2008年 03月 09日
【F1】チーム内バトルを予想する

こういう記事読むと、いよいよシーズン開幕が近づいてきたなァ、って感じで、気分が盛り上がってくるね。

元記事 Planet-F1 : Declaring The Team-Mate Wars Of 2008 (2008/03/03)
和訳記事 F1通信 : 2008年チームメイト対決 by Planet-F1 (2008/03/06)

"Planet-F1" が新シーズンに勃発する内部闘争を予測する...

(F1通信より抜粋引用 以下同じ)

面白いね、こういう記事。
元記事の予想結果には一部「?」ってところもあるから(イギリス人ドライバーをかなりエコヒイキしてるし)、便乗してオレッチも予想してみよう。





フェラーリ:キミ・ライコネン フェリペ・マッサ

ワールドチャンピオンとしての新しい立場に支えられたライコネンの方が有利であるが、過小評価されているマッサは、トラクション・コントロール不在に素早く慣れることができれば、そこそこの可能性がある。

予想勝者:ライコネン(ただしフェリペにも少額賭ける価値がある)

同意。
昨季マッサがタイトル争いから脱落したのはバッドラックに祟られた面が確かに強かったけど、本人のミスもそれなりに多かった。
マッサって、なんとなくマンセルチックな感じがするんだよね。肝心なところでヘマをやらかす、みたいな。

オレッチ予想勝者:ライコネン


b0039141_2393163.jpg

心情的にはマッサを応援してんだけど、やっぱライコだろうなァ。
Photo © Ferrari Media Center / Motorsport.com



マクラーレン:ルイス・ハミルトン ヘイキ・コバライネン

ヘイキは間違いなくトラックで立派なパフォーマンスを見せるだろう。しかし、彼がチームを不安定にしたり、ハミルトンを悩ませたりすることもないだろう。ルイスの優勝、ヘイキの表彰台が妥当な予想である。

予想勝者:ハミルトン

これはどうかなァ~? と、オレッチは見ている。
昨季のハミルトンの活躍は確かに見事なものだった。でも、アレはドライバーの力によるものだったのか? と強く疑問に思っている。
それにコバライネンがテストで見せた適応力の高さは見事だった。

オレッチ予想勝者:コバライネン(願望込みで)


b0039141_2434931.jpg

優等生の鼻っ柱をヘシ追ってやれ!
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



ルノー:フェルナンド・アロンソ ネルソン・ピケ・ジュニア

ピケ・ジュニアはチームメイトを怖がる必要はないが、アロンソのペースにすぐに嫌気が差すだろう。冬の間ハミルトン風の競争力のかけらもなかったので、彼はふさわしい後方に留まる可能性が高い。アロンソは前回のルノー在籍時に、ジャンカルロ・フィジケラを圧倒したような不屈の走りを見せるだろう。

予想勝者:アロンソ

同意。冬のテストを見た限り、ピケJr.はハッキリ言って期待ハズレだった。
アロンソが格の違いを見せつけて圧勝するだろうな。

オレッチ予想勝者:アロンソ

そしてピケ・パパは涙目。


BMW:ニック・ハイドフェルド ロバート・クビサ

互角のチームメイト同士の接戦が期待できる。

クビサは、2007年シーズン前は次のスーパースターとして宣伝されたのに1度しか表彰台に上らなかったので、実力を証明しなければならない。

予想勝者:クビサ

これは不同意。
昨季のクビサは、冬テストでのピケJr.と同じくらい期待外れだった。時折速さを見せるものの、ほとんどの場合は居たのか居なかったのか分からないほど地味だった。
BMWはどうやら今季のマシン開発に失敗したっぽいから、そうなると、経験で勝るハイドフェルトの方が着実性を見せて有利になるように思う。

オレッチ予想勝者:ハイドフェルト


ウィリアムズ:ニコ・ロズベルグ 中嶋一貴

冬季テストではFW30はフェラーリやマクラーレンと戦い、中嶋はロズベルグに比べて意外な競争力を見せた。つまり、両ドライバーとも2008年のダークホースになるかもしれない。

