2007年 07月 24日
【MotoGP】第10戦 ドイツGP 結果
ヒロシキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

b0039141_1101347.jpg

Photo © Associates Press


ロッシコケタ━━━━('A`)━━━━!!!!!

b0039141_1102762.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND
@ Sachsenring ; 15 July 2007


※ 関連記事 : 【MotoGP】第10戦 ドイツGP レビュー

■ MotoGP Race Result

Final Classification : 30Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol; MI    41’53.196 ( 2)
[ 2] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS  +13.166 ( 7)
[ 3]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol; MI     +16.771 (14)
[ 4]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT; MI    +18.299 (13)
[ 5] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS   +31.426 ( 1)
[ 6] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS    +31.917 ( 3)
[ 7] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS       +33.395 ( 5)
[ 8] 13 Anthony WEST (AUS) Kawasaki; K.R.T.; BS   +41.194 (12)
[ 9] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS    +43.214 (16)
[10] 84 Michel FABRIZIO (ITA) Honda; Gresini; BS    +44.459 (17)
[11] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS   +1’01.894 (11)
[12] 80 Kurtis ROBERTS (USA) Roberts; Roberts.; MI +1’10.721 (19)
[13]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL   +2 Laps (18)
[14]  7 Carlos CHECA (ESP) Honda; LCR; MI        +3 Laps (15)
[NC] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI       +11 Laps (10)
[NC] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI    +25 Laps ( 6)

b0039141_1105573.jpg

予選では2番手に甘んじたペドロサが、決勝レースでは後続に大差を付ける圧勝。
“同期”のストーナーにいつまでもやられっぱなしじゃないぜ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Race Leader Sequence
 Lap 1 26 Dani PEDROSA; Honda

Pole Position
 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS  1'22.384

Fastest Lap
 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol; MI  1'22.082 @ Lap 6

Event Max Speed
 27 Casey STONER (AUS) Ducati  280.4km/h @ Qualify

b0039141_1462488.jpg

ペドロサは昨季イギリスGP以来、まる1年ぶりの勝利。
カピとヘイデンはともにやっと2回目の表彰台。この3人が後半戦の主役になる?
Photo © Honda Motor Co.



■ 250cc Race Result

Final Classification : 29Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull   41’16.191 ( 6)
[ 2] 36 Mika KALLIO (FIN) KTM; Red Bull        +0.119 ( 1)
[ 3] 3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar     +0.274 ( 3)
[ 8] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Humangest +22.309 (10)
[12] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol     +42.211 (17)
[16] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella + 56.105 (18)

Pole Position
 36 Mika KALLIO (FIN) KTM; Red Bull  1'24.413

Fastest Lap
 36 Mika KALLIO (FIN) KTM; Red Bull  1'24.762 @ Lap 29

Event Max Speed
 36 Mika KALLIO (FIN) KTM  246.0km/h @ Free2

b0039141_1112335.jpg

ヒロシは昨季日本GP以来の勝利。KTMのエースはこのオレだぜ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 125cc Race Result

Final Classification : 27Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar  39’30.802 ( 1)
[ 2] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull  +3.532 (15)
[ 3] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar      +3.610 ( 3)

Pole Position
 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar  1'26.839

Fastest Lap
 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar  1'26.909 @ Lap 3

Event Max Speed
 17 Stefan BRADL (GER) Aprilia  206.6km/h @ Free1

b0039141_1113599.jpg

コヤマックスも表彰台ゲット。これでランキングでもトップ3入り。
大逆転タイトルだって夢じゃないんだぜ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



b0039141_1114684.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA




■ Point Standings

MotoGP Riders

[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro - 196pts.
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT - 164pts. (-32)
[ 3] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol - 144pts. (-52)
[ 4] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla - 103pts. (-93)
[ 5] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini - 97pts. (-99)
[ 6] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla - 93pts. (-103)
[ 7]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT - 88pts. (-108)
[ 8] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro - 77pts. (-119)
[ 9]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol - 73pts. (-123)
[10]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac - 69pts. (-127)
[15] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JIR - 25pts. (-171)
[16]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop - 23pts. (-173)

MotoGP Constructor

[ 1] Ducati - 208pts.
[ 2] Yamaha - 184pts. (-24)
[ 3] Honda - 174pts. (-34)
[ 4] Suzuki - 131pts. (-77)
[ 5] Kawasaki - 64pts. (-144)
[ 6] Roberts - 12pts. (-196)
[NC] Ilmor - 0pt.

