2007年 11月 26日
【MotoGP】セパン合同テスト

未だ怪我の癒えないロッシは今回もテスト不参加。
来季はタイヤをBSに換えるのに、大丈夫なんか?

もしかして、2年連続タイトルを逸した心の傷の方が直るのに時間掛かってたりして。

b0039141_23492260.jpg

開催期間は11月15~17日。
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com



■ Time Classification

 Corse Record : C.Stoner (AUS) Ducati; GP7; BS  2’02.108 @2007
 Lap Record : V.Rossi (ITA) Yamaha; YZR-M1; MI  2’00.605 @2006

 ☆=移籍組
 ★=ステップアップ組
 * =新型車またはハイブリッド車
 **=予選用タイヤでのタイム


<Day 1>

Pos. Rider(Nat.); Team; Bike; Tire; Time
----------------------------------------------------
[ 1] R.De Puniet (FRA) LCR Honda; RC212V; MI  2’03.033 (45) ☆
[ 2] C.Vermeulen (AUS) Rizla Suzuki; GSV-R*; BS  2’03.357 (44)
[ 3] C.Edwards (USA) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’03.406 (29)
[ 4] A.Dovizioso (ITA) Scot Honda; RC212V; MI  2’03.607 (22) ★
[ 5] L.Capirossi (ITA) Rizla Suzuki; GSV-R; BS  2’04.164 (56) ☆
[ 6] A.West (AUS) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’04.068 (40)
[ 7] N.Hayden (USA); Repsol Honda; RC212V; MI  2’04.164 (56)
[ 8] J.Hopkins (USA) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’04.316 (18) ☆
[ 9] J.Lorenzo (ESP) Fiat Yamaha; YZR-M1; MI  2’04.433 (26) ★
[10] J.Toseland (GBR) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’05.438 (29) ★

b0039141_23501735.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


<Day 2>

Pos. Rider(Nat.); Team; Bike; Tire; Time
----------------------------------------------------
[ 1] J.Hopkins (USA) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’02.200 (63) ☆
[ 2] C.Vermeulen (AUS) Rizla Suzuki; GSV-R*; BS  2’02.344 (70)
[ 3] R.De Puniet (FRA) LCR Honda; RC212V; MI  2’02.550 (81) ☆
[ 4] A.Dovizioso (ITA) Scot Honda; RC212V; MI  2’02.591 (57) ★
[ 5] L.Capirossi (ITA) Rizla Suzuki; GSV-R*; BS  2’02.698 (65) ☆
[ 6] N.Hayden (USA); Repsol Honda; RC212V; MI  2’02.800 (65)
[ 7] C.Edwards (USA) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’02.831 (52)
[ 8] A.West (AUS) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’03.093 (71)
[ 9] J.Lorenzo (ESP) Fiat Yamaha; YZR-M1; MI  2’04.021 (48) ★
[10] J.Toseland (GBR) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’04.278 (60) ★

b0039141_23521484.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


<Day 3>

Pos. Rider(Nat.); Team; Bike; Tire; Time
----------------------------------------------------
[ 1] N.Hayden (USA); Repsol Honda; RC212V; MI  2’00.592** (85)
[ 2] C.Edwards (USA) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’01.811 (45)
[ 3] J.Hopkins (USA) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’02.047 (46) ☆
[ 4] A.Dovizioso (ITA) Scot Honda; RC212V; MI  2’02.128 (54) ★
[ 5] C.Vermeulen (AUS) Rizla Suzuki; GSV-R*; BS  2’02.447 (62)
[ 6] L.Capirossi (ITA) Rizla Suzuki; GSV-R*; BS  2’02.587 (72) ☆
[ 7] J.Lorenzo (ESP) Fiat Yamaha; YZR-M1; MI  2’02.643** (83) ★
[ 8] A.West (AUS) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’03.659 (74)
[ 9] R.De Puniet (FRA) LCR Honda; RC212V; MI  2’02.700 (60) ☆
[10] J.Toseland (GBR) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’03.550 (53) ★

