2007年 11月 22日
「(#゜Д゜)だまれ!!」と怒ったカルロス国王が大人気
クリビーレとかペドロサとかアロンソとかのイメージが強いから、スペイン人って寡黙で真面目なタイプが多いのかと思ってたけど、実は結構ノリがいいんだね。
そういえばロレンツォみたいなやつもいるもんな。

スポーツ報知 : スペイン国王の「黙れ」着メロ大ヒット…マグカップにTシャツも (2007/11/22)
スペイン国王ファン・カルロス1世が、国際会議の席上でベネズエラのチャベス大統領に浴びせた「黙れ!」という一喝が携帯電話の着信音として商品化され、大ブレークしている。スペインなどで、すでに約50万人がダウンロード。
スペインとベネズエラの国際問題にまで発展している国王の発言に国民が悪ノリする形で浸透。騒動を題材にしたマグカップやTシャツなどのグッズも登場しているという。

「ポルケ・ノ・テ・カジャス(黙れ)」―。若者たちの携帯電話から着信を伝える“一喝”が鳴り響いている。
発端となったのは今月10日、南米チリで開催された中南米諸国とスペイン、ポルトガルによる首脳会議。日ごろから過激な発言で物議を醸しているベネズエラのチャベス大統領が、スペインのアスナール前首相を「ファシスト」呼ばわり。スペインがイラク戦争に参戦したことなどを非難したものだという。
この発言にカルロス国王がブチ切れ。チャベス大統領に向かって「黙れ」と一喝した。

b0039141_21591028.jpg

「(#゜Д゜)黙らないか!」と、カルロス国王が一喝した瞬間の写真。
左隣はサパテロ・スペイン首相
Photo © Reuters

投稿サイト「you tube」には、国王が一喝する会議での様子を数多くアップ。また2人の場面などをあしらったマグカップやグッズも登場。
一方で「黙れ!」着メロは一喝された側のベネズエラでも人気を博しているという。反チャベス派の若者が、こぞってダウンロード。同国の大学生はスペイン国王の一喝について「多くの国民がチャベス大統領に言いたいと思っていることだ」と話しているという。

国際的危機をネタに思わぬヒットを飛ばしている業者もさすがにビビリ気味。権利関係のトラブルを避けるため、国王の生の声は使わずに、俳優に「黙れ」と言わせているという。
(スポーツ報知より抜粋引用)

コトの発端となった首脳会議での「黙れ!」発言のニュースを知った時も「国王やるなー(笑)」と思ったけど、このニュースでまた一層「国王やるなー(爆笑)」って感じ。

カルロス国王ってスペイン国内で大人気なんだねぇ。

b0039141_21594616.jpg

オッス!おらスペイン国王!
Photo © Albert Gea / Reuters






カルロス国王のことがもっと知りたくてwikipediaで該当項目見てみた。
う~ん、オレッチの勉強不足でした。実に波乱万丈の熱い人生を歩まれていらっしゃったのねぇ。

世界史でも習った名門ブルボン家の出身で、フルネームはフアン・カルロス・アルフォンソ・ビクトル・マリーア・デ・ボルボーン・イ・ボルボーン=ドス・シキリアス。
1938年のお生まれで、御年69歳。
スペイン内乱のために王室が亡命していた先のイタリアで生まれ、大戦直後に国外追放処分で祖国に戻り、独裁者フランコのもとで帝王学を学び、そして37歳の時に即位。独裁制を敷かずにスペインの民主化に尽力して立憲君主制に移行させ、その後の陸軍によるクーデターも巧に切り抜けた。すごい人生だよね。
クーデターを鎮めた時のセリフ「自分の給料分、働いただけさ」ってのもクールでカッコイイね。国民からの支持が厚いのも頷けるわ。

WGPやF1のスペインGPのグリッドに姿を現して、スペイン人選手にニコヤカに激励の言葉をかける姿なんかを見てると、どこぞの国の貴族のように、生臭い政治とは無縁で、趣味に生きる温厚で品の良い紳士っていう印象を持ってたけど、実像は全然違って、すっごく熱い人だったのね。

昔、スペイン人初の最高峰クラス王者になったクリビーレが、オフシーズンに国王が主催する祝賀会に招待されたとき、えらい恐縮&緊張してた理由がよーく分かったよ。

やっぱり情熱の国の元首にふさしい人だった。

最近は贅沢過ぎっていう批判の声もあって色々大変なようだけど、これからもスペイン人ライダー、ドライバー達の最強のサポーターとして熱い声援を送り続けてあげてくださいね。


b0039141_2234028.jpg

正装するカルロス国王。
いかにも、やんごとなきお方らしい気品が漂っていらっしゃいますね。


b0039141_2244639.jpg

b0039141_2242869.jpg

国王に招待された時のクリビーレ。クリビーレ超緊張。


b0039141_2285821.jpg

2006年のF1スペインGPのスタート前、琢磨と握手するカルロス国王。
日本GPのグリッドに天皇陛下がお越しになる日は来るのだろうか?
Photo © International Sports & Marketing Co.,Ltd




国王主催の祝賀会ってスゴイよね。そんなことしてるから「贅沢」って批判されちゃうのかもしれないけど、日本人のモタスポ・ファンのオレッチは単純に羨ましいと思う。
[PR]
by oretch | 2007-11-22 22:16 | 雑記

<< ドリームカーTOP10 ラルフ・ローレンで男前 >>