2007年 09月 30日
【MotoGP】第15戦 日本GP 結果

新チャンピオン誕生。WGP新時代の幕は開けるか?

b0039141_1383884.jpg

開幕戦での衝撃の優勝から、あれよあれよと勝利を積み重ねて遂に頂点へ。
WGPが新しい時代に突入したのは間違いないね。
Photo © Wolf Jay / SUPERBIKEPLANET

b0039141_139689.jpg

史上2番目に若い21歳347日の新チャンピオン。おめでとー!チュー!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

b0039141_1391914.jpg

ロッシの今シーズンを凝縮したようなレース。タイトル奪還失敗。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com



A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN
@ Motegi ; 23 September 2007


■ MotoGP Race Result

Final Classification : 24Laps / Wet→Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS  47’05.484 ( 8)
[ 2] 14 Randy DE PUNIET (AUS) Kawasaki; K.R.T.; BS  +10.8562 ( 4)
[ 3] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini; BS         +11.528 ( 5)
[ 4] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL   +12.192 (18)
[ 5] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS     +28.569 (10)
[ 6] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS    +31.179 ( 9)
[ 7] 13 Anthony WEST (AUS) Kawasaki; K.R.T.; BS    +50.001 ( 6)
[ 8]  4 Alexandre BARROS (BRA) Ducati; Pramac; BS   +52.343 (15)
[ 9]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol; MI       +53.629 ( 3)
[10] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS        +59.715 (11)
[11] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS    +1’02.804 (17)
[12]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL  +1’09.313 (16)
[13] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI    +1’09.699 ( 2)
[14]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT; MI    +1’11.735 ( 7)
[15] 72 Shinichi ITO (J`PN) Ducati; Pramac; BS     +1’12.290 (20)
[16] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI       +1’32.979 (12)
[17] 87 Akira YANAGAWA (JPN) Kawasaki; K.R.T.       +1 Lap (19)
[NC] 64 Kousuke AKIYOSHI (JPN) Suzuki; Rizla; BS     +4 Laps (13)

b0039141_1394254.jpg

レースに勝ったのは、劇的な逆転劇を演じたカピロッシ。
難しいコンディションの中、ベテランらしいタクティクスを発揮して日本GP3連覇を達成!
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com


b0039141_1395292.jpg

アウェー・レースで真紅の軍団が完全勝利!
イタリアン・バイクを駆るライダーが33年ぶりに最高峰クラスを制した。
Photo © Ducati Motor Holding S.p.A.

Race Leader Sequence
 Lap 1 26 Dani PEDROSA; Honda
 Lap 2 13 Anthony WEST; Kawasaki
 Lap 4 27 Casey STONER; Ducati
 Lap 5 33 Marco MELANDRI; Honda
 Lap14 46 Valentino ROSSI; Yamaha
 Lap15 65 Loris CAPIROSSI; Ducati

Pole Position
 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol; MI  1'45.864

Fastest Lap
 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini; BS  1'50.718 @ Lap 23

Event Max Speed
 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda  289.4km/h @ Practice3

b0039141_140698.jpg

「ん?泣いてんのか?」「泣いてねーよ。ただの心の汗だよグスン」
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALA



■ 250cc Race Result

Final Classification : 23Laps / Wet

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 36 Mika KALLIO (FIN) KTM; Red Bull      48’28.585 ( 5)
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot    +4.893 ( 1)
[ 3] 80 Hector BARBERA (ESP) Aprilia; Toth     +21.527 ( 4)
[ 4] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot     +23.488 ( 8)
[ 8]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull     +57.782 ( 6)
[ 9] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol   +1’09.049 ( 1)
[12] 76 Seijin OIKAWA (JPN) Yamaha; Plus Myu +1’26.371 (28)
[14] 75 Youichi UI (JPN) Yamaha; Pro-Tec     +1’47.098 (17)
[20] 77 Yuki HAMAMOTO (JPN) Yamaha; TEC-2    +1 Lap (26)
[NC] 20 Takumi TAKAHASHI (JPN) Honda; B.B.   +20 Laps (16)

Pole Position
 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol  1'51.250

Fastest Lap
 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot  2'04.160 @ Lap 13