b0039141_23512459.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


<3 Days Total>

Pos. Rider(Nat.); Team; Bike; Tire; Time
----------------------------------------------------
[ 1] N.Hayden (USA); Repsol Honda; RC212V; MI  2’00.592** (206)
[ 2] C.Edwards (USA) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’01.811 (126)
[ 3] J.Hopkins (USA) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’02.047 (127)☆
[ 4] A.Dovizioso (ITA) Scot Honda; RC212V; MI  2’02.128 (133)★
[ 5] C.Vermeulen (AUS) Rizla Suzuki; GSV-R*; BS  2’02.344 (176)
[ 6] R.De Puniet (FRA) LCR Honda; RC212V; MI  2’02.550 (186)☆
[ 7] L.Capirossi (ITA) Rizla Suzuki; GSV-R*; BS  2’02.587 (193)☆
[ 8] J.Lorenzo (ESP) Fiat Yamaha; YZR-M1; MI  2’02.643** (157)★
[ 9] A.West (AUS) Kawasaki RT; ZX-RR*; BS  2’03.659 (185)
[10] J.Toseland (GBR) Tech3 Yamaha; YZR-M1; MI  2’03.550 (142)★

b0039141_23531544.jpg

Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com



以下、各ライダーを順にチェックしてみる。



まず、3日間通算でトップタイムをマークしたのはヘイデン。
2007年型RC212Vに予選タイヤをつけて、コースレコードを更新。2006年王者の貫禄を見せたって感じかな。精力的に周回を重ねて、コブラを蹴散らしながら唯1人200周を超えてるあたりからも、タイトル奪回にかける意気込みが感じられますな。

b0039141_235617.jpg

ベストタイム:2’00.592(1位) 周回数: 206(1位)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_2358334.jpg

07年型と08年型プロトを乗り比べながら精力的にテスト。
誰よりも多く周回して、誰よりも速いタイムをマークした。タイトル奪還の意気高し。
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com



セカンド・ベストは今オフのテスト初参加になるエドワーズ。
初日、2日目は流して、最終日にキッチリ2番手タイムでまとめてくるところはさすがベテラン。とは言っても、チームは変わっても、道具(マシンとタイヤ)に変化は無いから、まぁそんなもんか。

b0039141_002686.jpg

ベストタイム: 2’01.811(2位) 周回数: 126(10位)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_01867.jpg

いつもテストでは速いエドワーズさん。今年こそテスト弁慶の汚名返上なるか?
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com



3番手はホッパー。移籍組ではトップ。
バレンシアでイマイチ気に入らなかった部分を改良する新型パーツを組み込んだマシンでガンガン走りこんでこのタイム。マシンとのマッチングも良くなったみたいね。
ホッパーの調子が良いか悪いかは、肘と路面の距離を見れば分かる。

b0039141_0452114.jpg

ベストタイム: 2’02.047(3位) 周回数: 127(9位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com


b0039141_055420.jpg

テスト2回目にして、既にほぼスズキ時代並みに肘が落ちてる。接地まであと僅か。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



4番手はドビツィオーゾ。
初ライドになったバレンシアでは、コースが苦手だったせいで出遅れたような感じになっちゃったっけど、得意のセパンではいよいよ真価を発揮しはじめた。エンブレに依然違和感が感じるみたいだけど、MotoGPマシンの乗り方を案外早く取得できそう。
ところで、ゼッケンナンバーはどうする気?
(250cc時代の「34」は、MotoGPクラスでは永久欠番。)

b0039141_08427.jpg

ベストタイム: 2’02.128(4位) 周回数: 133(8位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com



