24」まであと「1」。
  • A.Bautistaが早くもクラス5回目の表彰台獲得。H.Barbera、L.Locatelli、パパRossiら15人と並ぶクラス歴代92位タイに。同89位タイのH-P.Muller、高橋国さん、G.Boneraが持つ記録「6」まであと「1」。

ファステストラップ
  • A.De Angelisが今季トップの3戦連続5回目、ダッチTTでは250ccクラスで自身初となる、クラス13回目のFLを記録。現役最多記録を更新し、C.Lavadoと並ぶクラス歴代13位タイに。同12位のJ.Redmanが持つ記録「14」まであと「1」。
  • Apriliaが今季トップの4戦連続7回目、ダッチTTでは3年連続10回目となる、クラス130回目のFLを記録。現在、クラス歴代3位。同2位のHondaが持つ記録「166」まであと「36」。

b0039141_22395523.jpg

最近はどこのGPでも過激なファンが目立ってきたな。
そんだけWGPが盛り上がってるってことでしょうか?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


チャンピオンシップ
  • 首位J.Lorenzoがまたもや驚速ぶりを発揮して9戦目にして6回目のP2W。前戦のミスを穴埋めして、表彰台を逃した2位Doviziosoとの差を「23」点差に拡大した。DoviziosoはとうとうDe Angelisにも追いつかれて涙目。

Notes
  • J.Lorenzoが2年で13回のポール・トゥ・ウィン(以下、P2W)を達成。T.Mang(1980-1981年で13回)、M.Biaggi(1995-1996年で13回)と並ぶタイ記録。もし今季中にあと1回以上P2Wをマークしたら新記録。
    ちなみに、P2Wの年間最多記録は1981年にT.Mangが達成した「9」回。今のLorenzoの勢いなら更新できそう。
  • A.De Angelisが13回目のFLをマークし、250ccクラスでの未冠ライダー最多記録を更新(涙)

b0039141_22402333.jpg

は、はみ、はみ・・・!!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



125cc Class

ポールポジション
  • M.Passiniが今季トップ6回目、クラス8回目のPP獲得。A.Bautista、M.Poggiali、D.Raudies、G.Bertinと並ぶクラス歴代15位タイに。同12位タイのD.Pedrosa、A.Dovizioso、H.Spaanが持つ記録「9」まであと「1」。

優勝
  • M.Pasiniが2戦連続、ダッチTTでは自身初となる、クラス、GP通算ともに6回目の優勝。
    クラス別では、T.Provini、D.Braun、真子智巳、H.Barberaら6人と並ぶクラス歴代33位タイに。同27位タイのP.Peleri、A.Vincent、M.Kallioら6人が持つ記録「7」まであと「1」。
    GP通算では、中野真矢、タディ岡田、M.Lucchinelli、U.Masetiら13人と並ぶ歴代96位タイに。同81位タイのO.Jacque、C.Sarron、K.Carruthers、H.Barberaら15人が持つ記録「7」まであと「1」。
  • Apriliaが今季トップ7回目、ダッチTTでは4年ぶり3回目となる、クラス97回目、GP通算223回目(同日の125ccクラスと合わせて)の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のHondaが持つ最多記録「164」まであと「67」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「51」。

b0039141_22403395.jpg

125ccは相変わらず混沌としてますな。
一部に125ccクラス廃止の動きがあるようだけど絶対許さん!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • H.Faubelが今季初、クラス6回目のFLを記録。H.Barbera、D.Braun、P.Oettlら7人と並ぶクラス歴代27位タイに。同21位タイの真子智巳、T.Provini、K.Anderssonら6人が持つ記録「7」まであと「1」。

Notes
  • Apriliaが昨季の日本GP以来12戦連続ポール・ポージション。

※ 記録は全てOretch独自集計なので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は現在の予選制度が設けられた1974年以降のみ。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。


b0039141_22411422.jpg

ヨーロッパのGPには、こういう “マーシャル歴ウン十年”って感じのお爺さん達が多い。
いい人生送ってるなぁ、って思う。羨ましい。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_22412431.jpg

ベスト・ショット・オブ・ダッチTT。
ばかやろ(笑)
Photo © Yamaha Factory Team / Motorsport.com






■ ロッシのスペシャル・カラーリング・マシンでの戦績一覧。

シーズン GP クラス マシン カラーリング・テーマ 成績
-------------------------------------------------------------
1998年 イタリアGP 250ccクラス Aprilia トリコロール 予選4位 決勝2位
1999年 イタリアGP 250ccクラス Aprilia サイケ・フラワーⅠ 予選6位 決勝1位
2001年 イタリアGP 500ccクラス Honda サイケ・フラワーⅡ 予選1位 決勝リタイア
2003年 バレンシアGP MotoGP Honda サイケ・フラワーⅢ 予選1位 決勝1位
2005年 アメリカGP MotoGP Yamaha 50周年USカラー 予選2位 決勝3位
2005年 バレンシアGP MotoGP Yamaha 50周年インターカラー 予選15位 決勝3位
2007年 オランダGP MotoGP Yamaha FIAT500発売記念 予選11位 決勝1位

※ カラーリング・テーマはオレッチが適当に名づけてます

b0039141_22415939.jpg

1999年イタリアGP。スペシャル・カラー初勝利。
Photo © Aprilia


b0039141_22424324.jpg

2003年バレンシアGP。ホンダでのラスト・ランで2勝目。
ちなみにこのデザインは、昨年のイタリアGPでもヘルメットをデザインしたMila Manara氏。
Photo © Richard Sloop / Motorsport.com


スペシャル・カラーにしたからって簡単に勝てるわけじゃない。2005年はヤマハ50周年と言うことで、アメリカGPとバレンシアGPの2度もスペシャル・カラーで登場したけど、結局どちらも勝てずヤマハ涙目・・・・

b0039141_2245365.jpg

2005年アメリカGP。一応表彰台は押さえてけどね。
Photo © Gauloises Fortune Racing / Motorsport.com



b0039141_22504291.jpg
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com

[PR]
by oretch | 2007-07-07 23:32 | MotoGP

<< 【MotoGP】第9戦 ダッチ... 【MotoGP】FIAT Ya... >>