2008年 01月 28日
【MotoGP】2008年1月 セパン合同テスト 結果

初日にロッシとペドロサがクラッシュ。ロッシは無事だったけどペドロサは右腕を骨折してスペインに引き上げるというアクシデント。
なんかトンデモないスタートになっちゃったな、2008年は。


b0039141_1271919.jpg

新年幕開けの景気づけに、3段飛び行きます!
Photo © MotorCycleNews


b0039141_1272828.jpg

ホップ!
Photo © MotorCycleNews


b0039141_1273875.jpg

ステップ!
Photo © MotorCycleNews


b0039141_1275019.jpg

ジャ―――――――――ンプ!!
Photo © Yamaha Factory Team



MotoGP Sepang January Testing
@ Sepang, Malaysia, 2008.01.22~24


  Corse Record : C.Stoner (AUS) Ducati  2’02.108 @2007
  Lap Record : V.Rossi (ITA) Yamaha  2’00.605 @2006


■ 3日間総合 各ライダーのラップタイムと順位

[順位] ライダー(国) チーム シャシー タイヤ  ベストタイム(総周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 69 N.Hayden (USA) Honda Repsol RC212V MI  2’00.326 (228)
[ 2]  1 C.Stoner (AUS) Ducati Marlboro GP8 BS  2’00.660 (97)
[ 3] 48 J.Lorenzo (SPA) Yamaha Fiat YZR-M1 MI  2’00.766 (160) ☆
[ 4] 14 R.De Puniet (FRA) Honda LCR RC212V MI  2’01.139 (187) ★
[ 5]  5 C.Edwards (USA) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’01.179 (109)
[ 6] 21 J.Hopkins (USA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’01.198 (164) ★
[ 7] 46 V.Rossi (ITA) Yamaha Fiat YZR-M1 BS  2’01.425 (152)
[ 8]  4 A.Dovizioso (ITA) Honda JiR Scot RC212V MI  2’01.447 (157) ☆
[ 9] 52 J.Toseland (GBR) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’01.745 (149) ☆
[10]  7 C.Vermeulen (AUS) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’01.748 (163)
[11] 65 L.Capirossi (ITA) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’01.778 (182) ★
[12]  2 D.Pedrosa (ESP) Honda Repsol RC212V MI  2’01.864 (47)
[13] 56 S.Nakano (JPN) Honda Gresini RC212V BS  2’02.032 (155) ★
[14] 15 A.De Angelis (RSM) Honda Gresini RC212V BS  2’02.198 (125) ☆
[15] 13 A.West (AUS) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’02.579 (149)
[16] 33 M.Melandri (ITA) Ducati Marlboto GP8 BS  2’02.725 (156) ★
[17] 24 T.Elias (SPA) Ducati Alice GP7 BS  2’02.995 (179) ★
[18] 19 O.Jacque (FRA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’03.030 (129) ※
[19] 50 S.Guintoli (FRA) Ducati Alice GP8 BS  2’03.628 (112) ★
[20]  - N.Canepa (ITA) Ducati Marlboro GP8 BS  2’03.703 (144) ※
[21]  - T.Serizawa (JPN) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’04.354 (82) ※

★=移籍 ☆=新人 ※=テスト・ライダー


b0039141_1292148.jpg

着地失敗!
Photo © MotorCycleNews




各ライダーの状況をチェックする前に、気になるペドロサの怪我の具合から。

motogp.com : D.ペドロサ、手術成功 (2008/1/24)

ダニ・ペドロサは24日、バルセロナ市内の病院で記者会見を行い、手術を担当したチャビエル・ミル医師と共に手術が成功したことを説明した。

セパン合同テストの初日に転倒を喫した際、右手を強打。サーキット近郊の病院でレントゲン検査を受けた結果、右手第2中手骨骨折が判明。翌日にフランクフルト経由で帰国すると、市内の病院に直行して、骨折箇所を固定する約2時間の手術を受けた。

手術を担当したミル医師は、7つの穴が開いたチタン製のプレートとボルトで固定したことを説明。72時間後から利針ビルを開始でき、通常は完治するまでに6週間の時間が必要であることを認めた。