b0039141_1204010.jpg

失速はしたもののロッシのリタイアでさらに優位に立ったストーナー。
残り8戦。そろそろタイトルを意識しだす頃じゃないかな?
Photo © Bridgestone / Motorsport.com


b0039141_1143182.jpg

クラッシュ後、ピットに戻るロッシの肩はずっと落ちっぱなし。
なんか最近、ロッシに”脆さ”を感じる。気のせいじゃなくて。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


250cc Riders

[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna - 191pts.
[ 2]  3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar - 171pts. (-20)
[ 3] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot - 166pts. (-25)
[ 6]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 78pts. (-113)
[11] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol - 55pts. (-136)
[12] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot - 49pts. (-142)
[21] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella - 13pt.

125cc Riders

[ 1] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar - 156pts.
[ 2] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar - 154pts. (-2)
[ 3] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 118pts. (-38)

b0039141_1144093.jpg

ここ4戦で優勝1回、表彰台3回。見事な成績。
実は直近4戦ではコヤマックスが一番ポイントを稼いでるんだぜ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_114506.jpg

すげぇぜコヤマックス!まぁこれでも喰ってくれ!オレッチの奢りだ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ Statistics and Notes

MotoGP Class

ポールポジション
  • C.StonerがイタリアGP以来今季2回目、ドイツGPでは自身初となる、クラス3回目のPP獲得。C.Vermeulen、玉田誠、C.Checaと並ぶクラス歴代29位タイに。同26位タイのN.Hayden、P.Read、G.Crosbyが持つ記録「4」まであと「1」。
  • DucatiがイタリアGP以来今季2回目、ドイツGPでは自身初となる、クラス11回目のPP獲得。現在、クラス歴代4位。同3位のSuzukiが持つ記録「94」まであと「83」。

b0039141_115433.jpg

ツイスティなザクセンでもPPゲットとなると、もう弱点が見つからない。と思ったが・・・
Photo © Ducati Corse


優勝
  • D.Pedrosaが今季初、ドイツGPでは250ccクラス時代の2005年以来2年ぶり(最高峰クラスでは初)となる、クラス3回目、通算26回目の優勝。
    クラス別では、N.Hayden、ノリック阿部、G.McCoyら10人と並ぶ歴代35位タイに。同31位タイのL.Liberati、タディ岡田、J.Kocinski、R.Armstrongが持つ記録「4」まであと「1」。
    GP通算では、K.Schwantz、H.Andersonを抜いて歴代単独22位に。同19位タイのF.Spencer様、P.Bianchi、E.Lazzariniが持つ記録「27」まであと「1」。
  • Hondaが今季初、ドイツGPでは2004年以来3年ぶり最多11回目となる、クラス205回目、GP通算620回目(※参考)の優勝。クラス別、GP通算ともにダントツ歴代1位のWGP最多記録を更新。
    クラス別では、同2位のYamahaの持つ記録「150」との差を「55」に拡大。
    GP通算でも、同2位のYamahaの持つ記録「433」との差を「187」に拡大。

b0039141_1151688.jpg

ポイント差を考えると、ペドロサ自身の逆転タイトルは現時的に難しい。
だけど、後半戦のキャスティングボードを握ることになるのは間違いない。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • D.Pedrosaが今季5回目、ドイツGPでは最高峰クラスで自身初となる、クラス13回目の表彰台獲得。A.Paganiと並ぶクラス歴代36位タイに。同35位のD.Beattieが持つ記録「14」まであと「1」。
  • L.Capirossiが第3戦トルコGP以来7戦ぶりの今季2回目、ドイツGPでは最高峰クラス10年のキャリアで初となる、クラス39回目の表彰台獲得。“King” K.Roberts Sr.と並ぶクラス歴代13位タイに。同12位のB.Sheeneが持つ記録「40」まであと「1」。
    現役ではV.Rossiに次いで堂々2位。でもその差は「58」。まず追いつけません。
  • N.Haydenが2戦連続今季2回目、ドイツGPでは4年連続4回目となる、クラス22回目の表彰台獲得。K.Roberts Jr.と並ぶクラス歴代24位タイに。同20位タイの“Big John” Surtees、J.Findlay、L.Cadalora、C.Checaが持つ記録「24」まであと「2」。