Event Max Speed
 80 Hector BARBERA (ESP) Aprilia  250.9km/h @ Free2

b0039141_1404917.jpg

カリオが待望の初優勝達成。KTMは茂木2連覇。
でも、できれば同じKTMでもう一台の方に勝って欲しかったな・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

b0039141_141153.jpg

レース中盤は高橋がレースをリードした。
怪我とかあって苦しかったろうけど、これで自信を取り戻して残り4戦は大暴れしてくれよ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 125cc Race Result

Final Classification : 21Laps / Wet

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 75 Mattia PASINI (ITA) Aprilia; Polaris       46’29.900 ( 1)
[ 2] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar       +2.985 ( 3)
[ 3] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar        +22.405 ( 4)
[14] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull   +1’19.549 ( 2)
[18] 74 Kazuma WATANABE (JPN) Honda; Miu     +1’30.554 (32)
[20] 69 Nayuta MIZUNO (JPN) Yamaha; TEC-2    +1’42.793 (36)
[22] 58 Shouya TOMIZAWA (JPN) Honda; Muy      +4 Laps (30)
[NC] 59 Iori NAMIHIRA (JPN) Honda; Suzuka        +7 Laps (31)
[NC] 57 Yuuchi YANAGISAWA (JPN) Honda; Metallico +16 Laps (35)

Pole Position
 75 Mattia PASINI (ITA) Aprilia; Polaris  1'57.301

Fastest Lap
 35 Raffaele DE ROSA (ITA) Aprilia; Multimedia  2'10.998 @ Lap 5

Event Max Speed
 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM  218.7km/h @ Qualify2

b0039141_1412261.jpg

まさかここで力尽きるとは・・・・。期待された母国GPで痛恨の失速。
コヤマックスがタイトル争いから遂に脱落した。でも来年があるさ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_1413352.jpg

今季は色んな意味で後世に語られる特別なシーズンになったな・・・・・・
あ、まだ3戦残ってるんだっけ? もうシーズン終わった気分になってた。
Photo © Ducati Motor Holding S.p.A.




■ Point Standings


MotoGP Riders

[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro - 297pts. World Champ!
[ 2] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT - 214pts.
[ 3] 26 Dani PEDROSA (ESP) Honda; Repsol - 188pts.
[ 4] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla - 156pts.
[ 5] 71 Chris VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla - 152pts.
[ 6] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini - 148pts.
[ 7] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro - 130pts.
[ 8]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol - 112pts.
[ 9]  5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT - 108pts.
[10]  4 Alex BARROS (BRA) Ducati; Pramac - 91pts.
[17] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JIR - 42pts.
[18]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop - 37pts.
[25] 72 Shinichi ITO (JPN) Ducati; Pramac - 1pt.

MotoGP Constructor

[ 1] Ducati - 324pts.
[ 2] Honda - 255pts. (-69)
[ 3] Yamaha - 251pts. (-73)
[ 4] Suzuki - 207pts.
[ 5] Kawasaki - 114pts.
[ 6] Roberts - 14pts.
[NC] Ilmor - 0pt.

b0039141_142137.jpg

ついに決着。第59代目、史上14人目の最高峰クラス・チャンピオンが誕生。
来季はグリッドに3人のチャンピオン・ライダーが並ぶ。すげー楽しみだぜ!
Photo © Bridgestone / Motorsport.com

b0039141_1422157.jpg

ダニ「オレも忘れんなよ!」
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

b0039141_142304.jpg

マルコメ「オレもな」
Photo © Team Gresini / Motorsport.com



250cc Riders

[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna - 262pts.
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot - 226pts. (-36)
[ 3]  3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar - 208pts. (-54)
[ 7]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 116pts.
[10] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol - 79pts.
[12] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Scot - 69pts.
[22] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella - 13pt.
[26] 76 Seijin OIKAWA (JPN) Yamaha; Plus My - 4pts.
[27] 75 Youichi UI (JPN) Yamaha; Pro-Tec - 2pts.

b0039141_1424270.jpg

ライダー・タイトル争いがは、まだもう一山ありそうな気配。
コンストラクター・タイトルはアプリリアが早々と2連覇を決めた。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