(motogp公式サイトより抜粋引用)

b0039141_0534479.jpg

逃げてえええええええええええ!
ペドロサは骨折。マシンは炎上。ペドロサ以外に怪我人が出なくて良かった。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

b0039141_1324515.jpg

痛々しい姿で記者会見したペドロサ。
普通は治るのに6週間かかるけど、トップアスリートの回復は驚異的に早いからね、と担当医。
Photo © motogp.com


イタタタタ・・・・・

年明け早々大怪我しちゃったのは不運だけど、シーズン開幕まではまだ十分時間があるのは不幸中の幸い。早く直して帰っておいでよ~。


ということで、以下、各ライダーのテスト状況をチェック。
気温は30度を超えて、みなヒーヒー言いながらの汗だくの大変なテストだったみたいだけど、それぞれ多くのテスト・プログラムをこなせたようで、総じて満足できた様子。

まずは3日間通しのトップ・タイムをマークしたヘイデンから。
* ( )は3日間通しでのテストライダーを除く全18人中の順位


b0039141_1331074.jpg

#69 N.ヘイデン : ベストラップ 2’00.326(1位) 228ラップ(1位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

b0039141_1331944.jpg

今オフは昨年末のテストから常に黙々と走り込んでいるヘイデン。
一昨年、せっかく獲ったタイトルを為す術無く喪って、かな~りヤル気になってるみたいね。
Photo © Repsol Honda / motograndpirx.com

ホンダは新型ニューマチック・バルブ・エンジンを投入。ヘイデンは、新型エンジンのテスト、ミシュランが用意した新タイヤのテスト、そして新型シャシーのベースセッティング出しなど、負傷離脱したペドロサの分まで精力的にプログラムをこなした。
ヘイデンは3日間、誰よりも多い周回を黙々と走り込んで、昨年11月のテストに続いて連続となる期間中トップタイムをマーク。タイムそのものも、前回からコンマ2.7秒短縮したうえ、ロッシが990cc時代に出したコースレコードをもコンマ3秒上回った。

b0039141_0573791.jpg

昨年11月のテストに続いてトップタイムをマーク。
990cc時代のコースレコードも上回って絶好調!
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

とは言え、ここまで決して順調というわけではなかった様子。新型シャシーの感触が昨年末から変わっていたようで、初日はセットアップに苦労したとのこと。それでも、コース・コンディションも良くない中で990cc時代のレコードタイムを破ったのは立派。昨季タイトルを逃しはしたけど、地力は確実にレベルアップしてたのかな?

ただ、ヘイデンの場合テスト弁慶なところがあるからね~。
次はフィリップアイランドでテストを予定。今季V字回復達成を期して、得意なコースで更にセットアップを進めてください。



b0039141_1333860.jpg

#1 C.ストーナー : ベストラップ 2’00.660(2位) 97ラップ(17位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

b0039141_1334818.jpg

やっぱり今年も速かった。ゼッケンナンバー”1”が眩しいぜ!
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

昨年末のヘレス・テストで負った怪我がまだ痛むため、負担の掛からないよう軽めのプログラムを組んだ王者ストーナー。

なのにアッサリと2番手タイムをマーク。
ほかのライダーが酷暑の中、汗びっしょりで新型マシンのセッティングに精を出す中、一人涼しい顔してタイヤのテストをこなしながら好タイムを連発するこの余裕。

憎いね。

b0039141_105710.jpg

もちろんアドリアーナちゃんもテストに帯同。いつでも一緒。仲良し夫婦。
Photo © motogp.com

さらに、怪我が治ってないから無理しないようにとか言いながら、レースタイヤでのラップタイムでは3日間通しで全体トップをマークした。

やっぱり今年も速いわ。他に言うことがない。



b0039141_1342989.jpg

#48 J.ロレンツォ : ベストラップ 2’00.766(3位) 160ラップ(7位)
Photo © Yamaha Factory Team

b0039141_1343920.jpg

フィアット・カラーとチュッパチャップスが組み合わせが新鮮。
メキメキとMotoGPマシンに順応してきてます。
Photo © Yamaha Factory Team

