2008年 02月 24日
【MotoGP】IRTA公式テスト結果 ライダーチェック編

b0039141_3252312.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_3273439.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


テスト初日はドライだったもの、2日目は生憎のウェット・コンディション。
朝から雨が降り出した中で、午後に注目の「BMW杯」が行われた。
3日目の午後になるとようやく雨も上がり、最後のセッションは再びドライに。

天候に振り回されるカタチになっちゃったけど、3日間、それぞれにシーズン開幕に向けてさらにセットアップを詰めることはできたはず。
以下、テスト期間中のベストタイム順に、各ライダーの仕上がり状態をチェック。

なお、フィリップアイランドとセパン(2月)の合同テストの記事には、ライダー別に今オフのテスト結果を全部書き出したけど、今回は各サーキットでの自己ベストタイム、総走行距離と「ラップタイム・レベル」という指標で纏めてみた。
凡例
サーキット : 合同テスト自己ベストタイム ギャップ (順位)
周回数ラップタイム・レベル平均 (順位)
総走行距離** (順位)

* 予選通過基準タイム(PPタイムの107%)と同じ計算方法で、各合同テストのテスト期間中トップタイムに対する各ライダーの自己ベストタイムを「%」で表し、その平均値を求めたもの。
** 公表された各合同テストでの走行ラップ数から計算。プライベート・テストは除く。



b0039141_329447.jpg
Photo © Associated Press / Yahoo!ITALIA









b0039141_3313568.jpg

#69 N.へイデン : ベストラップ 1’38.848 (1位) 207周(2位)
Photo © Repsol Media


b0039141_3315419.jpg

BMW杯は3位だったけど、3日間通しでは今年3回目のトップをマーク。
Photo © Repsol Media

N.ヘイデン 合同テスト成績
バレンシア : 1’32.434 +0.339 (2位) 118周
セパン    : 2’00.326 +0.026 (2位) 604周
ヘレス    : 1’38.848 +0.286 (2位) 430周
フィリップ島 : 1’29.734 +0.957 (3位) 281周
ラップタイム・レベルAve. 100.32%(1位)
総走行距離 6,945.360km(1位)

奇しくも昨年最後のヘレス・テストの時と同じタイムで3日間全体のトップになった。
ある意味、速く安定しているってことかね?

合同テスト・トップタイムは、今回で参加7回中4回目。一番多い。さらに、ラップタイム・レベルAve.も、ストーナーやロッシを抑えて堂々1位。
合同テストはまだ残り1回あるけど、今オフの”テスト・キング”はヘイデンで決まりだろう。

ただ、オレッチは、ヘイデンはどうもテスト弁慶なところがあるんじゃないかと思ってる。誰よりも多く走り込んでるから、セットアップが進んでいてタイムも出やすくなっているだけなんじゃないかと疑ってる。
この疑問を払拭するには、チャンピン・ライダーとしては異様に少ない優勝回数(たった3回!)を、納得できる数まで増やしてもらうしかないね。

とは言え、黙々と走り込んで誰よりも長いテストマイレージを稼いでいること自体は、実に真面目でエライなぁとも思ってる。

「努力は裏切らない」と言う人もいる。
報われるといいね。


b0039141_3331425.jpg

#48 J.ロレンツォ : ベストラップ 1’39.252 +0.404(2位) 201周(3位)
Photo © Yamaha Factory Racing


b0039141_3332637.jpg

BMW杯は、やる気がなくて16位。ウェット嫌い?
Photo © Yamaha Factory Racing

J.ロレンツォ 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.588 +1.493 (11位) 138周
セパン    : 2’00.705 +0.405 (4位) 502周
ヘレス    : 1’39.252 +0.690 (3位) 437周
フィリップ島 : 不参加
ラップタイム・レベルAve. 100.89%(4位)
総走行距離 5,270.637km(3位)

ドライでは、先輩ライダー達と互角がそれ以上の走りができるまでに準備が整ってきたロレ坊だけど、ココにきてまた一つ課題が見つかったな。
ウェット・コンディションだ。
MotoGPマシンでのウェットコンディションの経験がこれまでほとんど無かったからしょうがないんだけど、だったら、ウェット・セッションでもっと積極的に走りこんでもらいたかったな。