125cc Riders

[ 1] 14 Gabor TALMACSI (HUN) Aprilia; Aspar - 229pts.
[ 2] 55 Hector FAUBEL (ESP) Aprilia; Aspar - 220pts. (-9)
[ 3] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull - 156pts. (-73)

b0039141_1425666.jpg

125ccも既にアプリリアがタイトルを決めている。最高峰クラスもドゥカがすでに王手。
ライダーだけじゃなく、いよいよマシンの方でもイタリアの時代か? ガンバレ、ニッポン!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

b0039141_143645.jpg

新宿でのイベントにはトップ・ライダーが集合するってんでオレッチも馳せ参じた。
「1時間後に向かいのレストランに集合ね」ってロッシが言ったから、
オレッチはずっと待ってたのに・・・・
Photo © motogp.com



■ Statistics and Notes
※ 記録は全てアッチコッチのデータをOretchが集計したもので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※ 特に言及の無い限り、各記載事項は当該クラスに関してのみ述べられています。
※ 特に言及の無い限り、日本GPには鈴鹿で開催されていた時期のGPも含みます。
※ MotoGPクラスの記録は500ccクラス時代の記録を含む。
※ PP記録は現在の予選制度が設けられた1974年以降のみ。
※ メーカー記録はいずれもシャシー製造者別でカウント。
※ サイドカークラスは対象外。

MotoGP Class

ポールポジション
  • D.PedrosaがスペインGP以来の今季2回目、日本GPでは自身初となる、クラス6回目のPP獲得。C.Stoner、G.Agostini、C.Sarronと並ぶクラス歴代21位タイに。同19位タイのタディ岡田、T.Lansivuoriが持つ記録「7」まであと「1」。
  • Hondaが2戦連続今季3回目、日本GPでは3年ぶり最多10回目となる、クラス195回目のPP獲得。クラス歴代1位の最多記録を更新し、同2位のYamahaが持つ記録「138」との差を「62」に拡大。

b0039141_1432566.jpg

ホンダのホームコースでPPゲットまでは良かったけど・・・・
同期のストーナーにはだいぶ差をつけられちゃったな。3クラス制覇に向けてリセットだね。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


優勝
  • L.Capirossiが昨季日本GP以来まる1年ぶりの今季初、日本GPでは3年連続3回目となる、クラス9回目、GP通算29回目の優勝。
    クラス別では、S.Gibernauと並ぶ歴代18位タイに。同17位のP.Readが持つ記録「11」まであと「2」。
    GP通算では現在歴代18位。同17位のL.Taveriが持つ記録「30」まであと「1」。
  • Ducatiが今季最多確定となる9回目、日本GPでは3年連続3連回目となる、クラス16回目、GP通算20回目の優勝。
    クラス別では現在歴代7位。同6位のNortonが持つ最多記録「21」まであと「5」。
    GP通算では、NSUと並ぶ歴代17位タイに。同16位のBultacoが持つ記録「21」まであと「1」。

b0039141_1443297.jpg

早めにマシンを交換し、後方から怒涛の追い上げをみせたカピロッシが大逆転で優勝。
これがフラッグ・トゥ・フラッグ・ルールの恐ろしさ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • L.Capirossiが5戦ぶり今季3回目、日本GPでは3年連続4回目となる、クラス40回目の表彰台獲得。B.Sheenと並ぶクラス歴代12位タイに。同11位の“Mike The Bike”Hailwoodが持つ記録「48」まであと「8」。
    ちなみに現役では、歴代1位の最多記録を持つV.rossiに次いで2位。
  • R.De Punietが初の表彰台獲得。最高峰クラスの表彰台獲得は、今季中国GPでのJ.Hopkinsに次いで史上244人目。フランス人ライダーとしては2005年中国GPでのO.Jacqueに次いで13人目。
    表彰台1回は、O.Jacque、R.Xaus、J-P.Ruggia、平忠彦、芳賀紀行(当時)ら89人と並ぶクラス歴代155位に。同123位タイのダイジロー、アラーダ哲也、J.McWilliams、R.Laconiら32人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • T.Eliasが今季トルコGP以来の今季2回目、日本GPでは自身初となる、クラス3回目の表彰台獲得。J.Hopkins、中野王子、S.Crafarら17人と並ぶクラス歴代105位タイに。同95位タイの青木宣琢Bros.、B.V.Dulmen、J.Middelburgら10人が持つ記録「4」まであと「1」。

b0039141_1445027.jpg

来季スズキへの移籍が決っているカピ。
これまで苦楽をともにしてきたドゥカに、いい置き土産になったかな?
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com