レース・シュミレーションなど、MotoGPマシンの習熟に重きを置いたプログラムをこなしているロレンツォ。

ブレーキングの時のMotoGPマシンの挙動にまだ慣れ切れてないようだけど、それでも昨年末の自己タイムからは2秒弱も短縮し、チャンピオンのストーナーに迫る3番手のタイムをマークしたのだから立派。

やっぱり才能あるわ。MotoGPマシンを自分のものにしつつあるのは間違いない。



b0039141_1373765.jpg

#14 R.ド.プニエ : ベストラップ 2’01.139(4位) 187ラップ(2位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

今テストからサテライトにも2008年型シャシーが供給されて、さっそく新型シャシーのベースセッティング出しに精を出したド・プニエ。
昨シーズン終了後の初テストからRCVとのマッチングは良かったけど、新型シャシーでもそれは変わらず。初日と2日目はトップタイムをマークした。

テスト期間中、合計3回目も転倒したけど無傷。ノってる証拠だ。



b0039141_1375640.jpg

#5 C.エドワーズ : ベストラップ 2’01.179(5位) 109 Laps(16位)
Photo © Yamaha Factory Team

電子制御系の調整と新型スイングアームのテストなどを行ったエドワーズ。初日につまらない転倒をしてヘコんでたけど、昨年末のテスト時からコンマ6秒強短縮して、全体で5番手の好タイムをマーク。最後は上機嫌でテストを終了した。

今年のテック3は元WSBK王者同士のコンビ。先輩として負けられないやね。
「久しぶりで身体が痛い」とか、爺臭いこと言ってる場合じゃないよ(笑



b0039141_1383381.jpg

#21 J.ホプキンス : ベストラップ 2’01.198(6位) 164ラップ(5位)
Photo © Kawasaki Racing / motograndprix.com

b0039141_1385569.jpg

どこにいこうがホッパーはホッパー。
Photo © motogp.com

長い休み明けということで、初日はレーシングスピードに慣れることからスタートしたホッパー。マシンのチューニングとともに、2日目からはBSタイヤのテストも実施した。
ロングラン・テストもこなしつつ6番手のタイムをマーク。まずまずの新年スタートになった。

カワサキは今回、レギュラーの2人に加えて、ジャック、芹沢の2名のテストライダーもテストに参加。どうやら新型スクリーマー・エンジンのテストをしていた模様。

ここまでのところ、移籍は正しかったみたいね。



b0039141_1393676.jpg

#46 V.ロッシ : ベストラップ 2’01.425(7位) 152ラップ(11位)
Photo © Yamaha Factory Team

b0039141_1395988.jpg

昨年最終戦で負った怪我は、どうやらもう問題無さそう。
初日の派手なクラッシュのダメージも無くて良かった。
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

昨年から投入されたニューマチック・バルブ・エンジンや新型シャシーのセッティングもこなしつつ、目下最大の眼目であるBSタイヤのテストを重点的に行ったロッシ。
エンジンの方は弱点だったトップスピードに改善が見られたようで満足げな様子。BSタイヤについても、予選用タイヤをテストしたりレースシュミレーションを行うなどして、さらに理解は深まった模様。

・・・・・ただ、7番手のタイムっていうのは、ちょっと微妙じゃない?

b0039141_1394728.jpg

さすがのロッシも、タイヤのスイッチはそう簡単な話じゃないようで・・・
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

今季から本人の強い希望によりBSタイヤにスイッチ。ヤマハも新しいチーム体制を作るなど、強力な態勢を敷いてロッシをバックアップしている。それだけに、ロッシ本人としても早くBSの特性を把握して、その成果を出したいところだろうけど、まだ思うようにBSタイヤを使えていないみたいね。

今回のテストではラップタイム上位をミシュラン勢が占めてるのを見て、ちょっと後悔してたりして。

b0039141_1402337.jpg

ロレンツォに負けてる場合じゃないでしょ。ね。
Photo © Yamaha Factory Team

ま、テストはまだ始まったばかりだから、今回のテスト結果を見てあーだこーだ言ってもしょうがない。これからゆっくりと、でもシーズン開幕までにはキッチリと仕上げてきてくれるはず。

