2008年 01月 31日
ジャイアントとわたし

星の数ほどいる有名マンガ・キャラクターの中で、オレッチが最も親近感を感じるキャラクターは、ドラえもんのジャイアンだ。

なぜなら、高校時代のオレッチのあだ名がジャイアンだったからだ。

修学旅行の移動のバスの中で、クラスメイト達がオレッチのために「ジャイアンの歌」を合唱してくれたことは、オレッチのこれまでの人生の中で最高の思い出の一つだ。
(フルコーラスじゃなくて、冒頭の「オレは~ガキ大将」という部分の反復だったけど)

ただ、ジャイアンとオレッチとでは、ある決定的な違いがあった。
それは、オレッチはジャイアンよりずっとイケメンだったことだ。

"イケメンのジャイアン"

高校時代はオレッチは、まさにそんな感じだった。


GIGAZINE : なんと「きれいなジャイアン」がフィギュア化されて販売決定 (2008/01/30)

ビジュアル的なインパクトがあまりにも強いため、1度見た人は決して忘れることがない「きれいなジャイアン」が、フィギュア化されて販売されるそうです。

ドラえもんが出した秘密道具「木こりの泉」によって普通のジャイアンと引き替えにドラえもんとのび太に渡された「きれいなジャイアン」が元になっているのですが、かなり再現度は高いのではないでしょうか。

※ 「木こりの泉」詳細 → http://cemasa.hobby-web.net/anime/doraemon/002.htm

(GIGAZINEより抜粋引用)

b0039141_22592136.jpg

© 藤子プロ・小学館

イケメンなジャイアン!!(爆笑



b0039141_2301021.jpg

© 藤子プロ・小学館


う~ん、惜しい! イケメンぶりは確かに似てるけど、オレッチはもっとスリムでしたから。


フィギュアの世界は、実に奥深いねぇ・・・



「木こりの泉」の話は面白すぎる。やっぱり藤子不二夫は天才だ。
[PR]
by oretch | 2008-01-31 23:08 | 雑記

<< 某No.1クルマ雑誌の倫理感 【F1】バレンシア合同テスト 結果 >>