まぁ、今無理して、怪我でもしたら元も子もないっちゃないんだけどさ。


b0039141_334839.jpg

#4 A.ドヴィツィオーゾ : ベストラップ 1’39.313 +0.465(3位) 156周(14位)
Photo © motograndpric.it

A.ドビツィオーゾ 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.991 +1.896 (13位) 131周
セパン    : 2’01.447 +1.147 (8位) 290周
ヘレス    : 1’39.313 +0.751 (4位) 344周
フィリップ島 : 1’29.780 +1.003 (5位) 229周
ラップタイム・レベルAve. 101.18%(7位)
総走行距離 4,673.679km(6位)

同じ新人でもロレンツォとは違ってウェットでも積極的に走り込んだドビが3位。
今オフ合同テスト中、ベスト3入りは今回が初めて。仕上がりは順調みたいね。

チーム・スコットの新カラーリング、かっこいいじゃん。


b0039141_3345013.jpg

#14 R.ド・プニエ : ベストラップ 1’39.351 +0.503(4位) 180周(8位)
Photo © motograndpric.it

R.ド・プニエ 合同テスト成績
バレンシア  : 1’32.625 +0.530 (3位) 143周
セパン     : 2’01.139 +0.839 (5位) 343周
ヘレス     : 1’39.351 +0.789 (5位) 398周
フィリップ島  : 1’30.978 +2.201 (11位) 290周
ラップタイム・レベルAve. 101.29%(8位)
総走行距離 5,692.393km(2位)

これまでのテスト結果を並べて見ると、ずいぶんムラがある感じ。3位だったり、11位だったり。
でも、前回のヘレス・テストからタイムを1秒以上短縮してるし、仕上がりは順調と言っていいのかな?

ただ、同じホンダに乗る新人ドビに負けてちゃダメだね。もう少しネジ巻いてけ。


b0039141_3351452.jpg

#46 V.ロッシ : ベストラップ 1’39.568 +0.720(5位) 220周(1位)
Photo © Yamaha Factory Racing


b0039141_3353181.jpg

BMW杯は惜しくも2位。BMWコレクションを増やし損ねちゃったね。
Photo © Yamaha Factory Team

V.ロッシ 合同テスト成績
バレンシア : 不参加
セパン    : 2’00.300 (1位) 334周
ヘレス    : 1’39.568 +1.006 (6位) 383周
フィリップ島 : 不参加
ラップタイム・レベルAve. 100.81%(3位)
総走行距離 3,547.041km(12位)

3日間総合5位っていうのはなんか中途半端な感じだけど、ロッシより上はみんな予選用タイヤで出したタイムで、ロッシは決勝用タイヤでこのタイムを出したと知れば納得かな。
でも別な見方をすれば、まだ決勝用タイヤのセッティングに手間取っていて、状況は必ずしも芳しくは無い、とも考えられるわけで・・・。

今オフのテスト・スケジュールは怪我で出遅れために、その後は精力的にテストマイレージを稼いできた。そして今回は誰よりも周回数を重ねた。怪我もほぼ回復してる様子。
今年でGP13年目を迎え、シーズン開幕までの調整の仕方については心得ているんだろうから、まぁ、順調と言っていいのかな?


b0039141_3354458.jpg

#5 C.エドワーズ : ベストラップ 1’39.629 +0.781(6位) 102周(19位)
Photo © Yamaha Factory

C.エドワーズ 合同テスト成績
バレンシア : 不参加
セパン    : 2’01.179 +0.879 (6位) 235周
ヘレス    : 1’39.629 +1.067 (7位) 252周
フィリップ島 : 1’29.566 +0.789 (2位) 177周
ラップタイム・レベルAve. 101.01%(5位)
総走行距離 3,205.672km(16位)

過去のBMW杯ウィナーの一人だけど、今回はカスリもしなかった(泣)
まぁ、雨だったし、本気じゃやってなかったろうけどね。

3日目は天気が荒れるという予報を聞いて2日目に帰っちゃったから(チームも了解済み)、最終日はタイム無し。さっさとアメリカに帰って休暇に入ったとのことだけど、3日目午後は天候回復しちゃったから損したね。
ラップタイム・レベルAve.5位が示すように、今オフなかなか好調な様子だけど、実際はテスト弁慶ぶりはヘイデン以上だからね。この最終日のテスト・キャンセルが後々で響かなきゃいいけどね。


b0039141_3355377.jpg

#52 J.トスランド : ベストラップ 1’39.678 +0.830(7位) 165周(13位)
Photo © Yamaha Factory

J.トスランド 合同テスト成績
バレンシア : 不参加
セパン    : 2’01.745 +1.445 (9位) 291周
ヘレス    : 1’39.678 +1.116 (8位) 355周
フィリップ島 : 1’29.754 +0.977 (4位) 225周
ラップタイム・レベルAve. 101.45%(10位)
総走行距離 4,185.433km(8位)