我々は、中嶋は速いがワイルド、ロズベルグは第二の佐藤琢磨を圧倒すると予想する。

予想勝者:ロズベルグ

残念だけど、これには同意せざるを得ないだろうなァ。
中嶋は確かに速いと思う。Planet-F1ですら速いことを認めてるぐらいだし。でも、やっぱり冬のテストの様子を見ると、ロスベルグの方がほとんどの場合タイムで上回っていた。
ロズベルグが圧倒する、とは全く思わないけど、でもまだ地力の差はあるように思う。

オレッチ予想勝者:ロズベルグ

でも、2人の勝負の真の決着は、今季末じゃなくて3年後だ。


レッドブル:デイヴィッド・クルサード マーク・ウェバー

グリッドの長老であるクルサードは、ほぼ間違いなくレーシング・キャリアの最終年に近づきつつある。彼は華々しくというよりめそめそと引退しそうである。

予想勝者:ウェバー

消極的同意。
ポイントはクルサードの方が手堅く稼ぎそうな気がする。でも、スピードや内容でウェバーの方が高評価を獲得しそう。
ところで、ウェバーって「ミハエル・シューマッハの後継者」なんて言われてた時期があったの?
そんなの初耳だよ。

オレッチ予想勝者:ウェバー(でもポイントはデビクルの方が多い)


トヨタ:ヤルノ・トゥルーリ ティモ・グロック

もはや失敗という選択肢はない。トゥルーリは、グロックに負けると2009年はチームを去らなければならないことを知っている。

予想勝者:トゥルーリ

不同意。たぶんグロックが勝つ。
明確な根拠は無い。強いて理由を上げるとしたら・・・・・、最近トゥルーリの顔がだらしなく緩んで見えるからかなァ?

オレッチ予想勝者:グロック


トロ・ロッソ:セバスチャン・ヴェッテル セバスチャン・ボーデ

ボーデより8歳若く、F1で最も有望なドライバーのひとり、ヴェッテルがチームメイトである。彼は特殊な才能を持っているかもしれない。そしてボーデとともに走ることはそれを証明する完璧なチャンスである。

予想勝者:ヴェッテル

たぶん、Planet-F1の予想は的を得ているだろう。でも敢えて、オレッチはボーデを推したい。
だって、苦労が報われない世界なんて、そんなの嘘だからだ! (と、中二病的に叫んでみる)

オレッチ予想勝者:ボーデ(同情票で)


フォース・インディア:ジャンカルロ・フィジケラ エイドリアン・スーティル

ガスコインはフィジ獲得に重要な影響を与えたが、シーズン中盤までに彼が若いチームメイトに優勢を維持できるかどうかについては確信がない。そのシナリオがスーティルについて多くを語り、フィジケラについてほとんど語らないのは別の話である。

予想勝者:スーティル

同意。
スーティルが言われるほど才能豊かとは思わないけど、
フィジコは終わったよ・・・・

オレッチ予想勝者:スーティル


ホンダ:ジェンソン・バトン ルーベンス・バリチェロ

争いにならない。昨年のルーベンスは最悪で、F1にシートがあるだけでもラッキーである。彼は悲惨なマシンのおかげで命拾いすることができた(だからといって彼のドライビングの言い訳にはならない)。

予想勝者:バトン

Planet-F1の指摘通り、昨季のルビーニョはヒド過ぎた。擁護のしようが無い。たぶん本人も既にモチベーションを失っていると思う。今季末に引退しても不思議に思わない。
対して、苦境の中でバトンは結構頑張っていたと思う。オレッチ内でのバトンの評価は、むしろ昨季の逆境の中でかなり上がった。

オレッチ予想勝者:バトン

そしてホンダ・チームは敗者になるだろう。


スーパーアグリ:佐藤琢磨 アンソニー・デビッドソン

ふたりがグリッドに並ぶとしたら、琢磨はいつも通り(すなわち速いがワイルド)、アンソニーは国籍のために損な役目を引き受けることになるだろう。

予想勝者:佐藤(不戦勝)

同意。

と言うか、チーム丸ごと不戦敗になりそうです(;つД`)
[PR]
by oretch | 2008-03-09 02:48 | F1

<< 気がつけばもう春 【MotoGP】2007-20... >>