そうじゃなくちゃ困っちゃうよ、ファンとしても。



以下、exciteブログの字数制限に引っ掛かっちゃうのでコメント短めに。


b0039141_1522371.jpg

#4 A.ドビツィオーゾ : ベストラップ 2’01.447(8位) 157ラップ(8位)
Photo © JiR Team Scot / motograndprix.com

ブレーキング時のマシンの挙動に苦戦していたドビは、初日からエンブレの制御を意識したセッティングを中心としたプログラムを消化。

MotoGPマシンではエンブレの使い方をマスターしないと勝負はできないからね。どうやら出口が見えてきたようで良かったね。



b0039141_1163446.jpg

#52 J.トスランド : ベストラップ 2’01.745(9位) 149ラップ(12位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

ほかのルーキー同様、主にMotoGPマシンの慣熟走行を重点的に行ったトスランド。昨年11月のテストでは、トップのヘイデンから3秒近くも離されてたからちょっと心配だったけど、余計なお世話だったようね。

まだまだ速くなりそう。期待してるよ。



b0039141_1175267.jpg

#7 C.バーミューレン : ベストラップ 2’01.748(10位) 163ラップ(6位)
Photo © Crescent Suzuki

b0039141_118361.jpg

今季から恩師シーンと同じゼッケンナンバー「7」。スズキのエースらしくなってきた。
Photo © Crescent Suzuki

スズキは今回、日本から持ち込んだ新型エンジンを積みこんでテスト。バーミューレンは3日間順調にテストプログラムを消化し、最終日のレース・シミュレーションでは上々の結果が出て、満足げにテストを終えた。

スズキのマシンで「7」を背負う以上、今季は昨季以上の成績をあげないとね。



b0039141_1194382.jpg

#65 L.カピロッシ : ベストラップ 2’01.778(11位) 182ラップ(3位)
Photo © Crescent Suzuki

b0039141_1195246.jpg

初めてリズラ・ブルー姿を披露したカピ。結構似合ってるジャン。
Photo © Crescent Suzuki

バーミューレンとともに多くのテストプログラムをこなしたカピロッシ。昨年11月のテスト時からコンマ8秒のタイムアップ。

さすがベテラン。だてに頭髪の生え際が後退してないな。



b0039141_1215427.jpg

#2 D.ペドロサ : ベストラップ 2’01.864(12位) 47ラップ(18位)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

b0039141_1222196.jpg

滑り出しは上々だったのに・・・。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

上記の通り、ペドロサは初日にクラッシュして帰国。初日に出したタイムは全体で12番手だった。

次のフィリップアイランドでの合同テストもスキップせざるを得ないから、ライバル達からは大分遅れを取ることになりそうだな。



b0039141_1245361.jpg

#56 中野真矢 : ベストラップ 2’02.032(13位) 155ラップ(10位)
Photo © Team Gresini / motograndprix.it

b0039141_1254987.jpg

#15 A.デ.アンジェリス : ベストラップ 2’02.198(14位) 125ラップ(14位)
Photo © Team Gresini / motograndprix.it

チーム・グレシーニの2人は、新しく手に入れた新型シャシーのベースセッティングをメインに、タイヤのテストにも取り組んだ。

いろいろトラブルが続いたようだけど、次のフィリップアイランドでは気持ちを切り替えて行こう。



b0039141_1265136.jpg

#13 A.ウェスト : ベストラップ 2’02.579(15位) 149ラップ(12位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

昨年末のテストから約1秒の大幅タイムアップを果たしたウェスト。でも、新加入のホッパーに比べると1.5秒くらい遅い。もちっと頑張れ。



b0039141_127276.jpg

#33 M.メランドリ : ベストラップ 2’02.725(16位) 156ラップ(9位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

b0039141_1271639.jpg

デスモに慣れるのに思いのほか時間が掛かっているマルコメ。どうした?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