5番手はバーミューレン。
新型GSV-Rはなかなか感触がいいみたいね。新型マシンで、且つロングラン主体にテストしてこのタイムなら満足でしょ。

b0039141_0113612.jpg

ベストタイム: 2’02.344(5位) 周回数: 176(5位)
Photo © Crescent Suzuki


b0039141_0125630.jpg

カピの加入で相当プレッシャーがかかってるとは思うけど、結果出してるネェ。
Photo © Crescent Suzuki



6番手はド・プニエ。
バレンシアから好調を維持。RC212Vとのマッチングがことのほかいいみたい。本人も乗ってて楽しいらしい。ただ、テスト弁慶にはならないように気をつけよう。

b0039141_0153217.jpg

ベストタイム: 2’02.550(6位) 周回数: 186(3位)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0161665.jpg

バレンシアほどタイムは印象的ではないけど絶好調。
思いのほかマシンとのマッチングが良くて、かなりノリノリでテストしてるみたいね。
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com



7番手はカピロッシ。
タイムはたいしたことないけど、テスト結果は順調そのものとのこと。新しいチーム、新しいマシンで、テスト・スケジュールを着実にこなしている。スズキにとって、ベテランのカピが加入したメリットは相当大きいはず。GSV-Rの開発はこれから更に加速しそうだな。

b0039141_020732.jpg

ベストタイム: 2’02.587(7位) 周回数: 193(2位)
Photo © Crescent Suzuki


b0039141_0215427.jpg

テスト中の写真に写ってるカピって、リラックスしてるか集中してるかのどちらか。
表情にメリハリが効いてて、作業が順調なのが分かる。
Photo © Crescent Suzuki



8番手はロレンツォ。
はっきり言って、今のところは期待ハズレだ。250ccからMotoGPへの乗り換えは、お世辞にも順調とは言えないね。8番手のタイムも予選用タイヤでマークしたものだし。決勝用タイヤでのタイムだったら10番手だった。本人も結構悩んでじゃないないかな?

b0039141_0252440.jpg

ベストタイム: 2’02.643(8位) 周回数: 157(6位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com


b0039141_0264685.jpg

まぁ、焦ることはないけどね。まだ、テストたったの2回目だし。でも・・・・・・
Photo © Yamaha Factory Racing Team



ブービーの9番手はウェスト。
なんだか冴えないタイムだな。特に不調ということではないようだけど、ホッパーが好調なだけに、バレンシアに続いて下位のタイムしか出てないっていうのはチョット気掛かり。テストで大事なのはプログラムの消化であってタイムじゃないとは言え、大人し過ぎるのも、ちょっとねぇ。

b0039141_0291156.jpg

ベストタイム: 2’03.659(9位) 周回数: 185(4位)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_03056.jpg

どうしたエガちゃん? シーズン終盤の勢いがどこかにいっちゃったねぇ。
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com



そして最下位、10番手はトスランド。
250ccクラスからのステップアップ組よりもスムーズに乗り換えできるかと思ったんだけど、この低調ぶりはちょっと意外。ヘタすりゃエドワーズよりいいタイム出すんじゃないかと思ってたからね。まぁ、初めてのテストだからしょーがないのかもしれんけどね。

b0039141_0332662.jpg

ベストタイム: 2’03.550(10位) 周回数: 142(7位)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0341076.jpg

爽やか笑顔のナイスガイ。でもタイムは伸び悩んだ。ちょいと心配。
Photo © Yamaha Factory Racing Team



次の合同テストは月末のヘレス。ヘレスには、今回テスト参加を見送ったペドロサ(「新型マシンが出ないならテスト不要じゃ」という理由)と、そしてロッシが登場する。
楽しみじゃ。


b0039141_0375115.jpg

セパンには日本から藤原、吉川両選手も参加。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0413032.jpg

来季開幕まではまだ大分あるからね。まだまだリラックスした雰囲気。
みなさん、ケガだけはしないように気をつけてください。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

[PR]
by oretch | 2007-11-26 00:03 | MotoGP

<< 【TMS07】このバイクに惚れた ドリームカーTOP10 >>