2007年 11月 21日
夢のサーキットマシン???

なんか変な記事。

J-CAST : 夢のサーキットマシン、08年向け限定販売 ヤマハ発動機 (2007/11/17)
ヤマハ発動機は、2006年と 07年の「全日本ロードレース選手権GP250」でチャンピオンマシンに輝いた市販ロードレース用マシン「TZ250」を、08年シーズン向けに継続仕様として07年12月10日から販売する。販売台数は18台。
(J-CASTより抜粋引用)

b0039141_0182549.jpg

2008年仕様TZ250。最高出力93psの水冷2ストV2エンジン搭載で、210万円(税込)
まぁ、確かに2輪レース好きなら夢のマシンと言えなくも無いけど・・・・
Photo © Yamaha Motor Co.


ヘッドラインで記事タイトルだけを見たときは、ヤマハが、ドゥカのデスモRRに対抗するような特別仕様の凄いバイクを発売でもするのかと思ったけど、いざ記事読んでみたら、普通にTZ250のことじゃないですか。

確かにTZ250はサーキットマシンだし、台数も限定されているから、特別っちゃー特別だけど、でも「夢の」ってもんでは全然ないと思うんだけどね。
なお、「TZ250」「TZ125」は、国土交通省の認定を受けておらず、ナンバープレートを取得できない。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となる。
(同上)

ここまで読んでようやく分かった。
話は単純で、担当記者が2輪レースとか市販レーサーがどんなものか全く理解してなくて、TZ250を日産GTRとかインプのWRX STIとかと同じ類のモノと勘違いして、この記事を書いたんだろうね。


プロのもの書きなら、もちっと勉強してから記事書こうね > 記者氏

なんか、哀しくなっちゃったよ。
[PR]
by oretch | 2007-11-21 00:25 | MotoGP

<< ミシュラン・ガイド東京版 BEAMSインプレッサ >>