b0039141_1445811.jpg

出入りの激しいレースで初表彰台をゲットしたド・プニエ。
こちらも今季で去るカワサキに、いい置き土産が残せたね。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ(FL)
  • T.Eliasが7戦ぶり今季2回目、日本GPでは自身初となる、クラス3回目のFLを記録。P.Read、M.Melandri、C.Edwards、宇川徹ら10人と並ぶクラス歴代35位タイに。同32位タイのU.Masetti、J.Cecotto、J.Kocinskiが持つ記録「4」まであと「1」。
  • Hondaが今季トップ・タイの5回目、日本GPでは3年ぶり最多10回目となる、クラス222回目のFLを記録。クラス歴代1位の最多記録を更新し、同2位のYamahaが持つ記録「142」との差を「80」に拡大。

b0039141_1451243.jpg

ファステストをマークしたエリアスは久しぶりの表彰台もゲット。
そういやエリアスも来季は移籍だったっけ。移籍組ばかりの珍しい表彰台。
Photo © Team Gresini / Motorsport.com


チャンピオンシップ
  • C.Stonerがランキング2位V.Rossiとの差を、残り3戦で逆転不可能な「83」点差とし、自身初のタイトルを獲得!
    最高峰クラスのタイトル獲得は、昨季のN.Haydenに次いで史上24人目。オーストラリア人としては1987年のW.Gardner、1994年のM.Doohanに次いで史上3人目。最高峰クラスのタイトル1回は、N.Haynde、A.Criville、K.Schwantzらと並ぶクラス歴代14位タイ。F.Spencer様、U.Masetti、P.Read、B.Sheeneが持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算では、昨季のN.Haydenに次いで史上96人目。オーストラリア人としては1994年のM.Doohanに次いで史上6人目。タイトル1回は。N.Hayden、K.Roberts.Jr.、J.Lorenzo、M.Melandriら47人と並ぶ歴代49位タイ。同31位タイの青木ハル、カズート坂田、A.Criville、S.Ponsら18人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • コンストラクター・タイトルでは、首位Ducatiが2位Hondaとの差を「69」点、3位Yamahaとの差を「73」点にまで拡大し、ついにイタリアン・メーカー34年ぶりとなる初タイトルに王手。次のオーストラリアGPで、以下のいずれかの場合にDucatiのタイトルが確定する。
    • DucatiがHonda、Yamahaより先にフィニッシュする
    • Honda、Yamahaの順位に関係なく、Ducatiが10位以上でフィニッシュする
    • Ducatiの順位に関係なく、Hondaが3位以下、かつYamahaが2位以下でフィニッシュする

    ほぼ決定的。日本メーカー涙目。

b0039141_1452570.jpg

ガードナー、ドゥーハンに次ぐ3人目のオージー・チャンピオン。
人口は日本の6分の1しか居ないのに羨ましい・・・・
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com


Notes
  • C.Stonerが、21歳347日という史上2番目の若さで最高峰クラス・タイトルを獲得。
    最高峰クラスのタイトル獲得年齢の詳細は末尾ランキング参照
    ちなみに、全クラス通じての最年少チャンピオン記録は、1990年に125ccクラス・タイトルを獲得した時のL.Capirossiの17歳169日(若!)
  • 日本GPでの最高峰クラスのチャンピオン確定は史上初。他のクラスでなら、1960年代に鈴鹿で開催されていた頃にあったはず・・・・・
  • V.Rossiが優勝を逃したことで、C.Stonerの年間最多優勝(8勝)が確定。C.Stonerにとって年間最多優勝は全クラス通してキャリア初。最高峰クラスでの年間最多優勝ゲットは、2001年に初ゲットしたV.Rossi次いで史上25人目。オージー・ライダーとしては1992年のM.Doohanに次いで3人目。
    過去の最高峰クラス年間最多優勝ゲット数ランキングは末尾参照。
  • Ducatiが今季9勝目をマークし、初の年間最多優勝が確定。Suzuki(1976年初記録)に次いで史上8社目。日本メーカー以外が年間トップになるのは、1974年にMV Agustaが記録して以来33年ぶり。
  • V.Rossiが表彰台を逃したことで、C.Stonerの年間最多表彰台が確定。C.Stonerにとって年間最多表彰台は全クラス通してキャリア初。最高峰クラスでの年間最多表彰台ゲットは、昨年のN.Haydenに次いで史上26人目。オージー・ライダーでは1991年のM.Doohanに次いで3人目。
  • De Puniet(2位)、S.Guintoli(4位)の両フランス人が揃って自己ベスト・フィニッシュ。
  • 伊藤Shin1が2002年日本GP以来5年ぶりのポイントゲット。
  • 江頭A.Westが初ラップ・リードを記録。
  • 鈴鹿開催時代も含め、日本GPでのスペイン人ライダーのFL記録はT.Eliasが初。