相変わらずデスモへのスイッチに苦労しているマルコメは、シートポジションを変えたり、セッティングをいじったり、懸命に試行錯誤中。

とにかく頑張れ。



b0039141_1283895.jpg

#24 T.エリアス : ベストラップ 2’02.995(17位) 179ラップ(4位)
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

b0039141_1291595.jpg

#50 S.ギュントーリ : ベストラップ 2’03.628(18位) 112ラップ(15位)
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com

アリーチェ・チームは、今年から供給されることになった最新型デスモGP8(サテライト用)の慣熟走行をメインに行った。
ま、今回は様子見ってことで。



次の合同テストは1月30日から3日間、フィリップアイランドで開催される。
今オフ最初の高速サーキットでのテスト。括目して待て!


b0039141_139178.jpg

セパンは暑過ぎだっつーの
Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com






各日の順位とタイムは以下の通り。

* 太字のタイムは、そのライダーのテスト期間中ベストラップタイム

■ 1日目(1月22日) 各ライダーのラップタイムと順位

[順位] ライダー(国) チーム シャシー タイヤ  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 14 R.De Puniet (FRA) Honda LCR RC212V MI  2’01.377 (68) ★
[ 2]  2 D.Pedrosa (ESP) Honda Repsol RC212V MI  2’01.864 (47)
[ 3]  7 C.Vermeulen (AUS) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’02.074 (57)
[ 4] 65 L.Capirossi (ITA) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’02.416 (61) ★
[ 5]  1 C.Stoner (AUS) Ducati Marlboro GP8 BS  2’02.457 (36)
[ 6] 46 V.Rossi (ITA) Yamaha Fiat YZR-M1 BS  2’02.490 (44)
[ 7]  5 C.Edwards (USA) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’02.549 (29)
[ 8] 69 N.Hayden (USA) Honda Repsol RC212V MI  2’02.558 (85)
[ 9] 48 J.Lorenzo (SPA) Yamaha Fiat YZR-M1 MI  2’02.563 (43) ☆
[10] 56 S.Nakano (JPN) Honda Gresini RC212V BS  2’02.622 (63) ★
[11] 21 J.Hopkins (USA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’02.628 (62) ★
[12]  4 A.Dovizioso (ITA) Honda JiR Scot RC212V MI  2’02.783 (52) ☆
[13] 52 J.Toseland (GBR) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’03.264 (45) ☆
[14] 15 A.De Angelis (RSM) Honda Gresini RC212V BS  2’03.301 (47) ☆
[15] 13 A.West (AUS) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’03.387 (51)
[16] 19 O.Jacque (FRA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’03.863 (53) ※
[17] 24 T.Elias (SPA) Ducati Alice GP7 BS  2’03.954 (55) ★
[18] 33 M.Melandri (ITA) Ducati Marlboto GP8 BS  2’04.414 (52) ★
[19]  - N.Canepa (ITA) Ducati Marlboro GP8 BS  2’05.580 (48) ※
[20] 50 S.Guintoli (FRA) Ducati Alice GP8 BS  2’06.000 (36) ★
[21]  - T.Serizawa (JPN) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’23.590 (6) ※