テスト初参加の昨年11月のセパン以降、尻上がりに調子を上げてきてたトスランドだけど、今回はちょっと一服って感じ?
3日目に、コースに出た途端にすっ転んで足首を痛めてしまい、最終日は万全の体調でタイムアタックできなかったようだから、しょうがないか。

ま、怪我が重くなくなくて良かったね。


b0039141_3361118.jpg

#1 C.ストーナー : ベストラップ 1’39.845 +0.997(8位) 160周(14位)
Photo © motograndpric.it


b0039141_3364366.jpg

テストマイレージは少ないけど、その内容は充実している。
今季もタイトル大本命か?
Photo © motograndpric.it

C.ストーナー 合同テスト成績
バレンシア : 1’32.095 (1位) 81周
セパン    : 2’00.660 +0.360 (3位) 97周
ヘレス    : 1’39.845 +1.283 (9位) 227周
フィリップ島 : 1’28.777 (1位) 169周
ラップタイム・レベルAve. 100.59%(2位)
総走行距離 2,618.294km(17位)

BMW杯でトップタイムをマークし、見事BMW M Roadstarをゲット!
去年、年間のBMW杯に続いて2台目のBMWだ。チャンピオンのご褒美に貰った2台のアルファに加えて、これで4台目。羨ましいねぇ~。

3日間通しのベストタイムは8位と奮わなかったけど、でもこれはヘレス向けのセッティングを避け、汎用的なセットアップを優先した結果。テスト走行距離はヘイデンの半分にも満たないけど、ラップタイム・レベルAve.は僅差の2位。余裕あるねぇ。


b0039141_3372786.jpg

#15 A.デ・アンジェリス : ベストラップ 1’39.932 +1.084(9位) 167周(11位)
Photo © Team Gresini / Motorsport.com

A.デ・アンジェリス 合同テスト成績
バレンシア : 1’34.060 +1.965 (14位) 131周
セパン    : 2’02.194 +1.894 (14位) 243周
ヘレス    : 1’39.932 +1.370 (10位) 336周
フィリップ島 : 1’30.438 +1.661 (7位) 215周
ラップタイム・レベルAve. 101.65%(12位)
総走行距離 4,315.267km(7位)

チーム・グレシーニは今回、シャシーもエンジンも2008年型の完全新型パッケージを初めて手にしてテスト作業を進めた。セッティング出しなどに時間を費やしたので、タイム的には見るべきところはないけど、マシンの感触は上々だったみたいね。

つか、我らが中野よりいいタイム出して生意気。


b0039141_3374992.jpg

#56 中野真矢 : ベストラップ 1’40.192 +1.344(10位) 188周(5位)
Photo © motograndpric.it


b0039141_3381110.jpg

BMW杯は6位い入ってそれなりに気を吐いた我らが王子。
だけど、仕上がり具合の方は・・・。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

中野真矢 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.465 +1.370 (9位) 138周
セパン    : 2’02.032 +1.732 (13位) 292周
ヘレス    : 1’40.121 +1.559 (11位) 392周
フィリップ島 : 1’30.728 +1.951 (8位) 254周
ラップタイム・レベルAve. 101.58%(11位)
総走行距離 5,036.314km(4位)

う~ん、なんかイマイチ、マシンの仕上げは上手くいってないみたいね。初日のタイムを3日目に上回れなかったばかりか、前回のヘレス・テストのタイムさえもクリアできなかった。

走行距離は伸びてるのに、ラップタイム・レベルは11位。チャタリングの問題に悩まされているようだけど、問題はそれだけなのか?

