2007年 12月 13日
【F1】アロンソは結局古巣に復帰

まぁ、納まるべきところに納まっただけだね。

AUTOSPORT WEB : アロンソ、ルノーへ! チームメイトはピケ (2007/12/11)
ルノーF1は、2008年のドライバーラインナップとして、フェルナンド・アロンソとネルソン・ピケJrを起用することを発表した。

 今回の契約発表に際し、ルノーF1チームマネージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレは次のようにコメントしている。
「フェルナンドをチームに再び迎えることになり、喜ばしい。彼は我がチームで素晴らしい成功を成し遂げている。彼のドライバーとして、そしてチームリーダーとしての能力は誰もが認めるところである。我々が再び共に強力なパートナーシップを形成することを期待している」

 チームの2008年型車、ルノーR28は、1月22~24日にバレンシアでのテストで初走行する予定。マシンの正式発表は、パリのルノー広報本部にて1月31日に行われる。
(AUTOSPORT WEBより抜粋引用)


b0039141_1402067.jpg

アロンソは結局、ブリアトーレとヨリを戻して古巣ルノーに復帰。
Photo © CRASHNET


マクラーレンを追い出され、フェラーリとBMWにはさっさとドアを閉じられて、ほかに勝てそうなチームが無いとなれば、あとは古巣ルノーに戻るしか無いもんね。

契約年数で揉めてたみたいだけど、その辺りは結局どうなったのかな?
ステップニー・ゲートに続くスパイ疑惑の件で立場が弱くなってたルノーが折れたのか? あるいは、アロンソ側がルノー側の希望する年限の契約を飲んだ上で、パフォーマンス条項(ある期間内で一定以上の成績が出ない場合は契約解除)を盛り込むことで手を打ったのかも。

b0039141_1562174.jpg

実際、本人にとっては不本意だったんだろうけど、
こうなったからにはルノーを再びトップチームに引き上げて、
ハミルトンとの第2ラウンドを見せてくれよ
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


いずれにしても、V2チャンピオンが浪人なんてことにならずに済んで良かった。当代最高のドライバーの1人が不在じゃ座がシラけるし、なにより去年の因縁の続きが見たいしね。

ルノーは今季、前年まで連覇を果たしていたチャンピオン・チームと同じチームとは思えないほどの惨憺たる結果に終わった。トップの座からの転落っぷりは、1998年のウィリアムズを思い起こさせるほど見事だった。
それだけにアロンソには躊躇があったんだろうけど、他に選択肢は無かったんだからしょうがないやね。

それにしても、
FMotorsports F1 : F.アロンソ、古巣ルノーに復帰決定! (2007/12/11)
なおチームメイトは予想通りテストドライバーから昇格のネルソン・アンジェロ・ピケ(22歳:ブラジル)ということになり、今季正ドライバーだったジャンカルロ・フィジケーラとヘイキ・コバライネンの二人はいずれも放出ということになる。
(FMotorsports F1より抜粋引用)

なんという非情・・・

フィジコの方は本人の自覚もあって、フォース・インディアのトライアウトに参加したりしてるからいいけど、コバライネン放出っていうのはどうなんだろうね?

コバライネン、頑張ってたと思うけどね。オレッチ的にはハミルトンよりコバライネンの方が評価高いんだけどね。ハミルトンがチャンピオン争いできたのは最速マシンMP4-22に由るところ大で、それよりも“走らない”R27で悪戦苦闘しながらシーズン終盤印象に残る走りを随所に見せたコバライネンの方こそ“買い”だと思うんだけど。

b0039141_1513246.jpg

ハミルトンに負けず劣らず、新人としてかなりいい仕事してたと思うんだけどなぁ。
ピケJr.なんかより、よっぽどキープする価値の有るドライバーじゃない?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


こうなると、今度はコバライネンの去就が気になるな。ていうか、もうマクラーレンしか残ってないけどね。でもマクラーレンは、ロン・デニスが来季はハミルトン中心のチーム作りを公言しちゃってるから、コバライネンとしては辛いところだなぁ。

でも、敢えて厳しい環境に飛び込むのも手かもしれない。瀕死の状況に陥る度に強さを増すサイヤ人のように、コバライネンも苦闘を経てさらに成長するタイプかもしれないし。
見た目もサイヤ人っぽいしさ。

がんばれコバライネン。朗報が届くのを待ってるぞ。

b0039141_1534498.jpg

バレンシアのテストにまで参加したのにね。めげるなよ。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2007-12-13 00:36 | F1

<< 日欧COTYでみる日本車の実力 ビッグ・ジョンに爵位を (訂正アリ) >>