2008年 05月 30日
第●次マイ横溝ブーム

blogサボってむさぼり読んどりました。
数年置きに定期的にやってくるマイ横溝ブーム。

今回で何回目だろう?


b0039141_0291693.jpg

角川文庫の古い表紙絵(by杉本一文)も魅力の一つ。
(会社支給の新しい携帯で撮ってみたけど、なんかボケてんな)



短編もいいけど、オレッチの好みはやっぱ初期の長編モノ。
都会モノより、田舎モノなら尚良し。
田舎の因習にドップリ浸かった"まがまがしい"事件なんかゾクゾクくる。
まさに傑作揃い。
一度読み始めたらやめられない止まらない。
何度読んでも面白過ぎる。


で、原作を読んだら次は映画をチェック。
オレッチにとって金田一映画と言えば故市川崑監督作品を指す。
原作同様、こちらも何度観ても飽きない。


b0039141_045439.jpg

オレッチの脳内の金田一耕助は完全に石坂金田一とイコール。
これは、某掲示板で拾った「悪魔の手毬唄」の1シーン。金田一耕助と犯人が交差する一瞬。
名シーン揃いの市川作品の中でも、このシーンは屈指の名シーン。



横溝正史&金田一耕助サイコー。そしてフォーエバー。
[PR]
by oretch | 2008-05-30 00:52 | 雑記

<< 【MotoGP】ロッシ90勝の軌跡 【MotoGP】2008年 R... >>