b0039141_1153566.jpg

ペドロサは最高峰クラス13回目の表彰台。
オレッチは「13」って数字好きだな。いいよね「13」・・・。いい・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ(FL)
  • D.Pedrosaが今季2回目、ドイツGPでは250ccクラス時代から3年連続3回目となる、クラス6回目のFLを記録。L.Graham、C.Sarron、L.Cadaloraと並ぶクラス歴代24位タイに。同23位のタディ岡田が持つ最多記録「7」まであと「1」。
  • Hondaが今季トップタイの3回目、ドイツGPでは6年連続、最多15回目となる、クラス220回目のFLを記録。クラス歴代1位の最多記録を更新し、同2位のYamahaが持つ記録「142」との差を「78」に拡大。

b0039141_1154544.jpg

序盤の出遅れが悔やまれるけど、後半はいい追い上げを見せたヘイデン。
次は超得意な母国GP、ラグナセカ。いい風が吹いてきた。
Photo © Honda Motor Co.


チャンピオンシップ
  • ポイント首位C.Stonerが終盤失速して5位に終わったものの、V.Rossiは序盤ですでにリタイアしていたために、両者のポイント差は8戦を残して「32」点に拡大。Rossiが自力で逆転するには、残りGPを全勝しなければならない。
  • DucatiとYamahaの差が「24」点に拡大する一方、今季初優勝をゲットして復調傾向のHondaが首位Ducatiとの差を「34」点差にまで縮めた。メーカー・タイトルは今後3つ巴の展開になりそう。

b0039141_1155462.jpg

エドワーズがストーナーに先着して貴重なアシスト。でも焼け石に水?
返す返すもロッシの拙速なアタックが悔やまれる・・・・。ま、結果論なんだけどね。
Photo © Yamaha Factory Team / Motorsport.com


Notes
  • 東西ドイツ時代も含めてドイツGPでのオーストラリア人のPPは、1997年のM.Doohan以来10年ぶり、C.Stonerで史上3人目。1人目は1988年のW.Garder。
  • 東西ドイツ時代も含めてドイツGPでのスペイン人の優勝は、2003年のS.Gibernau以来4年ぶり、D.Pedrosaで史上2人目。
  • 東西ドイツ時代も含めてドイツGPでのスペイン人のFLは、2005年のS.Gibernauから3年連続、D.Pedrosaで史上2人目。
  • Hondaが今季ようやく勝って、これで1982年以来26年(シーズン)連続で最高峰クラスでの優勝を記録。もちろんWGP史上最長記録。歴代2位は、1972年から1996年にかけてYamahaが記録した25年連続。
  • シーズン折り返し時点でオーストラリア人ライダーがポイント首位なのは、1998年のM.Doohan以来9年ぶり。
  • シーズン折り返し時点で日本製じゃないマシンに乗るライダーがポイント首位に立っているのは、MV Agustaに乗るG.Boneraが首位で折り返した1974年以来33年ぶり。ちなみに同年は、同じくMV Agustaに乗るP.Readがチャンピオンになった。(当時は有効ポイント制)
  • シーズン折り返し時点で、日本以外のメーカーがメイクス・ポイント首位に立っているのは、MV Agustaが圧倒的な強さを誇った1972年以来35年ぶり。ちなみにMV Agustaはこの年、全13戦中12勝をあげて、現在のところ日本以外のメーカーによる最後の最高峰クラスのタイトルを獲得した。
  • ポール・トゥ・ウィン(以下、P2W)未達成はこれで「12」戦連続に。最高峰クラスの最長記録を更新中。
  • ハットトリック(PP、優勝、FLの同時達成)未達成は「17」戦連続に。こちらも最高峰クラスでの最長記録を更新中。
  • M.Fabrizioが2004年以来3年ぶりの最高峰クラス復帰でポイントゲット。10位は2004年スペインGPと並ぶ自己ベスト。

b0039141_116733.jpg

へイデン「ねぇねぇ、タイヤどうかしちゃったの?(含笑)」
ストーナー「見てんじゃねぇよ(怒)」
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_116224.jpg