b0039141_1453966.jpg

「いえ~い、ケーシー見てる~? レースで負けてもイケメンぶりでは負けてませんから~!」
Photo © Yamaha Factory Racing Team

b0039141_1454978.jpg

「ちょっとあれ見た? あんなんだから勝てないんだよねプッ」
Photo © Bridgestone / Motorsport.com



250cc Class

ポールポジション
  • 青山周平が初のPP獲得。250ccクラスのPP獲得は、今季ドイツGPでのM.Kallioに次いで史上86人目。日本人としては、2003年の実兄、青山博一に次いで4年ぶり13人目。
    PP1回は、M.Kallio、A.Bautista、青木ノブ、本間俊彦、清水雅弘ら29人と並ぶクラス歴代57位タイ。同48位タイのH.Barbera、C.Stoner、宇川徹ら9人が持つ記録「2」まであと「1」。
  • Hondaが今季3回目、日本GPでは2年ぶり最多11回目となる、クラス122回目のPP獲得。現在、クラス歴代2位。同1位のApriliaが持つクラス最多記録「146」まであと「24」。

b0039141_1463662.jpg

今季は苦しい状況が続く周平。母国GPのPPゲットして面目を保ったかな?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


優勝
  • M.Kallioが250ccクラス初優勝。GP通算では8回目の優勝。250ccクラス優勝は、今季イタリアGPでのA.Bautisaに次いで史上137人目。フィンランド人としては、1973年のT.Lansivuoriに次いで34年ぶり3人目。
    クラス別では、M.Lega、J-L.Tournadre、A.De Angelis、小林大ら48人と並ぶ歴代89位タイに。同66位タイのC.Sandford、T.Lansivuori、高橋裕紀、タディ岡田ら23人が持つ記録「2」まであと「1」。
    GP通算では、K.Roberts Jr.、L.Graham、P.Pileri、M.Pasiniら6人と並ぶ歴代76位タイに。同69位タイの青木ハル、A.Dovizioso、S.Gibernauら7人が持つ記録「9」まであと「1」。
  • KTMが今季2回目、日本GPでは2年連続2回目となる、クラス4回目、GP通算17回目の優勝。
    クラス別では、Mondial、Ossa、Realと並ぶ歴代13位タイに。同11位タイのMorbidelli、Moriniが持つ記録「5」まであと「1」。
    GP通算では現在、歴代21位。同19位タイのMBA、Mondialが持つ記録「18」まであと「1」。

b0039141_146479.jpg

念願の250cc初優勝。母国ではF1のもう一人のミカに負けない人気を誇る。
34年ぶりの優勝で盛り上がってるかな?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


表彰台
  • M.Kallioが今季、クラスともに3回目の表彰台獲得。青木ノブ、L.d’Antin、R.Mamolaら24人と並ぶクラス歴代127位タイに。同108位タイ高橋裕紀、E.Alzamora、A.Puigら19人が持つ記録「4」まであと「1」。
  • A.Doviziosoが今季9回目、日本GPでは自身初となる、クラス25回目の表彰台獲得。加藤ダイジロー、R.Gould、W.Villa、M.Melandriと並ぶクラス歴代18位タイに。同16位タイのK.Ballington、C.Cardusが持つ記録「26」まであと「1」。
  • H.Barberaが今季4回目、日本GPでは自身初となる、クラス7回目の表彰台獲得。M.Lega、C.Sandford、F.Unciniら7人と並ぶクラス歴代82位タイに。同76位タイのF.Spencer様、D.Ambrosini、B.Ruffoら6人が持つ記録「8」まであと「1」。

b0039141_1465766.jpg

A-Styleガールってなんかエッチ
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • A.Doviziosoが今季3回目、日本GPでは自身初となる、クラス8回目のFLを記録。M.Melandri、K.Carruthers、中野真矢ら6人と並ぶクラス歴代24位タイに。同23位のO.Jacqueが持つ記録「9」まであと「1」。
  • Hondaが今季3回目、日本GPでは2年ぶり最多15回目となる、クラス167回目のFLを記録。現在、クラス歴代2位。同1位のYamahaが持つ最多記録「194」まであと「27」。