今季も厳しいことになりそうだなぁ・・・


b0039141_3382161.jpg

#65 L.カピロッシ : ベストラップ 1’40.442 +1.594(11位) 154周(16位)
Photo © Crescent Suzuki


b0039141_3383193.jpg

ベテランらしく、"オレ流"の調整をしてるんだろうけど・・・
Photo © Associated Press / Yahoo!ITALIA

L.カピロッシ 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.163 +1.068 (7位) 98周
セパン    : 2’01.778 +1.478 (11位) 375周
ヘレス    : 1’40.442 +1.880 (12位) 154周
フィリップ島 : 1’31.274 +2.497 (13位) 219周
ラップタイム・レベルAve. 101.69%(13位)
総走行距離 4,128.244km(9位) ※スズキ単独テスト分除く

移籍当初は結構期待してたんだけど、思ったよりも調子上がってこないなぁ~。
ヘレスではマシンに深刻な問題が出たらしいけど、その影響かな?
あるいは、流石にカピももうお年なのか・・・・・?

昨季後半戦のスズキの躍進ぶりから、今季はいよいよドゥカ、ホンダ、ヤマハ、スズキの4者ガップリ四つの戦いになりそうだとを期待してたんだけど、なんか厳しそうな気配だなぁ。


b0039141_339536.jpg

#7 C.バーミューレン : ベストラップ 1’40.576 +1.728(12位) 181周(7位)
Photo © Crescent Suzuki


b0039141_3391532.jpg

オージー三人衆。ストーナーばっかりにオイシイ思いさせといていいんか?
Photo © Crescent Suzuki

C.バーミューレン 合同テスト成績
バレンシア : 1’32.979 +0.884 (5位) 137周
セパン    : 2’01.748 +1.448 (10位) 339周
ヘレス    : 1’40.576 +2.014 (13位) 181周
フィリップ島 : 1’30.216 +1.439 (6位) 222周
ラップタイム・レベルAve. 101.39%(9位)
総走行距離 4,217.476km(7位) ※スズキ単独テスト分除く

カピとバーミュレンの2人揃って下位に沈んで、どうやら深刻な状況っぽいな、スズキは。
セットアップの方向性は見つかったとコメントしてるみたいだけど、この時期に問題を抱えてるようだと、シーズン・スタートダッシュは厳しいんじゃないか?

今季もまた、調子が出てくるのはシーズン後半からになりそうだなぁ。


b0039141_3392431.jpg

#13 A.ウェスト : ベストラップ 1’41.026 +2.178(13位) 177周(9位)
Photo © Kawasaki Racing Team / Motorsport.com

A.ウェスト 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.695 +1.600 (11位) 99周
セパン    : 2’02.579 +2.279 (15位) 334周
ヘレス    : 1’41.026 +2.464 (15位) 367周
フィリップ島 : 1’31.786 +3.009 (15位) 222周
ラップタイム・レベルAve. 102.49%(18位)
総走行距離 4,926.944km(5位)

それなりに走り込んでるのに、ラップタイム・レベルは結局レギュラー・ライダーで最下位。
いくらワークス・ライダーとして始めた向かえたテスト・プログラムとは言え、ちょっと期待ハズレだったかな。

今季はライバル達との戦いよりも、シート維持のための自分との戦いになりそうな予感。


b0039141_3394715.jpg

#50 S.ギュントーリ : ベストラップ 1’41.177 +2.329(14位) 148周(17位)
Photo © motograndpric.it

S.ギュントーリ 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.571 +1.476 (10位) 128周
セパン    : 2’03.628 +3.328 (20位) 112周
ヘレス    : 1’41.177 +2.615 (16位) 148周
フィリップ島 : 1’30.983 +2.206 (12位) 190周
ラップタイム・レベルAve. 102.30%(16位)
総走行距離 2,633.740 km(16位)

やっぱり、マシンもタイヤも昨シーズンから変わっちゃったからツライところだねぇ。
昨年のフランスGPや日本GPでみせてくれた目の醒めるような走りは、果たして今季も見られるんだろうか?


b0039141_3401670.jpg

#33 M.メランドリ : ベストラップ 1’41.292 +2.444(15位) 190周(4位)
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com


b0039141_3405378.jpg

再び長く暗いトンネルに入ってしまった感じのマルコメ。苦しいなぁ~。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

M.メランドリ 合同テスト成績
バレンシア : 1’34.433 +2.338 (15位) 131周
セパン    : 2’02.725 +2.425 (16位) 156周
ヘレス    : 1’41.292 +2.730 (17位) 415周
フィリップ島 : 1’30.869 +2.092 (9位) 287周
ラップタイム・レベルAve. 102.45%(17位)
総走行距離 4,502.264 km(6位)

今オフの頭からデスモセディッチとのマッチングに苦しんできたマルコメ。フィリップアイランド・テストでようやく解決の糸口を掴んだかに見えたんだけど、どうやらまた振り出しに戻っちゃったみたいだ。
もう、どうしたらいいんだろうね?