Photo © Kawasaki / Motorspor.com



250cc Class

ポールポジション
  • M.Kallioが250ccクラス・ステップアップ後初のPP獲得。250ccクラスでのPP獲得は今季イタリアGPでのA.Bautistaに次いで史上85人目。フィンランド人としては、1976年のP.Korhonen以来31年ぶり史上2人目。
    PP1回は、A.Bautista、R.Locatelli、J-M.Bayle、青木ノブら28人と並ぶクラス歴代57位タイ。同48位タイのH.Barbera、C.Stoner、宇川徹ら9人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • KTMが昨季最終戦以来となるクラス2回目のPP獲得。Bartolと並ぶクラス歴代9位タイに。同8位のRealが持つ記録「3」まであと「2」。


優勝
  • 青山博一が今季初、ドイツGPでは自身初となる、クラス、GP通算ともに4回目の優勝。
    クラス別では、A.Dovizioso、宇川徹、D.Sarronら8人と並ぶ歴代46位タイに。同35位タイのD.Ambrosini、E.Lorenzetti、M.Poggiali、C.Stonerら11人が持つ記録「5」まであと「1」。
    GP通算では、N.Pagani、B.Ruffo、高橋国光、H.Faubelら18人と並ぶ歴代134位タイに。同110位タイのF.Frith、T.Luthi、S.Sandrod、R.De Puniet、宇川徹、辻村猛ら24人が持つ記録「5」まであと「1」。
  • KTMが今季初、ドイツGPでは2005年の125ccクラス以来となる、クラス3回目、GP通算16回目の優勝。
    クラス別では現在、歴代12位。同11位のMondialが持つ記録「14」まであと「1」。
    GP通算では、Ducatiと並ぶ歴代20位タイに。同18位タイのMBA、Mondialが持つ記録「18」まであと「2」。

b0039141_1164060.jpg

KTMの優勝回数16回のうち4回は日の丸ライダーですから。
オーストリアの皆さん、この日墺友好親善のナイス・スマイル憶えておいて!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • 青山博一が今季2回目、クラス16回目の表彰台獲得。J.Kocinski、D.Sarron、M.Wimmerら5人と並ぶクラス歴代39位タイに。同38位のB.Ivyが持つ記録「17」まであと「1」。
  • M.Kallioが250ccクラス・ステップアップ後初の表彰台獲得。250ccクラスでの表彰台獲得は今季スペインGPでのA.Bautistaに次いで史上259人目。フィンランド人としては、1975年のT.Virtanen以来32年ぶり史上5人目。
    表彰台1回は、青山シューヘイ、S.Guintoli、松戸直樹、平忠彦ら84人と並ぶクラス歴代175位タイ。同151位タイの小林大、本橋明泰、J.Filice、O.Chevallierら24人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • A.De Angelisが6戦連続今季トップ・タイの7回目、クラス24回目の表彰台獲得。J.Lorenzo、D.Pedrosaと並ぶクラス歴代21位タイに。同17位タイのダイジロー、M.Melandri、W.Villa、R.Gouldらチャンピオン経験者達が持つ記録「25」まであと「1」。

b0039141_1165016.jpg

ほらこっちだよ~、まてまて~、またないよー、アハハハー、ウフフフー
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • M.Kallioが250ccクラス・ステップアップ後初のFLを記録。250ccクラスでのFL記録は昨季ダッチTTでのJ.Lorenzoに次いで史上143人目。フィンランド人としては、1973年のT.Länsivuori以来34年ぶり史上3人目。
    FL1回は、M.Lega、C.Stoner、A.West、宮崎敦、タディ岡田、青木ノブ兄ら52人と並ぶクラス歴代91位タイ。同69位タイのJ.Lorenzo、J-L.Tournadre、H.Barbera、宇川徹ら22人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • KTMが今季初、ドイツGPでは250ccクラスで自身初となる、クラス6回目のFLを記録。現在、クラス歴代12位。同11位のMZが持つ記録「8」まであと「2」。

チャンピオンシップ
  • 首位J.Lorenzoが低調で表彰台を逃したものの、追いかけるA.De Angelisも差を詰めきれず、その差は「3」点縮まっただけ。
  • 今季ようやく優勝を果たしてヒロシがランキング9位から6位にジャンプアップ。タイトルは絶望的だけど、ベスト5位入りはまだまだ可能。ガンガレ!