チャンピオンシップ
  • Apriliaが2年連続、クラス7回目、GP通算14回目のコンストラクター・タイトルを獲得。クラス別では現在、歴代3位。同2位のYamahaが持つ記録「14」まであと「7」。
    GP通算では現在、歴代5位。同4位のSuzukiが持つ記録「15」まであと「1」。
  • 首位J.Lorenzoが11位に沈み、2位A.Doviziosoとのギャップが「36」点差にまで一気に短縮。Lorenzoの圧倒的優位は変わらないもの、ちょっとはDoviziosoの芽も出てきた?

Notes
  • Apriliaは今季、125ccクラスと合わせてコンストラクター・タイトルを2年連続で2クラス制覇。Apriliaの複数クラス制覇は、1995年以来5回目。
    コンストラクターの複数クラス同時タイトル獲得ランキングは末尾参照。
  • M.Kallioがフィンランド人ライダーとして、1973年以来34年ぶりに優勝

b0039141_1471334.jpg

江頭さんほか、大川興行の皆さんも日本GPに駆けつけてくれました!
Photo © Kawasaki Racing Team / Morotsport.com



125cc Class

ポールポジション
  • M.Pasiniが今季最多8回目、クラス10回目のPP獲得。A.Dovizioso、D.Pedrosa、H.Spaanを抜いて、クラス歴代単独12位に。同10位タイのE.Gianola、M.Kallioが持つ記録「12」まであと「2」。

優勝
  • M.Pasiniが今季トップ・タイの4回目、日本GPでは自身初となる、クラス、GP通算ともに8回目の優勝。
    クラス別では、L.Capirossi、D.Pedrosa、A.Bautista、E.Degnerと並ぶ歴代23位タイに。同18位タイの青木ハル、R.Locatelli、E.Lazzarini、E.Gianola、H.Spaanが持つ記録「9」まであと「1」。
    GP通算では、K.Roberts Jr.、L.Graham、M.Kallio、M.Passini、T.Lansivuori、L.Reggianiと並ぶ歴代76位タイに。同69位タイの青木ハル、A.Dovizioso、S.Gibernauら7人が持つ記録「9」まであと「1」。
  • Apriliaが7連勝で今季最多12回目、日本GPでは4年ぶり 5回目となる、クラス102回目、GP通算231回目の優勝。
    クラス別では現在、歴代2位。同1位のHondaが持つ最多記録「164」まであと「62」。
    GP通算では現在、歴代4位。同3位のMV Agustaが持つ記録「274」まであと「43」。

b0039141_1481166.jpg

ちょっと欲張りさん?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ファステストラップ
  • R.De Rosaが今季、クラスとも2回目のFLを記録。高橋国光、辻村猛、M.Hailwood、B.Sheeneら20人と並ぶクラス歴代70位タイに。同60位タイのA.Dovizioso、J.Lorenzo、C.Stoner、徳留真紀ら10人が持つ記録「3」まであと「1」。

チャンピオンシップ
  • コヤマックスが大きく失速して首位G.Talmacsiと「73」点差の崖っぷちに。まだ首の皮一枚繋がっているけど、さすがにこれは厳しいな・・・・・

Notes
  • Apriliaが125ccクラスで初の7連勝を記録。125ccクラスの7連勝は、1998年から1999年にかけてHondaが達成して以来8年ぶり(Hondaはこの時9連勝)。1シーズン内では、1995年のHonda以来12年ぶり(Hondaはこの時8連勝)。
    ちなみに、125ccクラスでの最多連勝は、1990年から1991年にかけてHondaが記録した19連勝。


b0039141_1484951.jpg

おお・・・・
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com

b0039141_149191.jpg

こ、これは・・・・
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com

b0039141_1491161.jpg

「お、押すなよ!オレが先に見るんだよ!」
Photo © Yamaha Factory Racing Team

b0039141_1492285.jpg

日本は今日も平和だなぁ
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA







■ 最高峰クラス・チャンピオン獲得年齢ランキング(若い順)