b0039141_1352240.jpg

Photo © Honda Motor Co. / motograndprix.it


b0039141_1303629.jpg

Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com




■ 2日目(1月23日) 各ライダーのラップタイムと順位

[順位] ライダー(国) チーム シャシー タイヤ  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 14 R.De Puniet (FRA) Honda LCR RC212V MI  2’01.139 (63) ★
[ 2]  5 C.Edwards (USA) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’01.327 (46)
[ 3] 46 V.Rossi (ITA) Yamaha Fiat YZR-M1 BS  2’01.437 (60)
[ 4] 48 J.Lorenzo (SPA) Yamaha Fiat YZR-M1 MI  2’01.583 (54) ☆
[ 5]  1 C.Stoner (AUS) Ducati Marlboro GP8 BS  2’01.638 (34)
[ 6] 21 J.Hopkins (USA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’01.874 (50) ★
[ 7] 65 L.Capirossi (ITA) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’01.917 (59) ★
[ 8]  4 A.Dovizioso (ITA) Honda JiR Scot RC212V MI  2’02.006 (54) ☆
[ 9] 56 S.Nakano (JPN) Honda Gresini RC212V BS  2’02.095 (54) ★
[10] 69 N.Hayden (USA) Honda Repsol RC212V MI  2’02.102 (66)
[11] 52 J.Toseland (GBR) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’02.276 (59) ☆
[12]  7 C.Vermeulen (AUS) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’02.371 (44)
[13] 13 A.West (AUS) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’02.579 (59)
[14] 15 A.De Angelis (RSM) Honda Gresini RC212V BS  2’02.914 (41) ☆
[15] 24 T.Elias (SPA) Ducati Alice GP7 BS  2’03.311 (57) ★
[16] 33 M.Melandri (ITA) Ducati Marlboto GP8 BS  2’03.380 (46) ★
[17] 19 O.Jacque (FRA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’03.462 (36) ※
[18] 50 S.Guintoli (FRA) Ducati Alice GP8 BS  2’04.217 (37) ★
[19]  - T.Serizawa (JPN) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’04.382 (49) ※
[20]  - N.Canepa (ITA) Ducati Marlboro GP8 BS  2’04.427 (47) ※
[ -]  2 D.Pedrosa (ESP) Honda Repsol RC212V MI  No Time ( -)


b0039141_220100.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

b0039141_1305867.jpg

Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com




■ 3日目(1月24日) 各ライダーのラップタイムと順位

[順位] ライダー(国) チーム シャシー タイヤ  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 69 N.Hayden (USA) Honda Repsol RC212V MI  2’00.326 (77)
[ 2]  1 C.Stoner (AUS) Ducati Marlboro GP8 BS  2’00.660 (27)
[ 3] 48 J.Lorenzo (SPA) Yamaha Fiat YZR-M1 MI  2’00.766 (63) ☆
[ 4]  5 C.Edwards (USA) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’01.179 (34)
[ 5] 21 J.Hopkins (USA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’01.198 (42) ★
[ 6] 46 V.Rossi (ITA) Yamaha Fiat YZR-M1 BS  2’01.425 (48)
[ 7]  4 A.Dovizioso (ITA) Honda JiR Scot RC212V MI  2’01.447 (51) ☆
[ 8] 52 J.Toseland (GBR) Yamaha Tech3 YZR-M1 MI  2’01.745 (45) ☆
[ 9]  7 C.Vermeulen (AUS) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’01.748 (62)
[10] 65 L.Capirossi (ITA) Suzuki Rizla GSV-R BS  2’01.778 (62) ★
[11] 14 R.De Puniet (FRA) Honda LCR RC212V MI  2’01.873 (56) ★
[12] 56 S.Nakano (JPN) Honda Gresini RC212V BS  2’02.032 (38) ★
[13] 15 A.De Angelis (RSM) Honda Gresini RC212V BS  2’02.198 (37) ☆
[14] 33 M.Melandri (ITA) Ducati Marlboto GP8 BS  2’02.725 (58) ★
[15] 13 A.West (AUS) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’02.978 (39)
[16] 24 T.Elias (SPA) Ducati Alice GP7 BS  2’02.995 (67) ★
[17] 19 O.Jacque (FRA) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’03.030 (40) ※
[18] 50 S.Guintoli (FRA) Ducati Alice GP8 BS  2’03.628 (39) ★
[19]  - N.Canepa (ITA) Ducati Marlboro GP8 BS  2’03.703 (49) ※
[20]  - T.Serizawa (JPN) Kawasaki K.R.T. ZX-RR BS  2’04.354 (27) ※
[ -]  2 D.Pedrosa (ESP) Honda Repsol RC212V MI  No Time ( -)


b0039141_1322964.jpg

Photo © CRASHNET / yahoo!ITALIA

b0039141_1293423.jpg

Photo © Hazrin Yeob Men Shah / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2008-01-28 01:08 | MotoGP

<< カバ教授にノーベル生物学賞を マッサの最速フィアット500 >>