2008年 02月 13日
【F1】シューとトッドが映画出演

以前、「カーズ」に声優として出演したことがあったけど(ラストシーン近くに登場するフェラーリ役)、今回はちゃんと実写映画に出演して芝居もしてるみたいね。

WebCG : ハエル・シューマッハーが仏コメディ映画に主演!? (2008/02/11)

フェラーリF1チームに黄金期をもたらしたレーシングドライバー、ミハエル・シューマッハーと、現在本社の最高経営責任者(CEO)をつとめるジャン・トッドが、フランス映画史上最高の製作費をかけたコメディ映画に出演。

2006年に現役を退いた大スター、シューマッハーが出演するのは、古代ローマ軍に対抗したガリア人を描いた作品。フランスの人気コミック「アステリックス」の、実写版映画シリーズ3作目に当たる『Asterix aux Jeux d'Olympiques』(オリンピックのアステリックス/フレデリック・ホレスティエ&トーマス・ラングマン監督)だ。
製作費7500万ユーロ(約120億円)以上を投じたこの大作で、シューマッハーはローマの戦車を駆るレースの旗手=レーサー役として、トッドはそのチームマネージャー役として特別出演する。

トッドは地面の砂をつかんで、「砂が湿っていて、重いかもしれない」とシュミに路面状況を耳打ちしたりするのだから、F1ファンなら思わずニヤリしてしまうハズだ。ちなみに、シューマッハーの役名は、主人公の「アステリックス」にならって「シュミックス」と命名された。

横一列に4台の戦車が並んだ後、フラッグが振り落とされた。予想通り(?)好スタートを切った“シュミックス”は、他を突き放してオーバルコースを快走する。途中、突然ピットインすると、競馬らしいピット作業が繰り広げられて大いに笑える。

(WebCGより抜粋引用)

b0039141_23285877.jpg

Asterix aux Jeux d'Olympiques


これ観たいなぁ。

でも、残念ながら日本での公開予定は無いらしい。外国のマンガ原作映画って日本国内だとあまりヒットしないから、どこの配給会社も食指が伸びないんだろうな。

こうなりゃ某動画共有サイトで探すしかないだろう。

ってことで探してみたら、あったあった、いかにも劇場で盗撮したと思しきやつが(笑

おぉ、シューミなかなかカッコイイじゃん!
トッドも結構小芝居してるし。役者だネェ。
ピットストップシーンは、確かにF1ファンなら笑えるかも(笑

やっぱりこれは、是非クリアな映像を大画面で観てみたいなぁ。

いずれDVDでリリース&レンタルされるのを期待してようっと。


b0039141_23323194.jpg

凛々しいお姿。CMとかで慣れてるのかな? なかなか芝居も板についてる。
© Asterix aux Jeux d'Olympiques

[PR]
by oretch | 2008-02-13 23:37 | F1

<< このいじめ対策は無い 【MotoGP】チーム・グレシ... >>