ちゃんと閏年の分まで含めて計算したさ。

順位 年齢 ライダー(国) 生年月日 チャンピオン獲得年
------------------------------------------------------------
 1位 21歳263日 F.Spencer(USA) 1961/12/20 → 1983/9/4
 2位 21歳347日 C.Stoner(AUS) 1985/10/16 → 2007/9/23 ←ここ
 3位 22歳165日 M.Hailwood(GBR) 1940/4/2 → 1962/9/9
 4位 22歳187日 J.Surtees(GBR) 1934/2/11 → 1956/8/11
 5位 22歳246日 V.Rossi(ITA) 1979/2/16 → 2001/10/14
 6位 23歳322日 G.Hocking(RHO) 1937/9/30 → 1961/8/12
 7位 24歳 93日 G.Agostini(ITA) 1942/6/16 → 1966/9/11
 8位 24歳135日 U.Masetti(ITA) 1926/5/4 → 1950/9/10
 9位 25歳 97日 N.Hayden(USA) 1981/7/30 → 2006/10/29
10位 25歳331日 B.Sheene(GBR) 1950/9/11 → 1976/8/1
11位 26歳161日 E.Lawson(USA) 1958/3/11 → 1984/8/12
12位 26歳238日 K.Roberts Sr.(USA) 1951/12/31 → 1978/8/20
13位 27歳 58日 M.Lucchinelli(ITA) 1954/6/26 → 1981/8/16
14位 27歳 81日 K.Roberts Jr.(USA) 1973/7/25 → 2000/10/7
15位 27歳159日 F.Uncini(ITA) 1955/3/9 → 1982/8/8
16位 27歳358日 W.Gardner(AUS) 1959/10/11 → 1987/9/27
17位 28歳149日 G.Duke(GBR) 1923/3/29 → 1951/8/18
18位 29歳 85日 M.Doohan(AUS) 1965/6/4 → 1994/8/21
19位 29歳106日 K.Schwantz(USA) 1964/6/19 → 1993/9/26
20位 29歳241日 A.Criville(ESP) 1970/3/4 → 1999/10/24
21位 29歳314日 W.Rainey(USA) 1960/10/23 → 1990/8/26
22位 30歳350日 L.Liberati(ITA) 1926/9/2 → 1957/8/10
23位 34歳240日 P.Read(GBR) 1939/1/1 → 1973/7/21
24位 37歳350日 L.Graham(GBR) 1911/9/14 → 1949/8/20

平均 26歳364日

おぉ、惜しい!

それにしても、ストーナーの22歳でのタイトル獲得は近年の若年化傾向の結果と思ってたけど、ヘイルウッドやサーティースなど、昔の王者達も結構若かったのね。

b0039141_1514688.jpg

ストーナーにとって、日本や茂木は生涯忘れられない地になったね。
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com



■ 最高峰クラス年間最多勝ゲット数ランキング

年間最多勝を記録したシーズン数のベスト10+α

順位 回数 ライダー(国) 記録シーズン
----------------------------------------------
 1位 8回 G.Agostini (ITA) 1966-1972、1975
 2位 6回 V.Rossi (ITA) 2001-2006
     6回 M.Doohan (AUS) 1992、1994-1998
     6回 M.Hailwood (GBR) 1962-1967
 5位 5回 G.Duke (GBR) 1950、1951、1953-1955
 6位 4回 K.Roberts Sir. (USA) 1978-1980、1983
     4回 J.Surtees (GBR) 1956、1958-1960
 8位 3回 W.RAINEY (USA) 1990、1991、1993
     3回 F.Spencer (USA) 1983-1985
10位 2回 K.Schwantz (USA) 1989、1993
     2回 E.Lawson (USA) 1986、1988
     2回 B.Sheene (GBR) 1976、1977
     2回 P.Read (GBR) 1973、1974
14位 1回 C.Stoner (AUS)ほか12人 ←いまここ

ロッシの連続年間最多勝は今年で遂にストップ。ちょっと惜しいかな。

b0039141_1573939.jpg

1997年にM.Doohanがマークしたシーズン12勝の最多記録を更新できるか?
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2007-09-30 02:50 | MotoGP

<< 【MotoGP】第15戦 日本... 【F1】第14戦 ベルギーGP 結果 >>