考えてみれば、ドゥカ乗りで速いのはストーナーだけ。ストーナー以外は誰も乗りこなせていない。昨季タイトルを総ナメにしたドゥカティだけど、まだまだ課題は多いな。


b0039141_34138.jpg

#24 T.エリアス : ベストラップ 1’41.311 +2.463(16位) 187周(6位)
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

T.エリアス 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.290 +1.195 (8位) 117周
セパン    : 2’02.995 +2.669 (17位) 179周
ヘレス    : 1’41.311 +2.749 (18位) 187周
フィリップ島 : 1’30.966 +2.189 (10位) 246周
ラップタイム・レベルAve. 102.12%(15位)
総走行距離 3,382.986 km(14位)

モトクロスやっててクラッシュして傷めた骨盤がまだ癒えず、ほとんどテストできてないエリアスは今回もセットアップが思うようにできなくて相当イラ立っている様子。

自分が悪いくせに。


b0039141_3412092.jpg

#2 D.ペドロサ : ベストラップ 1’41.352 +2.504(17位) 72周(20位)
Photo © Repsol Media


b0039141_3413454.jpg

怪我から復帰したペドロサ。まだ完調では無いけど、表情は明るい。
自信があるのかな?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA

D.ペドロサ 合同テスト成績
バレンシア : 1’32.625 +0.530 (3位) 143周
セパン    : 2’01.864 +1.564 (12位) 47周
ヘレス    : 1’38.562 (1位) 257周
フィリップ島 : 不参加
ラップタイム・レベルAve. 101.10%(6位)
総走行距離 1,970.182 km(18位)

1月のセパン・テストでクラッシュして右手首を骨折したペドロサは久しぶりのテスト参加。常人なら完治するのに6週間かかるような怪我を負ったにもかかわらず、早くもテスト復帰したところは流石アスリートだけど、やっぱりまだまだ本調子から程遠い。
負担がかからないよう、ドライ・コンディションの時しか走ることができないから、調整遅れもいたしかたなしといったところか。

この調子だと、やっぱりシーズン序盤のスタートダッシュは望むべくもないだろう。
今はとにかく、一日も早く怪我を完治させることに集中するしかないね。


b0039141_3415565.jpg

#21 J.ホプキンス : ベストラップ 1’41.901 +3.053(18位) 60周(21位)
Photo © Kawasaki Racing Team / Motorsport.com


b0039141_3421786.jpg

いつも仲良し。でも奥さん、もう少し叱咤してやってよ。
Photo © motograndpric.it

J.ホプキンス 合同テスト成績
バレンシア : 1’33.058 +0.963 (6位) 102周
セパン    : 2’01.198 +0.898 (7位) 291周
ヘレス    : 1’40.939 +2.377(14位) 212周
フィリップ島 : 1’31.623 +2.846 (14位) 115周
ラップタイム・レベルAve. 101.95%(14位)
総走行距離 3,472.174 km(13位)

ペドロサ同様、ホプキンスもフィリップアイランド・テストで負った怪我がまだ完治してなくて、苦しいテスト・プログラムになった。
負担がかからないよう、ウェット・コンディションを避けたペドロサに対して、ホッパーはウェットでも走っちゃったから、どうも怪我に響いたみたい。迂闊だな。

カワサキに移籍してエースとして期待されているのは分かるけど、やっぱり怪我してる時は焦りは禁物ってこった。


さて、いよいよシーズン開幕まで残すはカタール・テストのみとなった。
どのチームも、どのライダーもまだ課題を抱えているようだけど、残り僅かな期間でどこまで改善が図れるのか?
次のカタール・テストで、いよいよ各ライダーの調整具合がハッキリ分かるだろう。

あー、シーズンが近づいてきたワクワクしてきたぞ!


b0039141_3431646.jpg

Photo © CRASHNET /Yahoo!ITALIA

[PR]
by oretch | 2008-02-24 01:48 | MotoGP

<< スポーツ名場面 ノリックの勇姿 【MotoGP】IRTA公式テ... >>