b0039141_117162.jpg

Photo © Team Gresini / Motorsport.com


Notes
  • ドイツGP250ccクラスでの日本人の優勝は、昨年の高橋ユーキからの2年連続。東西ドイツ時代も含めてドイツGPでの日本人の優勝は6回目。ライダー別ではヒロシで5人目。
    ちなみに、1961年西ドイツGPでの高橋国光による日本人初のドイツGP優勝は、全クラス通じたWGPでの日本人初優勝だった。
  • ヒロシの優勝は日本人ライダーのWGP通算165勝目。ライダー出身国別優勝回数ランキングで、日本は現在6位。5位のドイツとは「6」勝差。4位アメリカとは「7」勝差。MotoGPクラスで復活しつつあるアメリカに追いつくのは難しいとしても、ドイツは2003年125ccクラスでのS.Jenkner以来優勝が無い低迷状態。日本勢はコヤマックスに加えて今回ヒロシも復活した。今季中に追いつけるか?

b0039141_117911.jpg

クニさんが1961年のドイツGPでWGP日本人初優勝してから46年。
我らが日の丸ライダー隊は、いよいよ世界のトップ5を射程距離に納めた。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


b0039141_1171826.jpg

シュワンツ「なんだかさっき、ストーナーに怒られてたみたいだけど?」
ヘイデン「あのくらいでビビってるようじゃ、まだまだチャンピオンの器じゃないっすネ(笑)」
シュワンツ「・・・・・(オマエが言うか?)」
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


125cc Class

ポールポジション
  • G.Talmacsiが今季3回目、クラス4回目のPP獲得。A.Vincent、P.Pileri、K.Andersson、L,Cecchinello、T.Elias、B.Kneubuehlerと並ぶクラス歴代33位タイに。同26位タイのV.Rossi、C.Capirossi、T.Luthi、A.De Angelis、S.Perugini、徳留真紀、M.Vitaliが持つ記録「5」まであと「1」。

優勝
  • G.Talmacsiが今季2回目、ドイツGPでは自身初となる、クラス、GP通算ともに5回目の優勝。
    クラス別では、T.Luthi、A.Dovizioso、A.Criville、辻村猛ら7人と並ぶクラス歴代40位タイに。同33位タイのD.Braun、T.Provini、M.Pasini、H.Barberaら7人が持つ記録「6」まであと「1」。
    GP通算では、T.Luthi、F.Frith、C.Sandford、R.De Puniet、宇川徹ら23人と並ぶ歴代110位タイに。同96位タイの中野真矢、タディ岡田、M.Lucchinelli、L.Liberati、U,Masettiら14人が持つ記録「6」まであと「1」。
  • Apriliaが今季トップ8回目、ドイツGPでは2年連続9回目となる、クラス98回目、GP通算224回目の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のHondaが持つ最多記録「164」まであと「66」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「50」。

b0039141_1173266.jpg

ドイツGPと言えばライムグリーン・ギャルズ。リズラに負けてられないワ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • G.Talmacsiが今季トップの3回目、クラス4回目のFLを記録。L.Capirossi、A.Criville、M.Kallio、P.Readら8人と並ぶクラス歴代49位タイに。同35位タイの青木ハル、M.Melandri、J.Redman、D.Pedrosa、L.Cadalora、S.Gadeaら14人が持つ記録「5」まであと「1」。

チャンピオンシップ
  • コヤマックスが今季4回目の表彰台ゲットで、ランキング3位に浮上。残り7戦で首位Talmacsiと「38」点差ということは、現段階で自力逆転は不可能。だけど、今後どんなことがあるか分かりゃしない。それが125ccクラス。1998年のカズート坂田以来となる日本人チャンピオンに向けてガンガレ!

※ 特に言及の無い限り、各記載事項は当該クラスに関してのみ述べられています。
※ 特に言及の無い場合、「ドイツGP」には東西ドイツ時代のGPは含まない。
※ 記録は全て、あっちこっちのデータを集めてOretchが独自に集計したものなので、必ずしも正確性を保証するものでは無いっす。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は現在の予選制度が設けられた1974年以降のみ。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。


b0039141_1175051.jpg

オレッチはやっぱこういう娘(コ)がいいなぁ。
せっかくこんな可愛い娘が隣にいるのに王子顔コワ過ぎ。まぁ、成績考えるとね・・・
Photo © JIR / Motorsport.com


b0039141_1175822.jpg

今年のドイツGPの主役
Photo © JIR / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2007-07-24 01:11 | MotoGP

<< 【MotoGP】第10戦 ドイ... 【MotoGP】アメリカの聖地... >>